[PR]

日別キーワード

第95位  フォルクスワーゲン - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG )は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車メーカー。傘下の企業を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 フォルクスワーゲンは1937年設立となっているが、旧フォルクスワーゲン製造会社は第二次世界大戦前にナチス政権の国策企業として設立され、会社としては第二次世界大戦終戦後のイギリス軍管理下で改組されたもので、工場と製品設計のみを継承したかたちとなっている。現在では世界119ヶ所に工場を持つ。社名はドイツ語で「国民車」を意味する。 ヒトラーの国民車計画から始まったフォルクスワーゲン アドルフ・ヒトラーが1934年のベルリンモーターショウで提唱した国民車(フォルクスワーゲン)計画に従い、著名な自動車設計者であるフェルディナント・ポルシェによって、進歩的なメカニズムを備えた流線型のリアエンジン小型車が開発された。 (Wikipedia:フォルクスワーゲン)

フォルクスワーゲン グループ ジャパン
社名 フォルクスワーゲングループジャパン株式会社
英文社名 Volkswagen Group Japan Co., Ltd.
ロゴ
種類 株式会社
略称 VGJ
郵便番号 441-8550
本社所在地 愛知県豊橋市明海町5番地10
電話番号 0070-800-551133(カスタマーセンター)
設立 1983年7月(フォルクスワーゲン株式会社)
業種 輸送用機器
事業内容 日本国内におけるフォルクスワーゲン車の輸入販売、市場調査・広報活動・宣伝活動、販売店開発及び支援活動他フォルクスワーゲン車関連部品の購買
代表者 代表取締役社長 ゲラシモス ドリザス
資本金 231億7,410万円
従業員数 315名
主要株主 ドイツ フォルクスワーゲンAG 100%出資
http://www.volkswagen.co.jp/
フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(略称VGJ)はドイツに本社を置くフォルクスワーゲンAGの100%子会社で、日本においてフォルクスワーゲングループのフォルクスワーゲンブランドの自動車を輸入販売する会社。本社、愛知県豊橋市明海町。
(Wikipedia:フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

フォルクスワーゲン・ゴルフ
『VWゴルフ』より : ゴルフ(Golf)は、ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンが製造・販売しているハッチバック型の自動車である。1974年に発表され、現在(2015年)も展開されている。 「Cセグメント」に分類されるハッチバック車であり、その優れた機能的なデザイン、運転のしやすさ、高い走行性能などは、初代の発売以来、約40年にわたって世界中のベーシックカーの基準、ベンチマークとして高く評価されている。世界の車種別歴代総生産台数ではトヨタ・カローラに次ぐ第2位であり、2013年7月には累計の生産台数が3,000万台に達した。日本市場へも、初代モデル登場時から継続して輸入・販売されており、高い知名度を持つ代表的な輸入車となっている。 1974年に発売されたジョルジェット・ジウジアーロのデザインの傑作である初代ゴルフは、横置きエンジンによるFF(FF)方式と効率的なパッケージングによるコンパクトな外寸、余裕のある室内空間を持ち、世界中でヒットとなり、約680万台が生産された。 (Wikipedia:フォルクスワーゲン・ゴルフ)

フォルクスワーゲン・フェートン
フォルクスワーゲン・フェートン(Volkswagen Phaeton)は、ドイツ連邦共和国のフォルクスワーゲンで2002年から販売されている、Fセグメントに属する高級車 ラグジュアリーセダン サルーンである。
車名のフェートンは、ギリシア神話の太陽神である「ヘーリオス」の息子「パエトーン」に由来するもので、開発当時のコードネームはD1とされていた。
車種=乗用車
車名=フォルクスワーゲン・フェートン
車名補=
1枚目画像の説明=フロント・ビュー
Photo:Phaeton V6 (欧州仕様車)
1枚目画像名=VW_Phaeton_3.0_V6_front.JPG
2枚目画像の説明=リア・ビュー
2枚目画像名=VW_Phaeton_3.0_V6_rear.JPG
3枚目画像の説明=
3枚目画像名= メーカー=フォルクスワーゲン
親会社=
製造期間=2002年-
設計統括=
デザイナー=
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・フェートン)

