[PR]

日別キーワード

第1位  Apple - 2018年03月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



Apple
『アップル』より : アップル (apple) は、英語でリンゴ(林檎)のこと。 団体 アップル インコーポレイテッド (Apple Inc.) (旧称:アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) 、一般的にアップル (Apple) と呼称される)- アメリカ合衆国のインターネット(ICT)・デジタル家電製品およびそれらに付随したソフトウェアを開発する企業。 Apple Japan合同会社 (Apple Japan GK) - アップル インコーポレイテッドの100%子会社の日本法人。 アップル・コア (Apple Corps Ltd.) - ビートルズがイギリス・ロンドンに設立した企業。現在の主な事業はビートルズの諸権利の管理。1968年設立。 アップル・レコード - アップル・コア社の音楽レーベル。 アップル・ブティック - アップル・コア社がかつてロンドンに開いた洋装店(洋服の販売店)。 アップルインターナショナル - 日本の輸出を中心とする中古車販売企業。 アップルジャパン (中古車) - 日本の中古車売買業者。 (Wikipedia:Apple)

Apple Computer
『アップルコンピュータ』より : Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、Apple Computer(アップルコンピュータ)から改称した。 ハードウェア製品として、スマートフォンのiPhone、タブレット型情報端末のiPad、パーソナルコンピュータのMacintosh(Mac)シリーズ、携帯音楽プレーヤーのiPodシリーズ、ウェアラブルコンピュータのApple Watch。ソフトウェア製品としては、オペレーティングシステムのOS X・iOS。クラウドサービスとしてはiCloudなどの開発・販売を行っている。 直営店のApple StoreとApple Online Storeにおいてハードウェアとソフトウェアの販売を行っている他、iTunes Storeでは、音楽、映画、テレビ番組、アプリ(App Store)、電子書籍、Podcastと広範囲のデジタルコンテンツのダウンロード販売を提供している。 (Wikipedia:Apple Computer)

Apple Computer Inc.
『アップルコンピュータ』より : Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、Apple Computer(アップルコンピュータ)から改称した。 ハードウェア製品として、スマートフォンのiPhone、タブレット型情報端末のiPad、パーソナルコンピュータのMacintosh(Mac)シリーズ、携帯音楽プレーヤーのiPodシリーズ、ウェアラブルコンピュータのApple Watch。ソフトウェア製品としては、オペレーティングシステムのOS X・iOS。クラウドサービスとしてはiCloudなどの開発・販売を行っている。 直営店のApple StoreとApple Online Storeにおいてハードウェアとソフトウェアの販売を行っている他、iTunes Storeでは、音楽、映画、テレビ番組、アプリ(App Store)、電子書籍、Podcastと広範囲のデジタルコンテンツのダウンロード販売を提供している。 (Wikipedia:Apple Computer Inc.)

Apple iPod
『IPod』より : iPod(アイポッド)は、アップルが開発・販売する携帯型デジタル音楽プレイヤー。本体に搭載されている記憶装置に数百から数万曲の音楽を保存することができる。 現在、アップルより発売されているiPodはiPod shuffle(アイポッド・シャッフル)、iPod nano(アイポッド・ナノ)、iPod touch(アイポッド・タッチ)の3種類である。 バリエーション アップルは現在3種類のiPodを販売しており、モデルによって容量やデザインが異なっている。 全機種でフラッシュメモリを記録媒体として用いられている。 2015年7月現在販売されているモデルの分類は下記の通り。 iPod shuffle(2GB、シルバー/ブルー/ピンク/ゴールド/スペースグレイ/(PRODUCT)RED) iPod nano(16GB、シルバー/スペースグレイ/ブルー/ピンク/ゴールド/(PRODUCT)RED) iPod touch(16GB・32GB・64GB・128GB、ブラック&スレート/ホワイト&シルバー/ブルー/ピンク/ゴールド/スペースグレイ/(PRODUCT)RED)iPod classicは初代iPodからの流れを汲むシリーズであったが、2014年9月10日にアップルストアでの取り扱いを終了した。 (Wikipedia:Apple iPod)

Apple Filing Protocol
AFP (AppleTalk Filing ProtocolまたはApple Filing Protocol)は、アップル インコーポレイテッド アップルコンピュータが開発した、Mac OS、Mac OS X(Mac OS X Server)のファイル共有 (AppleShare)のためのプロトコルである。初期はAppleTalkの複数のプロトコルのうちのひとつとして存在した。現在はAppleTalkではなくインターネット・プロトコル・スイート TCP/IP上で動くプロトコル(AFP over TCP)になっている。
こうしたAFPによるファイル共有のことをAppleShareと呼ぶ場合がある。
Mac以外でもAFPを実装するソフトウェアがいくつかあり、異なるOSとの間でファイル共有を実現することができる。これの具体例に関しては後述の「実装例」を参照のこと。
極めて古いMacはAppleTalkのAFPのみをサポートするため、最近のTCP/IPのみのAFPサーバには接続できない。また、その逆に最近のMacは極めて古いAFPサーバに接続できないという問題がある。しかしながら、AppleTalk自体が過去のものになりつつあるため、近年はさほど問題視されない。
(Wikipedia:Apple Filing Protocol)

Apple II
Apple II(アップル ツー)は、アップルが1977年に発表したパーソナルコンピュータ(ないしホームコンピュータ(en:Home computer)。当時の分類としてはマイクロコンピュータ)である。「Apple ][」と表記されることもあるが、これは実機の筐体蓋の金属プレートのロゴの形状を模したもの。 世界で初めて、個人向けに完成品として大量生産・大量販売された、パーソナルコンピュータ(の直接の先祖と言えるコンピュータ)である。Apple Iの成功でそのようなコンピュータの潜在的な市場が存在することを確信したスティーブ・ジョブズらにより、専門の技術者ではない一般的な愛好家などでも使えるコンピュータとして製造された(アップルはApple IIを、他の当時のマイクロコンピュータと差別化すべく、ホームコンピュータ(en:Home computer)として宣伝した)。 (Wikipedia:Apple II)

