[PR]

日別キーワード

第1位  灌仏会 - 2018年04月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



灌仏会
灌仏会(かんぶつえ)は、釈迦の誕生を祝う仏教行事である。日本では原則として毎年4月8日に行われる。 釈迦(ゴータマ・シッダッタ)が旧暦4月8日に生誕した伝承に基づいている。降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)、花祭(はなまつり)の別名もある。 日付 北伝仏教が伝来した地方では、一般に釈迦の誕生日は中国暦4月8日とされているが、その典拠は必ずしも明らかではない。インドと基本的に同系統の暦を用いる南伝仏教圏では、釈迦の誕生日はインド系太陽太陰暦第2月15日としてウェーサーカ祭で祝う。インド暦2月は中国暦で4月から5月に相当するため、中国暦4月に翻訳されたと考えられている。法顕の仏国記には「建卯」月の8日または1日から15日にかけて、グプタ朝治下のインド各地で祝祭が行われていたとある。中国語で「卯の月」とは春分を含む月であり、タイにおけるソンクラーンなどインド暦の正月祭が起源である可能性もある。 (Wikipedia:灌仏会)


灌仏会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ウマ娘 プリティーダービー - 2018年04月11日


関連するイメージは見つかりませんでした




ウマ娘 プリティーダービー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  皐月賞 - 2018年04月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



皐月賞
皐月賞(さつきしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。「皐」の字が常用漢字外のため、「さつき賞」と表記されることもある。 正賞は内閣総理大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞。 旧八大競走の1つで、中央競馬における3歳クラシックの第2戦として行われ、最もスピードのある優秀な繁殖馬を選定するためのチャンピオンレースとされている。このため、出走資格は4歳(現3歳)の牡馬と牝馬に限られ、せん馬(去勢された馬)は出走できない。また、本競走で4着以内の成績を収めた馬には東京優駿(日本ダービー)の優先出走権が与えられる。1990年までは5着以内の馬に優先出走権を付与していたが、1991年より4着までに改められた。 1939年に当時の日本競馬会がイギリスの2000ギニーに範をとり、4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定の競走「横浜農林省賞典四歳呼馬(よこはまのうりんしょうしょうてんよんさいよびうま)」を創設。 (Wikipedia:皐月賞)


皐月賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  人間 - 2018年04月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



人間
人間(にんげん、英:human being, あるいは大文字で始まるMan)とは、 人のすむところ。世の中。世間。人が生きている人と人の関係の世界。またその中で脆くはかないさまを概念的に表すことば。 (社会的なありかた、人格を中心にとらえた)人。また、その全体。 ひとがら。「人物」。 関係性を重視して「人‐間(あいだ)」という名称があてられたとされている。 旧約聖書の『創世記』において、人間はすべて神にかたどってつくられた(「神の似姿」)、とされ、身分や性別に関係なく、人間であれば誰であっても神性を宿している、とされた。 アリストテレスは著書『政治学』において、人間とは、自分自身の自然本性の誠意をめざして努力しつつ、ポリス的共同体(つまり《善く生きること》を目指す人々の共同体)をつくることで完成に至る、という(他の動物とは異なった)独特の自然本性を有する動物である、と説明した。 (Wikipedia:人間)

人間の性
人間の性(にんげんのせい、仏: Sexualité Humaine)、あるいは人間における性存在性(セクシュアリティ、英: Human Sexuality)は、性的本能の充足に関係する行動や性的振る舞いの総体を指す。セクシュアリティは多様な位相(アスペクト)を備え、それらは時として相互に矛盾することがある。生殖、健康、快楽などの位相で、葛藤が起こりえる。また人間関係、社会、法律、道徳や、宗教的禁忌などの位相においても、性をめぐって葛藤が生じることがある。 人間の性存在性を研究し、またその障害の克服について研究する科学が Sexologie(広義の性科学)である。 人間の性存在性(セクシュアリティ)とは、人間における性的な感覚や感情の表現様式、人間同士の性を介しての親交、また性を通じてのアイデンティティの表現や、更に、性の影響を受けたり、性に基づく人間存在の表現様式を意味する。 (Wikipedia:人間の性)

人間製造機
『ドラえもんの道具 (に)』より : ドラえもんのひみつ道具 (に) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち 、読みが「に」で始まるものを列挙する。 にが手タッチバトン にが手タッチバトン(にがてタッチバトン)は、「「スパルタ式にが手こくふく錠」&「にが手タッチバトン」」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』5巻収録)に登場する。 リレー走で使うバトンを象った道具。何かに苦手意識を持っている人がこれを持って、他の誰かに触れると、持ち主に代って触れられた側がその物を苦手になる。 ドラえもんは自分のネズミ嫌いをのび太に理解させるため、これを使って自分の「苦手」をのび太に移した。 苦手つくり機 苦手つくり機(にがてつくりき)は、「苦手つくり機」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』3巻に収録)に登場する。 誰かに何かを苦手にさせることができる機械。機械には2つのボードが備えられており、片方に苦手にさせたい人の名前、もう片方に苦手にさせたい物の名前を書いて機械を作動させると、その人はその物が苦手でたまらなくなる。 (Wikipedia:人間製造機)

人間貯金箱製造機
『ドラえもんの道具 (に)』より : ドラえもんのひみつ道具 (に) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち 、読みが「に」で始まるものを列挙する。 にが手タッチバトン にが手タッチバトン(にがてタッチバトン)は、「「スパルタ式にが手こくふく錠」&「にが手タッチバトン」」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』5巻収録)に登場する。 リレー走で使うバトンを象った道具。何かに苦手意識を持っている人がこれを持って、他の誰かに触れると、持ち主に代って触れられた側がその物を苦手になる。 ドラえもんは自分のネズミ嫌いをのび太に理解させるため、これを使って自分の「苦手」をのび太に移した。 苦手つくり機 苦手つくり機(にがてつくりき)は、「苦手つくり機」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』3巻に収録)に登場する。 誰かに何かを苦手にさせることができる機械。機械には2つのボードが備えられており、片方に苦手にさせたい人の名前、もう片方に苦手にさせたい物の名前を書いて機械を作動させると、その人はその物が苦手でたまらなくなる。 (Wikipedia:人間貯金箱製造機)