フォルクスワーゲン・ニュービートル
フォルクスワーゲン・ニュービートル(Volkswagen New Beetle)はドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンの自動車である。
車種=乗用車
車名=フォルクスワーゲン・ニュービートル
1枚目画像の説明=フロント
1枚目画像名=Volkswagen New Beetle Germany.jpg
2枚目画像の説明=リア
2枚目画像名=Volkswagen.beetle.new.750pix.jpg
3枚目画像の説明=
3枚目画像名=
製造期間=1998年 -
ボディタイプ=3ドア ハッチバック2ドア カブリオレ
ハイブリッドシステム=
エンジン=2.5L V型5気筒 V5 150psAZJ型 2.0L 直列4気筒 直4 116psAWU型 1.8L 直4 ターボチャージャー ターボ 150psBFS型 1.6L 直4 102ps1.4L 直4 75ps1.9L 直4 ディーゼル 105ps
モーター=
トランスミッション=
サスペンション=
駆動方式=
全長=4,090mm4,130mm(MC後)
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・ニュービートル)

フォルクスワーゲン・ポロ
『VWポロ』より : ポロ(Polo )はドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンのコンパクトカーである。 フォルクスワーゲンの主力モデルであるゴルフと同様、フロントにエンジンを横向きに配置し、前輪を駆動するというコンベンショナルなスタイルを採るコンパクトカーで、フォルクスワーゲンにとっては日本での年間販売台数が常に1万台を超える中核モデルである。ユーザーの60%が女性であり、これは日本でのフォルクスワーゲン全体において女性ユーザーが占める割合を大きく超える。モデルチェンジのたびボディサイズを拡大してきたゴルフに対し、ポロの大きさは現行モデルでも2代目ゴルフ程度と、かつてゴルフが担っていたベーシックなコンパクトカーの役割を果たしており、このクラスのベンチマーク的存在である。主なボディ形式はハッチバックタイプだが、歴代の各モデルを通してセダンタイプが存在し、エステートやクーペタイプがラインナップされていたこともある。しかし、歴代モデルとも日本に導入されたのは一部のボディタイプのみである。現在、セダンタイプはロシア、中国、ラテンアメリカ、南アフリカおよびその他アフリカ地域にて販売されている。 (Wikipedia:フォルクスワーゲン・ポロ)

フォルクスワーゲン・ビートル
『VWビートル』より : フォルクスワーゲン・ビートル (Volkswagen Beetle) は、フォルクスワーゲンの自動車。 フォルクスワーゲン・タイプ1 - 初代モデル。 フォルクスワーゲン・ニュービートル - 2代目モデル。 フォルクスワーゲン・ザ・ビートル - 3代目モデル。 (Wikipedia:フォルクスワーゲン・ビートル)

フォルクスワーゲンビートル
『VWビートル』より : タイプ1(Type 1 )は、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンによって製造された小型自動車。「ビートル」Beetle や、「カブトムシ」の通称でも知られる。 1938年の生産開始以来、2003年まで半世紀以上も生産が続き、国際的な自動車市場で多大な成功を収めた。四輪自動車としては世界最多の累計生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的大衆車である。 卓越した自動車設計者フェルディナント・ポルシェによって1920年代以来長年にわたり希求されていた高性能小型大衆車のプランが、1933年にドイツ首相に就任したナチ党党首アドルフ・ヒトラーの大衆政策と結びつくことで開発が実現した。1930年代におけるもっとも進歩した小型乗用車であり、その進歩性が、長年にわたって世界的な自動車市場の第一線で競争力を維持できた大きな理由である。 1938年に量産型の原型が完成し、生産体制の整備が始められたが、ヒトラーの野心による第二次世界大戦勃発で民生用量産は実現せず頓挫、若干が主として軍需用に生産された以外、コンポーネンツは軍用車両の生産に利用された。 (Wikipedia:フォルクスワーゲンビートル)

フォルクスワーゲン・サンタナ
サンタナ(Santana)は、フォルクスワーゲンの乗用車(セダン)である。
1980年から1988年まで生産されていたフォルクスワーゲンの乗用車・フォルクスワーゲン・パサート パサート(第2世代=B2型)の姉妹車であり、同モデルのセダン仕様に冠された名称である。第2世代パサートからの派生車種は様々な名称で販売され、「サンタナ」の名称は主に南米、中国、日本市場において用いられた。中国では現在まで製造・販売される国民車となっており、ブラジルでも2006年まで製造・販売されていた。
1973年に発売されたフォルクスワーゲンの中型乗用車、フォルクスワーゲン・パサート パサートには、セダン、ワゴン、ハッチバックがあったが、1980年に移行した第2世代ではワゴンとハッチバックだけとなった。その際に、セダン型の後継モデルとして新たに独立したモデルがこの「サンタナ」である。第2世代のパサートとサンタナとは姉妹車の関係であり、いずれもアウディ・80(第2世代)とプラットフォームを共用していた。
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・サンタナ)