Apple2
『Apple II』より : Apple II(アップル ツー)は、アップルが1977年に発表したパーソナルコンピュータ(ないしホームコンピュータ(en:Home computer)。当時の分類としてはマイクロコンピュータ)である。「Apple ][」と表記されることもあるが、これは実機の筐体蓋の金属プレートのロゴの形状を模したもの。 世界で初めて、個人向けに完成品として大量生産・大量販売された、パーソナルコンピュータ(の直接の先祖と言えるコンピュータ)である。Apple Iの成功でそのようなコンピュータの潜在的な市場が存在することを確信したスティーブ・ジョブズらにより、専門の技術者ではない一般的な愛好家などでも使えるコンピュータとして製造された(アップルはApple IIを、他の当時のマイクロコンピュータと差別化すべく、ホームコンピュータ(en:Home computer)として宣伝した)。 (Wikipedia:Apple2)

Apple TV
ファイル:Apple TV.jpg thumb right 300px Apple TV
Apple TV(アップルティーヴィー)とは、アップル インコーポレイテッド 米アップル社(Apple Inc.)が開発・販売するセットトップボックスである。2006年9月12日にコードネーム「iTV」(アイティーヴィー)として発表された(発表時はApple Computer, Inc.)。
家庭内で映像 ビデオ・コンテンツをiTunesからテレビへ無線LAN 無線や有線Local Area Network LANを通して配信することができる他、YouTubeの映像も見ることができたり、2008年1月15日より、iTunes Storeから直接コンテンツを購入したり、アメリカ合衆国 アメリカに限り映画のレンタルもできる。
無線LAN(IEEE 802.11 IEEE 802.11b/g/nドラフト)、またはイーサネットで特定1台のパソコンのiTunesと自動的に同期し、内蔵のHDDにコンテンツを貯めることができる。出力解像度は高精細度テレビジョン放送 720pに対応する。5台までのパソコンからストリーミングを受ける機能も備える。同期、ストリーミングはMac OS X、Microsoft Windows Windowsの両方に対応している。製品にはApple Remoteが付属し、Front Rowと同様のグラフィカルユーザインタフェース GUIを実装して簡単なメニュー操作で各データを閲覧・再生できるようになっている。
(Wikipedia:Apple TV)

Apple Shake
『Shake』より : Shake(シェイク)は、アップルの映画やHDTV等の高解像度の映像、VFXに使用されるデジタル合成を目的としたMac OS XとLinux用ソフトウェアである。2009年7月31日時点で販売終了している。 CGと実写、ブルーバック素材を合成するのに特に優れたソフトウェア。高解像度の映像も高速で処理できる高性能のソフトであり、モーフィングやタイムリマップなどのプロフェッショナル向け機能も搭載する。業界で最も優れたキーヤーとされるPrimatte KeyerとKeylightの2つは標準でバンドルし、Ultimatte Keyerもプラグインを追加することで対応する。合成する為に必要なカラーコレクションやペイント機能、ブラー、プリマルチプライ、メインとエッジをそれぞれ調整可能なロトスコープ、それを利用したマスクなども搭載している。色深度も8bit、16bit、浮動小数点に対応する上、同じプロジェクト内の個別のノードで異なる色深度を扱うことも可能である。 (Wikipedia:Apple Shake)

Apple Boot Camp
『Boot Camp』より : Boot Camp(ブートキャンプ)は、アップルにより開発・配布されているソフトウェア。Intel Macにおいて、Microsoft Windowsの利用を可能とする。 2006年にインテル製CPU搭載のMacを発売開始したアップルは、Intel MacにおけるWindows起動を積極的に支援も妨害もしないと表明していた。 Boot Campは、2006年4月5日にEFIでは起動出来ないOSをサポートする為のCSM (Compatibility Support Module) 搭載と思われるFirmware Updateと共にパブリックベータとして発表された。Boot Campとは軍隊における基礎訓練を意味するスラングであり、ここではコンピュータの起動(boot)と掛けて使用されている。2007年10月発売されたMac OS X v10.5においてVersion 2.0が搭載された。 機能 Boot Campは、Intel MacのハードディスクにMac OS Xを残したまま、Windowsをインストールするための任意のサイズのパーティションを作成する機能やWindowsのインストール後にIntel Macで使われている無線LANやビデオカードのドライバをインストールするためのドライバCD-Rを作成する機能を持つ。 (Wikipedia:Apple Boot Camp)

AppleSingle
AppleSingleとAppleDoubleは、Mac OS独自のファイルシステムHierarchical File System HFS及びHFS Plus HFS+上のファイルを他のファイルシステムと交換する際に、様々なファイル属性(特にリソースフォーク)が欠落するのを防ぐ目的でアップル インコーポレイテッド Apple Computer社(当時)が考案したフォーマットである。バージョン1とバージョン2が存在するが、現在のMac OS Xは互換性のない拡張をおこなったバージョン2のAppleDoubleを用いる。
Mac OSではひとつのファイルに、リソースフォーク データフォーク、リソースフォークという2つのフォーク (ファイルシステム) フォークがあり、更に様々なメタデータ(コメント、ファイル時刻、Finder情報等)がある。特にファイル時刻には作成時刻、変更時刻、バックアップ時刻、アクセス時刻がある。Finder情報はFinder クリエータとファイルタイプを含んでいる。
(Wikipedia:AppleSingle)

Apple Developers Tools
Apple Developers Toolsはアップルによる統合開発環境。プログラミング言語としては、C言語やC++、Objective-C、Java、AppleScriptを用いてプログラムを開発する。プロジェクト(プログラムを構成するソースコードやマルチメディアファイルなど)の管理、ソースコードの記述、デバッグ、コンパイルを行う「Xcode」、GUIのデザインを行う「Interface Builder」、コンパイラやデバッガ、各種ユーティリティなどから構成される。 現在ではアップルのFTPサイトから無償でダウンロードできる他、Mac OS Xのパッケージにも付属している。 機能 Apple Developers Tools の機能は以下の通り。 Xcode Xcodeはいわゆる統合開発環境であり、Microsoft Visual StudioやオープンソースのEclipseなどに相当する。 (Wikipedia:Apple Developers Tools)

