[PR]

日別キーワード

第80位  シロハラ - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



シロハラ
シロハラ(白腹、学名: Turdus pallidus)は、スズメ目ツグミ科に分類される鳥の一種。 形態 体長は25cmほどで、ヒヨドリよりわずかに小さい。ツグミ類らしく嘴と脚がよく発達した体型をしている。ほぼ全身が灰褐色で、和名の通り腹部が白っぽい。見かけはアカハラやマミチャジナイなどに似るが、体に橙色の部分はない。 雌雄同色だが、メスの方が顔や腹部が白っぽく、目の上に薄い眉斑がある。 生態 森林の茂みの中にひそむことが多いが、都市部の公園や緑地帯などにも姿を現す。単独で行動し、地上をピョンピョンと跳ねて獲物を探す様子が見られる。 食性は雑食で、ツグミと同様に地面に降りて昆虫やミミズなどの小動物を捕食するが、木の実もよく食べる。さえずりはアカハラに似るが冬はほとんど鳴かず、たまに小声で「キョッ キョッ」などと地鳴きをする程度である。 渡りの経由地である沖縄本島で、タニシの一種であるオキナワヤマタニシを捕食することが知られている。 分布 東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。 (Wikipedia:シロハラ)

シロハラセミイルカ
『セミイルカ属』より : セミイルカ属(背美海豚属、Lissodelphis)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属する属の一つ。セミイルカ属のイルカは、体色は白と黒で、背びれがないという特徴があり、クジラ目の中で最も識別が容易な種類の一つである。セミイルカ属はセミイルカ(背美海豚、L. borealis)とシロハラセミイルカ(白腹背美海豚、L. peronii)の2種で構成される。セミイルカは1848年にPealeにより、シロハラセミイルカは1804年にde La Cépèdeにより、それぞれ新種として報告された。古くから知られているにもかかわらず、詳しいことはあまりわかっていない。 分類 セミイルカ属 Lissodelphis セミイルカ Northern Right Whale Dolphin, Lissodelphis borealis シロハラセミイルカ Southern Right Whale Dolphin, Lissodelphis peronii 形態 セミイルカとシロハラセミイルカは共に身体は細長く、小さな尖った胸びれと、小さな尾びれを持つ。 (Wikipedia:シロハラセミイルカ)

シロハラインコ
シロハラインコ属(シロハラインコぞく、学名:Pionites)は、オウム目オウム科除くである。2種が含まれる。原産地はブラジル北部のアマゾン熱帯雨林、ベネズエラ南部そしてギアナ高地である。野生のシロハラインコは一般に森林地帯に好んで住み、果実や種子を食べて生活している。シロハラインコには、黒、緑、黄色、橙色、白、そして青、すべての色の羽が見られることから時に”七色インコ”と呼ばれることがある。 体長25cm前後、体重150g前後、頭と足が大きくがっしりした体つきをしている。瞳、虹彩は暗い赤、目の周りに明るい色のリングを持ち、尾は短くずんぐりした外見をしている。 種 シロハラインコ属には次の2種が存在する シロハラインコ(英: White-Bellied Caique、学名:Pionites leucogaster) オレンジ / 黄色の頭部、白い腹部、緑の雨覆羽と背中、青みがかった羽毛、角色の湾曲した嘴、そしてピンク色の足をしている。 (Wikipedia:シロハラインコ)

シロハラハイイロエボシドリ
シロハラハイイロエボシドリ(学名:Corythaixoides leucogaster)は、鳥類の一種。アフリカのエチオピア区に生息する。 シブリー・アールキスト鳥類分類体系上の位置 ==。 (Wikipedia:シロハラハイイロエボシドリ)

シロハラトウゾクカモメ
シロハラトウゾクカモメ(白腹盗賊鴎、学名:Stercorarius longicaudus)は、チドリ目トウゾクカモメ科に分類される鳥類の一種である。 名前の由来は、白い腹部より。 分布 ユーラシア大陸から北アメリカ大陸の北極圏で繁殖する。非繁殖期は南下し、南緯50度付近まで至る。 日本では旅鳥として、主に3月から6月頃に太平洋側の海上で観察される。それ以外の季節でも、稀に海上で観察されることがある。 形態 全長約51cm、翼開長約111cm。トウゾクカモメやクロトウゾクカモメと似ているが、胴体はさらに小さい。 中央尾羽の2枚が長く突出しており、先は尖っている。 生態 非繁殖期は洋上で生活する。 他の水鳥や海鳥の獲物を空中で奪い取る習性があるが、他のトウゾクカモメ類に比べると自分で魚類を捕食することが多い。 Sibley分類体系上の位置 参考文献 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年 関連項目 日本の野鳥一覧。 (Wikipedia:シロハラトウゾクカモメ)

シロハラミズナギドリ
シロハラミズナギドリ(白腹水薙鳥、Pterodroma hypoleuca) は、動物界脊索動物門鳥綱ミズナギドリ目ミズナギドリ科に分類される鳥類。 分布 北太平洋西部 夏季にマーシャル諸島、マリアナ諸島周辺、オホーツク海などへ渡り、冬季にハワイ諸島で繁殖する。日本には繁殖のため北硫黄島、聟島、南硫黄島に飛来する。 形態 全長30cm。翼開張63-71cm。下面は白い羽毛で被われる。頭部は黒、額は白い羽毛で被われる。胴体上面は灰褐色の羽毛で被われる。尾羽の色彩は暗褐色。翼上面の色彩は灰褐色で、飛翔時には不明瞭な黒褐色のアルファベットの「M」字状の斑紋が見える。翼下面の色彩は白いが、風切羽下面の色彩は黒い。人間でいう手首(翼角)から内側に向かって斜めに黒い筋模様が入り、また初列下雨覆が黒いため翼角に三角形状の黒い斑紋が入るように見える。 嘴の色彩は黒い。後肢の色彩はピンク色。 生態 海洋に生息する。 食性は動物食で、魚類、軟体動物などを食べる。 繁殖形態は卵生。斜面にある森林や草原に約100cmの横穴を掘った巣に、10月-翌2月に1回に1個の卵を産む。 (Wikipedia:シロハラミズナギドリ)

シロハラゴジュウカラ
ゴジュウカラ(五十雀、学名:Sitta europaea)は、スズメ目ゴジュウカラ科ゴジュウカラ属に分類される鳥類。ゴジュウカラ属の模式種。 分布 アゼルバイジャン、アルバニア、アルメニア、アンドラ、イギリス、イタリア、イラク、イラン、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、カザフスタン、ギリシア、キルギス、グルジア、クロアチア、シリア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、大韓民国、チェコ、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、ドイツ、トルクメニスタン、トルコ、日本、ネパール、ノルウェー、パキスタン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポーランド、ポルトガル、マケドニア共和国、モルドバ、モンゴル、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ルーマニア、ロシア 寒帯と山岳地帯を除くユーラシアに広く分布する。 (Wikipedia:シロハラゴジュウカラ)


シロハラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シロハラ - アマゾン検索


「シロハラ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す