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン
転送 フォルクスワーゲン・トゥーラン
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン)

フォルクスワーゲン・ルポ
フォルクスワーゲン・ルポ (Lupo) は、ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲン社が製造、販売するコンパクトカー。
デビューは1998年で、ボディ形式は3ドアハッチバックで乗車定員は5名もしくは4名。日本では2001年デビュー。フォルクスワーゲン・ポロより小さなクラスに位置し(全長はポロ比で20cm以上短く、フィアット・パンダなどと同等)、ルポ販売時のラインナップのうちで最も小さなモデルである。2004年には後継たるフォルクスワーゲン・フォックスの製造が開始されており、欧州や中南米ではルポからフォックスにバトンタッチされている。ただし、メキシコではフォックスもルポの名で販売されている。日本でも2006年にラインナップから惜しまれつつ姿を消した。
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・ルポ)

フォルクスワーゲン・トゥアレグ
ファイル:VW Touareg.jpg thumb right 256px トゥアレグ(欧州仕様、初期型)
ファイル:Touareg2.jpg thumb right 256px トゥアレグ(日本仕様、V8、初期型)
ファイル:VW Touareg Facelift07.JPG thumb right 250px トゥアレグ(2007年マイナーチェンジ版)
ファイル:VW Race Touareg 2 blue vr EMS.jpg 200px thumb right レーストゥアレグ2007年モデル 2006年のエッセンモーターショーにて
トゥアレグ (”Touareg”) は、ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲンが製造・販売する四輪駆動のSUVである。
車名の由来は、アフリカのトゥアレグ族。
2002年、ポルシェと共同開発で誕生し、同社のSUV・ポルシェ・カイエン カイエンとはプラットフォーム (自動車) プラットフォームを共有する姉妹車の関係である。フォルクスワーゲンの高級化を志向していたフェルディナント・ピエヒと、SUVのラインナップを切望していたポルシェとの思惑が一致した結果の企画であった。製造は、スロバキア スロヴァキアのブラチスラヴァで行われる。
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・トゥアレグ)

フォルクスワーゲン・イオス
車種=乗用車
車名=フォルクスワーゲン・イオス
1枚目画像の説明=
1枚目画像名=Vw eos 20061025.jpg
2枚目画像の説明=
2枚目画像名=
3枚目画像の説明=
3枚目画像名=
製造期間=2006年-
ボディタイプ=2ドア クーペカブリオレ
ハイブリッドシステム=
エンジン=2.0L 直4 ターボチャージャー ターボ 200ps3.2L V6 250ps
モーター=
トランスミッション=6速セミオートマチックトランスミッション セミAT(DSG)
サスペンション=
駆動方式=FF
全長=4410mm
全幅=1790mm
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・イオス)

フォルクスワーゲン・ポロGTI
フォルクスワーゲン・ポロGTI(Volkswagen Polo GTI)とは、フォルクスワーゲン社が製造するコンパクトカーの1つであるフォルクスワーゲン・ポロ ポロのスポーティーモデル。GTIとは、Grand Touring Injection(グランド・ツーリング・インジェクション)の略で、フォルクスワーゲンが1976年以来、歴代のスポーティーモデルだけに与えてきた伝統ある名である。
1999年に大幅なマイナーチェンジが行われた3代目のポロをベースに、2000年5月にGTI(5MT)が初めてラインナップされた。このモデルのエンジンは他のポロシリーズが新開発のオールアルミ75psの1.4L 直列4気筒 DOHCエンジンを搭載するのに対し、GTIは125ps/15.5kgmの出力を持つ1.6L 直列4気筒 DOHC 16バルブエンジンを搭載する。
4代目ポロをベースとしたモデルは、2005年12月20日に欧州に先駆けて日本で発売された。
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・ポロGTI)

フォルクスワーゲングループ
フォルクスワーゲン・グループとはドイツの自動車開発・製造・販売を行う企業グループ。その中心企業はフォルクスワーゲンで、傘下の企業群と合わせフォルクスワーゲン・グループと称される。 フォルクスワーゲンが国民車製造株式会社(Volkswagenwerk GmbH )から社名変更した1985年7月4日以降、フォルクスワーゲン工場(Volkswagenwerk )を想起させる以前の名前から、よりグローバル化した多様性を反映する名前とするため、特にドイツ語圏以外の市場においてフォルクスワーゲン・グループという呼び方がなされるようになっている。 フォルクスワーゲン・グループの中核企業フォルクスワーゲンはドイツ、ニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社をおき、グループ全体では自動車8ブランド、製造拠点は欧州、アジア太平洋、アフリカ、アメリカの19ヶ国に44工場、従業員34万2000名、一日あたり2万1500台を生産する。 (Wikipedia:フォルクスワーゲングループ)