Apple Developer Tools
『Apple Developers Tools』より : Apple Developers Toolsはアップルによる統合開発環境。プログラミング言語としては、C言語やC++、Objective-C、Java、AppleScriptを用いてプログラムを開発する。プロジェクト(プログラムを構成するソースコードやマルチメディアファイルなど)の管理、ソースコードの記述、デバッグ、コンパイルを行う「Xcode」、GUIのデザインを行う「Interface Builder」、コンパイラやデバッガ、各種ユーティリティなどから構成される。 現在ではアップルのFTPサイトから無償でダウンロードできる他、Mac OS Xのパッケージにも付属している。 機能 Apple Developers Tools の機能は以下の通り。 Xcode Xcodeはいわゆる統合開発環境であり、Microsoft Visual StudioやオープンソースのEclipseなどに相当する。 (Wikipedia:Apple Developer Tools)

Apple III
Apple III(アップル・スリー)は、アップルコンピュータによってApple IIの後継機となることを意図して開発、販売が行われたビジネス向けのパーソナルコンピュータ。しばしばApple ///と表記される。 1980年5月19日に最初のアナウンスと公開が行われ、その年の秋に公式に発売された。 Apple IIIの開発作業は1978年末にウェンデル・サンダー博士の指導のもとで始められた。"Sara"という開発コードネームで呼ばれ、これはサンダー博士の娘にちなんで命名されたものである。 深刻な安定性に関する問題のため、設計の全般的な見直しと製品のリコールを余儀なくされた。Apple IIIは開発と生産が1984年4月24日に打ち切られ、またIII Plusは1985年9月にアップルコンピュータの製品ラインから姿を消した。 Apple IIIは改良型のApple IIと見ることもできるが、だとすると1976年まで遡る8ビットマシンの系譜の最後の後継者ということになる。 (Wikipedia:Apple III)

Apple ///
『Apple III』より : Apple III(アップル・スリー)は、アップルコンピュータによってApple IIの後継機となることを意図して開発、販売が行われたビジネス向けのパーソナルコンピュータ。しばしばApple ///と表記される。 1980年5月19日に最初のアナウンスと公開が行われ、その年の秋に公式に発売された。 Apple IIIの開発作業は1978年末にウェンデル・サンダー博士の指導のもとで始められた。"Sara"という開発コードネームで呼ばれ、これはサンダー博士の娘にちなんで命名されたものである。 深刻な安定性に関する問題のため、設計の全般的な見直しと製品のリコールを余儀なくされた。Apple IIIは開発と生産が1984年4月24日に打ち切られ、またIII Plusは1985年9月にアップルコンピュータの製品ラインから姿を消した。 Apple IIIは改良型のApple IIと見ることもできるが、だとすると1976年まで遡る8ビットマシンの系譜の最後の後継者ということになる。 (Wikipedia:Apple ///)

Apple///
『Apple III』より : Apple III(アップル・スリー)は、アップルコンピュータによってApple IIの後継機となることを意図して開発、販売が行われたビジネス向けのパーソナルコンピュータ。しばしばApple ///と表記される。 1980年5月19日に最初のアナウンスと公開が行われ、その年の秋に公式に発売された。 Apple IIIの開発作業は1978年末にウェンデル・サンダー博士の指導のもとで始められた。"Sara"という開発コードネームで呼ばれ、これはサンダー博士の娘にちなんで命名されたものである。 深刻な安定性に関する問題のため、設計の全般的な見直しと製品のリコールを余儀なくされた。Apple IIIは開発と生産が1984年4月24日に打ち切られ、またIII Plusは1985年9月にアップルコンピュータの製品ラインから姿を消した。 Apple IIIは改良型のApple IIと見ることもできるが、だとすると1976年まで遡る8ビットマシンの系譜の最後の後継者ということになる。 (Wikipedia:Apple///)

Apple3
『Apple III』より : Apple III(アップル・スリー)は、アップルコンピュータによってApple IIの後継機となることを意図して開発、販売が行われたビジネス向けのパーソナルコンピュータ。しばしばApple ///と表記される。 1980年5月19日に最初のアナウンスと公開が行われ、その年の秋に公式に発売された。 Apple IIIの開発作業は1978年末にウェンデル・サンダー博士の指導のもとで始められた。"Sara"という開発コードネームで呼ばれ、これはサンダー博士の娘にちなんで命名されたものである。 深刻な安定性に関する問題のため、設計の全般的な見直しと製品のリコールを余儀なくされた。Apple IIIは開発と生産が1984年4月24日に打ち切られ、またIII Plusは1985年9月にアップルコンピュータの製品ラインから姿を消した。 Apple IIIは改良型のApple IIと見ることもできるが、だとすると1976年まで遡る8ビットマシンの系譜の最後の後継者ということになる。 (Wikipedia:Apple3)

AppleScript
AppleScript(アップルスクリプト)は、アップルが開発したMac OS用のオブジェクト指向のスクリプト言語。System 7(Mac OS 7にあたる)から採用されている。 標準環境で利用でき、ある程度自然言語(英語)に似た構文を持つ。制御構文、ハンドラや変数、オブジェクトやプロパティの記述といったプログラミングの基本機能を言語に備えており、Mac OSのプロセス間通信機能の一つであるApple eventによって、システムや様々な対応アプリケーションにまたがって制御できる。 AppleScriptはMac OSのスクリプティング機構Open Scripting Architecture(OSA)に対応した言語(OSA言語)のひとつであり、Mac OS X v10.10よりJavaScript for Automation(JXA)も標準搭載されるようになった。 (Wikipedia:AppleScript)