人間切断機
『ドラえもんの道具 (に)』より : ドラえもんのひみつ道具 (に) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち 、読みが「に」で始まるものを列挙する。 にが手タッチバトン にが手タッチバトン(にがてタッチバトン)は、「「スパルタ式にが手こくふく錠」&「にが手タッチバトン」」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』5巻収録)に登場する。 リレー走で使うバトンを象った道具。何かに苦手意識を持っている人がこれを持って、他の誰かに触れると、持ち主に代って触れられた側がその物を苦手になる。 ドラえもんは自分のネズミ嫌いをのび太に理解させるため、これを使って自分の「苦手」をのび太に移した。 苦手つくり機 苦手つくり機(にがてつくりき)は、「苦手つくり機」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』3巻に収録)に登場する。 誰かに何かを苦手にさせることができる機械。機械には2つのボードが備えられており、片方に苦手にさせたい人の名前、もう片方に苦手にさせたい物の名前を書いて機械を作動させると、その人はその物が苦手でたまらなくなる。 (Wikipedia:人間切断機)

人間あやつり機
『ドラえもんの道具 (に)』より : ドラえもんのひみつ道具 (に) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち 、読みが「に」で始まるものを列挙する。 にが手タッチバトン にが手タッチバトン(にがてタッチバトン)は、「「スパルタ式にが手こくふく錠」&「にが手タッチバトン」」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』5巻収録)に登場する。 リレー走で使うバトンを象った道具。何かに苦手意識を持っている人がこれを持って、他の誰かに触れると、持ち主に代って触れられた側がその物を苦手になる。 ドラえもんは自分のネズミ嫌いをのび太に理解させるため、これを使って自分の「苦手」をのび太に移した。 苦手つくり機 苦手つくり機(にがてつくりき)は、「苦手つくり機」(てんとう虫コミックス『ドラえもんプラス』3巻に収録)に登場する。 誰かに何かを苦手にさせることができる機械。機械には2つのボードが備えられており、片方に苦手にさせたい人の名前、もう片方に苦手にさせたい物の名前を書いて機械を作動させると、その人はその物が苦手でたまらなくなる。 (Wikipedia:人間あやつり機)

人間の性の諸相
人間の性の諸相 (にんげんのせいのしょそう、英語:Aspects of Human Sexuality) この項目では高度な精神をもつ人間における性(人間の性)の特殊性を、さまざまな局面から補足する。 ヒトは生物であり、生殖としての性行為を行うと同時に、性は深く人間存在の精神面に関係している。そのため、人間の性の行動や現象が、様々な分野に横断的に関係することになる。実際、精神を持つ人間は、プライドを持ち、社会の規範、他者の視線を意識し、性行動は、人の心理のありようと密接な関係を持つ。また人間は、社会的な存在であり、文化を持つ存在でもあるため、人間の性の現象は、社会や文化などにおいても多様な位相を備えることになる。 人間の性存在性 人間の性は、人間の存在のありよう(性存在性=セクシュアリティ、Sexualité Humaine)と不可分なものである。性別、年齢問わず人は性的存在であることから逃れられない。人間は社会的な生き物であり、社会には性の区別が存在するからである。たとえ、人が孤独の無人島で過ごしても、社会より隔絶された意識と共に、なお社会の成員であるという心の意識は消えることがない。 (Wikipedia:人間の性の諸相)

人間の性の位相
『人間の性の諸相』より : 人間の性の諸相 (にんげんのせいのしょそう、英語:Aspects of Human Sexuality) この項目では高度な精神をもつ人間における性(人間の性)の特殊性を、さまざまな局面から補足する。 ヒトは生物であり、生殖としての性行為を行うと同時に、性は深く人間存在の精神面に関係している。そのため、人間の性の行動や現象が、様々な分野に横断的に関係することになる。実際、精神を持つ人間は、プライドを持ち、社会の規範、他者の視線を意識し、性行動は、人の心理のありようと密接な関係を持つ。また人間は、社会的な存在であり、文化を持つ存在でもあるため、人間の性の現象は、社会や文化などにおいても多様な位相を備えることになる。 人間の性存在性 人間の性は、人間の存在のありよう(性存在性=セクシュアリティ、Sexualité Humaine)と不可分なものである。性別、年齢問わず人は性的存在であることから逃れられない。人間は社会的な生き物であり、社会には性の区別が存在するからである。たとえ、人が孤独の無人島で過ごしても、社会より隔絶された意識と共に、なお社会の成員であるという心の意識は消えることがない。 (Wikipedia:人間の性の位相)

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら
『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(にんげん・しっかく たとえばぼくがしんだら)は、1994年7月8日から9月23日まで毎週金曜日22:00 - 22:54に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は赤井英和。 KinKi Kidsの初主演作と言われることがあるが、全編を通しての主演は赤井である。 名門私立中学校を舞台にした物語で、イジメ、体罰、虐待、自殺、父親の復讐、親子の絆などを描いた。大きく分けると、前編(第1話から第6話まで)が名門中学での誠への陰湿、過激ないじめ問題を中心に描写、後編(第7話から最終回まで)からは誠を殺した者達への、衛の復讐劇が中心に描写される。前編の話にかなり過激ないじめや体罰描写があり、倫理的・道徳的にタブーとされる話題を数多く扱ったことから、「過激で興味本位な内容である」という視聴者からの批判が多かったという。そのため、前半は視聴率で苦戦(第2話は9.8%)したが、徐々に視聴率を上げ、最終回は28.9%にも及んだ。 (Wikipedia:人間・失格〜たとえばぼくが死んだら)

