[PR]

日別キーワード

第1位  宮沢りえ - 2018年03月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



宮沢りえ
宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。東京都練馬区出身。エムツー企画所属。女優として映画、舞台、テレビドラマなどに出演。身長168cm。日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフ。 11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして雑誌 『週刊セブンティーン』(当時)の表紙モデルとなった。1987年(昭和62年)、CM『三井のリハウス』の初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。 同時期から活躍していたのは後藤久美子で、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。後藤久美子とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。 10代の頃には、17歳の時に『ふんどしカレンダー』や、18歳の時にはヘアヌード写真集『Santa Fe』などの奇抜な話題作り、そしてマネージャーを務めていた母親(通称・りえママ)の存在とで注目された。 (Wikipedia:宮沢りえ)


宮沢りえ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  アベノミクス - 2018年03月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



アベノミクス
アベノミクス(英語: Abenomics)とは、自由民主党の政治家・安倍晋三が第2次安倍内閣において掲げた一連の経済政策に対して与えられた通称である。少数ながら表記揺れに「アベノミックス」「安倍ノミクス」がある。「安倍」と「エコノミクス/エコノミックス(英: economics)」を合わせた造語(混成語)。英語・フランス語・ドイツ語ではAbenomics、ロシア語ではАбэномика(アベノミカ)と表記される。なお、国際的にはAbeconomics(アベコノミクス)と呼ばれることも多い。 「近いうち解散」と呼ばれた2012年(平成24年)11月の衆議院解散頃から朝日新聞が使用したことをきっかけに多用され始めた言葉であるが、「アベノミクス」「三本の矢」という呼称自体は2006年(平成18年)時点で第1次安倍内閣自由民主党幹事長の中川秀直が使用した例が確認されている。 (Wikipedia:アベノミクス)


アベノミクス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  アメリカ合衆国大統領 - 2018年03月19日




アメリカ合衆国大統領
アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、英語: President of the United States of America, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家元首であり行政府の長である。現職は2009年1月20日より第44代バラク・H・オバマが在任。 アメリカ合衆国大統領選挙(以下「大統領選挙」)によって選出される。 資格 大統領選挙の被選挙権は、35歳以上かつアメリカ合衆国国内における在留期間が14年以上で、出生によるアメリカ合衆国市民権保持者である。この「出生による市民権保持者」とは、国内で出生したため(アメリカ合衆国の採用する)出生地主義に基づき国籍を得た者か、もしくは合衆国市民を両親として海外で出生した者である。すなわち、生まれた時点においてアメリカ合衆国籍でなければ大統領候補の資格がない。経過規定として、アメリカ合衆国憲法制定当時に合衆国市民であった者(13植民地当時からの在住者)はその限りではなく資格を得るとされているが、これは前述の規定と同義。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領)

アメリカ合衆国大統領選挙
アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、United States presidential election)は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎、11月に行われる一連の選挙手続き、予備選挙となる立候補者選出および立候補者による選挙運動から選挙人による本選挙・投票・開票までの全プロセスの総称である。 各年次の大統領選挙に関する詳細は、末尾のテンプレート、または結果の表の「年」の列からリンクされている個別の記事を参照。 アメリカ合衆国憲法第二条:大統領と副大統領の任期 大統領選挙はアメリカ合衆国憲法第2条の第1節、修正第12条、同第22条および同第23条に規定される。大統領および副大統領は4年の任期を務める。 選挙の規定 選挙権と被選挙権 大統領選挙の選挙権は、米国籍者に限り、永住権者には選挙権が無い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領選挙)

アメリカ合衆国大統領首席補佐官
アメリカ合衆国大統領首席補佐官(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうしゅせきほさかん、英:White House Chief of Staff)は、大統領の職務を補佐する大統領補佐官である。首席補佐官は、必要な時にはいつでも大統領に会うことができるなど、ウエストウイング(ホワイトハウス西棟のこと。ホワイトハウス行政府の通称)を実質的に取り仕切る職務であり、ホワイトハウス職員のトップに立つ人物である。首席補佐官の下には数名の次席補佐官が置かれる。 2014年現在の首席補佐官は、デニス・マクドノーである。 首席補佐官の職務内容と歴史 首席補佐官の職務内容は非常に広範囲にわたるが、一般的に首席補佐官は他のホワイトハウス職員を監督・統括し、大統領のスケジュールを取り扱い、大統領と訪問者との面会を調整する。この大統領と訪問者の面会を調整するという職務ゆえに、首席補佐官は「大統領の砦」と呼ばれることがある。非公式には首席補佐官は大統領と最も親しい政策アドバイザーの中の1人であって、また個人的にも友人であることが多い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領首席補佐官)

アメリカ合衆国大統領予備選挙
アメリカ合衆国大統領予備選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうよびせんきょ、英:United States presidential primary)は、アメリカ合衆国の政党内において、その党の公認するアメリカ合衆国大統領候補を選出するための一連の手続をいう。 「予備選挙」という概念は、各州での代議員選出方式である予備選挙(英:primary)ないしは党員集会(英:caucus)を個別にさす場合があるが、ここでは、各州での代議員選出過程を経て、党大会におき政党の正式な大統領候補として選出されるまでの一連の手続を総称する概念として述べる。 アメリカ合衆国は二大政党制であり、民主党と共和党の両党の大統領候補がアメリカ合衆国大統領選挙における二大有力候補となり、そのいずれかが当選して大統領となることが長年(1852年の第14代フランクリン・ピアース大統領以降)続いている。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領予備選挙)