Applescript
『AppleScript』より : AppleScript(アップルスクリプト)は、アップルが開発したMac OS用のオブジェクト指向のスクリプト言語。System 7(Mac OS 7にあたる)から採用されている。 標準環境で利用でき、ある程度自然言語(英語)に似た構文を持つ。制御構文、ハンドラや変数、オブジェクトやプロパティの記述といったプログラミングの基本機能を言語に備えており、Mac OSのプロセス間通信機能の一つであるApple eventによって、システムや様々な対応アプリケーションにまたがって制御できる。 AppleScriptはMac OSのスクリプティング機構Open Scripting Architecture(OSA)に対応した言語(OSA言語)のひとつであり、Mac OS X v10.10よりJavaScript for Automation(JXA)も標準搭載されるようになった。 (Wikipedia:Applescript)

Apple Store (直営店)
:”この項目は直営店に関するものです。オンラインストアに関してはApple Storeに記述されています。”
Apple Store(アップルストア)は、米Apple Computer本社によって直接運営されているコンピュータ関連の直営店である。2006年3月現在、アメリカ合衆国 アメリカ、日本、イギリス、カナダに出店している。
アメリカ国内にはカリフォルニア州内に30店舗以上を含む、29州内に140店舗以上のアップルストア直営店がある。
日本のアップルストア直営店は6店舗。2006年6月24日に札幌市 札幌に7店目がオープンした。
Apple Store Ginza (東京・銀座)
Apple Store Shibuya (東京・渋谷)
Apple Store Shinsaibashi (大阪・心斎橋)
(Wikipedia:Apple Store (直営店))

AppleTalk
AppleTalk(アップルトーク)は、主にアップルコンピュータ社製パソコンのMacintosh(Mac)で利用された通信プロトコル群の総称。 AARP、DDP、RTMP、AEP、NBP、ZIP、ATP、PAP、ASP、ADSP、AFPといった複数のプロトコルを組み合わせて利用する技術だった。 AppleTalkはTCP/IPとは全く別のものである。初期のTCP/IPはユーザや管理者による複雑な設定を必要としたのに対し、AppleTalkは「ケーブルを繋げばすぐ使える」ネットワークであった。ただし、基本的なフレームワークが全く異なり、相互互換性がない。TCP/IP (IPv4)が32ビットのIPアドレスで個体の識別を行なうのに対し、AppleTalkでは24ビット(16ビットのネットワーク部と8ビットのノードアドレス)を用いた。 AppleTalk対応機器は、電源投入時あるいはネットワーク接続時にブロードキャスト信号を流し、自動的にアドレスとマシン名を割り当てる。 (Wikipedia:AppleTalk)


Apple - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  KADOKAWA - 2018年03月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



KADOKAWA
株式会社KADOKAWA(カドカワ、英: KADOKAWA CORPORATION)は、日本の出版社および映画会社。法人格としては1954年(昭和29年)に創業した角川書店(初代)、旧角川グループホールディングスと同一である。 角川書店を母体とする角川グループの統括持株会社として2003年(平成15年)に株式会社角川ホールディングスへ社名を変更し、事業会社の角川書店(2代目)を分割した。その後、2006年(平成18年)に株式会社角川グループホールディングスへ社名を変更したが、2013年(平成25年)4月1日に角川グループパブリッシングを吸収合併して事業会社化し、同年6月23日に株式会社KADOKAWAへ社名変更する。同年10月1日付で角川書店(3代目)他のグループ会社を吸収合併した。 沿革 会社設立から持株会社化(2003年3月31日)までの詳細は角川書店を、2003年4月1日から2013年9月30日までの詳細は角川グループホールディングスを参照。 (Wikipedia:KADOKAWA)

KADOKAWA RADIO BOOMER
KADOKAWA RADIO BOOMER(かどかわ レディオ ブーマー)は、1999年4月 - 2001年6月にTOKYO FM(JFN系)で放送されていた深夜放送である。ラジオ黄金時代の帯番組の中で放送当時は唯一スポンサーが付いていた。 パーソナリティは歌手、シンガーソングライターで、嘗てニッポン放送系の深夜放送、オールナイトニッポンのパーソナリティを務めていた石川よしひろが担当していた。また、スポンサーは角川書店のみ。但し25時代に当時のオークション運営会社「ライコス」がコーナーのスポンサーになっていた時があった。そのコーナーの担当は船守さちこであった。 全国同時フルネットで放送されていた番組。 コーナー 親父、ポロポロ その他 当番組で公開オーディションを行い、優勝者には賞品として、全国ネットのレギュラー番組をプレゼントされた。優勝者は「八本足」で、月曜日の28時30分(早朝4時30分)からの「八本足のはみだしマンデー」が半年間放送された。 (Wikipedia:KADOKAWA RADIO BOOMER)


KADOKAWA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  三国志 - 2018年03月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



三国志
三国志(さんごくし)は、中国の後漢末期から三国時代にかけて群雄割拠していた時代(180年頃 - 280年頃)の興亡史である。 「三国志」とは、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の三国が争覇した、三国時代の歴史を述べた歴史書である。撰者は西晋の陳寿(233年 - 297年)(詳しくは『三国志 (歴史書)』を参照)。 後世、歴史書の『三国志』やその他の民間伝承を基として唐・宋・元の時代にかけてこれら三国時代の三国の争覇を基とした説話が好まれ、その説話を基として明の初期に羅貫中らの手により、『三国志演義』として成立した。 「三国志」の世界は『三国志演義』を基としてその後も発展を続け、日本だけでなく、世界中に広まった。 「三国志(歴史書)」と「三国志演義」の違い 単に『三国志』と言う場合、本来陳寿が記した史書のことを指す。対して『三国志演義』とは、明代の白話小説であり、『三国志』を基としながらも説話本や雑劇から取り込まれた逸話や、作者自身による創作が含まれている。 (Wikipedia:三国志)

