[PR]

日別キーワード

第1位  貴乃花 - 2018年03月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



貴乃花
貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。所属した相撲部屋は藤島部屋後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠。日本相撲協会理事(協会本部)で総合企画部長他。他にスポーツニッポン評論家(大相撲担当)。 本名、花田 光司(はなだ こうじ)。愛称は「コウジ」。 1972年(昭和47年)、東京都杉並区に生まれ、同中野区で育つ。現役時代、取組前の場内アナウンスでは中野区を出身地としていた。 父は元大関の貴ノ花利彰、母は女優の藤田紀子。兄は元大相撲力士でタレントの花田虎上(第66代横綱・三代目若乃花)。妻は元フジテレビアナウンサーでタレントの河野景子で、1男2女の父親。初代若乃花(第45代横綱)は伯父(父の兄)。二代目若乃花(第56代横綱)はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。 血液型はO型。元々は右利きだったが、長年の相撲の影響で右手に痺れが残ってしまい、今は左手で箸やペンを持つようになっている。 (Wikipedia:貴乃花)

貴乃花光司
貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。所属した相撲部屋は藤島部屋後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠。日本相撲協会理事(協会本部)で総合企画部長他。他にスポーツニッポン評論家(大相撲担当)。 本名、花田 光司(はなだ こうじ)。愛称は「コウジ」。 1972年(昭和47年)、東京都杉並区に生まれ、同中野区で育つ。現役時代、取組前の場内アナウンスでは中野区を出身地としていた。 父は元大関の貴ノ花利彰、母は女優の藤田紀子。兄は元大相撲力士でタレントの花田虎上(第66代横綱・三代目若乃花)。妻は元フジテレビアナウンサーでタレントの河野景子で、1男2女の父親。初代若乃花(第45代横綱)は伯父(父の兄)。二代目若乃花(第56代横綱)はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。 血液型はO型。元々は右利きだったが、長年の相撲の影響で右手に痺れが残ってしまい、今は左手で箸やペンを持つようになっている。 (Wikipedia:貴乃花光司)

貴乃花親方
『貴乃花光司』より : 貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。所属した相撲部屋は藤島部屋後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠。日本相撲協会理事(協会本部)で総合企画部長他。他にスポーツニッポン評論家(大相撲担当)。 本名、花田 光司(はなだ こうじ)。愛称は「コウジ」。 1972年(昭和47年)、東京都杉並区に生まれ、同中野区で育つ。現役時代、取組前の場内アナウンスでは中野区を出身地としていた。 父は元大関の貴ノ花利彰、母は女優の藤田紀子。兄は元大相撲力士でタレントの花田虎上(第66代横綱・三代目若乃花)。妻は元フジテレビアナウンサーでタレントの河野景子で、1男2女の父親。初代若乃花(第45代横綱)は伯父(父の兄)。二代目若乃花(第56代横綱)はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。 血液型はO型。元々は右利きだったが、長年の相撲の影響で右手に痺れが残ってしまい、今は左手で箸やペンを持つようになっている。 (Wikipedia:貴乃花親方)

貴乃花部屋
貴乃花部屋(たかのはなべや)は、日本相撲協会所属で貴乃花一門の相撲部屋。前身は二所ノ関一門の二子山部屋である。 1962年(昭和37年)5月場所直前に花籠部屋に所属する横綱・若乃花が引退して年寄・10代二子山を襲名した後、同年9月2日に花籠部屋から分家独立して二子山部屋を創設した。10代二子山は横綱・若乃花や横綱・隆の里を筆頭として、自身の実弟である大関・貴ノ花や大関・若嶋津など数多くの関取を育て上げた。 10代二子山が師匠を務めた時代の二子山部屋からは、藤島部屋(旧・藤島部屋)・間垣部屋(現在は消滅)・鳴戸部屋(現在は田子ノ浦部屋に改称)・松ヶ根部屋(現在は二所ノ関部屋に改称)・荒磯部屋(現在は消滅)・花籠部屋(再興、現在は消滅)が分家独立を果たしている。 1993年(平成5年)3月に10代二子山が定年退職を迎えるため、同年2月1日付で10代二子山と藤島部屋の師匠を務める12代藤島(元大関・貴ノ花)が年寄名跡を交換し、12代藤島が11代二子山を襲名すると共に、二子山部屋と藤島部屋が合併した。 (Wikipedia:貴乃花部屋)


