[PR]

日別キーワード

第91位  ハンセン病 - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



ハンセン病
ハンセン病(ハンセンびょう、Hansen's disease)は、抗酸菌の一種であるらい菌 (Mycobacterium leprae) の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。 病名は、1873年にらい菌を発見したノルウェーの医師、アルマウェル・ハンセンに由来する。かつての日本では「癩(らい)」、「癩病」、「らい病」とも呼ばれていたが、それらを差別的に感じる人も多く、歴史的な文脈以外での使用は避けられるのが一般的である。その理由は、「医療や病気への理解が乏しい時代に、その外見や感染への恐怖心などから、患者への過剰な差別が生じた時に使われた呼称である」ためで、それに関連する映画なども作成されている。 感染経路はらい菌の経鼻・経気道によるものが主流で、感染力は非常に低い。治療法も確立しており、重篤な後遺症を残すことや自らが感染源になることはないが、適切な治療を受けない・受けられない場合、皮膚に重度の病変が生じることもある。 (Wikipedia:ハンセン病)

ハンセン病元患者宿泊拒否事件
ハンセン病元患者宿泊拒否事件(ハンセンびょうもとかんじゃしゅくはくきょひじけん)とは、2003年11月に熊本県阿蘇郡南小国町のホテルがハンセン病元患者の宿泊を拒否した事件である。関連する事件を総称していう場合もある。 事件の経緯 2003年9月17日、熊本県は「ふるさと訪問事業」の催行にあたり、アイレディース宮殿黒川温泉ホテル(後述)に国立療養所菊池恵楓園のハンセン病元患者18名と付き添いの4名の宿泊を予約した。11月18日から一泊する予定であり、この事業は過去に何度も問題なく催行されていた。 ところが11月13日になって、同ホテルから「他の宿泊客への迷惑」などを理由に宿泊を遠慮するように申し入れがあった。翌14日、県担当者が親会社であるアイスターへ出向きハンセン病についての理解を求めたが、同ホテルは方針を変えなかった。県は潮谷義子知事名の抗議文を手渡し、宿泊拒否の撤回を求めたが同ホテルは応じなかった。 そのため県は同月18日に熊本地方法務局へ報告を行い、人権侵害ならびに旅館業法違反などの疑いにより熊本地方検察庁の調査が開始された。 (Wikipedia:ハンセン病元患者宿泊拒否事件)

ハンセン病療養所
『ハンセン病患者の隔離』より : ハンセン病療養所(ハンセンびょうりょうようじょ)は、主にハンセン病患者を専門的または中心的に診療するための医療機関である。ただし、歴史的には各国または療養所によっていろいろな意味合いをもっている。 ハンセン病療養所の意義 キリスト教・仏教などの宣教師が、放浪患者を救済するために作られた。例:回春病院 単に患者を隔離するためだけに作られたものもある。→ハンセン病患者の隔離を参照。 日本のハンセン病療養所 療養所名(所在地):入所者数(2006年5月時点) 国立ハンセン病療養所 国立療養所松丘保養園(青森県):161名 国立療養所東北新生園(宮城県):158名 国立療養所栗生楽泉園(群馬県):200名 国立療養所多磨全生園(東京都):358名 国立駿河療養所(静岡県):127名 国立療養所長島愛生園(岡山県):424名 国立療養所邑久光明園(岡山県):244名 国立療養所大島青松園(香川県):155名 国立療養所菊池恵楓園(熊本県):483名 国立療養所星塚敬愛園(鹿児島県):290名 国立療養所奄美和光園(鹿児島県):64名 国立療養所沖縄愛楽園(沖縄県):309名 国立療養所宮古南静園(沖縄県):107名 私立ハンセン病療養所 神山復生病院:11名 琵琶崎待労院:9名起廃病院 (1875-1907?) 慰廃園(1894-1942) 回春病院(1895-1941) 身延深敬園(1906-1992) 世界の主なハンセン病コロニー カラウパパ(ハワイ) チャカチャカレ(トリニダード・トバゴ) スピナロンガ(クレタ):現在は使われていない。 (Wikipedia:ハンセン病療養所)

ハンセン病患者の隔離
ハンセン病(ハンセンびょう、Hansen's disease)は、抗酸菌の一種であるらい菌 (Mycobacterium leprae) の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。 病名は、1873年にらい菌を発見したノルウェーの医師、アルマウェル・ハンセンに由来する。かつての日本では「癩(らい)」、「癩病」、「らい病」とも呼ばれていたが、それらを差別的に感じる人も多く、歴史的な文脈以外での使用は避けられるのが一般的である。その理由は、「医療や病気への理解が乏しい時代に、その外見や感染への恐怖心などから、患者への過剰な差別が生じた時に使われた呼称である」ためで、それに関連する映画なども作成されている。 感染経路はらい菌の経鼻・経気道によるものが主流で、感染力は非常に低い。治療法も確立しており、重篤な後遺症を残すことや自らが感染源になることはないが、適切な治療を受けない・受けられない場合、皮膚に重度の病変が生じることもある。 (Wikipedia:ハンセン病患者の隔離)

ハンセン病患者居留地
『ハンセン病患者の隔離』より : ハンセン病(ハンセンびょう、Hansen's disease)は、抗酸菌の一種であるらい菌 (Mycobacterium leprae) の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。 病名は、1873年にらい菌を発見したノルウェーの医師、アルマウェル・ハンセンに由来する。かつての日本では「癩(らい)」、「癩病」、「らい病」とも呼ばれていたが、それらを差別的に感じる人も多く、歴史的な文脈以外での使用は避けられるのが一般的である。その理由は、「医療や病気への理解が乏しい時代に、その外見や感染への恐怖心などから、患者への過剰な差別が生じた時に使われた呼称である」ためで、それに関連する映画なども作成されている。 感染経路はらい菌の経鼻・経気道によるものが主流で、感染力は非常に低い。治療法も確立しており、重篤な後遺症を残すことや自らが感染源になることはないが、適切な治療を受けない・受けられない場合、皮膚に重度の病変が生じることもある。 (Wikipedia:ハンセン病患者居留地)


ハンセン病 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ハンセン病 - アマゾン検索


「ハンセン病」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す