[PR]

日別キーワード

第34位  教育ニ関スル勅語 - 2018年03月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



教育ニ関スル勅語
教育ニ関スル勅語(きょういくにかんするちょくご)は、明治天皇が山縣有朋内閣総理大臣と芳川顕正文部大臣に対し、教育に関して与えた勅語。以後の大日本帝国において、政府の教育方針を示す文書となった。一般的に教育勅語(きょういくちょくご)という。1890年(明治23年)10月30日に発布され、1948年(昭和23年)6月19日に国会の各議院による決議により廃止された。 本文 (原文は「―顕彰スルニ足ラン」までと日付と署名捺印のみが分けられ全てつながっている) 「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)は、1890年(明治23年)10月30日、宮中において、明治天皇が山縣有朋内閣総理大臣と芳川顕正文部大臣に対して与えた勅語である。翌日付の官報などで公表された。その趣旨は、明治維新以後の大日本帝国で、修身・道徳教育の根本規範と捉えられた。また、外地(植民地)で施行された朝鮮教育令(明治44年勅令第229号)、台湾教育令(大正8年勅令第1号)では、教育全般の規範ともされた。 (Wikipedia:教育ニ関スル勅語)


教育ニ関スル勅語 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

教育ニ関スル勅語 - アマゾン検索


「教育ニ関スル勅語」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す