三国志 (横山光輝)
『三国志』(さんごくし)は、1971年から1986年まで、潮出版社「希望の友」「少年ワールド」「コミックトム」に連載された、横山光輝による歴史漫画である。全60巻(文庫版は全30巻)が潮出版社から発売されている。近年も、カジュアルワイド(全25巻)、愛蔵版(全30巻)などの形で度々再版されている。
横山光輝の代表作の一つ。吉川英治の小説『三国志 (吉川英治) 三国志』を元に独自の解釈等を織り交ぜて描かれた作品。「吉川三国志」が諸葛亮の死で終わっているのに対し、本作は蜀が滅亡するまでを描いている。
三国志を描いた漫画は多いが、話の途中で終了したり、換骨奪胎したものや、特定の人物だけを主人公として描いたものが大半であり、黄巾の乱に始まり蜀の滅亡までを描ききった長大な作品は現在でも横山光輝版のみである。これをきっかけに中国の歴史 中国史へ興味を持ったという読者が数多くおり、大人も子供も読める漫画として定評がある。
(Wikipedia:三国志 (横山光輝))

三国志演義の人物の一覧
三国志演義の人物の一覧は、歴史小説『三国志演義』に出る人物を列挙した一覧である。
実在の人物を元にしている場合、虚構の場合に関係なく挙げる。
三国志演義の人物は総計で1192人。そのうち武将437人、文官451人、漢、三国、晋の皇族の後裔、後、妃、宦官など128人、黄巾の反乱者および、鮮卑、羌など異民族67人、宦官と三教九流、各色人物109人。人物は男子1000人、女子は60多人で姓名があるのは蔡琰、曹娥、李春香の3人、姓がなく名があるのは貂蝉1人、その他は姓名がない。
張純 (後漢) 張純
張ガイ 張闓
張英_(後漢) 張英
張勲 (後漢) 張勲
張コウ 張郃
張ギ 張顗
張温 (後漢) 張温
張温 (孫呉) 張温
張允 (荊州) 張允
張横 (後漢) 張横
張肅 (東漢) 張肅
張茂 (三国志演義) 張茂
(Wikipedia:三国志演義の人物の一覧)

三国志登場人物一覧
三国志演義の人物の一覧は、歴史小説『三国志演義』に出る人物を列挙した一覧である。 実在の人物を元にしている場合、架空の場合に関係なく挙げる。 三国志演義の人物は総計で1192人。そのうち武将437人、文官451人、漢・三国・晋の皇帝・皇族とその後裔、后妃、宦官など128人、黄巾の乱参加者および鮮卑・羌など異民族67人、宦官と三教九流その他の人物109人。人物は男子約1000人、女子は60人余りで姓名の設定があるのは蔡琰、曹娥、李春香の3人、姓不明で名の設定があるのは貂蝉1人、その他は姓名ともに不明。 同姓の人物の数による配列 二人しか出ない姓 一人しか出ない姓 無姓 南華老仙 紫虚上人 普浄 外族 金環三結 阿会喃 忙牙長 朶思大王 帯来洞主 董荼那 木鹿大王 兀突骨 土安 奚泥 沙摩柯 軻比能 徹里吉 雅丹 越吉 迷当 俄何焼戈 蹋頓 烏桓触 左賢王 胡車児 胡赤児 歩度根 黄乱 潘臨 女性人物 何后(霊帝妻) 唐妃(少帝妻) 董太后(劉萇妻) 呉夫人(孫堅妻、孫策・孫権の生母) 呉国太(孫堅妻、呉夫人の妹) 糜夫人 甘夫人 孫夫人(孫仁) 呉太后(劉備妻) 貂蝉 嚴氏 曹氏(呂布妻) 鄒氏(張済妻) 伏后(伏壽、献帝妻) 董妃 曹貴人(献帝妻) 劉氏(袁紹妻) 蔡夫人(劉表妻) 徐氏(孫翊妻) 王氏(即ち王異、趙昂妻) 楊氏(馬超妻) 劉夫人 卞氏 丁夫人(曹操妻) 甄后 郭皇后(曹丕妻) 李氏(龐德妻) 張后(劉禅妻) 毛后 郭夫人(曹叡妻) 劉氏(曹爽妻) 徐夫人 王夫人 潘夫人(孫權妻) 孫魯班 (孫權女) 張后(曹芳妻) 全后(全恵解、孫亮妻) 胡氏(劉琰妻) 李氏(馬邈妻) 崔夫人(劉諶妻) 何氏(孫和妻) 大喬(孫策妻) 小喬(周瑜妻) 朱太后(孫休妻) 馮氏(袁術妻) 劉氏(潘舉妻) 黄夫人(諸葛亮妻) 夏侯令女(曹文叔妻) 祝融夫人(孟獲妻) 雲英(董承妾) 李春香(黄奎妾) 蔡琰(蔡邕女) 舞陽君(何進母) 樊氏(趙範嫂) 辛憲英(辛毗女) 王氏(王元姫、司馬昭妻) 毛氏(馬邈妻) 参考資料 《三国演義》 《中国歴史掌故発現》。 (Wikipedia:三国志登場人物一覧)

三国志人物記事一覧
『三国志登場人物一覧』より : 三国志人物記事一覧(さんごくしじんぶつきじいちらん)は三国志(歴史書の『三国志 (歴史書) 三国志』や小説『三国志演義 三国演義(俗称三国志演義)』)に登場する、あるいはそれに関係する人物を一覧する。(「三国志演義に於いては・・・」などと必ず書き、明確に区別すること。三国時代 (中国) 三国時代の始まりは220年。それ以前の人物は後漢末期の人物であって三国時代の人物ではない)
後漢皇帝
霊帝 (漢) 霊帝
廃帝弁
献帝 (漢) 献帝
袁遺(伯業)
袁隗(字陽)
袁煕(顕奕)
閻行(彦明)
袁紹(本初)
袁尚(顕甫)
袁譚(顕思)
王允(子師)
王匡(公節)
王建 (前蜀) 王建
(Wikipedia:三国志人物記事一覧)

三国志大戦
『三国志大戦』(さんごくしたいせん)は、三国志をテーマにしたセガ・インタラクティブ(2015年3月まではセガ)のオンライントレーディングカードアーケードゲーム。 本稿では2005年3月15日から2015年1月16日まで稼働していた初代と、2016年稼働開始予定の2代目をまとめて記述する。 初代 2005年3月15日に日本で正式稼動が開始された。その後、香港・シンガポール・台湾・上海でも稼動が開始されている。 他のオンライン形式のアーケードゲームに比べても高めの料金(1play300円)が設定されているものの、日本の老若男女の層に幅広く人気がある小説『三国志演義』を題材としていることや、多種多様な戦術・戦略性を持つ深いゲーム性を持つことなどが好まれ、アーケード市場でトップを争う人気を保っている。 (Wikipedia:三国志大戦)

三国志大戦2
『三国志大戦』より : 『三国志大戦』(さんごくしたいせん)は、三国志をテーマにしたセガ・インタラクティブ(2015年3月まではセガ)のオンライントレーディングカードアーケードゲーム。 本稿では2005年3月15日から2015年1月16日まで稼働していた初代と、2016年稼働開始予定の2代目をまとめて記述する。 初代 2005年3月15日に日本で正式稼動が開始された。その後、香港・シンガポール・台湾・上海でも稼動が開始されている。 他のオンライン形式のアーケードゲームに比べても高めの料金(1play300円)が設定されているものの、日本の老若男女の層に幅広く人気がある小説『三国志演義』を題材としていることや、多種多様な戦術・戦略性を持つ深いゲーム性を持つことなどが好まれ、アーケード市場でトップを争う人気を保っている。 (Wikipedia:三国志大戦2)

三国志漫画劉備くん
(Wikipedia:三国志漫画劉備くん)

三国志 (歴史書)
『三国志』(さんごくし)は、中国・西晋代の陳寿の撰による、三国時代について書かれた歴史書。後漢の混乱期から、西晋による三国統一までの時代を扱う。二十四史の一。 成立過程・版本 成立時期は西晋による中国統一後の280年以降とされる。 現在通行している版本はおおむね4種ある。 百衲本(宋本) - 紹興年間(1131年-1162年)の刻本が現存する最古の底本である。ただし一部欠落があるため、紹煕年間の刻本で補い、張元済が民国25年に編した。 武英殿本(殿本) - 明代の北監本を底本に陳浩らが乾隆41年に編した。政府部局である武英殿書局による欽定本。 金陵活字本(馮本) - 明代の南監馮夢禎本を底本に曽国藩が設立した金陵書局が同治9年(1870年)に編した。 江南書局本(毛本) - 毛氏汲古閣本を底本に曽国藩が設立した江南書局が光緒13年(1887年)に編した。 また、20世紀に発見された写本としては以下のものがある。 虞翻陸績張温伝残巻 - 1920年代にトルファン市出土との伝。影印は早くから流通しており、中華書局版『三国志』(北京、1959年)の巻頭にも書影があるが、原写本は現在所在不明。 (Wikipedia:三国志 (歴史書))

三国志 (ゲーム)
『三國志シリーズ (コーエー)』より : 『三國志』(さんごくし)は、1985年に光栄(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第1作で、パソコンのほか、家庭用ゲーム機等にも移植された。 なお本項では、本作の簡易版『抄本三國志』(しょうほんさんごくし)および各リメイク版についても併せて記述する。 内容 中国の古典物語『三国志演義』の世界を題材にしている。プレイヤーは一国の君主となり、乱世において中国全土の統一を目指す。『信長の野望』・『信長の野望・全国版』で導入した領国経営型シミュレーションを軸とするが、信長の野望・全国版になくて三國志にあるものは「空白地の概念」と「配下の人材」である。国を富ませ戦争に勝利するには、多数の優秀な人材を登用し、経営や戦争に適材を配すことが必要となる。このあたりは、戦国大名による国盗り合戦の雰囲気で制作された『信長の野望シリーズ』に対して、様々な武将が物語の中心になって活躍する原作三国志のイメージを表現するために考え出されたシステムだと思われる。 (Wikipedia:三国志 (ゲーム))

三国志III
『三國志III』より : 『三國志III』(さんごくし・スリー)は、光栄(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第3作。パソコン版で発売された後、さまざまな家庭用ゲーム機に移植された。音楽は前作に引き続き向谷実が担当している。 2006年2月23日に発売された『三國志DS』や2015年8月6日に発売された『三國志2(3DS版)』は、本作がベースとなって製作されている。 前作までと違い、国の支配から都市の支配に目的が変更になった。古代中国の主要な都市をすべて支配すればゲームのクリア条件は達成される。最大8人までマルチプレイ可能で、前作までは一部の君主はプレイヤーが選べなかったが、本作から全ての君主をプレイヤーが選べるようになった。 家臣にした武将に身分を決定できるようになり、武将の能力値も「知力」「政治」「武力」「陸指」「水指」など細分化されている。諸葛亮死後のシナリオが初登場したことにより、登場武将数は前作よりも大幅に増加した531人(イベントで武将として登場する貂蝉を含めると532人)となった。 (Wikipedia:三国志III)

三国志11
『三國志11』より : 『三國志11』(さんごくし・イレブン)は、2006年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第11作。音楽は池頼広が担当。パソコン用で発売された後、PlayStation 2、Wiiに移植された。また第10作目まではローマ数字での表記(三国志Xなど)だったが、11作目となる本作はアラビア数字に変更になった。 『三國志X』では武将プレイだったが、再び君主プレイに戻った。『三國志IX』・『X』と同様にマップは1枚マップだが、本作では3Dとなった。そのため、従来より高性能のビデオカードを要求するスペックとなっている。 武将数は670人。本作では史実の女性武将が数多く追加された。また、一部の武将は顔グラフィックが2種類用意され、たとえば従来作では晩年の姿で登場した黄忠の、若き日の姿を見ることができる。さらに、ゲームの基本的な進行を学べるチュートリアルを全てクリアーすると、項羽や始皇帝、劉邦など『史記』に登場した武将や魏晋南北朝時代以降の武将が「いにしえ武将」として追加され、パワーアップキットでは決戦制覇モードをクリアーしていくと『水滸伝』の武将が追加される。 (Wikipedia:三国志11)