アメリカ合衆国大統領のペット
この項目は、任期中に飼っていたアメリカ合衆国大統領及びその家族のペットの一覧である。 ホワイトハウスの犬の歴史 1944年、フランクリン・ルーズベルトは4期目の選挙に出馬していたのだが、アリューシャン列島を訪れたときにペットのファラ(スコティッシュ・テリア)をうっかり置いてきてしまったという噂が流れていた。ルーズベルトは自分の犬を救うため船を送り返して捜索したと伝えられているが、そのために多くの税金を費やしたとからかわれ、非難された。ルーズベルトはスピーチで、「あなた方が私や妻、私の家族を批判するのはかまわない。しかし、私の小さな犬を批判してどうなるのか。そういうかかった費用がどうこうという意見に、スコッチ・テリアの小さな魂はまさに激怒している」と語った。報じられた内容によれば、「ファラ・スピーチ」と呼ばれたこのスピーチは、彼の選挙に大きな影響を与えた。 リチャード・ニクソンは、1952年の副大統領立候補中(大統領はドワイト・D・アイゼンハワー)に、裏金を隠したとして非難された。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領のペット)

アメリカ合衆国大統領の継承順位
アメリカ合衆国大統領権限の継承順位(英語: United States presidential line of succession)は、現職のアメリカ合衆国大統領や次期大統領が執務不能に陥ったり、死亡または辞職し、もしくは免職(弾劾及びその後の有罪判決により)された場合に、誰が大統領に就任し、または大統領の職務を執り行うのかについて定めている。 現在の順序 下表は、1947年大統領継承法(合衆国法典第3編第19条)によって示され、その後の改正によって新設の閣僚が追加された、2014年7月30日現在の大統領権限継承順位の一覧である。 註 (*)生まれながらの市民でない者は資格を持たない 生まれながらの市民でない者や、35歳未満の者、米国での居住歴が14年未満の者は、憲法上大統領となる資格を持たない。このことは、大統領継承法でも規定されている(合衆国法典第3編第19条第(e)項)。 代理の職員は資格を持たない 職員が継承順序に名を連ねるためには、上院仮議長の死亡、辞任、免職、執務不能、さもなければ資格獲得失敗に先立って、上院によって承認されねばならない。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領の継承順位)

アメリカ合衆国大統領就任式
アメリカ合衆国大統領就任式(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうしゅうにんしき、United States presidential inauguration)は、次期大統領 (President-elect) によるアメリカ合衆国大統領職への就任宣誓を中心とする式典。 就任宣誓 1937年以降は、アメリカ合衆国憲法修正第20条により、大統領選挙一般投票翌年の1月20日正午(アメリカ東部標準時)より新大統領の任期は開始されるが、憲法第2条第1節8項により、アメリカ合衆国大統領はその職務を執行する前に との宣誓(oath)(または確約(affirmation))をする義務がある。明文上の規定はないが、宣誓の場合は最後に「So help me God.」(神よ照覧あれ)と付け加えるのが慣例。大統領就任式は新大統領の就任を国内外に宣明する式典であるとともに、式典のハイライトである就任宣誓は法的手続きでもある。 大統領の宣誓は首都ワシントンD.C.のアメリカ合衆国議会議事堂前で、新大統領の任期開始時刻と合わせて行われる。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領就任式)


アメリカ合衆国大統領 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  事務次官 - 2018年03月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



事務次官
事務次官(じむじかん、英: Administrative Vice-Minister)は、日本の行政機関の官職の一種で、各府省に置かれる。現在は復興庁にも置かれている。 大臣、副大臣、大臣政務官の特別職の下にあって、各府省において職業公務員(官僚)が就く一般職の職員のうち最高の地位(ただし、防衛省の防衛事務次官は特別職)で、事務方の長といわれる。 事務次官は、各省にあっては省の長である大臣を助け、省務(外局にかかる事務を含む。)を整理し、各部局及び機関の事務を監督する(国家行政組織法第18条第2項)ことを職務とし、内閣府にあっては、内閣府の長である内閣総理大臣ではなく、内閣官房長官、特命担当大臣を助け、府務を整理し、内閣府本府(外局を含まない。)の各部局及び機関の事務を監督する(内閣府設置法第15条第2項)ことを職務とする。 任命は各大臣が行うが、内閣による事前承認が必要とされる。また1997年以降、各府省の局長以上の幹部人事については、政府全体の立場から官邸による統率を行うため、閣議に先だって内閣官房長官と内閣官房副長官3名の4人によって構成される閣議人事検討会議による了承を経ることになっている。 (Wikipedia:事務次官)

事務次官等の一覧
事務次官等の一覧(じむじかんとうのいちらん)は、明治以降現代までの次官・事務次官等(金融庁長官、警察庁長官等次官・事務次官と同格とされた官職を含む)にあった者の一覧である。 内閣府事務次官 (内閣府事務次官。他に総理府総務副長官(事務担当)、総理府次長を含む) 内閣府事務次官 総理府総務副長官(事務担当) 総理府次長 経済企画事務次官 (経済審議庁次長・経済企画庁次長含む) 沖縄開発事務次官 (沖縄開発庁の事務次官) 復興庁事務次官 (復興庁の事務次官) 内務次官 (内務省の次官・総務長官) 総務事務次官 (行政管理庁次長・行政管理事務次官・総務庁時代の総務事務次官含む) 総務事務次官(総務省) 行政管理庁次長 行政管理事務次官 総務事務次官(総務庁) 自治事務次官 (自治省の事務次官。 (Wikipedia:事務次官等の一覧)


事務次官 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  たくのみ。 - 2018年03月19日


関連するイメージは見つかりませんでした




たくのみ。 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す