人間ルーレット
『志村けんのだいじょうぶだぁ』より : 『志村けんのだいじょうぶだぁ』(しむらけんのだいじょうぶだぁ)とは、1987年11月16日から1993年9月27日までフジテレビ系列(FNN・FNS)で定期放送されていたお笑いバラエティ番組で志村けんの冠番組である。現在は単発スペシャル番組(後述)として不定期放送されている。 1987年11月にスタートした、志村にとっては初めてのソロでのコントメインのレギュラー番組にあたる。その後もタイトル・時間帯等の変更を続け20年以上にわたり、フジテレビの志村のコント番組は継続されている。制作局のクレジットはなく、「企画制作 イザワオフィス」と表記された。 番組タイトルは、TBS系『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(『加トケン』)のコメディドラマ「THE DETECTIVE STORY」で志村が扮していた「だいじょうぶだぁ教」から来ている。また、「1時間の間にショートコントをいくら詰め込めるか」といった「THE DETECTIVE STORY」とは正反対の試みがあった。 (Wikipedia:人間ルーレット)

人間国宝
人間国宝(にんげんこくほう)は、日本の文化財保護法第71条第2項に基づき同国の文部科学大臣が指定した重要無形文化財の保持者として各個認定された人物を指す通称である。文化財保護法には「人間国宝」という文言はないが、重要無形文化財保持者を指して人間国宝と呼ぶ通称が広く用いられている。 人間国宝は、重要無形文化財保持者として各個認定された人物を指す通称である。日本の文化財保護法において、無形文化財とは、演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で我が国にとつて歴史上又は芸術上価値の高いものをいう(同法第2条第1項第2号)。すなわち、無形文化財とは芸能、工芸技術等の無形の「わざ」そのものを指すが、その「わざ」はこれを高度に体得している個人または団体が体現する。そして、日本国政府はこのような「わざ」のうち重要なものを重要無形文化財に指定するとともに、その「わざ」を体現する個人または団体を保持者または保持団体に認定する(同法第71条第1項および第2項)。 (Wikipedia:人間国宝)

人間 (トールキン)
人間(Man)は、J・R・R・トールキンの中つ国を舞台とした小説、『ホビットの冒険』、『指輪物語』、『シルマリルの物語』などに登場する種族。 いくつかの変種も存在するが、おおむね現実の人間(ヒト)と同じ生物である。 魔法使いは人間の姿をしているが、人間ではない。 エルフやドワーフも人間と似ているが、別の種族である。 エルフはクウェンヤで「第二の民」を意味するアタニ(Atani)と呼んだ。イルーヴァタールの子らのうち、エルフが先に目覚め、人間はあとから目覚めたからである。 エルフたちは様々な理由から、人間を多くの名前で呼んだ。 「後に続く者」を意味する、ヒルドール(Hildor) 「後に生まれた者」を意味する、アパノーナール(Apanónar) 「病を持つ者」を意味する、エングワール(Engwar) 「有限の命の者」を意味する、フィーリマール(Fírimar)他に、「侵害者」、「よそ者」、「不可解なる者」、「自らを呪う者」、「夜を恐れる者」、「太陽の子」など。 (Wikipedia:人間 (トールキン))

