[PR]

日別キーワード

第22位  ヨドバシカメラ - 2018年04月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヨドバシカメラ
株式会社ヨドバシカメラは、家電・パソコン・カメラ・写真用品などを販売している量販店チェーンストア。 家電量販店で売上高はヤマダ電機、ビックカメラ、エディオングループ、ケーズホールディングスに次ぐ日本国内5位。2015年10月現在、23店舗で営業中である。 1960年に、藤沢 昭和(ふじさわ てるかず)によって創業。創業当初はカメラや写真用品が主力であった。当初の出店形態(新宿・上野・横浜)は、交通至便なターミナル前の一等地の比較的小規模なビルにおいて、エントランスを開放し、フロア全体に多数の商品を同時に陳列・大量廉価販売する手法を採り、耳に残りやすい簡単な替え歌をテレビCMで流した。当時の宣伝では店名に「新宿西口」を冠し、地理不案内な客にも気軽に行ける店としてPRした。当時のカメラは1台数十万円もする高級品が多く、多少の電車賃・時間をかけたとしても、市価より数万円も安ければ十分メリットがあり、加えて商品の比較検討ができる優位性が消費者に浸透した。 (Wikipedia:ヨドバシカメラ)

ヨドバシカメラマルチメディア梅田
『ヨドバシ梅田』より : ヨドバシ梅田(ヨドバシうめだ)は、大阪府大阪市北区大深町(JR大阪駅前)にある複合商業施設。大手家電量販店の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」をはじめ、多数のテナントが入居している。マルチメディア梅田は単独店舗で年商1000億円を上回る。 出店までの経緯 元々は旧大阪鉄道管理局庁舎(JR発足後はJR西日本本社屋)が置かれていた場所だが、旧国鉄の債務縮減のため、便利で地価が高い一等地を明け渡すことになり、JR西日本本社が現在の本社社屋(大阪市北区芝田2丁目)へ移転後の1992年に取り壊された。バブル崩壊後、長期的な用途が決まらないまま長らく更地のままとなっていた。長期的な用途が決定しない期間には、ドーム型ゴルフ練習場や木下大サーカス会場などとしても利用されたこともある。 その後、1997年になってようやく土地の競争入札が行われ、当初は三越やパルコによる落札が有力視されていたが、500億-600億円と予想されていた落札価格を大幅に上回る1,010億円でヨドバシカメラが落札した。 (Wikipedia:ヨドバシカメラマルチメディア梅田)

ヨドバシカメラマルチメディアAkiba
『ヨドバシAkiba』より : ヨドバシAkiba(ヨドバシアキバ、英称:Yodobashi-Akiba)は、東京都千代田区神田花岡町1番地1(秋葉原駅前)にある複合商業施設である。 建物は地上9階・地下6階(地下2階から地下6階は駐車場)で、ヨドバシカメラの中ではヨドバシ梅田に次ぐ規模である。また、ヨドバシカメラ店舗で地名表記がラテン文字になっているのは当店のみである。 大手家電量販店であるヨドバシカメラのマルチメディアAkiba(1階から6階)を中心に、タワーレコード(7階の一部)、書店の有隣堂(7階の一部)やジューサーバー(1階の一部)など多数のテナントが入居している。JR中央改札口側の出入口の上壁面には全長9.85mの大型ビジョン「ヨドび(Yodobashi Vision)AKIBA」が設置されているほか、1F・2Fエレベーター前には大型ディスプレイ「ヨドびTV」が設置されている。 (Wikipedia:ヨドバシカメラマルチメディアAkiba)

ヨドバシカメラ大阪
(Wikipedia:ヨドバシカメラ大阪)


ヨドバシカメラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ヨドバシカメラ - アマゾン検索


「ヨドバシカメラ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す