[PR]

日別キーワード

第1位  クリスマスローズ - 2018年03月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



クリスマスローズ
『ヘレボルス』より : ヘレボルス(学名: Helleborus)は、キンポウゲ科クリスマスローズ属に分類される植物の総称。ヘレボラスともいう。「クリスマスローズ」という呼称は、クリスマスのころに開花するヘレボルス・ニゲル (Helleborus niger) だけを指した呼称であるが、日本の園芸市場では、「レンテンローズ」と呼ばれるヘレボルス・オリエンタリス (Helleborus orientalis、ハルザキクリスマスローズ) なども「クリスマスローズ」の名前で出回る。 形態・生態 花に見える部分は、植物学上では「花」ではなく「萼片」という部分である。そのため、鑑賞期間が比較的長い。ただし、本来の花弁も蜜腺として残り、これが大きく発達したものを選別した品種もある。多くの品種は、クリスマスのころではなく、春に開花する。 夏は休眠状態となり、根は活動を休止し、呼吸しているだけの状態となる。 分布 チベタヌス (Helleborus thibetanus) が中国の四川省から雲南省にかけて自生しているのを除けば、15の原種の全てが、東ヨーロッパからバルカン半島からトルコ、シリアに自生している。 (Wikipedia:クリスマスローズ)


クリスマスローズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ポプテピピック - 2018年03月21日


関連するイメージは見つかりませんでした




ポプテピピック - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  シェイプ・オブ・ウォーター - 2018年03月21日


関連するイメージは見つかりませんでした




シェイプ・オブ・ウォーター - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  貴乃花部屋 - 2018年03月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



貴乃花部屋
貴乃花部屋(たかのはなべや)は、日本相撲協会所属で貴乃花一門の相撲部屋。前身は二所ノ関一門の二子山部屋である。 1962年(昭和37年)5月場所直前に花籠部屋に所属する横綱・若乃花が引退して年寄・10代二子山を襲名した後、同年9月2日に花籠部屋から分家独立して二子山部屋を創設した。10代二子山は横綱・若乃花や横綱・隆の里を筆頭として、自身の実弟である大関・貴ノ花や大関・若嶋津など数多くの関取を育て上げた。 10代二子山が師匠を務めた時代の二子山部屋からは、藤島部屋(旧・藤島部屋)・間垣部屋(現在は消滅)・鳴戸部屋(現在は田子ノ浦部屋に改称)・松ヶ根部屋(現在は二所ノ関部屋に改称)・荒磯部屋(現在は消滅)・花籠部屋(再興、現在は消滅)が分家独立を果たしている。 1993年(平成5年)3月に10代二子山が定年退職を迎えるため、同年2月1日付で10代二子山と藤島部屋の師匠を務める12代藤島(元大関・貴ノ花)が年寄名跡を交換し、12代藤島が11代二子山を襲名すると共に、二子山部屋と藤島部屋が合併した。 (Wikipedia:貴乃花部屋)


貴乃花部屋 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  松屋 - 2018年03月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



松屋
松屋(まつや) 屋号 牛丼チェーンの松屋フーズが経営している店舗名 松屋 (百貨店) - 東京都に存在する百貨店 松屋利右衛門 - 銘菓「鶏卵素麺」で知られる菓子司 松屋 (福岡県) - かつて福岡県に存在していた百貨店。上記とは無関係 松屋コーヒー本店 - 愛知県に存在するコーヒー製造会社 地名 山口県下関市松屋 (下関市)(〒750-1121)。長門国厚狭郡松室郷。松屋村。厚狭郡王喜村松屋 松屋城。松屋氏の本拠地 寺院 曹洞宗 康徳山松屋寺(しょうおくじ) – 大分県速見郡日出町1921。日出藩杉原氏系 木下氏の菩提寺 関連項目 マツヤ (曖昧さ回避) 松室 脚注 ==。 (Wikipedia:松屋)

松屋フーズ
株式会社松屋フーズ(まつやフーズ、英称:Matsuya Foods Company, Limited)は、牛丼(牛めし)・カレー・定食などを販売する「松屋」などの飲食店をチェーン展開している企業。 この項目では特記しない限り、牛丼チェーンの「松屋」について記述する。 創業者の瓦葺利夫が1966年(昭和41年)に東京都練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業したのがその始まりである。この店は1969年(昭和44年)に閉店した。 この店がなかなか軌道に乗らなかったこと、商店街で商売を試してみたかったこと、専門誌で紹介されていた「何時屋」の「ぶっかけ」という牛めしに衝撃を受けたこと、吉野家の味に感銘を受けたことなどにより、瓦葺が牛丼の研究を重ね独自の味を完成させて、1968年(昭和43年)6月に江古田に牛めし・焼肉定食店としての「松屋」をオープンさせた。 (Wikipedia:松屋フーズ)

