[PR]

日別キーワード

第24位  化学兵器 - 2018年04月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



化学兵器
化学兵器(かがくへいき)とは、毒ガスなどの毒性化学物質を使い人や動物に対して被害を与えるために使われる兵器のこと。化学兵器禁止条約では、毒性化学物質の前駆物質や、それを放出する弾薬・装置も含むものとしている。リシンや細菌毒素などの生物由来の毒性物質を用いる場合は、化学兵器ではなく生物兵器に分類されることが多い。 化学兵器は、NBC兵器の一角“C”(Chemical)をなす大量破壊兵器のひとつである。一般的には毒ガスとして知られるが、常温下で気体であったり高い揮発性を持っていたりするものばかりではなく、液体が噴霧された霧状の状態で効果を発揮するものも含む。こんにち「毒ガス」兵器と呼ばれるものは、常温下で液体(粘度の高いものを含む)のものが多い。マスタードガス(イペリット)やサリンやVXガスなどが著名である。 化学兵器と呼ばれる範囲は時代や条約によって若干異なり、警察の催涙ガスとして現用されるクロロアセトフェノン(CNガス)のように後遺症の恐れは少ないものも、軍事用に使われれば化学兵器に含めることがある。 (Wikipedia:化学兵器)

化学兵器禁止条約
化学兵器禁止条約(かがくへいききんしじょうやく、Chemical Weapons Convention、CWC)は、1993年に署名され、1997年に発効した多国間条約である。正式名称は化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約。 化学兵器の開発・生産・貯蔵・使用を全面的に禁止するとともに、すでに存在する化学兵器および化学兵器生産施設を条約発効ののち原則として10年以内にすべて廃棄すること、一定の設備を持つ化学産業施設に対する検証措置をおこなうこと等を定めている。また、1925年1月1日以降に他国領域内に同意なく遺棄した化学兵器についても廃棄処理を行うこととされており、遺棄国に処分に必要な費用や技術の提供を義務付けている。 1993年1月13日にパリにおいて署名がなされ、1997年4月29日に発効した。実効的な検証制度を有することも特徴であり、条約の発効とともに、その第8条に基づき、オランダのハーグに査察実施機関の化学兵器禁止機関(OPCW)が設置された。 (Wikipedia:化学兵器禁止条約)

化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律
題名=化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律
通称=化学兵器禁止法
番号=平成7年4月5日法律第65号
効力=現行法
種類=法律
内容=化学兵器の禁止及び特定物質の規制について
関連=サリン等による人身被害の防止に関する法律 サリン防止法
化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律(かがくへいきのきんしおよびとくていぶっしつのきせいとうにかんするほうりつ)は、日本の法律。公布は、1995年。
目的は、化学兵器禁止条約及びテロリストによる爆弾使用の防止に関する国際条約 爆弾テロ防止条約の適確な実施確保のため、化学兵器の製造等の禁止・特定物質の製造等の規制等をすることにある(1条)。
第一章 総則(1・2条)
第二章 化学兵器の製造等の禁止(3条)
(Wikipedia:化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律)


化学兵器 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

化学兵器 - アマゾン検索


「化学兵器」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す