人間の筋肉の一覧
人間の筋肉の一覧(にんげんのきんにくのいちらん)は、人間の筋肉を一覧にしたものである。 人体には、通常は、大小含めて約600を越える筋肉が存在する。筋肉は、大別すると骨格筋、平滑筋、心筋に分けられる。これらは、意識して動かすことができるかという点で随意筋(骨格筋のみ)と不随意筋(心筋・平滑筋)に分けられる。また、組織構造から横紋筋(心筋・骨格筋)と平滑筋に分けられる。 骨格筋は、体幹筋と体肢筋に分けられる。そのうち体幹筋を体幹腹部の前体幹筋と体幹背部の後体幹筋に分ける。前体幹筋は頭部の筋・頸部の筋・胸部の筋・腹部の筋を含み、後体幹筋は背部の筋のみとなる。体肢筋は上肢の筋・下肢の筋に分けられる。 頭部の筋 浅頭筋(musculi capitis superficiales)(表情筋) 頭蓋表筋(musculi epicranius) 後頭前頭筋(musculus occipitofrontalis) 前頭筋(venter frontalis) 後頭筋(venter occipitalis) 側頭頭頂筋(musculus temporoparientalis) 鼻根筋(musculus procerus) 耳介筋(musculi auriculae) 外耳介筋(musculi auriculae externae) 上耳介筋(musculus auricularis superior) 前耳介筋(musculus auricularis anterior) 後耳介筋(musculus auricularis posterior) 側頭耳介筋(mesculus temporoparietalis) 内耳介筋(musculi auriculae internae) 大耳輪筋(musculus helicis major) 小耳輪筋(musculus helicis minor) 耳珠筋(musculus tragicus) 対珠筋(musculus antitragicus) 耳介横筋(musculus transversus auriculae) 耳介斜筋(musculus obliquus auriculae) 眼瞼筋(musculi palpebrae) 眼輪筋(musculus orbicularis oculi) 眉毛下制筋(musculus depressor supercilii) 皺眉筋(musculus corrugator supercilii) 鼻筋群 鼻筋(musculus nasalis) 鼻孔圧迫筋(Pars transversa musculi nasalis) 鼻孔開大筋(Pars alaris musculi nasalis) 鼻中隔下制筋(musculus depressor septi) 口筋(musculi oris) 大頬骨筋(musculus zygomaticus major) 小頬骨筋(musculus zygomaticus minor) 笑筋(musculus risorius) 上唇挙筋(musculus levator labii superioris) 上唇鼻翼挙筋(musculus levator labii superioris alaeque nasi) 口輪筋(musculus orbicularis oris) 口角挙筋(musculus levator anguli oris) 口角下制筋(musculus depressor anguli oris) 下唇下制筋(musculus depressor labii inferioris) 頬筋(musculus buccinator) オトガイ筋(musculus mentalis) 咀嚼筋(musculi masticatorii)(深頭筋、musculi capitis profundae) 咬筋(musculus masseter) 側頭筋(musculus temporalis) 内側翼突筋(musculus pterygoideus medialis) 外側翼突筋(musculus pterygoideus lateralis) 頭筋膜 頸部の筋 浅頸筋(musculi colli superficiales) 広頸筋(platysma) 胸鎖乳突筋(musculus sternocleidomastoideus) 深頸筋(musculi colli profundi) 斜角筋(musculus scalenus) 前斜角筋(musculus scalenus anterior) 中斜角筋(musculus scalenus medius) 後斜角筋(musculus scalenus posterior) 最小斜角筋(musculus scalenus minimus) 椎前筋(musculi prevertebrales) 前頭直筋(musculus rectus capitis anterior) 頭長筋(musculus longus capitis) 頸長筋(musculus longus colli) 外側頭直筋(musculus rectus capitis lateralis) 胸部の筋 胸腕筋(musculi thoracobarachiales) 大胸筋(musculus pectoralis major) 小胸筋(musculus pectoralis minor) 鎖骨下筋(musculus subclavius) 前鋸筋(musculus serratus anterior) 胸壁筋(musculi thoracis) 外肋間筋(musculi intercostales externi) 内肋間筋(musculi intercostales interni) 肋下筋(musculi subcostales) 長肋骨挙筋(musculi levatores costarum longi) 短肋骨挙筋(musculi levatores costarum breves) 胸横筋(musculus transversus thoracis) 横隔膜(diaphragma) 腹部の筋 腹筋 腹直筋(musculus rectus abdominis) 錐体筋(musculus pyramidalis) 側腹筋 外腹斜筋(musculus obliquus externus abdominis) 内腹斜筋(musculus obliquus internus abdominis) 腹横筋(musculus transversus abdominis) 後腹筋 腰方形筋(musculus quadratus lumborum) 会陰筋 前仙尾筋(musculus sacrococcygeus ventralis) 後仙尾筋(musculus sacrococcygeus dorsalis) 尾骨筋(musculus coccygeus) 腸骨尾骨筋(musculus iliococcygeus) 恥骨尾骨筋(musculus pubococcygeus) 恥骨直腸筋(musculus puborectalis) 背部の筋 棘腕筋(musculi spinohumerales) 僧帽筋(musculus trapezius) 広背筋(musculus latissimus dorsi) 菱形筋(musculus rhomboidei) 小菱形筋(musculus rhomboidei minor) 大菱形筋(musculus rhomboidei major) 肩甲挙筋(musculus levator scapulae) 棘肋筋(musculi spinocostales) 鋸筋(musculi serrati) 上後鋸筋(musculus serratus posterior superior) 下後鋸筋(musculus serratus posterior inferior) 棘背筋(musculi spinodorsales) 長背筋(musculi dorsi longi) 板状筋(musculus spenius) 頭板状筋(musculus spenius capitis) 頸板状筋(musculus spenius cervicis) 脊柱起立筋(musculus erector spinae) 腸肋筋(musculus ilicostalis) 腰腸肋筋(musculus iliocostalis lumborum) 頸腸肋筋(musculus iliocostalis cervicis) 胸腸肋筋(musculus iliocostalis thoracis) 最長筋(musculus longissimus) 胸最長筋(musculus longissimus thoracis) 頸最長筋(musculus longissimus cervicis) 頭最長筋(musculus longissimus capitis) 棘筋(musculus spinalis) 胸棘筋(musculus spinalis thoracis) 頸棘筋(musculus spinalis cervicis) 頭棘筋(musculus spinalis capitis) 横突棘筋(musculi transversospinales) 半棘筋(musculus semispinalis) 頸半棘筋(musculus semispinalis cervicis) 頭半棘筋(musculus semispinalis capitis) 胸半棘筋(musculus semispinalis thoracis) 多裂筋(musculi multifidus) 腰多裂筋(musculus multifidus lumborum) 胸多裂筋(musculus multifidus thoracis) 頸多裂筋(musculus multifidus cervicis) 回旋筋(musculi rotatores) 腰回旋筋(musculi rotatores lumborum) 胸回旋筋(musculi rotatores thoracis) 頸回旋筋(musculi rotatores cervicis) 短背筋(musculi dorsi breves) 棘間筋(musculi interspinales) 腰棘間筋(musculi interspinales lumborum) 胸棘間筋(musculi interspinales thoracis) 頸棘間筋(musculi interspinales cervicis) 横突間筋(musculi intertransversarii) 腰内側横突間筋(musculi intertransversarii mediales lumborum) 腰外側横突間筋(musculi intertransversarii laterales lumborum) 胸横突間筋(musculi intertransversarii thoracis) 頸後横突間筋(musculi intertransversarii posteriores cervicis) 頸内側後横突間筋(musculi intertransversarii mediales cervicis) 頸前横突間筋(musculi intertransversarii anteriores cervicis) 後頭下筋(musculi suboccipitales) 大後頭直筋(musculus capitis posterior major) 小後頭直筋(musculus capitis posterior minor) 上頭斜筋(musculus obliquus capitis superior) 下頭斜筋(musculus obliquus capitis inferior) 上肢の筋 上肢帯筋(musculi cinguli membri superioris) 三角筋(musculus deltoideus) 棘上筋(musculus supraspinatus) 棘下筋(musculus infraspinatus) 肩甲下筋(musculus subscapularis) 小円筋(musculus teres minor) 大円筋(musculus teres major) 上腕筋群(musculi brachii) 上腕屈筋群 上腕二頭筋(musculus biceps brachii) 烏口腕筋(musculus coracobrachialis) 上腕筋(musculus brachialis) 上腕伸筋群 上腕三頭筋(musculus triceps brachii) 肘筋(musculus anconeus) 前腕筋(musculus antebrachii) 前腕屈筋群 円回内筋(musculus pronator teres) 橈側手根屈筋(musculus flexor carpi radialis) 長掌筋(musculus palmaris longus) 尺側手根屈筋(musculus flexor carpi ulnaris) 浅指屈筋(musculus flexor digitorum superficialis) 深指屈筋(musculus flexor digitorum profundus) 長母指屈筋(musculus flexor pollicis longus) 方形回内筋(musculus pronator quadratus) 前腕伸筋群 腕橈骨筋(musculus brachioradialis) 長橈側手根伸筋(musculus extensor carpi radialis longus) 短橈側手根伸筋(musculus extensor carpi radialis brevis) 回外筋(musculus supinator) 尺側手根伸筋(musculus extensor carpi ulnaris) 総指伸筋(musculus extensor digitorum) 小指伸筋(musculus extensor digiti minimi) 示指伸筋(musculus extensor indicis) 長母指伸筋(musculus extensor pollicis longus) 短母指伸筋(musculus extensor pollicis brevis) 長母指外転筋(musculus abductor pollicis longus) 