[PR]

日別キーワード

第1位  大阪杯 - 2018年04月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



大阪杯
大阪杯(おおさかはい)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「産経大阪杯(さんけいおおさかはい)」と表記している。 寄贈賞を提供する産業経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。 正賞は産経新聞社賞。 本競走は、春の中長距離路線を歩む馬にとって大レースへ向けた重要な前哨戦として位置付けられている。 1957年に創設された5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走「大阪杯」が、本競走の前身。競走名は1964年に「サンケイ大阪杯」と改称された後、1989年より現名称となった。 創設時は阪神競馬場の芝1800mで3月に行われていたが、距離や施行時期は幾度かの変遷を経て、1972年より2000mで定着。施行時期も1981年より桜花賞の前週に移され、現在に至る。 外国産馬は1984年から、地方競馬所属馬は1995年からそれぞれ出走可能になり、2003年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。 (Wikipedia:大阪杯)


大阪杯 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  サトノダイヤモンド - 2018年04月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



サトノダイヤモンド
サトノダイヤモンドは、日本の競走馬である。2016年のきさらぎ賞勝ち馬。馬名の由来は、冠名+宝石名。額の流星の形から連想。母のマルペンサはアルゼンチンのGI銀杯大賞など、GI3勝。 デビュー前 2013年7月9日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われたセレクトセールで、里見治氏に2億3000万円で落札された。 2歳 11月8日の京都競馬場芝2000m新馬戦でデビュー。ロイカバードと合わせた取引金額『5億円対決』として注目を集める中、先行し最後の直線で前を捉えるとそのまま独走、デビュー戦を勝利で飾った。 2戦目は2015年12月26日の阪神競馬場芝2000m2歳500万下に出走、ここでも圧倒的人気に応え勝利した。 3歳 2016年の初戦はGIIIきさらぎ賞。2度目となるロイカバードとの『5億円対決』で注目を集めた。ここでも単勝人気1倍台の支持を集め、道中は5~6番手でレースを進め、直線で楽々と先頭に立って後続を突き放し、最後は外から追い上げてきた4番人気レプランシュに3馬身1/2差をつけレースレコードで優勝した。 (Wikipedia:サトノダイヤモンド)


サトノダイヤモンド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ダービー卿チャレンジトロフィー - 2018年04月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



ダービー卿チャレンジトロフィー
ダービー卿チャレンジトロフィー(ダービーきょうチャレンジトロフィー)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 正賞はダービー卿チャレンジトロフィー。 1969年に、東京競馬場と京都競馬場でイギリスの騎手3名を招いて「英国騎手招待競走」が4競走行われた際、そのひとつとして第18代ダービー卿エドワード・ジョン・スタンリー伯爵からトロフィーの寄贈を受けたことを記念し、「ダービー卿チャレンジトロフィー」が創設された(このときのみ回次が振られず、「第2回英国騎手招待」の副称がつけられた)。 創設時は東京競馬場の芝1800mで11月に行われたが、施行場は1981年に中山競馬場へ変更。距離は1984年より芝1600mに変更され、施行時期が春の中山開催(3月 - 4月)に繰り上げられた1990年から芝1200mに短縮された後、1996年より再び芝1600mに戻された。 (Wikipedia:ダービー卿チャレンジトロフィー)


ダービー卿チャレンジトロフィー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  三江線 - 2018年04月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



三江線
三江線(さんこうせん)は、島根県江津市の江津駅から広島県三次市の三次駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)。2015年に全通40周年を記念して三江線改良利用促進期成同盟会・三江線活性化協議会による公募で決定した「江の川鉄道」の愛称がある。 江津駅 - 三次駅間を江の川に沿って結ぶ陰陽連絡路線として、1930年代から長い期間をかけて建設されたが、全通はきわめて遅い1975年ですでに地域間流動は道路利用に移行していた。 三江線は浜原ダムを回避する沢谷駅付近をのぞくと、北方が頂点となる「へ」の字状に流れる江の川に沿って狭い平地を縫うように建設された。そのため、大きく迂回するルート(全線108kmだが、直線距離なら60km足らずである)となり、両都市間の短絡路としては機能していない。また拠点都市間ルートとしても、島根県東部の主要都市である出雲市・松江方面、西部の主要都市である浜田方面と、広島県との連絡にはいずれも迂回路となってしまい、陰陽連絡路線としての機能を果たせるものではなかった。 (Wikipedia:三江線)


三江線 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  わろてんか - 2018年04月03日


関連するイメージは見つかりませんでした




わろてんか - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す