[PR]

日別キーワード

第86位  チベット - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



チベット
チベット(英語:Tibet, チベット文字:བོད་; ワイリー方式:bod, 発音 [pʰø̀ʔ], 簡体字:藏区, 拼音: Zàngqū)は、東経77-105度、北緯27-40度に至る地域を占め、南はヒマラヤ山脈、北は崑崙山脈、東は邛崍山脈に囲まれた地域、およびこの地域に成立した国家や政権、民族、言語等に対して使用される呼称。 地理 インド亜大陸がアジア大陸に衝突して隆起することによって生成され、高原の自然環境に適応した独特の魚類、哺乳類が分布し、また高原内に多数分布する塩湖は、渡り鳥の中継地となっている。 乾燥した気候で、ヒマラヤの南斜面、四川盆地の隣接地域などを除き山の斜面に樹木は乏しいが、河川に沿った水の豊かな平野部では大麦を主とした農耕が行われ、その背後に広がる草原地帯において牧畜が営まれている。 チベット高原(中国語:青蔵高原)はユーラシア大陸の中央部に広がる世界最大級の高原で、チベットの領域とほぼ等しい。この高原には中国の核廃棄物の処理場が点在している。 呼称 チベットの周辺諸国が古くから用いて来た呼称「tubat」(モンゴル語・満州語)、「tbt」(アラビア語)等に由来し、チベット人自身は「プー (bod) 」(チベット語)と称する。 (Wikipedia:チベット)