手筋(musculi manus) 小指球筋 短掌筋(musculus palmaris brevis) 小指外転筋(musculus abductor digiti minimi) 短小指屈筋(musculus flexor digiti minimi brevis) 小指対立筋(musculus opponens digiti minimi) 中手筋 虫様筋(musculi lumbricales) 背側骨間筋(musculi interossei dorsales) 掌側骨間筋(musculi interossei palmares) 母指球筋 母指内転筋(musculus adductor pollicis) 短母指外転筋(musculus abductor pollicis brevis) 短母指屈筋(musculus flexor pollicis brevis) 母指対立筋(musculus opponens pollicis) 下肢の筋 下肢帯筋(musculi cinguli membri inferioris) 内寛骨筋 腸腰筋(musculus iliopsoas) 腸骨筋(musculus iliacus) 大腰筋(musculus psoas major) 小腰筋(musculus psoas minor) 外寛骨筋 臀筋(musculi gluteus) 大臀筋(musculus gluteus maximus) 中臀筋(musculus gluteus medius) 小臀筋(musculus gluteus minimus) 大腿筋膜張筋(musculus tensor fasciae latae) 大腿方形筋(musculus quadratus femoris) 内閉鎖筋(musculus obturatorius internus) 梨状筋(musculus piriformis) 双子筋(musculus gemellus) 上双子筋(musculus gemellus superior) 下双子筋(musculus gemellus inferior) 大腿筋(musculi femoris) 大腿内転筋群 恥骨筋(musculus pectineus) 薄筋(musculus gracilis) 長内転筋(musculus adductor longus) 短内転筋(musculus adductor brevis) 大内転筋(musculus adductor magnus) 小内転筋(musculus adductor minimus) 外閉鎖筋(musculus obturatorius externus) 大腿伸筋群 縫工筋(musculus sartorius) 大腿四頭筋(musculus quadriceps femoris) 大腿直筋(musculus rectus femoris) 内側広筋(musculus vastus medialis) 外側広筋(musculus vastus lateralis) 中間広筋(musculus vastus intermedius) 膝関節筋(musculus articularis genus) 大腿屈筋群 大腿二頭筋(musculus biceps femoris) 半腱様筋(musculus semitendinosus) 半膜様筋(musculus semimembranosus) 下腿筋(musculi cruris) 下腿伸筋群 前脛骨筋(musculus tibialis anterior) 長趾伸筋(musculus extensor digitorum longus) 第三腓骨筋(musculus peroneus tertius) 長母趾伸筋(musculus extensor hallucis longus) 腓骨筋(musculus peroneus) 長腓骨筋(musculus peroneus longus) 短腓骨筋(musculus peroneus brevis) 下腿屈筋群 足底筋(musculus plantaris) 膝窩筋(musculus popliteus) 下腿三頭筋(musculus triceps surae) 腓腹筋(musculus gastrocnemius) ヒラメ筋(musculus soleus) 長趾屈筋(musculus flexor digitorum longus) 後脛骨筋(musculus tibialis posterior) 長母趾屈筋(musculus flexor hallucis longus) 足筋(musculi pedis) 足背筋 短趾伸筋(musculus extensor digitorum brevis) 短母趾伸筋(musculus extensor hallucis brevis) 足底筋群 中足筋 短趾屈筋(musculus flexor digitorum brevis) 足底方形筋(musculus quadratus plantae) 虫様筋(musculi lumbricales) 背側骨間筋(musculi interossei dorsales) 底側骨間筋(musculi interossei plantares) 母趾球筋 母趾外転筋(musculus abductor hallucis) 短母趾屈筋(musculus flexor hallucis brevis) 母趾内転筋(musculus adductor hallucis) 小趾球筋 小趾外転筋(musculus abductor digiti minimi) 短小趾屈筋(musculus flexor digiti minimi brevis) 小趾対立筋(musculus opponens digiti minimi pedis) 参考 消化器系の筋 舌筋(musculi linguae) 外舌筋(musculus extrinsic) オトガイ舌筋(musculus genioglossus) 舌骨舌筋(musculus hyoglossus) 茎突舌筋(musculus styloglossus) 小角舌筋(musculus chondroglossus) 内舌筋(musculus instrinsic) 上縦舌筋(musculus longitudinalis superior) 下縦舌筋(musculus longitudinalis inferior) 横舌筋(musculus transversus linguae) 垂直舌筋(musculus verticalis linguae) 口蓋筋(musculi palati et faucium) 口蓋帆挙筋(musculus levator veli palatini) 口蓋帆張筋(musculus tensor veli palatini) 口蓋舌筋(musculus palatoglossus) 口蓋垂筋(musculus uvulae) 口蓋咽頭筋(musculus palatopharyngeus) 咽頭筋(musculi pharyngis) 上咽頭収縮筋(musculus constrictor pharyngis superior) 中咽頭収縮筋(musculus constrictor pharyngis medius) 下咽頭収縮筋(musculus constrictor pharyngis inferior) 茎突咽頭筋(musculus stylopharyngeus) 口蓋咽頭筋(musculus palatopharyngeus) 耳管咽頭筋(musculus salpingopharyngeus) 咽頭舌筋 食道の筋 気管支食道筋(musculus bronchooesophageus) 胸膜食道筋(musculus pleurooesophageus) 胃の筋 外縦走筋(musculus longitudinal outer) 中輪走筋(musculus circular middle) 内斜走筋(musculus oblique inner) 噴門括約筋(musculus sphincter cardiac) 幽門括約筋(musculus sphincter pylori) 胆嚢の筋 総胆管括約筋(musculus sphincter ductus choledochi) 胆膵管膨大部括約筋(musculus sphincter ampullae hepatopancreatica) 膵臓の筋 膵管括約筋(musculus sphincter ductus pancreatici) 直腸の筋 会陰筋 内肛門括約筋(musculus sphincter ani internus) 外肛門括約筋(musculus sphincter ani externus) 膀胱排尿筋(排尿筋、膀胱平滑筋)(musculus detrusor) 肛門挙筋(musculus levator ani) 腸骨尾骨筋 恥骨尾骨筋 精巣挙筋(挙睾筋)(musculus cremaster) 尿道の筋 膀胱括約筋(内尿道括約筋)(musculus sphincter urethrae internus) 直腸膀胱筋(直腸子宮筋)(musculus rectovesicalis) 恥骨前立腺筋(恥骨膀胱筋)(musculus puboprostaticus) 尿道括約筋(外尿道括約筋)(musculus sphincter urethrae externus) 尿道平滑筋 会陰筋 膣平滑筋 浅会陰横筋(musculus tranverse perineal superficialis) 深会陰横筋(musculus tranverse perineal profundus) 坐骨海綿体筋(musculus ischiocavernosus) 球海綿体筋(musculus bulbospongiosus) 呼吸器系の筋 喉頭筋(musculi laryngis) 外喉頭筋(musculus extrinsic laryngis) 舌骨筋(musculi hyoidei) 舌骨上筋(musculi suprahyoidei) 顎二腹筋(musculus digastricus) 顎舌骨筋(musculus mylohyoideus) 茎突舌骨筋(musculus stylohyoideus) オトガイ舌骨筋(musculus geniohyoideus) 舌骨下筋(musculi infrahyoidei) 胸骨舌骨筋(sternohyoideus) 胸骨甲状筋(musculus sternothyroideus) 甲状舌骨筋(musculus thyrohyoideus) 肩甲舌骨筋(musculus omohyoideus) 甲状腺挙筋(musculus levator glandulae thyroideae) 内喉頭筋(musculus intrinsic laryngis) 輪状甲状筋(musculus cricothyreoideus) 後輪状披裂筋(musculus cricoarytenoideus posterior) 下角輪状筋(musculus ceratocricoideus) 披裂筋(musculus arytenoideus) 斜披裂筋(musculus arytenoideus obliques) 横披裂筋(musculus arytenoideus transversus) 外側輪状披裂筋(musculus cricoarytenoideus lateralis) 披裂喉頭蓋筋(musculus aryepiglotticus) 甲状喉頭蓋筋(musculus epiglotticus) 甲状披裂筋(musculus thyreoarytenoideus) 声帯筋(musculus vocalis) 室筋(musculus ventricularis) 斜甲状披裂筋(musculus thyreoarytenoideus obliquus) 気管筋(musculus trachealis) 鰓弓筋(musculus branchial) 循環器系の筋 心筋(myocardium) 心房の筋 櫛状筋(musculi pectinati) 心室の筋 乳頭筋(musculi papillares) 前乳頭筋(musculus papillaris anterior) 後乳頭筋(musculus papillaris posterior) 中隔乳頭筋(musculi papillares septale) 感覚器系の筋 眼筋(musculi bulbi) 外眼筋(眼球移動筋)(musculi bulbi externae) 上直筋(musculus rectus superior) 下直筋(musculus rectus inferior) 内側直筋(musculus rectus medialis) 外側直筋(musculus rectus lateralis) 上斜筋(musculus obliquus superior) 下斜筋(musculus obliquus inferior) 内眼筋(musculi bulbi internae) 毛様体筋(musculus ciliaris) 毛様体輪状筋(musculus muller ciliaris) 毛様体縦走筋(musculus brucke ciliaris) 虹彩筋(musculus iris) 瞳孔括約筋(musculus sphincter pupillae) 瞳孔散大筋(musculus dilator pupillae) 上眼瞼挙筋(musculus levator palpebrae superioris) 耳小骨筋(musculi ossiculorum auditus) 鼓膜張筋(musculus tensor tympani) アブミ骨筋(musculus stapedius) 立毛筋(起毛筋)(musculus arrector pili) 関連項目 解剖学(口腔解剖学)/人間の骨の一覧/ラテン語/人間の関節一覧/ヒトの神経の名称一覧/人間の動静脈一覧/ヒトのリンパの名称一覧 ミオトーム/骨分節 主動作筋(主力筋) 拮抗筋 補助動筋(補助筋、協力筋、協同筋) 固定筋 単関節筋/二関節筋/多関節筋 単頭筋/二頭筋/三頭筋/四頭筋 二腹筋/多腹筋 多尾筋 紡錐状筋/羽状筋/半羽状筋/多羽状筋。 (Wikipedia:人間の筋肉の一覧)

