[PR]

日別キーワード

第1位  不能 - 2018年04月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



不能犯
不能犯(ふのうはん)とは、刑法学上の概念の一つで、犯罪的結果の発生を意図したにもかかわらず、その行為の性質上、当該結果を発生させることがないため、犯罪が成立せず、刑罰の対象とならない行為のことをいう。結果発生の危険がないため、未遂犯にもならないとされている。未遂犯と不能犯の区別の基準については学説上の対立があり、また有罪・無罪に直結するため裁判上も少なからず争われている。判例は従来、実質的危険説(絶対的不能・相対的不能)によっているとされたが、戦後の裁判例には具体的危険説に近いものが多くみられる。 日本の刑法に、不能犯を処罰しないという明文の規定は置かれていない。 なお、呪殺の儀式を、殺害を目指して行うのではなく、いやがらせ目的で行い、相手に知らしめ畏怖させるなどのことは、それはそれで犯罪となる可能性があるが、それらは別論であり、本稿では扱わない。 典型例には迷信犯(丑の刻参りなどの呪殺)があげられる。他に硫黄粉末を飲食物などに混ぜて毒殺しようとした事例につき殺人については不能犯であるとして傷害罪にとどめた判決がある(大審院大正6年9月10日判決刑録23輯999頁)。 (Wikipedia:不能犯)

不能犯 (漫画)
神崎 裕也(かんざき ゆうや)は、日本の漫画家。男性。熊本県出身。 2001年25歳の時に第5回ヤングジャンプ月例MANGAグランプリにて「ツキノマホウ」が佳作と月間ベスト賞を受賞。 数度の読切を経て、2005年に「亜熱帯ナイン」で『週刊ヤングジャンプ』に初連載を果たす。 2009年より『週刊コミックバンチ』にて「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」を連載。2011年に同誌休刊のため 『月刊コミック@バンチ』へ移籍する。 作品 連載 亜熱帯ナイン(『週刊ヤングジャンプ』2005年35号 - 2006年16号、全3巻) ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-(『週刊コミックバンチ』2009年12号 - 2010年39号、『月刊コミック@バンチ』1号 - 連載中) 不能犯(原作:宮月新、『グランドジャンプ』2013年10号 - 連載中) 読切 明日に向かって盗め!(『増刊ヤングジャンプ漫革』vol.37、2004年) 10球だけのストッパー(『週刊ヤングジャンプ』2004年19号) 東京龍―トーキョー・ドラゴンズ―(『週刊ヤングジャンプ』2007年44号) 師匠 ふなつ一輝 栗原正尚 脚注 外部リンク 神崎裕也 (@kanzakiuro) - Twitter。 (Wikipedia:不能犯 (漫画))


不能 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  SNS - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



SNS
『ソーシャル・ネットワーキング・サービス』より : SNS ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英語:Social Networking Service)のこと。 ソーシャル・ネットワーキング・サービスの一覧 さんいんネットサービス(英語:San-in Net Service) 英語圏におけるカーナビゲーション(Satellite navigation system)の略称の一つ。 SNS法 - 生産管理の手法の一つ。 SNS株式会社 - 元ライブドア社長堀江貴文が創業したロケット開発会社。旧商号は指紋認証システムズ株式会社。 交感神経系(英語:Sympathetic nervous system)の略称。 スロバキアの民族主義政党であるスロバキア国民党(Slovenská národná strana)の略称。SnS 硫化スズ(II)の化学式。sns しょぼしょぼ日記システムの略。 (Wikipedia:SNS)

SNS (株式会社)
SNS株式会社(英: SNS Inc.)は、北海道赤平市を拠点に液体燃料ロケット開発を行う日本の会社である。本社は東京都港区。代表は高崎博之。SNSとは旧商号(指紋認証システムズ株式会社)の頭文字を並べたもの。なつのロケット団と称して超小型衛星打ち上げ用の小型液体燃料ロケットを開発している。また、ロケット開発を専門的に行う子会社インターステラテクノロジズ株式会社が設立されている。 既存の国主導による高価な大型ロケットに対抗し、枯れた技術を用いた小型のロケットで超小型衛星を安価に打ち上げるシステムの構築を目指す。2014年を目処に人工衛星を軌道投入可能なロケットの実用化を目標に、エンジンの開発が進められている。宇宙機エンジニアである野田篤司の超小型衛星を打ち上げられる最小構成のロケットという構想を元に、当時ライブドア社長だった堀江貴文がスポンサーとなる形で2005年に開発がスタートした。その後、2006年から2008年にかけて推力30kgf級の液体燃料ロケットエンジンを開発、第1号エンジンであるこのエンジンはエタノールと液体酸素を燃料としており、当初は都内で、2007年からは鴨川に新たな開発拠点を設けて試験が繰り返された。 (Wikipedia:SNS (株式会社))


SNS - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  amazon.co.jp - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした




amazon.co.jp - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  こみっくがーるず - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした




こみっくがーるず - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  クリーミー - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



クリーミーパウダー
『クリーミングパウダー』より : クリーミングパウダー(Creaming Powder)は、コーヒーや紅茶、ココアなどに入れ、その風味をクリーミーにする粉末である。 コーヒー牛乳、カフェオレなど、コーヒーに牛乳を混ぜて飲用することはよく行われてきたが、それを粉状にしたものである。取り扱いしやすく、また保存性にも富む。紅茶などにも応用できる。入れることにより、コーヒーの苦味や酸味を抑える。脂肪分により、牛乳を混ぜたような飲み心地が得られる。ただ、クリーミングパウダー全般においては、植物性脂肪を使った製品が市場の大勢を占める。 同じブランド名で液状にしたコーヒーフレッシュ(和製英語)を展開するメーカーも多い。 日本国内の主な商品 クリープ(森永乳業) 1961年(昭和36年)発売開始。2010年現在、日本で唯一乳由来成分を主要原料としている。1967年から放映したCMが人気を博し、キャッチコピー「クリープを入れないコーヒーなんて…」は流行語になった。 ブライト(ネスレ日本) ホイップが出てカフェラテ状に加工できる製品もラインナップしている。 (Wikipedia:クリーミーパウダー)


クリーミー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す