三国志IX
『三國志IX』より : 『三國志IX』(さんごくし・ナイン)は、2003年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第9作。パソコン版で発売された後、PlayStation 2やPlayStation Portableに移植された。音楽は栗山和樹が担当。 『三國志VII』と『VIII』の武将プレイから再び君主プレイに戻った。クリア条件は自分以外の勢力を全て滅亡させることで、空白都市及び異民族の都市(烏丸、羌、南蛮、山越、倭)を支配する必要はない。ただし、どのような形でクリアしたかによって、エンディングが分岐する。また、倭は購入当初のプレイでは存在が隠れており、発見イベントを起こすことで、勢力として出現するようになる。 2006年にはソースネクストからWindows向け廉価版も発売された。それまでの同社販売のコーエー作品にはシリアルが付いておらずユーザー登録、すなわちそれに付随してパッチダウンロードやシナリオ購入などができなかった。 (Wikipedia:三国志IX)

三国志VIII
『三國志VIII』より : 『三國志VIII』(さんごくし・エイト)は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第8作。音楽は長谷部徹が担当。 パソコン版が発売された後、さまざまな家庭用ゲーム機に移植された。 前作に引き続き武将プレイである。そのため、ゲームオーバー条件は前回と基本的に変わらないが、後継候補として義兄弟が追加されている。武将数は551人、パワーアップキット(以下、PK)版及びPlayStation 2(以下、PS2)やPlayStation Portable(以下、PSP)各版では611人。武将の身分は、前作の君主、太守、軍師、一般、在野の5つに加え、頭領、同志、軍団長(PS2、PSP版では都督)が増えた。ちなみに軍師は、前作では一つの勢力につき一人ずつだったのに対し、今作では一つの都市につき一人ずつ任命できるようになった。太守の軍師よりも君主の軍師の方ができることが多い。 今作では新たに放浪軍というシステムが設けられた。放浪軍は都市を持たない勢力のようなもので、客将として保護されていた劉備のような状態を再現している。 (Wikipedia:三国志VIII)

三国志II
『三國志II』より : 『三國志II』(さんごくし・ツー)は、1989年に光栄(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第2作。前作の基本的なシステムは引き継ぎつつ、新たな工夫が施されている。音楽は向谷実が担当。 PC-88SR版が発売された後、さまざまなパソコン機種や家庭用ゲーム機などに移植された。PC-98版を復刻収録した「コーエー25周年記念パック Vol.5」も発売された。 なお本項では、本作の各リメイク版についても併せて記述する。 前作に引き続き、プレイヤーは『三国志演義』に登場する英雄(君主)の一人となり、配下の武将に対し内政、軍事、外交、計略などのコマンドを出すことにより41国に分割された古代中国全土の統一を目指すことが最終的な目的である。機種によって4人、8人、12人までマルチプレイが可能。ただし、本作でも一部の君主はプレイヤーが選択できず、COM専用となっている。 前作からの変更点 戦略フェイズにおいては、前作では1国に行えるコマンドは1つだけであったが、本作では、配下武将の数だけコマンドを出せるようになり、戦略の幅が広がった。 (Wikipedia:三国志II)

三国志VII
『三國志VII』より : 『三國志VII』(さんごくし・セブン)は、2000年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第7作。音楽は長谷川智樹が担当。 パソコン版が発売された後、さまざまな家庭用ゲーム機に移植された。「コーエー定番シリーズ」「KOEI The Best」など各廉価版シリーズもそれぞれ発売されている。また、パソコン版はダウンロード販売も行われた(2011年9月販売終了)。 今までの君主を操作する君主プレイから武将一人一人を操作する武将プレイに変わった。そのため、いずれかの勢力が統一すると終了となり、ゲームオーバー条件は担当武将が死亡したときに血縁武将が存在せず後継できる武将がいないときとなった。武将の身分は、君主、太守、軍師、一般、在野の5つである。主人公に選べる登場人物は520人。PlayStation 2、PlayStation Portable版ではさらに18人追加されている。また、この他にも自分で作った新武将を登場させることができる。 シナリオは全部で7個あり、有料ダウンロードサービスを利用することでWindows版ではさらに2つのシナリオを選択できるようになった。 (Wikipedia:三国志VII)

三国志演義
『三国志演義』(さんごくしえんぎ、 繁体字: 三國演義; 簡体字: 三国演义)は、中国の明代に書かれた、後漢末・三国時代(魏、蜀、呉)を舞台とする時代小説・通俗歴史小説である。四大奇書の一つに数えられる。書名については下記。 著者は定説をみず、施耐庵あるいは羅貫中の手によるものと伝えられている。 後漢末・三国時代(魏、蜀、呉)を舞台とする説話や講談は古くからあり、すでに北宋の時代には劉備と蜀漢を善玉、曹操と魏を悪役とするイメージが定着していたという記録がある。この講談は「説三分」とよばれた。元代には『全相三国志平話』(全ページ絵入り三国志物語)が刊行されており、『三国志演義』の原型の一つと目されている。このような潮流の中で『三国志演義』は成立した。成立時期は元末・明初とされる。 本書は、蜀漢を正統・善玉とする講談の潮流を維持しながらも、それまでの説話や講談にあった極端な荒唐無稽さや歴史年代を無視した展開・要素を排し、黄巾の乱から呉の滅亡までの後漢末の重要事件と陳寿の『三国志』の扱う範囲を収めている。 (Wikipedia:三国志演義)