人間椅子 (バンド)
Name 人間椅子
Background band
Genre ハードロックヘヴィメタルドゥームメタルストーナーロックプログレッシブ・ロック
Years_active 1987年 -
Label 徳間ジャパンコミュニケーションズ
Production
Associated_acts
Influences ブラック・サバスレッド・ツェッペリン江戸川乱歩など
Current_members 和嶋慎治 (ギター、ボーカル)鈴木研一 (ベース (弦楽器) ベース、ボーカル)ナカジマノブ (ドラムセット ドラムス、ボーカル)
Past_members 上館徳芳 (ドラムス)後藤マスヒロ (ドラムス)土屋巌 (ドラムス)
人間椅子(にんげんいす)は、1987年に結成された三人構成のロック (音楽) ロックバンド (音楽) バンド(ハードロック/ヘヴィメタルバンド)である。
中学生の頃から交流があり、同じ高校(青森県立弘前高等学校)の同級生になったことで、より親交を強めた和嶋慎治と鈴木研一が1987年に結成したバンド「死ね死ね団」がそもそもの始まり。
(Wikipedia:人間椅子 (バンド))

人間ビジョンスペシャル
番組名=人間ビジョンスペシャル
ジャンル=ドキュメンタリー
放送時間=作品により異なる
放送分=
放送枠=
放送期間=1992年4月29日 - 2006年2月5日
放送回数=15
制作局=北海道テレビ放送
プロデューサー=湯口幸一戸島龍太郎沼田博光
出演者=作品により異なる
音声=
字幕=
特記事項=基本的に日曜か祝日の午後の時間帯でAll-nippon News Network ANN全国ネット(最終回のみ北海道ローカルでゴールデンタイム)放送。
人間ビジョンスペシャル(にんげん-)は、北海道テレビ放送(HTB)が年1回制作、放送していたドキュメンタリースペシャル番組の名称。1992年から2006年まで年1回ペース、全15本が制作された(うち最終回を除く14本が全国同時ネット)。
HTBでは北海道の大自然や、人間群像に迫るドキュメンタリーを制作し、毎回高い評価を得てきた。
(Wikipedia:人間ビジョンスペシャル)

