[PR]

日別キーワード

第48位  染井吉野 - 2018年03月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



染井吉野
『ソメイヨシノ』より : ソメイヨシノ(染井吉野、学名: Cerasus × yedoensis (Matsum.) A.V.Vassil. ‘Somei-yoshino’)とはエドヒガン系の桜と日本固有種のオオシマザクラの交配で生まれた日本産の園芸品種である。ソメイヨシノはほぼ全てクローンである。 日本では明治の中頃より、サクラの中で圧倒的に多く植えられた品種であり、今日では、メディアなどで「桜が開花した」というときの「桜」はソメイヨシノ(の中の、気象台が定めるなどした特定の株)を意味するなど、現代の観賞用のサクラの代表種である。 学名 ソメイヨシノに限らず、サクラの属名はPrunus、和名ではサクラ属(「スモモ属」とも)とする分類と、Cerasus(サクラ属)とするものがある。日本では前者、分けてもサクラ亜属 (subg. Cerasus) とするものが多かったが、近年は後者が増えてきている。しかしCerasusとすることで決着した訳ではない。海外では、現在もPrunusに分類するのが主流である。 ソメイヨシノの学名がC.(もしくは P.)× yedoensisと、園芸品種名‘Somei-yoshino’無しで表記される事がある。 (Wikipedia:染井吉野)


染井吉野 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

染井吉野 - アマゾン検索


「染井吉野」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す