チベットの野鳥一覧
チベットの野鳥一覧では、チベット高原で観察された野鳥のチェックリストを示す。 チベット高原は旧北区 (動物地理区)に位置する。 キジ目 キジ科 Lerwa lerwa, w:Snow Partridge, ユキシャコ Tetraogallus tibetanus, w:Tibetan Snowcock, チベットセッケイ Tetraogallus himalayensis, w:Himalayan Snowcock, ヒマラヤセッケイ Tetraogallus obscurus, w:Chestnut-throated Partridge, キジシャコ Tetraophasis szechenyii, w:Buff-throated Partridge, チベットキジシャコ Alectoris chukar, w:Chukar, イワシャコ Alectoris magna, w:Rusty-necklaced Partridge, オオイワシャコ Perdix dauurica, w:Daurian Partridge, ヤマウズラ Perdix hodgsoniae, w:Tibetan Partridge, チベットヤマウズラ Coturnix coturnix, w:Common Quail, ヨーロッパウズラ Coturnix japonica, w:Japanese Quail, ウズラ Arborophila torqueola, w:Hill Partridge, チャガシラミヤマテッケイ Arborophila mandellii, w:Chestnut-breasted Partridge, ムネアカミヤマテッケイ, Vulnerable Ithaginis cruentus, w:Blood Pheasant, ベニキジ Tragopan melanocephalus, w:Western Tragopan, ハイイロジュケイ, Vulnerable Tragopan satyra, w:Satyr Tragopan, ヒオドシジュケイ, Near threatened Tragopan blythii, w:Blyth's Tragopan, ミヤマジュケイ, Vulnerable Tragopan temminckii, w:Temminck's Tragopan, ベニジュケイ Pucrasia macrolopha, w:Koklass Pheasant, ミノキジ Lophophorus impejanus, w:Himalayan Monal, ニジキジ Lophophorus sclateri, w:Sclater's Monal, オジロニジキジ, Vulnerable Lophophorus lhuysii, w:Chinese Monal, カラニジキジ, Vulnerable Lophura leucomelanos, w:Kalij Pheasant, ミヤマハッカン Crossoptilon harmani, w:Tibetan Eared-Pheasant, チベットシロミミキジ, Near threatened Crossoptilon crossoptilon, w:White Eared-Pheasant, シロミミキジ Crossoptilon auritum, w:Blue Eared-Pheasant, アオミミキジ Phasianus colchicus, w:Common Pheasant, キジ Chrysolophus amherstiae, w:Lady Amherst's Pheasant, ギンケイ Bonasa sewerzowi, w:Chinese Grouse, ミヤマエゾライチョウ, Near threatened カモ目 カモ科 Cygnus olor, w:Mute Swan, コブハクチョウ Cygnus cygnus, w:Whooper Swan, オオハクチョウ Cygnus columbianus, w:Tundra Swan, コハクチョウ Anser cygnoides, w:Swan Goose, サカツラガン, Endangered Anser fabalis, w:Bean Goose, ヒシクイ Anser albifrons, w:Greater White-fronted Goose, マガン Anser anser, w:Greylag Goose, ハイイロガン Anser indicus, w:Bar-headed Goose, インドガン Tadorna ferruginea, w:Ruddy Shelduck, アカツクシガモ Tadorna tadorna, w:Common Shelduck, ツクシガモ Anas strepera, w:Gadwall, オカヨシガモ Anas penelope, w:Eurasian Wigeon, ヒドリガモ Anas platyrhynchos, w:Mallard, マガモ Anas poecilorhyncha, w:Spot-billed Duck, カルガモ Anas clypeata, w:Northern Shoveler, ハシビロガモ Anas acuta, w:Northern Pintail, オナガガモ Anas querquedula, w:Garganey, シマアジ Anas crecca, w:Common Teal, コガモ Netta rufina, w:Red-crested Pochard, アカハシハジロ Aythya ferina, w:Common Pochard, ホシハジロ Aythya nyroca, w:Ferruginous Pochard, メジロガモ, Near threatened Aythya fuligula, w:Tufted Duck, キンクロハジロ Bucephala clangula, w:Common Goldeneye, ホオジロガモ Mergellus albellus, w:Smew, ミコアイサ Mergus serrator, w:Red-breasted Merganser, ウミアイサ Mergus squamatus, w:Scaly-sided Merganser, コウライアイサ, Endangered Mergus merganser, w:Common Merganser, カワアイサ ミフウズラ目 ミフウズラ科 Turnix tanki, w:Yellow-legged Buttonquail, チョウセンミフウズラ キツツキ目 キツツキ科 Jynx torquilla, w:Eurasian Wryneck, アリスイ Dendrocopos hyperythrus, w:Rufous-bellied Woodpecker, チャバラアカゲラ Dendrocopos cathpharius, w:Crimson-breasted Woodpecker, ヒムネアカゲラ Dendrocopos darjellensis, w:Darjeeling Woodpecker, キバラアカゲラ Dendrocopos major, w:Great Spotted Woodpecker, アカゲラ Picoides tridactylus, w:Three-toed Woodpecker, ミユビゲラ Dryocopus martius, w:Black Woodpecker, クマゲラ Picus chlorolophus, w:Lesser Yellownape, ヒメアオゲラ Picus flavinucha, w:Greater Yellownape, キエリアオゲラ Picus squamatus, w:Scaly-bellied Woodpecker, ヒマラヤアオゲラ Picus canus, w:Grey-faced Woodpecker, ヤマゲラ オオゴシキドリ科 Megalaima virens, w:Great Barbet, オオゴシキドリ サイチョウ目 サイチョウ科 Aceros nipalensis, w:Rufous-necked Hornbill, ナナミゾサイチョウ, Vulnerable ヤツガシラ目 ヤツガシラ科 Upupa epops, w:Eurasian Hoopoe, ヤツガシラ ブッポウソウ目 ブッポウソウ科 Coracias garrulus, w:European Roller, ニシブッポウソウ カワセミ科 Alcedo atthis, w:Common Kingfisher, カワセミ カッコウ目 カッコウ科 Clamator jacobinus, w:Pied Cuckoo, クロシロカンムリカッコウ Cuculus sparverioides, w:Large Hawk-Cuckoo, オオジュウイチ Cuculus canorus, w:Common Cuckoo, カッコウ Cuculus saturatus, w:Oriental Cuckoo, ツツドリ Cuculus poliocephalus, w:Lesser Cuckoo, ホトトギス Chrysococcyx maculatus, w:Asian Emerald Cuckoo, ミドリテリカッコウ オウム目 オウム科 Psittacula derbiana, w:Derbyan Parakeet, オオダルマインコ アマツバメ目 アマツバメ科 Aerodramus brevirostris, w:Himalayan Swiftlet, ヒマラヤアナツバメ Aerodramus maximus, w:Black-nest Swiftlet, オオアナツバメ Apus apus, w:Common Swift, ヨーロッパアマツバメ Apus pacificus, w:Fork-tailed Swift, アマツバメ フクロウ目 フクロウ科 Otus brucei, w:Pallid Scops-Owl, サバクミミズク Bubo bubo, w:Eurasian Eagle-Owl, ワシミミズク Strix aluco, w:Tawny Owl, モリフクロウ Glaucidium brodiei, w:Collared Owlet, ヒメフクロウ Glaucidium cuculoides, w:Asian Barred Owlet, オオスズメフクロウ Athene noctua, w:Little Owl, コキンメフクロウ Aegolius funereus, w:Boreal Owl, キンメフクロウ Asio otus, w:Long-eared Owl, トラフズク Asio flammeus, w:Short-eared Owl, コミミズク ヨタカ科 Caprimulgus indicus, w:Grey Nightjar, ヨタカ Caprimulgus europaeus, w:Eurasian Nightjar, ヨーロッパヨタカ ハト目 ハト科 Columba livia, w:Rock Pigeon, カワラバト Columba rupestris, w:Hill Pigeon, コウライバト Columba leuconota, w:Snow Pigeon, ユキバト Columba eversmanni, w:Pale-backed Pigeon, ヒガシヒメモリバト, Vulnerable Columba hodgsonii, w:Speckled Wood-Pigeon, ゴマフバト Columba pulchricollis, w:Ashy Wood-Pigeon, タイワンジュズカケバト Columba punicea, w:Pale-capped Pigeon, ムラサキモリバト, Vulnerable Streptopelia orientalis, w:Oriental Turtle-Dove, キジバト Streptopelia senegalensis, w:Laughing Dove, ワライバト Streptopelia chinensis, w:Spotted Dove, カノコバト Streptopelia tranquebarica, w:Red Collared-Dove, ベニバト Streptopelia decaocto, w:Eurasian Collared-Dove, シラコバト ツル目 ツル科 Grus leucogeranus, w:Siberian Crane, ソデグロヅル, Critically endangered Grus virgo, w:Demoiselle Crane, アネハヅル Grus grus, w:Common Crane, クロヅル Grus nigricollis, w:Black-necked Crane, オグロヅル, Vulnerable クイナ科 Rallus aquaticus, w:Water Rail, クイナ Crex crex, w:Corn Crake, ウズラクイナ, Vulnerable Porzana pusilla, w:Baillon's Crake, ヒメクイナ Porzana porzana, w:Spotted Crake, コモンクイナ Gallinula chloropus, w:Common Moorhen, バン Fulica atra, w:Common Coot, オオバン コウノトリ目 サケイ科 Syrrhaptes tibetanus, w:Tibetan Sandgrouse, チベットサケイ Syrrhaptes paradoxus, w:Pallas's Sandgrouse, サケイ シギ科 Scolopax rusticola, w:Eurasian Woodcock, ヤマシギ Gallinago solitaria, w:Solitary Snipe, アオシギ Gallinago nemoricola, w:Wood Snipe, モリジシギ, Vulnerable Gallinago stenura, w:Pintail Snipe, ハリオシギ Gallinago megala, w:Swinhoe's Snipe, チュウジシギ Gallinago gallinago, w:Common Snipe, タシギ Limosa limosa, w:Black-tailed Godwit, オグロシギ Numenius phaeopus, w:Whimbrel, チュウシャクシギ Numenius arquata, w:Eurasian Curlew, ダイシャクシギ Numenius madagascariensis, w:Far Eastern Curlew, ホウロクシギ, Near threatened Tringa erythropus, w:Spotted Redshank, ツルシギ Tringa totanus, w:Common Redshank, アカアシシギ Tringa nebularia, w:Common Greenshank, アオアシシギ Tringa ochropus, w:Green Sandpiper, クサシギ Tringa glareola, w:Wood Sandpiper, タカブシギ Tringa cinerea, w:Terek Sandpiper, ソリハシシギ Tringa hypoleucos, w:Common Sandpiper, イソシギ Tringa incana, w:Wandering Tattler, メリケンキアシシギ Arenaria interpres, w:Ruddy Turnstone, キョウジョシギ Calidris canutus, w:Red Knot, コオバシギ Calidris minuta, w:Little Stint, ヨーロッパトウネン Calidris ruficollis, w:Red-necked Stint, トウネン Calidris temminckii, w:Temminck's Stint, オジロトウネン Calidris subminuta, w:Long-toed Stint, ヒバリシギ Calidris acuminata, w:Sharp-tailed Sandpiper, ウズラシギ Calidris alpina, w:Dunlin, ハマシギ Calidris ferruginea, w:Curlew Sandpiper, サルハマシギ Philomachus pugnax, w:Ruff, エリマキシギ Phalaropus lobatus, w:Red-necked Phalarope, アカエリヒレアシシギ タマシギ科 Rostratula benghalensis, w:Greater Painted-snipe, タマシギ チドリ科 Haematopus ostralegus, w:Eurasian Oystercatcher, ミヤコドリ Ibidorhyncha struthersii, w:Ibisbill, トキハシゲリ Himantopus himantopus, w:Black-winged Stilt, セイタカシギ Recurvirostra avosetta, w:Pied Avocet, ソリハシセイタカシギ Pluvialis dominica, w:American Golden-Plover, アメリカムナグロ Pluvialis squatarola, w:Grey Plover, ダイゼン Charadrius hiaticula, w:Common Ringed Plover, ハジロコチドリ Charadrius placidus, w:Long-billed Plover, イカルチドリ Charadrius dubius, w:Little Ringed Plover, コチドリ Charadrius alexandrinus, w:Kentish Plover, シロチドリ Charadrius mongolus, w:Mongolian Plover, メダイチドリ Charadrius leschenaultii, w:Greater Sand Plover, オオメダイチドリ Vanellus vanellus, w:Northern Lapwing, タゲリ ツバメチドリ科 Glareola maldivarum, w:Oriental Pratincole, ツバメチドリ カモメ科 Larus ichthyaetus, w:Great Black-headed Gull, オオズグロカモメ Larus brunnicephalus, w:Brown-headed Gull, チャガシラカモメ Larus ridibundus, w:Black-headed Gull, ユリカモメ Larus minutus, w:Little Gull, ヒメカモメ Sterna hirundo, w:Common Tern, アジサシ Chlidonias hybridus, w:Whiskered Tern, クロハラアジサシ Chlidonias niger, w:Black Tern, ハシグロクロハラアジサシ タカ科 Pandion haliaetus, w:Osprey, ミサゴ Milvus migrans, w:Black Kite, ニシトビ Milvus lineatus, w:Black-eared Kite, トビ Haliastur indus, w:Brahminy Kite, シロガシラトビ Haliaeetus leucoryphus, w:Pallas's Sea-Eagle, キガシラウミワシ, Vulnerable Haliaeetus albicilla, w:White-tailed Eagle, オジロワシ, Near threatened Gypaetus barbatus, w:Lammergeier, ヒゲワシ Gyps himalayensis, w:Himalayan Griffon, ヒマラヤハゲワシ Aegypius monachus, w:Cinereous Vulture, クロハゲワシ, Near threatened Circus aeruginosus, w:Western Marsh-Harrier, ヨーロッパチュウヒ Circus cyaneus, w:Northern Harrier, ハイイロチュウヒ Circus macrourus, w:Pallid Harrier, ウスハイイロチュウヒ, Near threatened Circus pygargus, w:Montagu's Harrier, ヒメハイイロチュウヒ Accipiter virgatus, w:Besra, ミナミツミ Accipiter nisus, w:Eurasian Sparrowhawk, ハイタカ Accipiter gentilis, w:Northern Goshawk, オオタカ Butastur teesa, w:White-eyed Buzzard, メジロサシバ Buteo buteo, w:Common Buzzard, ノスリ Buteo rufinus, w:Long-legged Buzzard, ニシオオノスリ Buteo hemilasius, w:Upland Buzzard, オオノスリ Aquila clanga, w:Greater Spotted Eagle, カラフトワシ, Vulnerable Aquila heliaca, w:Imperial Eagle, カタジロワシ, Vulnerable Aquila chrysaetos, w:Golden Eagle, イヌワシ Hieraaetus pennatus, w:Booted Eagle, ヒメクマタカ ハヤブサ科 Falco tinnunculus, w:Common Kestrel, チョウゲンボウ Falco vespertinus, w:Red-footed Falcon, ニシアカアシチョウゲンボウ Falco columbarius, w:Merlin, コチョウゲンボウ Falco subbuteo, w:Eurasian Hobby, チゴハヤブサ Falco cherrug, w:Saker Falcon, セーカーハヤブサ Falco pelegrinoides, w:Barbary Falcon, バーバリーハヤブサ カイツブリ科 Tachybaptus ruficollis, w:Little Grebe, カイツブリ Podiceps cristatus, w:Great Crested Grebe, カンムリカイツブリ Podiceps nigricollis, w:Black-necked Grebe, ハジロカイツブリ ウ科 Phalacrocorax carbo, w:Great Cormorant, カワウ サギ科 Botaurus stellaris, w:Great Bittern, サンカノゴイ Ardea cinerea, w:Grey Heron, アオサギ Ardea alba, w:Great Egret, ダイサギ Bubulcus ibis, w:Cattle Egret, アマサギ Ardeola bacchus, w:Chinese Pond-Heron, アカガシラサギ トキ科 Plegadis falcinellus, w:Glossy Ibis, ブロンズトキ Nipponia nippon, w:Crested Ibis, トキ, Endangered コウノトリ科 Mycteria leucocephala, w:Painted Stork, インドトキコウ, Near threatened Ciconia nigra, w:Black Stork, ナベコウ Ciconia ciconia, w:White Stork, シュバシコウ Ciconia boyciana, w:Oriental Stork, コウノトリ, Endangered スズメ目 コノハドリ科 Chloropsis hardwickii, w:Orange-bellied Leafbird, アカハラコノハドリ モズ科 Lanius collurio, w:Red-backed Shrike, セアカモズ Lanius cristatus, w:Brown Shrike, アカモズ Lanius schach, w:Long-tailed Shrike, タカサゴモズ Lanius tephronotus, w:Grey-backed Shrike, チベットモズ Lanius excubitor, w:Northern Shrike, オオモズ Lanius sphenocercus, w:Chinese Grey Shrike, オオカラモズ カラス科 Garrulus glandarius, w:Eurasian Jay, カケス Perisoreus internigrans, w:Sichuan Jay, ハイイロカケス, Vulnerable Urocissa flavirostris, w:Gold-billed Magpie, キバシサンジャク Cissa chinensis, w:Green Magpie, ヘキサン Cyanopica cyana, w:Azure-winged Magpie, オナガ Pica pica, w:Common Magpie, カササギ Podoces hendersoni, w:Mongolian Ground-Jay, ハシナガサバクガラス Pseudopodoces humilis, w:Tibetan Ground-Jay, ヒメサバクガラス Nucifraga caryocatactes, w:Spotted Nutcracker, ホシガラス Pyrrhocorax pyrrhocorax, w:Red-billed Chough, ベニハシガラス Pyrrhocorax graculus, w:Yellow-billed Chough, キバシガラス Corvus monedula, w:Eurasian Jackdaw, ニシコクマルガラス Corvus dauuricus, w:Daurian Jackdaw, コクマルガラス Corvus splendens, w:House Crow, イエガラス Corvus frugilegus, w:Rook, ミヤマガラス Corvus corone, w:Carrion Crow, ハシボソガラス Corvus macrorhynchos, w:Large-billed Crow, ハシブトガラス Corvus corax, w:Common Raven, ワタリガラス Oriolus oriolus, w:Eurasian Golden-Oriole, ニシコウライウグイス Pericrocotus ethologus, w:Long-tailed Minivet, オナガベニサンショウクイ Pericrocotus brevirostris, w:Short-billed Minivet, コバシベニサンショウクイ Rhipidura hypoxantha, w:Yellow-bellied Fantail, キバラオウギビタキ Rhipidura albicollis, w:White-throated Fantail, ノドジロオウギビタキ Dicrurus leucophaeus, w:Ashy Drongo, ハイイロオウチュウ レンジャク科 Bombycilla garrulus, w:Bohemian Waxwing, キレンジャク カワガラス科 Cinclus cinclus, w:White-throated Dipper, ムナジロカワガラス Cinclus pallasii, w:Brown Dipper, カワガラス ヒタキ科 Monticola saxatilis, w:Rufous-tailed Rock-Thrush, コシジロイソヒヨドリ Monticola rufiventris, w:Chestnut-bellied Rock-Thrush, カオグロイソヒヨドリ Monticola solitarius, w:Blue Rock-Thrush, イソヒヨドリ Myophonus caeruleus, w:Blue Whistling-Thrush, オオルリチョウ Zoothera mollissima, w:Plain-backed Thrush, セアカトラツグミ Zoothera dixoni, w:Long-tailed Thrush, オナガトラツグミ Zoothera dauma, w:Scaly Thrush, トラツグミ Turdus albocinctus, w:White-collared Blackbird, シロエリツグミ Turdus merula, w:Eurasian Blackbird, クロウタドリ Turdus rubrocanus, w:Chestnut Thrush, クリイロツグミ Turdus kessleri, w:White-backed Thrush, チャイロツグミ Turdus ruficollis, w:Dark-throated Thrush, ノドグロツグミ Turdus naumanni, w:Naumann's Thrush, ツグミ Turdus pilaris, w:Fieldfare, ノハラツグミ Turdus mupinensis, w:Chinese Thrush, チベットウタツグミ Brachypteryx stellata, w:Gould's Shortwing, シロボシコバネヒタキ Brachypteryx montana, w:White-browed Shortwing, コバネヒタキ Muscicapa striata, w:Spotted Flycatcher, ムナフヒタキ Muscicapa sibirica, w:Dark-sided Flycatcher, サメビタキ Ficedula hodgsonii, w:Slaty-backed Flycatcher, セアオビタキ Ficedula strophiata, w:Rufous-gorgeted Flycatcher, ノドグロヒタキ Ficedula parva, w:Red-breasted Flycatcher, オジロビタキ Ficedula hyperythra, w:Snowy-browed Flycatcher, ムネアカヒタキ Ficedula superciliaris, w:Ultramarine Flycatcher, マユヒタキ Ficedula tricolor, w:Slaty-blue Flycatcher, カオグロヒタキ Ficedula sapphira, w:Sapphire Flycatcher, サファイヤヒタキ Niltava grandis, w:Large Niltava, オオアオヒタキ Niltava sundara, w:Rufous-bellied Niltava, コチャバラオオルリ Niltava vivida, w:Vivid Niltava, チャバラオオルリ Culicicapa ceylonensis, w:Grey-headed Canary-Flycatcher, ハイガシラヒタキ Luscinia calliope, w:Siberian Rubythroat, ノゴマ Luscinia pectoralis, w:White-tailed Rubythroat, ムナグロノゴマ Luscinia svecica, w:Bluethroat, オガワコマドリ Luscinia pectardens, w:Firethroat, ムネアカノゴマ, Near threatened Luscinia brunnea, w:Indian Blue Robin, アカハラコルリ Tarsiger cyanurus, w:Orange-flanked Bush-Robin, ルリビタキ Tarsiger chrysaeus, w:Golden Bush-Robin, キンイロヒタキ Tarsiger indicus, w:White-browed Bush-Robin, キクチヒタキ Tarsiger hyperythrus, w:Rufous-breasted Bush-Robin, チャムネヒタキ Phoenicurus alaschanicus, w:Ala Shan Redstart, アカガオジョウビタキ, Near threatened Phoenicurus erythronota, w:Rufous-backed Redstart, セアカジョウビタキ Phoenicurus caeruleocephalus, w:Blue-capped Redstart, ズアオジョウビタキ Phoenicurus ochruros, w:Black Redstart, クロジョウビタキ Phoenicurus hodgsoni, w:Hodgson's Redstart, ハイバネジョウビタキ Phoenicurus schisticeps, w:White-throated Redstart, ノドジロジョウビタキ Phoenicurus auroreus, w:Daurian Redstart, ジョウビタキ Phoenicurus erythrogaster, w:White-winged Redstart, シロガシラジョウビタキ Phoenicurus frontalis, w:Blue-fronted Redstart, ルリビタイジョウビタキ Chaimarrornis leucocephalus, w:White-capped Water-Redstart, シロボウシカワビタキ Rhyacornis fuliginosus, w:Plumbeous Water-Redstart, カワビタキ Hodgsonius phaenicuroides, w:White-bellied Redstart, オリイヒタキ Grandala coelicolor, w:Grandala, ムラサキツグミ Enicurus scouleri, w:Little Forktail, シロクロヒタキ Enicurus maculatus, w:Spotted Forktail, セボシエンビシキチョウ Saxicola insignis, w:White-throated Bushchat, オオノビタキ, Vulnerable Saxicola maura, w:Siberian Stonechat, ノビタキ Saxicola ferrea, w:Grey Bushchat, ヤマザキヒタキ Oenanthe picata, w:Variable Wheatear, カワリサバクヒタキ Oenanthe pleschanka, w:Pied Wheatear, セグロサバクヒタキ Oenanthe deserti, w:Desert Wheatear, サバクヒタキ Oenanthe isabellina, w:Isabelline Wheatear, イナバヒタキ ムクドリ科 Sturnus roseus, w:Rosy Starling, バライロムクドリ Sturnus vulgaris, w:Common Starling, ホシムクドリ Sturnus cineraceus, w:White-cheeked Starling, ムクドリ ゴジュウカラ科 Sitta europaea, w:Wood Nuthatch, ゴジュウカラ Sitta nagaensis, w:Chestnut-vented Nuthatch, ミナミゴジュウカラ Sitta himalayensis, w:White-tailed Nuthatch, オジロゴジュウカラ Sitta villosa, w:Snowy-browed Nuthatch, チョウセンゴジュウカラ Sitta yunnanensis, w:Yunnan Nuthatch, ウンナンゴジュウカラ, Near threatened Sitta leucopsis, w:White-cheeked Nuthatch, ホオジロゴジュウカラ Tichodroma muraria, w:Wallcreeper, カベバシリ キバシリ科 Certhia familiaris, w:Eurasian Tree-Creeper, キバシリ Certhia himalayana, w:Bar-tailed Tree-Creeper, ヒマラヤキバシリ Certhia nipalensis, w:Rusty-flanked Tree-Creeper, ワキアカキバシリ Certhia discolor, w:Brown-throated Tree-Creeper, チャバラキバシリ Troglodytes troglodytes, w:Winter Wren, ミソサザイ シジュウカラ科 Remiz pendulinus, w:Eurasian Penduline-Tit, ニシツリスガラ Cephalopyrus flammiceps, w:Fire-capped Tit, ベニビタイガラ Parus palustris, w:Marsh Tit, ハシブトガラ Parus hypermelaena, w:Burmese Tit, ミナミハシブトガラ Parus montanus, w:Willow Tit, コガラ Parus superciliosus, w:White-browed Tit, マユガラ Parus rufonuchalis, w:Dark-grey Tit, アカエリシジュウガラ Parus rubidiventris, w:Rufous-vented Tit, カンムリシジュウガラ Parus ater, w:Coal Tit, ヒガラ Parus dichrous, w:Grey-crested Tit, ハイイロカンムリガラ Parus major, w:Great Tit, シジュウカラ Parus monticolus, w:Green-backed Tit, キバラシジュウカラ Parus spilonotus, w:Yellow-cheeked Tit, セボシカンムリガラ Parus cyanus, w:Azure Tit, ルリガラ Parus flavipectus, w:Yellow-breasted Tit, キムネルリガラ Sylviparus modestus, w:Yellow-browed Tit, キマユガラ エナガ科 Aegithalos caudatus, w:Long-tailed Tit, エナガ Aegithalos leucogenys, w:White-cheeked Tit, ホオジロエナガ Aegithalos concinnus, w:Black-throated Tit, ズアカエナガ Aegithalos iouschistos, w:Black-browed Tit, ヤマガラモドキ ツバメ科 Riparia riparia, w:Sand Martin, ショウドウツバメ Hirundo rupestris, w:Eurasian Crag-Martin, チャイロツバメ Hirundo rustica, w:Barn Swallow, ツバメ Hirundo daurica, w:Red-rumped Swallow, コシアカツバメ Delichon urbica, w:Northern House-Martin, ニシイワツバメ Delichon dasypus, w:Asian House-Martin, イワツバメ キクイタダキ科 Regulus regulus, w:Goldcrest, キクイタダキ シロガシラ科 Spizixos canifrons, w:Crested Finchbill, カンムリカヤノボリ Pycnonotus xanthorrhous, w:Brown-breasted Bulbul, ノドジロヒヨドリ Hypsipetes leucocephalus, w:Black Bulbul, シロガシラクロヒヨドリ セッカ科 Prinia atrogularis, w:Hill Prinia, ノドグロハウチワドリ メジロ科 Zosterops palpebrosus, w:Oriental White-eye, ハイバラメジロ Zosterops japonicus, w:Japanese White-eye, メジロ ウグイス科 Tesia castaneocoronata, w:Chestnut-headed Tesia, クリガシラコビトサザイ Tesia cyaniventer, w:Grey-bellied Tesia, キマユコビトサザイ Cettia fortipes, w:Brownish-flanked Bush-Warbler, タイワンコウグイス Cettia major, w:Chestnut-crowned Bush-Warbler, チャガシラウグイス Cettia flavolivacea, w:Aberrant Bush-Warbler, キバラウグイス Cettia acanthizoides, w:Yellowish-bellied Bush-Warbler, ミヤマウグイス Cettia brunnifrons, w:Grey-sided Bush-Warbler, チャガシラコウグイス Bradypterus thoracicus, w:Spotted Bush-Warbler, ノドフオウギセッカ Bradypterus major, w:Long-billed Bush-Warbler, ハシナガオウギセッカ, Near threatened Bradypterus tacsanowskius, w:Chinese Bush-Warbler, シベリアオウギセッカ Bradypterus luteoventris, w:Brown Bush-Warbler, チャイロオウギセッカ Locustella naevia, w:Common Grasshopper-Warbler, ヤチセンニュウ Locustella certhiola, w:Pallas's Grasshopper-Warbler, シベリアセンニュウ Acrocephalus agricola, w:Paddyfield Warbler, イナダヨシキリ Acrocephalus scirpaceus, w:Eurasian Reed-Warbler, ヨーロッパヨシキリ Acrocephalus dumetorum, w:Blyth's Reed-Warbler, シベリアヨシキリ Acrocephalus arundinaceus, w:Great Reed-Warbler, ニシオオヨシキリ Hippolais caligata, w:Booted Warbler, ヒメウタムシクイ Leptopoecile sophiae, w:White-browed Tit-Warbler, フジイロムシクイ Leptopoecile elegans, w:Crested Tit-Warbler, カンムリムシクイ Phylloscopus collybita, w:Common Chiffchaff, チフチャフ Phylloscopus fuscatus, w:Dusky Warbler, ムジセッカ Phylloscopus fuligiventer, w:Smoky Warbler, マユナガムシクイ Phylloscopus affinis, w:Tickell's Leaf-Warbler, キバラムシクイ Phylloscopus griseolus, w:Sulphur-bellied Warbler, オリーブムシクイ Phylloscopus armandii, w:Yellow-streaked Warbler, モウコムジセッカ Phylloscopus pulcher, w:Buff-barred Warbler, チャバネムシクイ Phylloscopus maculipennis, w:Ashy-throated Warbler, キゴシムシクイ Phylloscopus proregulus, w:Lemon-rumped Warbler, カラフトムシクイ Phylloscopus chloronotus, w:Pale-rumped Warbler, ウスゴシムシクイ Phylloscopus inornatus, w:Inornate Warbler, キマユムシクイ Phylloscopus humei, w:Buff-browed Warbler, バフマユムシクイ Phylloscopus borealis, w:Arctic Warbler, メボソムシクイ Phylloscopus trochiloides, w:Greenish Warbler, ヤナギムシクイ Phylloscopus magnirostris, w:Large-billed Leaf-Warbler, ハシブトムシクイ Phylloscopus reguloides, w:Blyth's Leaf-Warbler, ヒマラヤムシクイ Seicercus burkii, w:Golden-spectacled Warbler, マユグロモリムシクイ Seicercus xanthoschistos, w:Grey-hooded Warbler, ハイガシラモリムシクイ Abroscopus schisticeps, w:Black-faced Warbler, カオグロムシクイ Garrulax albogularis, w:White-throated Laughingthrush, ノドジロガビチョウ Garrulax striatus, w:Striated Laughingthrush, シロスジガビチョウ Garrulax davidi, w:Plain Laughingthrush, キタガビチョウ Garrulax maximus, w:Giant Laughingthrush, オオシロボシガビチョウ Garrulax ocellatus, w:Spotted Laughingthrush, シロボシガビチョウ Garrulax caerulatus, w:Grey-sided Laughingthrush, ミミジロガビチョウ Garrulax lineatus, w:Streaked Laughingthrush, ムナフガビチョウ Garrulax subunicolor, w:Scaly Laughingthrush, ウロコガビチョウ Garrulax elliotii, w:Elliot's Laughingthrush, カキハガビチョウ Garrulax variegatus, w:Variegated Laughingthrush, ヒマラヤガビチョウ Garrulax henrici, w:Brown-cheeked Laughingthrush, シラヒゲガビチョウ Garrulax affinis, w:Black-faced Laughingthrush, キンバネガビチョウ Garrulax erythrocephalus, w:Chestnut-crowned Laughingthrush, ズアカガビチョウ Pomatorhinus erythrocnemis, w:Spot-breasted Scimitar-Babbler, ムナフマルハシ Pomatorhinus erythrogenys, w:Rusty-cheeked Scimitar-Babbler, ホオアカマルハシ Pomatorhinus ruficollis, w:Streak-breasted Scimitar-Babbler, ヒメマルハシ Pnoepyga albiventer, w:Scaly-breasted Wren-Babbler, ヒメサザイチメドリ Pnoepyga pusilla, w:Pygmy Wren-Babbler, タカサゴミソサザイ Spelaeornis troglodytoides, w:Bar-winged Wren-Babbler, シマオサザイチメドリ Stachyris ruficeps, w:Rufous-capped Babbler, ズアカチメドリ Babax lanceolatus, w:Chinese Babax, ヒゲチメドリ Babax waddelli, w:Giant Babax, オオヒゲチメドリ, Near threatened Babax koslowi, w:Tibetan Babax, コスローヒゲチメドリ, Near threatened Leiothrix lutea, w:Red-billed Leiothrix, ソウシチョウ Cutia nipalensis, w:Cutia, セアカチメドリ Pteruthius flaviscapis, w:White-browed Shrike-Babbler, アカバネモズチメドリ Pteruthius xanthochlorus, w:Green Shrike-Babbler, ミドリモズチメドリ Actinodura egertoni, w:Rusty-fronted Barwing, クリビタイシマドリ Actinodura nipalensis, w:Hoary-throated Barwing, ノドジロシマドリ Actinodura waldeni, w:Streak-throated Barwing, クリイロシマドリ Minla strigula, w:Chestnut-tailed Minla, ノドジマコバシチメドリ Minla ignotincta, w:Red-tailed Minla, アカオコバシチメドリ Alcippe cinerea, w:Yellow-throated Fulvetta, キノドチメドリ Alcippe castaneceps, w:Rufous-winged Fulvetta, クリボウシチメドリ Alcippe vinipectus, w:White-browed Fulvetta, ノドジロチメドリ Alcippe striaticollis, w:Chinese Fulvetta, カンスーチメドリ Alcippe ruficapilla, w:Spectacled Fulvetta, チャミミチメドリ Alcippe cinereiceps, w:Streak-throated Fulvetta, アリサンチメドリ Alcippe ludlowi, w:Ludlow's Fulvetta, チャノドチメドリ Heterophasia capistrata, w:Rufous Sibia, ズグロウタイチメドリ Heterophasia pulchella, w:Beautiful Sibia, ミミグロチメドリ Yuhina flavicollis, w:Whiskered Yuhina, チャエリカンムリチメドリ Yuhina gularis, w:Stripe-throated Yuhina, ノドフカンムリチメドリ Yuhina occipitalis, w:Rufous-vented Yuhina, チャバラカンムリチメドリ Myzornis pyrrhoura, w:Fire-tailed Myzornis, ゴシキチメドリ Conostoma oemodium, w:Great Parrotbill, オオダルマエナガ Paradoxornis unicolor, w:Brown Parrotbill, ヒマラヤダルマエナガ Paradoxornis conspicillatus, w:Spectacled Parrotbill, メジロダルマエナガ Paradoxornis fulvifrons, w:Fulvous Parrotbill, アカバネダルマエナガ Paradoxornis nipalensis, w:Black-throated Parrotbill, キバネダルマエナガ Paradoxornis ruficeps, w:Rufous-headed Parrotbill, オオズアカダルマエナガ Sylvia communis, w:Common Whitethroat, ノドジロムシクイ Sylvia curruca, w:Lesser Whitethroat, コノドジロムシクイ Sylvia minula, w:Small Whitethroat, コハッコウチョウ Sylvia althaea, w:Hume's Whitethroat, アルタイコノドジロムシクイ Sylvia nana, w:Desert Warbler, サバクムシクイ Sylvia nisoria, w:Barred Warbler, シマムシクイ ヒバリ科 Melanocorypha maxima, w:Tibetan Lark, オオコウテンシ Melanocorypha mongolica, w:Mongolian Lark, コウテンシ Calandrella brachydactyla, w:Greater Short-toed Lark, ヒメコウテンシ Calandrella acutirostris, w:Hume's Lark, ヒマラヤコヒバリ Calandrella rufescens, w:Lesser Short-toed Lark, コヒバリ Calandrella cheleensis, w:Asian Short-toed Lark, アジアコヒバリ Calandrella raytal, w:Indian Short-toed Lark, インドコヒバリ Galerida cristata, w:Crested Lark, カンムリヒバリ Alauda arvensis, w:Sky Lark, ニシヒバリ Alauda gulgula, w:Oriental Skylark, タイワンヒバリ Eremophila alpestris, w:Horned Lark, ハマヒバリ タイヨウチョウ科 Dicaeum ignipectus, w:Fire-breasted Flowerpecker, ハナドリ Aethopyga gouldiae, w:Gould's Sunbird, ルリオタイヨウチョウ Aethopyga nipalensis, w:Green-tailed Sunbird, ミドリオタイヨウチョウ Aethopyga saturata, w:Black-throated Sunbird, ムナグロタイヨウチョウ Aethopyga ignicauda, w:Fire-tailed Sunbird, アカオタイヨウチョウ スズメ科 Passer domesticus, w:House Sparrow, イエスズメ Passer rutilans, w:Russet Sparrow, ニュウナイスズメ Passer montanus, w:Eurasian Tree Sparrow, スズメ Petronia petronia, w:Rock Sparrow, イワスズメ Montifringilla nivalis, w:White-winged Snowfinch, ユキスズメ Montifringilla adamsi, w:Black-winged Snowfinch, ハジロユキスズメ Montifringilla taczanowskii, w:White-rumped Snowfinch, コシジロユキスズメ Montifringilla davidiana, w:Small Snowfinch, モウコユキスズメ Montifringilla ruficollis, w:Rufous-necked Snowfinch, チャミミユキスズメ Montifringilla blanfordi, w:Plain-backed Snowfinch, ノドグロユキスズメ Dendronanthus indicus, w:Forest Wagtail, イワミセキレイ Motacilla alba, w:White Wagtail, タイリクハクセキレイ Motacilla lugens, w:Black-backed Wagtail, ハクセキレイ Motacilla citreola, w:Citrine Wagtail, キガシラセキレイ Motacilla flava, w:Yellow Wagtail, ツメナガセキレイ Motacilla cinerea, w:Grey Wagtail, キセキレイ Anthus richardi, w:Richard's Pipit, マミジロタヒバリ Anthus godlewskii, w:Blyth's Pipit, コマミジロタヒバリ Anthus trivialis, w:Tree Pipit, ヨーロッパビンズイ Anthus hodgsoni, w:Olive-backed Pipit, ビンズイ Anthus roseatus, w:Rosy Pipit, チョウセンタヒバリ Anthus spinoletta, w:Water Pipit, タヒバリ Prunella collaris, w:Alpine Accentor, イワヒバリ Prunella himalayana, w:Rufous-streaked Accentor, ヒマラヤイワヒバリ Prunella rubeculoides, w:Robin Accentor, ムネアカイワヒバリ Prunella strophiata, w:Rufous-breasted Accentor, アカチャイワヒバリ Prunella fulvescens, w:Brown Accentor, ウスヤマヒバリ Prunella atrogularis, w:Black-throated Accentor, ノドグロイワヒバリ Prunella koslowi, w:Mongolian Accentor, シロハライワヒバリ Prunella immaculata, w:Maroon-backed Accentor, クリイロイワヒバリ アトリ科 Fringilla montifringilla, w:Brambling, アトリ Serinus pusillus, w:Fire-fronted Serin, ベニヒタイセリン Serinus thibetanus, w:Tibetan Serin, チベットヒワ Carduelis sinica, w:Grey-capped Greenfinch, カワラヒワ Carduelis spinoides, w:Yellow-breasted Greenfinch, キバラカワラヒワ Carduelis ambigua, w:Black-headed Greenfinch, ズグロカワラヒワ Carduelis carduelis, w:European Goldfinch, ゴシキヒワ Carduelis flammea, w:Common Redpoll, ベニヒワ Carduelis flavirostris, w:Twite, キバシヒワ Carduelis cannabina, w:Eurasian Linnet, ムネアカヒワ Leucosticte nemoricola, w:Plain Mountain-Finch, ハイイロマシコ Leucosticte brandti, w:Black-headed Mountain-Finch, シンジュマシコ Leucosticte sillemi, w:Sillem's Mountain-Finch, チベットマシコ, 固有種 Data deficient Rhodopechys sanguinea, w:Crimson-winged Finch, ベニバネナキマシコ Rhodopechys mongolica, w:Mongolian Finch, モウコナキマシコ Rhodopechys obsoleta, w:Desert Finch, ハシグロナキマシコ Uragus sibiricus, w:Long-tailed Rosefinch, ベニマシコ Carpodacus rubescens, w:Crimson Rosefinch, ヒイロマシコ Carpodacus nipalensis, w:Dark-breasted Rosefinch, クリムネアカマシコ Carpodacus erythrinus, w:Common Rosefinch, アカマシコ Carpodacus pulcherrimus, w:Beautiful Rosefinch, コウザンマシコ Carpodacus eos, w:Pink-rumped Rosefinch, バラゴシマシコ Carpodacus rodochrous, w:Pink-browed Rosefinch, バラマユマシコ Carpodacus vinaceus, w:Vinaceous Rosefinch, タカサゴマシコ Carpodacus edwardsii, w:Dark-rumped Rosefinch, チャゴシマシコ Carpodacus synoicus, w:Pale Rosefinch, サバクマシコ Carpodacus trifasciatus, w:Three-banded Rosefinch, ミスジマシコ Carpodacus rodopeplus, w:Spot-winged Rosefinch, フタスジマシコ Carpodacus thura, w:White-browed Rosefinch, マミジロマシコ Carpodacus rhodochlamys, w:Red-mantled Rosefinch, ヒゴロモマシコ Carpodacus rubicilloides, w:Streaked Rosefinch, セスジシロボシマシコ Carpodacus rubicilla, w:Great Rosefinch, シロボシマシコ Carpodacus puniceus, w:Red-fronted Rosefinch, ムネアカマシコ Carpodacus roborowskii, w:Tibetan Rosefinch, ハネナガマシコ Pinicola subhimachalus, w:Crimson-browed Finch, ベニマユマシコ Loxia curvirostra, w:Red Crossbill, イスカ Pyrrhula nipalensis, w:Brown Bullfinch, チャイロウソ Pyrrhula erythrocephala, w:Red-headed Bullfinch, ズアカウソ Pyrrhula erythaca, w:Grey-headed Bullfinch, タカサゴウソ Mycerobas affinis, w:Collared Grosbeak, キバシキンクロシメ Mycerobas melanozanthos, w:Spot-winged Grosbeak, キバラクロシメ Mycerobas carnipes, w:White-winged Grosbeak, ハジロクロシメ Pyrrhoplectes epauletta, w:Gold-naped Finch, ズアカクロマシコ Urocynchramus pylzowi, w:Pink-tailed Bunting, バライロマシコ Melophus lathami, w:Crested Bunting, レンジャクノジコ Emberiza leucocephalos, w:Pine Bunting, シラガホオジロ Emberiza koslowi, w:Tibetan Bunting, クビワホオジロ, Near threatened Emberiza cia, w:Rock Bunting, ヒゲホオジロ Emberiza godlewskii, w:Godlewski's Bunting, ミヤマヒゲホオジロ Emberiza cioides, w:Meadow Bunting, ホオジロ Emberiza buchanani, w:Grey-necked Bunting, イワバホオジロ Emberiza hortulana, w:Ortolan Bunting, ズアオホオジロ Emberiza rustica, w:Rustic Bunting, カシラダカ Emberiza aureola, w:Yellow-breasted Bunting, シマアオジ Emberiza rutila, w:Chestnut Bunting, シマノジコ Emberiza melanocephala, w:Black-headed Bunting, ズグロチャキンチョウ Emberiza bruniceps, w:Red-headed Bunting, チャキンチョウ Emberiza spodocephala, w:Black-faced Bunting, アオジ Emberiza pallasi, w:Pallas's Bunting, シベリアジュリン Emberiza schoeniclus, w:Reed Bunting, オオジュリン Calcarius lapponicus, w:Lapland Longspur, ツメナガホオジロ 関連項目 地域別野鳥一覧 8つの生物地理区 (Ecozone) および、区内の地域の野鳥一覧。 (Wikipedia:チベットの野鳥一覧)