貴乃花 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  万葉集 - 2018年04月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



万葉集
『万葉集』(まんようしゅう、萬葉集)は、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後とみられる。 日本文学における第一級の史料であることは勿論だが、方言による歌もいくつか収録されており、さらにそのなかには詠み人の出身地も記録されていることから、方言学の資料としても非常に重要な史料である。 万葉集の成立 書名の由来 『万葉集』の名前の意味についてはいくつかの説が提唱されている。ひとつは「万の言の葉」を集めたとする説で、「多くの言の葉=歌を集めたもの」と解するものである。これは古来仙覚や賀茂真淵らに支持されてきた。仙覚の『万葉集註釈』では、『古今和歌集』の「仮名序」に、 やまとうたは人の心をたねとしてよろづのことのはとぞなれりけるとあるのを引いている。ただし、『古今集』の成立は『万葉集』よりも時代が下るので、この語釈が『万葉集』成立後にできあがったものという可能性も否定できず、そのまま『万葉集』の由来としてあてはめることには疑問もある。 (Wikipedia:万葉集)


万葉集 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  乃木坂46 - 2018年04月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



乃木坂46
乃木坂46(のぎざか フォーティーシックス、Nogizaka46)は、日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2011年8月21日に誕生した。 乃木坂46の「乃木坂」というグループ名は、レーベル会社のソニー・ミュージックエンタテインメントが所有する乃木坂46の最終オーディション会場として使用された「SME乃木坂ビル」を由来とする。乃木坂46の「46」という数字はAKB48より人数が少なくても負けないという意気込みを込めて総合プロデューサーの秋元康が命名した。乃木坂48と呼び間違えられやすい。 かつて、ソニー・ミュージックエンタテインメントグループ会社のデフスターレコーズに所属していたAKB48は、2008年のキングレコード移籍後にヒットしたため、ソニーミュージックの担当者が「やっぱり“逃した魚”は大きかったですよ」と語り、後の2010年にデフスターレコーズ所属時代の楽曲を収録した『逃した魚たち〜シングル・ビデオコレクション〜』というミュージック・ビデオ集が発売されるほどだった。 (Wikipedia:乃木坂46)

乃木坂46の「の」
『乃木坂46の「の」』(のぎざかフォーティーシックスの の、略称:乃木のの)は、2013年4月7日の日曜日18時から文化放送で毎週放送されている乃木坂46の初冠ラジオ番組である。 コーナー 風船を使った乃木坂46メンバー1分間アピールジングル 風船がふくらまされて割れるまでの1分以内に、自己アピールを行う。2014年5月現在、風船を使ったこのジングルは、初出演のメンバーに関して流れる。出演2回目以降は「まだブログに載せてないニュース」となる。CM明けに紹介(20秒間)×3回。 ふつうのおたより メンバーに聞いてみたいこと、報告したいこと。 モホロビチッチ 奇天烈用語についてメンバーが知ったかぶりトーク。 乃木坂探偵社 乃木坂46以外の他のアイドルグループ情報紹介コーナー。 乃木坂学園教員リスト 2013年5月5日開始。地域や世代関係なくどの学校にも一人はいる教授・教師をリスナーに教えてもらう。 乃木坂1/3 2013年6月2日開始。収録メンバー3人のうち1人に当てはまるようなお題をリスナーに考えてもらう。 (Wikipedia:乃木坂46の「の」)