人間の権利
『人間の権利』(にんげんのけんり、”Rights of Man”)は、エドマンド・バークの『フランス革命の省察』に対する返答として、1791年にトマス・ペインが著した書である。フランス革命を擁護するものとして翻訳されているが、自由思想と人間の平等を具体的に体系化した著作でもある。この考えが断片的に伝えられているため、この本は多少未完成になっている。ペインの全体的な取り組み方に欠けるのは、この本が2部に分かれていることに帰することができる。
人間の権利にある思想の多くは、啓蒙時代の思想に由来する。ジョン・ロックの『統治二論』第二部は特に権利の起源を自然に帰するペインに影響を与えた。ペインが強調するのは、人間の権利が法律に帰する故にいかなる憲章により保障されるものではないし、無効にもなり得るものであり、そのような状況で特権を縮小することになる点である。
(Wikipedia:人間の権利)

人間講座
『NHK人間講座』より : NHK人間講座(エヌエイチケイにんげんこうざ)は、1999年4月5日から2005年3月30日まで毎週月曜日から水曜日の23:00 - 23:30(のちに22:25 - 22:50)に放送されたNHKのテレビ番組である。再放送は翌週の同じ曜日の5:05 - 5:30、1か月後の火曜日 -(木曜日の26:00 - 26:25(水曜日 -(金曜日の2:00 - 2:25)である。以前は、『NHK市民大学』、『NHK人間大学』という番組名で放送された(副音声解説放送実施)。 各曜日ごとに出演者が異なり、各界を代表する著名人を2か月ごと(2001年3月までは月 - 木曜日の放送で3か月ごと)の交代で講師として招き、専門家の立場で様々な角度からの評論や視点を放送した。 なお、2005年4月4日よりこの枠(月曜日 - 木曜日の22:25 - 22:50。再放映あり)では『知るを楽しむ』が放送される。 年2回程度行われる放送設備の集中メンテナンス(保守・整備)のある週は地域によって停波(放送できない)となる場合があるため、その週の再々放送は金曜深夜(土曜未明)の1:00 - 2:15にも3本一括放送するため再放送が3回行われる形にて放映された。 (Wikipedia:人間講座)

人間大学
『NHK人間講座』より : NHK人間講座(エヌエイチケイにんげんこうざ)は、1999年4月5日から2005年3月30日まで毎週月曜日から水曜日の23:00 - 23:30(のちに22:25 - 22:50)に放送されたNHKのテレビ番組である。再放送は翌週の同じ曜日の5:05 - 5:30、1か月後の火曜日 -(木曜日の26:00 - 26:25(水曜日 -(金曜日の2:00 - 2:25)である。以前は、『NHK市民大学』、『NHK人間大学』という番組名で放送された(副音声解説放送実施)。 各曜日ごとに出演者が異なり、各界を代表する著名人を2か月ごと(2001年3月までは月 - 木曜日の放送で3か月ごと)の交代で講師として招き、専門家の立場で様々な角度からの評論や視点を放送した。 なお、2005年4月4日よりこの枠(月曜日 - 木曜日の22:25 - 22:50。再放映あり)では『知るを楽しむ』が放送される。 年2回程度行われる放送設備の集中メンテナンス(保守・整備)のある週は地域によって停波(放送できない)となる場合があるため、その週の再々放送は金曜深夜(土曜未明)の1:00 - 2:15にも3本一括放送するため再放送が3回行われる形にて放映された。 (Wikipedia:人間大学)