チベット自治区
チベット自治区(チベットじちく、チベット語: プー・ランキョン・ジョン, チベット文字:བོད་རང་སྐྱོང་ལྗོངས།; ワイリー方式:bod rang skyong ljongs)、或いは西蔵自治区(せいぞうじちく)は、中華人民共和国(以下、「中国」)の西南部を占める区域自治区である。 中国の公認された少数民族としてのチベット族(蔵族)の居住領域に設けられた民族自治区とされるが、チベット自治区の領域は歴史的・文化的なチベット地域のうちの、中国領に内包される部分の一部で、歴史的に西蔵と呼ばれてきた地方を占めるのみであり、中国語による名称は「西蔵自治区」という。 一方、日本語では戦前から長く西蔵とチベットはほとんど同義であるかのようにして用いられてきており、「チベット自治区」と「西蔵自治区(チベットじちく、シーツァンじちく、などの読みが見られる)」という二つの呼称が平行して使用されてきた。 (Wikipedia:チベット自治区)

チベットの領域に関する認識と主張
チベットの領域に関する認識と主張では、「チベット」の記事の下方単位として、チベット亡命政府および中華人民共和国政府それぞれの主張するチベットの範囲を中心として、「チベットの領域」についての認識について紹介する。 チベット人の考える「チベットの国土」 チベット亡命政府、中国政府それぞれの「現在の主張」を紹介するに先立ち、本節ではチベット人の伝統的なチベット認識について紹介する。 チベット人が伝統的に「チベットの国土」と考えてきた領域(周縁部の諸民族との雑居地帯含む)領域は、小プーと大プー、チベット三チョルカ等として一括される地域である。 これは、中華人民共和国が民族区域自治政策に基づき、チベット民族の自治区(チベット自治区)、自治州(青海省・四川省・甘粛省・雲南省のチベット族自治州)、自治郷などを設けている領域の総和(チベットの項の付図において歴史的チベットと称して提示されている領域)にほぼ等しい。 (Wikipedia:チベットの領域に関する認識と主張)