フォルクスワーゲン・VR6型エンジン
フォルクスワーゲン・VR6型エンジンとはフォルクスワーゲングループにより開発された6気筒の狭角V型エンジンで、1991年に登場した。これより派生してV型5気筒、W型エンジンが開発された。15度のバンク角が長い間採用されていたが、最新型では10.6度に変更されている。
VR6という名称はVはV型エンジン、Rはドイツ語で直列エンジンを意味する”Reihenmotor”の頭文字から付けられている。尚、2007年現在発売されているVW車ではV6という一般的な表記が行われているが、メカニズムはVR6を継承している。
1991年に2.8Lエンジンがフォルクスワーゲン・パサート パサート、フォルクスワーゲン・コラード コラードに採用された。そのほかにも、フォルクスワーゲン・ゴルフ ゴルフⅢ、フォルクスワーゲン・シャラン シャラン、フォルクスワーゲン・ヴァナゴン ヴァナゴンなどに採用されている。カムシャフトは2本で、バルブ数は吸気1、排気1の2バルブであった。
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・VR6型エンジン)

フォルクスワーゲン・フォックス
ファイル:Volkswagen Fox - yellow.jpg thumb right 256px Fox
フォックス(Fox) は、ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲン社が製造、販売するコンパクトカー。
ブラジルで開発と製造され、中南米とヨーロッパで販売されている。開発コードは"P24Q"。デビューは2004年で、ボディ形式は3ドアハッチバックで乗車定員は5名もしくは4名。フォルクスワーゲン・ポロ ポロより小さなクラスに位置し(全長はポロ比で20cm以上短く、フィアット・パンダなどと同等)、フォルクスワーゲン・ルポ ルポ販売時のラインナップのうちで最も小さなモデルである。
製造は2004年に開始されており、ヨーロッパ 欧州やラテンアメリカ 中南米ではルポからフォックスにバトンタッチされている。ただし、メキシコではフォックスもルポの名で販売されている。
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・フォックス)

フォルクスワーゲン・タイプ1
タイプ1(Type 1 )は、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンによって製造された小型自動車。「ビートル」Beetle や、「カブトムシ」の通称でも知られる。 1938年の生産開始以来、2003年まで半世紀以上も生産が続き、国際的な自動車市場で多大な成功を収めた。四輪自動車としては世界最多の累計生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的大衆車である。 卓越した自動車設計者フェルディナント・ポルシェによって1920年代以来長年にわたり希求されていた高性能小型大衆車のプランが、1933年にドイツ首相に就任したナチ党党首アドルフ・ヒトラーの大衆政策と結びつくことで開発が実現した。1930年代におけるもっとも進歩した小型乗用車であり、その進歩性が、長年にわたって世界的な自動車市場の第一線で競争力を維持できた大きな理由である。 1938年に量産型の原型が完成し、生産体制の整備が始められたが、ヒトラーの野心による第二次世界大戦勃発で民生用量産は実現せず頓挫、若干が主として軍需用に生産された以外、コンポーネンツは軍用車両の生産に利用された。 (Wikipedia:フォルクスワーゲン・タイプ1)

フォルクスワーゲン・タロ
ファイル:VWTaro1991.jpg thumb 250px right フォルクスワーゲン・タロ
VW Taro(フォルクスワーゲン・タロ)は、1989年、フォルクスワーゲンとトヨタ自動車との提携によって誕生した車種。Taroは日本人男性の名前『太郎』から来ている。
ピックアップトラック、トヨタ・ハイラックス2輪駆動仕様 (1994年秋に4輪駆動も追加) のフォルクスワーゲン版で、2400ccのディーゼルエンジンを搭載していたが、VWのバッジ以外に外観上の差はほとんどなかった。販売は低調で、1996年に消滅した。
2003年頃も、VWのドイツサイトにて掲載されていた。
フォルクスワーゲン
トヨタ自動車
トヨタ・ハイラックスサーフ
フォルクスワーゲンの車種 たろ
da:Volkswagen Taro
VW Taro
Volkswagen Taro
fi:Volkswagen Taro
no:Volkswagen Taro
(Wikipedia:フォルクスワーゲン・タロ)

フォルクスワーゲン・クロスポロ
『』より : (Wikipedia:フォルクスワーゲン・クロスポロ)


フォルクスワーゲン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

フォルクスワーゲン - アマゾン検索


「フォルクスワーゲン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す