人間開発指数
人間開発指数(にんげんかいはつしすう、Human Development Index, HDI)とは、各国を人間開発の4段階に順位付けするために用いられる平均余命、教育及び所得指数の複合統計である。1990年にインド人経済学者のアマルティア・セン及びパキスタン人経済学者のマブーブル・ハックが開発し、国際連合開発計画が刊行する。2010年の人間開発報告書では、不平等調整済み人間開発指数 (IHDI) が導入された。通常のHDIがなお有用である一方、IHDIは不平等を主要因とした人間開発の実際の水準を示し、HDIは「潜在的な」人間開発の指数又は不平等さえなければ実現可能な最大値のIHDIとして見なすことが可能である。 広義の人間開発指数 人間開発報告書では以下の指数をまとめて人間開発指数といっている。これらは「人間開発報告書」の中で国連開発計画によって毎年発表されている。 人間開発指数 - 狭義の人間開発指数(下記参照) 人間貧困指数 (HPI-1:発展途上国の人間貧困指数、HPI-2特定OECD国の人間貧困指数) ジェンダー開発指数 (GDI) ジェンダー・エンパワーメント指数 (GEM) 狭義の人間開発指数 この指数はパキスタンの経済学者マブーブル・ハックによって1990年に作られた。 (Wikipedia:人間開発指数)

人間魚雷回天
『回天』より : 回天(かいてん)は、太平洋戦争で大日本帝国海軍が開発した人間魚雷であり、最初の特攻兵器。 「回天」という名称は、特攻部長大森仙太郎少将が幕末期の軍艦「回天丸」から取って命名した。開発に携わった黒木博司中尉は「天を回らし戦局を逆転させる」という意味で「回天」という言葉を使っていた。秘密保持のため付けられた〇六(マルロク)、的(てき)との別称もある。 1944年7月に2機の試作機が完成し、11月8日に初めて実戦に投入された。終戦までに420基が生産された。兵器としての採用は1945年5月28日のことだった。 回天は超大型魚雷「九三式三型魚雷(酸素魚雷)」を転用し、特攻兵器としたものである。九三式三型魚雷は直径61cm、重量2.8t、炸薬量780kg、時速48ノットで疾走する無航跡魚雷で、主に駆逐艦に搭載された。回天はこの酸素魚雷を改造した全長14.7m、直径1m、排水量8tの兵器で、魚雷の本体に外筒を被せて気蓄タンク(酸素)の間に一人乗りのスペースを設け、簡単な操船装置や調整バルブ、襲撃用の潜望鏡を設けた。 (Wikipedia:人間魚雷回天)


人間 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  桜花賞 - 2018年04月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



桜花賞
桜花賞(おうかしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞。 中央競馬の牝馬三冠競走(桜花賞・優駿牝馬・秋華賞)の第一関門となっている。また、4着までの馬には優駿牝馬(オークス)の優先出走権が与えられる。 1939年にイギリスの「1000ギニー」を範として、最もスピードのある優秀な牝馬の選定、および優秀な繁殖牝馬を発掘するためのレースとして4歳(現3歳)牝馬限定の競走「中山四歳牝馬特別(なかやまよんさいひんばとくべつ)」を創設。東京優駿競走・阪神優駿牝馬(現:優駿牝馬)・横浜農林省賞典四歳呼馬(現:皐月賞)・京都農林省賞典四歳呼馬(現:菊花賞)とともにクラシック競走のひとつとされた。 太平洋戦争の戦局悪化による中断を経て、戦後の1947年からは名称を「桜花賞」に変更して京都競馬場で施行。1950年から阪神競馬場での施行となり、以降は阪神競馬場での施行が定着している。 1995年より指定交流競走とされ、地方競馬所属馬も出走可能になった。 (Wikipedia:桜花賞)

桜花賞 (中央競馬)
『桜花賞』より : 桜花賞(おうかしょう)は、日本の日本中央競馬会 日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝1600メートル mで施行する中央競馬の重賞(グレード制 GI)競走である。正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主連合会会長賞。
1939年にイギリスのクラシック (競馬) クラシック競走である1000ギニーを範として、4歳(現3歳)牝馬限定の定量の重賞競走、中山4歳牝馬特別として創設、第1回は現在とは違い中山競馬場の芝1800mで施行され、東京優駿 東京優駿競走・優駿牝馬 阪神優駿牝馬・皐月賞 横浜農林省賞典4歳呼馬・菊花賞 京都農林省賞典4歳呼馬と並び国営競馬の五大競走(五大クラシック競走)の1競走とされた。
(Wikipedia:桜花賞 (中央競馬))

桜花賞 (浦和競馬)
桜花賞(おうかしょう)は、埼玉県浦和競馬組合が浦和競馬場ダート1600mで施行する地方競馬の重賞競走(南関東SI)である。正式名称は「農林水産大臣賞典 桜花賞」。 副賞は東京中日スポーツ賞、農林水産大臣賞、埼玉県知事賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、埼玉県浦和競馬組合管理者賞、また生産牧場賞がある。 1955年に創設され、1960年までは牡馬の競走馬も出走可能であった。1961年から牝馬限定戦として施行され、1995年からは南関東G1に格付けされている。1965年創設の関東オークス、1987年創設の東京プリンセス賞とともに南関東牝馬三冠の1つに位置付けられており南関東地区所属の3歳牝馬にとっては最初の目標となる競走である。 例年4月に施行されていたが2007年からは3月に施行が変更され、2006年度に限り当競走が2回施行された(地方競馬は会計年度が4月から翌年3月までのため)。 (Wikipedia:桜花賞 (浦和競馬))


桜花賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す