チベット・モンゴル相互承認条約
チベット・モンゴル相互承認条約(ちべっともんごるそうごしょうにんじょうやく、蒙古西蔵条約・蒙蔵条約とも)とは、1913年1月11日、モンゴルのウルガにおいてモンゴルのボグド・ハーン政権とチベットのガンデンポタン(ラサに本拠を置きダライ・ラマを元首とするチベットの政府)との間で締結された条約。 経緯 辛亥革命により清国が滅亡すると旧領をめぐって中華民国とモンゴル・チベットは、それぞれの主張に基づいた国際的地位の確立を目指した。清国の旧領全域を自領とみなした中華民国に対し、モンゴルとチベットは中華民国から独立した国家としての国際承認を協力して得るために本条約を締結した。 チベット側の代表はアグワン・ドルジェフと二人のチベット人であったが、ダライ・ラマ13世はイギリスの外交官にアグワン・ドルジェフに条約を締結しうる権威はなかったと語っている。 条約文が正式には公表されなかったことから存在自体が疑われていたが、1982年にモンゴル語の書面がモンゴル科学大学で発見された。 (Wikipedia:チベット・モンゴル相互承認条約)

チベット亡命政府
『ガンデンポタン』より : ガンデンポタン(チベット亡命政府) Central Tibetan Administration(CTA) 国歌: Gyalluチベットの位置政府根拠地のあるダラムサラの位置250pxガンデンポタンが「チベット」としている領域 ガンデンポタンは、ダライ・ラマを長とし、ラサを本拠として1642年に成立したチベットの政府。1959年、チベット動乱の際、ダライ・ラマとともにインドに脱出、現在はチベット亡命政府として十数万人からなるチベット難民組織の頂点に位置する。 概略 "ガンデンポタン"は、1642年以来の伝統を持つ、チベット国家の中央政府としての正式名称であり、1959年以降は、「チベット亡命政府 བཙན་བྱོལ་བོད་གཞུང་」という亡命政府としてのチベット名や、Central Tibetan Administration(CTA)(中央チベット行政府)という英語名も併用されるようになった。 (Wikipedia:チベット亡命政府)