松屋 (百貨店)
株式会社 松屋(まつや、英: MATSUYA CO.,LTD.)は、東京都中央区銀座三丁目に本店、台東区花川戸一丁目に浅草店を置く百貨店。 銀座の本店は、銀座地区の百貨店において人気・売上ともに銀座三越と首位の座を争う間柄である。 1869年に横浜で創業された呉服店、「鶴屋」の流れを汲む百貨店。創業以降、拡大路線をひた走るが、1970年代のオイルショックを境に経営難に陥り、銀座店と浅草店の2店舗体制になる。経営再建には東武百貨店と伊勢丹が関わった。仕入れ関係は、松屋と伊勢丹主導で結成した全日本デパートメントストアーズ開発機構(ADO)に加盟し現在に至る。 高級ブランド、ラグジュアリーファッションやアクセサリー、豪華な内・外装で女性からの支持率が高く、銀座を代表する百貨店である。 なお、飲食チェーン店を展開する松屋フーズとは無関係である。 伊勢丹との提携 伊勢丹(現・三越伊勢丹)とは1971年の「業務提携に関する覚書」、「商品券の相互利用に関する契約書」の締結や、1973年のADOの設立などで幅広い提携強化を図ってきた。 (Wikipedia:松屋 (百貨店))

松屋町駅
松屋町駅(まつやまちえき)は、大阪市中央区にある大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の駅。大阪市営地下鉄における駅番号はN17。 松屋町筋と長堀通の交点に位置する。 1996年(平成8年)12月11日 長堀鶴見緑地線心斎橋 - 京橋間延伸時に開業。 2010年(平成22年)10月12日 可動式ホーム柵の使用を開始。 駅構造 島式1面2線の地下駅である。改札口は心斎橋寄りの1ヶ所のみ。 当駅はドーム前千代崎管区駅に所属し、谷町六丁目駅が管轄している。 PiTaPa、スルッとKANSAI対応各種カードの利用が可能である(相互利用が可能なIC乗車券はPiTaPaの項を参照)。 のりば 駅のデザインテーマ 当駅の近隣地区が人形や駄菓子、花火の卸問屋街であることにちなみ、「人形とおもちゃ」に設定されている。 そのため、改札内の壁のショーケースには節句人形が並べられている。 利用状況 2014年11月11日の1日乗降人員は9,226人(乗車人員:4,672人、降車人員:4,554人)である。 (Wikipedia:松屋町駅)

松屋町筋
松屋町筋(まつやまちすじ)とは、大阪府大阪市を南北に縦断する全長約4.1kmの主要地方道の愛称である。地元の人には「まっちゃまちすじ」とも呼ばれる。雛人形や五月人形など、玩具と駄菓子などの問屋が多くこの筋にあるため「まっちゃまち」として近在にまで有名である。全線が大阪市道天神橋天王寺線に含まれている。 区間: 大阪市中央区天神橋交叉点(土佐堀通・天神橋筋) - 天王寺区天王寺公園北口交叉点(国道25号) 天神橋交叉点 - 学園坂交叉点(天王寺区)間は南行きの一方通行である。このため、西側を走る北行き一方通行の堺筋と対になっている。 時間帯・曜日により、制限速度が50キロの場合と、60キロの場合がある。 概ね上町台地の西麓を通るため、東へ曲がると谷町筋にかけて上り坂になっており、とりわけ下寺町交叉点(千日前通)以南では急坂になっている。 松屋町筋の名称は1806年(文化3年)の地図が初見で、当初は天神橋以北と同様に天神橋筋と呼ばれていた。 (Wikipedia:松屋町筋)

松屋町
松屋町(まつやまち)とは、大阪市中央区の町名。2005年10月1日現在の人口は967人。郵便番号は542-0067。 地理 大阪市中央区南東部、末吉橋東側に位置し、北で松屋町住吉、北東で安堂寺町、東で谷町、南で瓦屋町、西で島之内・南船場と隣接する。大規模なマンションの建設が増えた町である。 松屋町問屋街 中央区の農人橋交差点南側から大阪市営地下鉄松屋町駅周辺にかけて、松屋町筋沿いに人形・駄菓子・花火などの卸問屋街が存在する。 末吉橋の東詰、東横堀川 - 松屋町筋間に江戸時代から見える町名だが、のちに松屋町表丁に改称され、松屋町筋 - 骨屋町筋間が松屋町裏丁となった。1872年(明治5年)に両町と松屋町表丁の北隣の丹波屋町を合わせて松屋町となった。 安堂寺橋通を挟んで松屋町の北に接する松屋町住吉は、上記同様に江戸時代の住吉屋町と具足屋町を合わせた住吉町が1989年(平成元年)に改称したものである。 (Wikipedia:松屋町)

松屋 (福岡県)
松屋(まつや)は、福岡県大牟田市にあった日本の百貨店。通称、大牟田松屋。株式会社松屋が運営していた。 歴史・概要 創業から民事再生法の適用申請まで 百貨店建設は地元商人にとって死活問題であるとして大牟田市内の資本即ち市内の商工業者を網羅した市民百貨店構想が持ち上がり、ツシロ呉服店として開業準備が進められた。 ツシロ呉服店は仕入れ・販売・宣伝などで福岡松屋と提携して商号を松屋に変更し、1937年(昭和12年)10月に開業した。 1945年(昭和20年)の大牟田空襲で内部は焼けたものの建物は無事で焼け野原に聳え立つ姿に感涙した帰郷者もいたとされている。 三池炭鉱の活況を背景に第2次世界大戦後早くから復興して、大牟田を代表する商業施設として営業していた。 観覧車や回転するロケット形の乗り物があった屋上遊園地や洋風カツ丼が名物だった6階の食堂、1958年(昭和33年)から「埴生(はにゅう)の宿」などの名曲を1日4回市内に向けて流していたミュージックサイレンなどで大牟田の市民に親しまれ、1981年(昭和56年)2月期に売上高約102.34億円を上げた。 (Wikipedia:松屋 (福岡県))


松屋 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す