乃木坂46 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  GDP - 2018年04月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



GDP
国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。 国内総生産は「ストック」に対する「フロー」をあらわす指標であり、経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する(経済学用語のフロー、ストックはフローとストックを参照)。 原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。市場で取引されない活動は、GDPには含まれない。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。この点は、国民総生産でも同じである。こうした取り扱いの例外として、持ち家の家賃など帰属計算が行われるものがある(国民経済計算の帰属家賃の説明を参照)。また、今期新たに生産されたのでない財(例:古美術品)の取引、最終財の原材料となる中間財の取引は算入されない。地下経済なども計上されないことが一般的であったが、2014年以降、EU圏内では麻薬取引や売春サービスも計上し始めている。 (Wikipedia:GDP)

GDPデフレーター
『国内総生産』より : 経済学において、GDPデフレーター(GDP deflator)とは、ある国(または地域)の名目GDPから実質GDPを算出するために用いられる物価指数である。名目GDPと実質GDPはそれぞれ物価変動の影響を排除していないGDPと排除したGDPであるため、その比にあたるGDPデフレーターは、物価変動の程度を表す物価指数であると解釈される。従ってGDPデフレーターの増加率がプラスであればインフレーション、マイナスであればデフレーションとみなせる。 算出 国民経済計算における計測 ほとんどの国民経済計算の体系において、GDPデフレーターは名目(nominal)GDPと実質(real)GDPの比を計測する。次の計算式が用いられる。 \operatorname{GDP\ deflator} = \frac{\operatorname{Nominal\ GDP}}{\operatorname{Real\ GDP}}\times 100名目GDPをGDPデフレーターで割って100倍する(デフレートする)と実質GDPの価額になる。 (Wikipedia:GDPデフレーター)


GDP - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ICOCA - 2018年04月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



ICOCA
ICOCA(イコカ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が発行し、JR西日本・近畿日本鉄道(近鉄)・京阪電気鉄道(京阪)・四国旅客鉄道(JR四国)・あいの風とやま鉄道が発売するサイバネ規格のICカード乗車券である。 ソニーの非接触型ICカードFeliCaの技術を用いた乗車カードで、2016年2月現在の発行枚数は約1,200万枚。プリペイド方式の乗車券の機能をはじめ、定期券、駅売店等での支払いに使える電子マネーの機能を併せ持つカードである。カードで利用できる金額は、駅などに設置されたチャージ機などでチャージ(入金)することにより追加ができ、使い捨てることなく繰り返してカードを使用できる。 2001年5月15日の社長定例会見において、定期券や磁気式ストアードフェアカードであるJスルーカードを2003年をめどにIC化を検討することを発表し、2002年12月18日の社長定例会見において、正式名称をICOCA(イコカ)とすることを発表した。 (Wikipedia:ICOCA)

ICOCA電子マネー
ICOCA電子マネー(イコカでんしマネー)とは、西日本旅客鉄道(JR西日本)のICカード乗車券ICOCAを活用した電子マネーサービスである。 先行して始まったSuicaショッピングサービスと同様のサービスであるが、Suicaの場合とは異なり、初期のカードでも交換することなくそのまま使える。ICOCAエリアである京阪神地区(アーバンネットワークエリア)や岡山・広島エリアに加え、四国エリアの一部の駅(高松駅・坂出駅)、福岡エリアのハートイン・デイリーイン、駅ビル(京都駅・大阪駅・岡山駅・広島駅・小倉駅・博多駅)の店舗の一部・自動販売機及び街中にある加盟店などの約153,500店舗(2012年6月末時点)で利用可能である。 本サービスのキャッチフレーズは「ICOCAで買おか〜、タッチして買おか〜」で、ICOCAのイメージキャラクターである仲間由紀恵(2008年3月末頃まで起用)がポスターなどで呼び掛けていた。 (Wikipedia:ICOCA電子マネー)


ICOCA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す