チベット族
『チベット民族』より : チベット民族(チベットみんぞく)、蔵族(ぞうぞく)は、ユーラシア大陸中央部のチベット高原上に分布する民族。チベット語を話す。人種的にはモンゴロイドに属す。 チベット民族はチベット高原一体に分布し、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派のチベット語を用いる。7世紀、国王ソンツェンガムポの命によってインドに派遣されたトンミ・サムボータによって作られたという伝承を持つ独自の表音文字(チベット文字)を持つ。 チベット語では「プーリー」 (bod rigs) と自称する。 「プー」はチベット、「リー」は種族、民族の意。現在「チベット系民族=プーリー」は、包含する内実が相違する二つの用法で用いられている。 前近代以来用いられている伝統的な用法は、チベット本土の人々「プーパ」と、ブータン、ラダック、シッキム等の諸国の人々などをあわせた、チベット系の人々に対する総称。 中国の統治下で近年用いられ始めた用法は、中華人民共和国の国民を構成する少数民族の一つ「蔵族(ぞうぞく)=チベット族」と等置されるチベット語の呼称。 (Wikipedia:チベット族)

チベット民族
チベット民族(チベットみんぞく)、蔵族(ぞうぞく)は、ユーラシア大陸中央部のチベット高原上に分布する民族。チベット語を話す。人種的にはモンゴロイドに属す。 チベット民族はチベット高原一体に分布し、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派のチベット語を用いる。7世紀、国王ソンツェンガムポの命によってインドに派遣されたトンミ・サムボータによって作られたという伝承を持つ独自の表音文字(チベット文字)を持つ。 チベット語では「プーリー」 (bod rigs) と自称する。 「プー」はチベット、「リー」は種族、民族の意。現在「チベット系民族=プーリー」は、包含する内実が相違する二つの用法で用いられている。 前近代以来用いられている伝統的な用法は、チベット本土の人々「プーパ」と、ブータン、ラダック、シッキム等の諸国の人々などをあわせた、チベット系の人々に対する総称。 中国の統治下で近年用いられ始めた用法は、中華人民共和国の国民を構成する少数民族の一つ「蔵族(ぞうぞく)=チベット族」と等置されるチベット語の呼称。 (Wikipedia:チベット民族)

チベット仏教
チベット仏教(チベットぶっきょう)は、チベットを中心に発展した仏教の一派。 チベット仏教は、根本説一切有部の厳格な戒律に基づく出家制度から、大乗顕教の諸哲学や、金剛乗の密教までをも広く包含する総合仏教である。 また、独自のチベット語訳の大蔵経を所依とする教義体系を持ち、漢訳経典に依拠する北伝仏教と並んで、現存する大乗仏教の二大系統をなす。 特に密教については、主に漢訳経典には前期密教〜後期密教が伝わっているのに対し、チベット仏教は国家仏教として8世紀-12世紀にかけて後期密教(無上瑜伽タントラ等)の教えを中心としたインド密教を広範に受け入れ、独自に消化した点にも大きな特徴がある。また、密教に限らず、中期・後期中観派の著作・思想なども含め、総じて8世紀以降の、イスラーム勢力の台頭によって中国にまで伝達されにくくなった(そしてやがて滅ぼされることになる)インド大乗仏教の系譜を、ヒマラヤ山脈を挟んで目と鼻の先という地の利を活かし、事実上世界で唯一継承・保全してきた極めて貴重な存在だと言える。 (Wikipedia:チベット仏教)

チベットの仏教
『チベット仏教』より : チベット仏教(チベットぶっきょう)は、チベットを中心に発展した仏教の一派。 チベット仏教は、根本説一切有部の厳格な戒律に基づく出家制度から、大乗顕教の諸哲学や、金剛乗の密教までをも広く包含する総合仏教である。 また、独自のチベット語訳の大蔵経を所依とする教義体系を持ち、漢訳経典に依拠する北伝仏教と並んで、現存する大乗仏教の二大系統をなす。 特に密教については、主に漢訳経典には前期密教〜後期密教が伝わっているのに対し、チベット仏教は国家仏教として8世紀-12世紀にかけて後期密教(無上瑜伽タントラ等)の教えを中心としたインド密教を広範に受け入れ、独自に消化した点にも大きな特徴がある。また、密教に限らず、中期・後期中観派の著作・思想なども含め、総じて8世紀以降の、イスラーム勢力の台頭によって中国にまで伝達されにくくなった(そしてやがて滅ぼされることになる)インド大乗仏教の系譜を、ヒマラヤ山脈を挟んで目と鼻の先という地の利を活かし、事実上世界で唯一継承・保全してきた極めて貴重な存在だと言える。 (Wikipedia:チベットの仏教)

チベット語
チベット語(チベットご)は、ユーラシア大陸の中央、およそ東経77-105度・北緯27-40度付近で使用されているシナ・チベット語族(支那-蔵系)のチベット・ビルマ語派チベット諸語に属する言語。 形態論において孤立語に分類されるが膠着語的な性質ももつ。方言による差はあるが、2種ないし4種の声調をもつ。チベット高原における約600万人、国外に移住した約15万人のチベット人が母語として使用している。 ラサ方言を含む中央チベット方言、カム・チベット方言、アムド・チベット方言は通常は同一の言語の方言とみなされ、この3方言を総称してチベット語といわれる。特にラサ方言は標準チベット語と呼ばれる。本記事は標準チベット語を中心に記述するが、他方言についても言及する。 チベット語に含まれない周辺のチベット系言語についてはチベット諸語を参照。 文字 チベット語に用いられるチベット文字は、表音文字であり、起源はブラーフミー文字である。ラテン文字に転写するにはいくつかの方法があり、統一されていない。 チベット文字はUnicodeにも収録されており、Windows XPやMac OS X上で使用可能である。 (Wikipedia:チベット語)

チベット文字
チベット文字(チベットもじ)は、チベット語・ゾンカ語の表記に用いる文字である。 インド系の表音文字であり、左から右へと綴る。わずかな変更を加えてチベット系諸言語(ゾンカ語、バルティ語など)や、チベット仏教を受け入れた地域の言語(モンゴル語)の表記にも用いられる。起源は、古くはブラーフミー文字に遡ることは確かだが、ブラーフミー文字のどの変種が直接の起源となったかはナーガリー文字、グプタ文字、ネワール文字など諸説ある。伝承によると、7世紀中頃、吐蕃のソンツェン・ガンポ王がインドへ役人を数名派遣し、トンミ・サンボータが数名のインドの仏教僧とともに創り出したとされる。 長い歴史を経て、表記と発音の乖離が極めて激しいのも、チベット文字の特徴と言える。そのせいもあって、ラテン文字に転写する方式は、統一されておらず、複数の方式が併用されている。(参照:「チベット語のラテン文字表記法」「蔵文ピン音」「ワイリー方式」「チベット語のカタカナ表記について」) 文字構成 チベット文字は、下図のように、基字の前後上下に補助的な字母を付加し、それぞれの音節の発音を表現する。 (Wikipedia:チベット文字)

