[PR]

日別キーワード

第1位  13日の金曜日 - 2018年04月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



13日の金曜日
13日の金曜日(じゅうさんにちのきんようび、Friday the 13th)は、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。忌み数の13と関係がある。 なお、現在多くの国で用いられているグレゴリオ暦では、1年の間に必ず1回以上、最大で年3回、13日の金曜日が現れる(第1日が日曜日である月にある)。またグレゴリオ暦の置閏法は400年を周期とし、400年間の日数14万6097日はちょうど2万871週なので、400年で同じ曜日のパターンが繰り返される。そのパターンでは、13日の曜日の中で最も多いのは金曜日である。 起源 「イエス・キリストが磔刑につけられたのが13日の金曜日とされ、キリスト教徒は忌むべき日であると考えている」という俗説があるが、正しくない。なお、当時はローマの暦とユダヤの陰暦が併用されており、福音書の日付は陰暦である。 キリスト教の影響が強い国であっても、イタリアで不吉な日は17日の金曜日であり、スペイン語圏では13日の火曜日が不吉だとされている。 (Wikipedia:13日の金曜日)

13日の金曜日 (映画)
『13日の金曜日』(13にちのきんようび、FRIDAY THE 13TH )は、アメリカ合衆国のホラー映画、代表的なスプラッター映画である。1980年の公開以来、最も人気のあるホラー映画の一つとなり2001年までにシリーズ10作品が作られた。 シリーズにおけるストーリーの基本的な時系列は、「1」→「2」→「3」→「完結編(4作目)」→「6」→「7」→「8」である。「新(5作目)」は「完結編」の続編ではあるが、後の「6」とはストーリーが繋がっていない。また版権がパラマウント映画からニュー・ライン・シネマに移ってから製作された『ジェイソンの命日』と『ジェイソンX』はそれまでの作品とはストーリーの関連がなく独立した作品になっている。 シリーズ作品の多くは、殺人鬼「ジェイソン・ボーヒーズ(Jason Voorhees)」が主人公である。1作目から8作目までの日本語表記は「ジェイソン・ボリーズ」、版権がニュー・ライン・シネマに移った第9作以降から「ジェイソン・ボーヒーズ」に変わったとされているが、ただ単にメディアによって違っていただけであり、パラマウント時代だった8作目以前から「ボーヒーズ」表記のメディアも存在した 2003年には『エルム街の悪夢』シリーズとのクロスオーバー作品『フレディVSジェイソン』が公開された。 (Wikipedia:13日の金曜日 (映画))

13日の金曜日 (2009年の映画)
『13日の金曜日』(じゅうさんにちのきんようび、Friday the 13th)は、2009年のアメリカ合衆国の映画。『13日の金曜日』シリーズの設定を一から作り直した作品(リブート / リメイク)。 今作は『13日の金曜日』のリブート・リメイク作品で、ストーリーや設定はオリジナルの1-4作目を詰め込んだ内容である。主人公役にはジャレッド・パダレッキを起用して話題になった。ジェイソン役にはデレク・ミアーズ、パメラ役にはナナ・ヴィジターが起用された。監督は『悪魔のいけにえ』のリメイク、『テキサス・チェーンソー』を手がけたマーカス・ニスペル。制作は1作目の監督ショーン・S・カニンガムと『トランスフォーマー』の監督を務めたマイケル・ベイ。 アメリカでは初登場一位になるなど興行収入は好調だった。 続編は製作されていない。 ストーリー 1980年13日の金曜日。クリスタル・レイクにて発生した殺人事件の犯人パメラ・ボーヒーズが生存者の手で返り討ちにされる。時は経ち、行方不明の妹を探すためクリスタル・レイクにやって来たクレイと休日を過ごしにきた大学生ジェナの一行にパメラの息子で、母親の意思を継いだ殺人鬼ジェイソンの魔の手が迫る。 (Wikipedia:13日の金曜日 (2009年の映画))


13日の金曜日 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

13日の金曜日 - アマゾン検索


「13日の金曜日」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す