三国志IV
『三國志IV』より : 『三國志IV』(さんごくし・フォー)は、光栄(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第4作。パソコン版で発売された後、さまざまな家庭用ゲーム機に移植された。音楽は長生淳が担当。Windows版は9x系OS(95,98,Me)には対応しているが、NT系OS(NT,2000,XP,Vista)には対応していない。スーパーファミコン版が2007年2月からWiiのバーチャルコンソールとして、2013年7月からWii Uのバーチャルコンソールとして配信された。要Wiiポイント1000もしくは1000円。 ゲームボーイアドバンス版『三國志』や『三國志DS2』も、タイトルは異なるが本作がベースとなっている。 中国の三国時代の群雄の一人となり、古代中国の主要都市の完全制覇を目指すという基本的な枠組は前作『三國志III』と同様だが、内政コマンドや情報コマンドが簡略化(半自動化)されるなど前作よりやや複雑さは減少した。 (Wikipedia:三国志IV)

三国志 第一部・英雄たちの夜明け
作品名 三国志 第一部・英雄たちの夜明け
原題
監督 勝間田具治
製作総指揮
製作 吉成孝昌岡田裕介
脚本 笠原和夫 (脚本家) 笠原和夫
出演者
音楽 横山菁児
主題歌 谷村新司『風姿花伝』
撮影監督
撮影 武井利晴高梨洋一
編集 千蔵豊花井正明
配給 東映
公開 1992年1月25日
上映時間 138分
言語 日本語
制作費
興行収入
(Wikipedia:三国志 第一部・英雄たちの夜明け)

三国志平話
『三国志平話』(さんごくしへいわ)は、宋代の話芸である説話の話本。元代に刊行された『全相平話五種』に収められている『新刊全相平話三國志』のことである。上・中・下3巻。小説『三国志演義』のもとになった故事を多く含んでいる。 内容は司馬仲相の冥土での裁判で始まり、諸葛亮の病死で終わっている。『三国志演義』に比べて民間伝承を色濃く残しており、『演義』と比べれば荒唐無稽な話を含む通俗的な作品となっている。ただしこの『平話』には、関羽の架空の息子関索のエピソードが挿入されておらず(南蛮征伐の項で名前が一度だけ登場する)、その元となった民間伝承、いわゆる『花関索伝』が平話より後に成立し『演義』にとりこまれたものと研究者は推測している(詳細は三国志演義の成立史)。 あらすじ この平話にはプロローグ、上巻、中巻、下巻、エピローグと分けられる。 プロローグ 後漢の光武帝の時の書生であった司馬仲相(司馬が姓で、仲相は字)が、天帝の命により冥土で裁判を行うことになった。 (Wikipedia:三国志平話)


三国志 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  時価総額 - 2018年03月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



時価総額
時価総額(じかそうがく、Market capitalization)、株式時価総額とは、ある上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標である。時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。時価総額は企業尺度や企業の実力の一面にしかすぎないが、市場の期待値を反映した尺度の一つであり、一般には企業の利益や資産が大きいほど時価総額も高くなる。しかし、株価は時に過大(過小)評価される場合があるため、絶対的なものではない。 時価総額で見た企業 世界 時価総額が1000億ドルを超える企業。(2015年6月30日時点) 出典元: Financial Times Global 500 2007年3月の世界の上場企業の時価総額の合計は51兆2250億ドル、2007年12月末で60兆8743億9930万ドル、2008年12月末で32兆5514億3280万ドル、2009年12月末で47兆7825億5230万ドルであった。 (Wikipedia:時価総額)

時価総額加重平均型株価指数
時価総額加重平均型株価指数(じかそうがくかじゅうへいきんがたかぶかしすう)は株価指数の算出方式の一つ。組入銘柄の時価総額合計を、基準となる一時点での時価総額合計で除算して求めるものである。世界の多くの株価指数がこの方式を採用している。 株価平均を算出する株価平均型株価指数と違い、一部の小規模な値がさ株に影響される心配が少ない。反面、時価総額の高い大型株の割合が大きくなるので、親会社の保有分や持ち合い株などの固定株比率が高く株価変動が少ない銘柄に影響されやすい性質がある。これらの株が市場で取引されることはまれなため、指数と売買実態が乖離する状況もあり得る。また、互いに持ち合いをしている会社同士などがそれぞれ上場することで、指数に時価総額が二重に計上されてしまう問題もある。 これらの問題から、20世紀末以降世界的に、時価総額に算入する株数を浮動株のみに絞った浮動株基準株価指数への移行が進んでいる。 時価総額加重平均型を採用している主要な株価指数 東証株価指数 (TOPIX) (日本) 香港ハンセン株価指数(香港) 加権指数 (中華民国) S&P 500(アメリカ) ナスダック総合指数(アメリカ) ラッセル 3000指数(アメリカ) ラッセル 2000指数(アメリカ) FTSE100種総合株価指数 (FTSE 100) (イギリス) ドイツ株価指数 (DAX)(ドイツ) CAC 40(フランス) AEX指数(オランダ)。 (Wikipedia:時価総額加重平均型株価指数)

時価総額加重平均
『』より : (Wikipedia:時価総額加重平均)


時価総額 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  青空文庫 - 2018年03月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



青空文庫
青空文庫(あおぞらぶんこ)は、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館である。富田倫生、野口英司、八巻美恵、らんむろ・さてぃの4人が呼びかけ人となって発足した。日本で著作権切れ作品をオンライン公開する動きの先駆者。2015年の年間アクセス数の合計は880万件以上。 収録作品はボランティアの手によりJIS X 0208漢字の範囲で青空文庫形式テキストファイルやHTMLとして電子化されている。また、「青空文庫収録ファイルの取り扱い規準」に従い自由に利用出来るため、その収録作品はパーソナルコンピュータのみならずPDAや携帯電話などの環境でも利用されている。テキストファイルである事から、大きな文字で印刷したり、テキストを読み上げるソフトウェアと組み合わせるなど、視覚障害者向けとしても利用が期待されている。 青空文庫として閲覧ソフトウェアを開発したり提供したりはしていないが、電子辞書やiPhoneアプリなどで専用ビューアーがサードパーティによって開発されている。 (Wikipedia:青空文庫)


青空文庫 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す