チベット地方
『西蔵地方』より : 西蔵地方(せいぞう-ちほう)は中華民国でかつて名目的に存在していた省級の行政区画。 チベット政府ガンデンポタンは、1911-12年の辛亥革命によってダイチン・グルン(清国)が滅亡して以来、モンゴルとともに、中国とは別個の独立国家を主張し、国際承認をもとめる外交活動を行っていた。中華民国は、チベットの全域を中国領と主張し、実行支配を確立していたアムド地方とカム地方の北部を甘粛省と青海特別地区(1928年より青海省)に、カム地方の東部を川辺特別地区と雲南省に組み込み、ガンデンポタンが実行していたウー・ツァン地方、ガリ地方、カム地方の西部のうち、ウー・ツァン地方とガリ地方をまとめて西藏地方と称した。  カム地方西部については、中華民国の実行支配下にはなかったが、川辺特別地区(1939年より西康省)に帰属すると主張し、西藏地方には含めなかった。 行政沿革 清末はイギリスとの協調路線を模索したチベットであるが、1913年(民国2年)10月、イギリス政府は袁世凱に対しインドシムラーでの英中蔵会談の開催を要求し、同時にチベットを中華民国を宗主国とする自治国とする草案が提出した。 (Wikipedia:チベット地方)

チベット大蔵経
チベット大蔵経(-だいぞうきょう)は、8世紀末以後、主にサンスクリット語仏典をチベット語に訳出して編纂されたチベット仏教経典が、集成されたもの。 インド本国において最終的に紛失・散逸してしまった後期仏教の経典の翻訳を数多く含み、その訳出作業も長年の慎重な校訂作業によって絶えず検証、再翻訳され続けてきたため信頼性が高く、サンスクリット原本がない場合などは、チベット訳から逆に翻訳し戻す作業などによって、原本を推定したりして、世界の仏教学者の研究のよりどころとなっている。 まずチベット語そのものが、7世紀に吐蕃のソンツェンガンポ (srong btsan sgam po) 王の時代、632年にトンミサンボータ (thon mi saMbhoTa) をインドに留学させて、チベット文字・文法を確立させたものである。 (Wikipedia:チベット大蔵経)

チベット十三万戸
チベット十三万戸( - じゅうさんばんこ)はチベット語で「プー・ティコル・チュクスム(bod khri skor bcu gsum)」、中央チベットもしくはチベット全土の総称として用いられるチベットの地理的区分法式の一つ。単に「十三万戸(ティコル・チュクスム)」とも。モンゴル帝国期、チベット各地の有力領主たちが万戸制に基づく「ティ・プン」(万戸長)に任じられたことに由来する呼称。 モンゴル帝国期に配置された万戸府の所在 モンゴル帝国は、服属したチベットの諸侯を、サキャのクン氏に統括させ、大小の領主に「ティプン」その他の大小の官職をあたえた。チベットは、名目上、帝師もしくは国師として大ハーンに近侍するサキャ寺の座主を長官とし、「仏教の僧侶と信者および吐蕃の領域を管轄し、これを統治する」ことを職務とする宣政院の下、いくつかに区分された。うち、中央チベットの烏思蔵・納里速古魯孫(ウーツァン、ガリ・コルスム)等三路宣慰使司属下の万戸府として、『元史』巻八七には11の万戸が列挙されているが、後述する、のちのチベット文献に登場する万戸の所在とは一致しない。 (Wikipedia:チベット十三万戸)

チベット犬
『チベタン・マスティフ』より : チベタン・マスティフ (Tibetan Mastiff) は中国チベット高原を原産地とする超大型犬。その名が示すように俗にチベット犬とも呼ばれる希少種である。中国語では「藏獒」(Zàng áo) あるいは「西藏獒犬」(Xīzàng áoquàn) となり、「東方神犬」との異名もある。チベット語ではདོ་ཁྱི།(ドーキー)と呼ばれている。 体高66cm、体重64~82kg。主人への忠誠心が強く、外敵に対しては勇敢に戦う犬種である。そのため番犬、護衛犬、猟犬に優れている。 本種の外見上、特に首周りの毛の特徴から「獅子型」と「虎型」にタイプが分けられる。なお「獅子型」はさらに毛の長い「大獅子頭型」と短い「小獅子頭型」に分けられる。 毛の色からは、主に黒色、赤毛、金黒、灰、白、黄から構成されており、尾の毛は長く巻いているため、中国ではその部位をキクの花に例えられている。 本種の疾患としては、大型犬特有の股関節形成不全になりやすいことが挙げられている。 古くからチベットの牧畜民が牧羊犬や番犬として飼育し、世界の大型犬の原種の一つと見られている。 (Wikipedia:チベット犬)

チベット暦
チベット暦(チベットれき)は太陰太陽暦であり、即ち1年がそれぞれ新月より始まる12乃至13の太陰月よりなる。閏月は約3年毎に挿入されて季節のズレが調節される。固有の月名はなく、単に一月から十二月までの番号で表わされる。正月はロサル(:en:Losar Losar)と呼ばれ、時期的には現在の太陽暦の1月末または2月に当り、その意味では現行の中国暦の春節に似ている。日付はティティによって決まり、欠日や余日がある。
曜日は西暦と同様7つの天体に割り当てられている。
曜日 !! チベット文字 !! 読み !! 天体
日曜日 གཟའ་ཉི་མ་(gza” nyi ma) サ・ニマ 太陽
月曜日 གཟའ་ཟླ་བ་(gza” zla ba) サ・ダワ 月
火曜日 གཟའ་མིག་དམར་(gza” mig dmar) サ・ミンマー 火星
(Wikipedia:チベット暦)

チベット動乱
チベット動乱(チベットどうらん)は、中華人民共和国政府のチベット統治、支配に対し、アムド地方、カム地方における「民主改革」「社会主義改造」の強要をきっかけとして1956年に勃発し、1959年に頂点に達したチベット人の抗中独立運動のことである。中国政府はチベット反乱と呼ぶ。 前史 1914年、中国政府はシムラ協定を批准せず、シムラ会議はイギリスとチベットのみでの合意に終わる。ダライラマ政権がチベットの南半部(西蔵部分)、中国が北部・東部(アムド地方、カム地方)を抑えて対峙する形勢が続く。 中国共産党軍によるチベット侵攻 1949年、国共内戦で中華民国に勝利した中国共産党が中国を掌握する。中華民国国民党政府がアムド地方、カム地方の北部・東部に設置していた青海省、西康省等が中華人民共和国の支配下に入る。チベット政府は中国政府とつながりのある全ての中国人を国外追放し、国民党と共産党の双方から非難されるが、同地のチベット人、モンゴル人の抵抗が1950年代初頭まで続く。 (Wikipedia:チベット動乱)

チベット高原
チベット高原(チベットこうげん、中国語:青蔵高原、雪域高原)はユーラシア大陸の中央部に広がる世界最大級の高原。チベットの領域とほぼ等しい。 規模 東西約2,000キロメートル、南北約1,200キロメートル、面積約250万平方キロメートル(日本の国土面積の約6倍)。高度は3,500から5,500メートル、平均4,500メートル。 地理 南境にはヒマラヤ山脈、西境にはカラコルム山脈、北境には崑崙山脈・阿爾金山脈・祁連山脈、東境には横断山脈が走り、7,000から8,000メートル級の高峰が連なる。東北部には面積20万平方キロメートルのツァイダム盆地やティショギャルモ湖(青海湖)がある。 20世紀後半からこの高原の大部分を領有している中華人民共和国は西蔵・青海などの諸地方に区分して、両地方の略称「青」「蔵」をあわせた青蔵高原(qīng zàng gāo yuán, せいぞうこうげん)としている。 (Wikipedia:チベット高原)

チベット国旗
『チベットの旗』より : チベットの旗は、1912年にガンデンポタンがチベットの独立を宣言した際、ダライ・ラマ13世によって国旗として制定された旗。チベット国旗、雪山獅子旗などとも称される。旗正面の白い雪山の前面で、2頭のスノー・ライオン(唐獅子)が3つの宝石を支えている。 1910年代にチベットに滞在していた日本人チベット研究者・青木文教は自著『祕密之國 西藏遊記』(内外出版、1920年(大正9年)10月19日発行)において、チベット軍の司令官と青木が戯れとして、それまでの軍旗でも使われていたチベットの記号(雪山・唐獅子・日・月)と、大日本帝国陸軍が軍旗として考案・使用していた旭日旗に擬似する意匠(旭日)を組み合わせ、新しく図案を作ったものがたまたま新しい「軍旗」として採用されたと記している。 (Wikipedia:チベット国旗)


チベット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

チベット - アマゾン検索


「チベット」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す