[PR]

日別キーワード

第79位  シーラカンス - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



シーラカンス
シーラカンス(学名:Coelacanthiformes)は、シーラカンス目(Coelacanthiformes)に属する魚類。化石種も現生種も含めた総称である。管椎目(かんついもく)とも呼ばれる。 シーラカンス目は多くの化石種によって存在が知られており、古生代デボン紀に出現して広く世界の水域に栄えたが、約6500万年前(中生代白亜紀末)の大量絶滅(K-T境界)を境にほとんど全ての種が絶滅した。 長らくシーラカンス目は全て絶滅したものと考えられていたが、南アフリカの北東海岸のチャルムナ川沖にて1938年、現生種の存在が確認され、学会および世界を騒然とさせた。この現生種はシーラカンスの代名詞的存在となっているが、生物学上の名称は ラティメリア・カルムナエ (Latimeria chalumnae) である。 その後、1952年にはインド洋コモロ諸島で同じくカルムナエ種が、1997年にはインドネシアのスラウェシ島近海で別種のラティメリア・メナドエンシス (Latimeria menadoensis) の現生が確認されている。 (Wikipedia:シーラカンス)


シーラカンス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シーラカンス - アマゾン検索


「シーラカンス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す