[PR]

日別キーワード

第53位  不定 - 2018年04月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



不定
『定性』より : 定性(ていせい、英語:finite)とは意味・機能的概念で、対象が限定されるかどうかを表す要素である。対象が限定されるものを定(definite)、されないものを不定(indefinite)という。 なお、定性は「特定性」(specificity)と区別される。例えば、ドアの向こうに人がいるのが分かるが、誰だか限定できない場合、不定特定(indefinite specific)である。 冠詞というカテゴリーに属する形態素をもつ言語がある。例えば英語では定である対象には定冠詞 the を、またフランス語では男性名詞には le 、女性名詞には la 、名詞複数形には les を前接させる。また英語では不定である対象には単数の場合、不定冠詞 a または an を前接させ、複数名詞はそのままで用いる。フランス語では男性名詞には un 、女性名詞には une を前接させ、複数名詞には des を前接させる。それぞれ、詳細は英語の冠詞およびフランス語の限定詞を参照。 日本語では主題を助詞「は」という文法的な方法で表示するが、主題は意味・機能上、定的か不定特定であることが要請されるため、不定不特定のものは「は」をつけて主題にすることができない。 (Wikipedia:不定)

不定冠詞
『冠詞』より : 冠詞(かんし、article)とは、名詞と結びついて、その名詞を主要部とする名詞句の定性(聞き手が指示対象を同定できるかどうか)や特定性(特定の対象を指示しているかどうか)を示す要素である。 名詞の前と後ろのどちらに置かれるかは言語によって異なる。 結びつく名詞の素性(数、性、格など)によって変化することもある。 指示詞などとともに限定詞という品詞を構成することもある(英語など)。一方、指示詞と冠詞は別々の位置を占めることもある。たとえばカナ語では、定冠詞は名詞の前、指示詞は名詞の後ろに置かれ、同時に用いることができる。 しばしば接語であり、また直後の語の発音によって変化することがある。たとえば、次の語の語頭が母音であるときに、次が子音であるときに比べ、母音を省略したり子音を補ったりすることがよく行われる。英語の定冠詞は、次が子音であるときに弱形の発音を持つ。 一部の言語では、前置詞と隣接するとき、前置詞と結合して縮約形となることがある。フランス語では縮約形を持つ組み合わせの時には、必ず縮約形を使わなければならない(例: de + le → du)が、ドイツ語では意味の違いで使い分ける(例: 通常は von + dem → vom だが指示的な場合は von dem のままとする)など、言語によって様々である。 (Wikipedia:不定冠詞)

不定詞
不定詞(ふていし)とは、動詞を起源とする、名詞、形容詞、副詞など他の品詞の働きをする準動詞の一種。活用せずに主語の人称、単数、複数などに「限定」されないことから不定詞という。現代の多くの言語で動詞の辞書の見出しの語形として使われる。 英語は動詞のほかの活用形の多くを消失したため、原形不定詞が動詞の原形と見なされるが、ラテン語やその子孫であるロマンス諸語、古典ギリシア語など人称活用を持つ多くの言語には不定詞独自の語形がある。また、ポルトガル語、ガリシア語には、活用語尾をもった人称不定詞がある。ブルガリア語、マケドニア語、現代ギリシア語のように不定詞を用いる構文が廃れたために不定詞を失った言語もある。 日本では、明治、大正期までは「不定法」という訳語が使われてきた。これは、ラテン語および古典ギリシア語の文法学者が不定詞を伝統的に法の一部とみなしてきたためである。現在では「不定詞」が定着している。 英語 動詞の原形の前に前置詞 "to" を付けて使用する to 不定詞 と、動詞の原形のみで使用する原形不定詞 (bare infinitive, root infinitive) がある。 (Wikipedia:不定詞)

不定法
『不定詞』より : 不定詞(ふていし)とは、動詞を起源とする、名詞、形容詞、副詞など他の品詞の働きをする準動詞の一種。活用せずに主語の人称、単数、複数などに「限定」されないことから不定詞という。現代の多くの言語で動詞の辞書の見出しの語形として使われる。 英語は動詞のほかの活用形の多くを消失したため、原形不定詞が動詞の原形と見なされるが、ラテン語やその子孫であるロマンス諸語、古典ギリシア語など人称活用を持つ多くの言語には不定詞独自の語形がある。また、ポルトガル語、ガリシア語には、活用語尾をもった人称不定詞がある。ブルガリア語、マケドニア語、現代ギリシア語のように不定詞を用いる構文が廃れたために不定詞を失った言語もある。 日本では、明治、大正期までは「不定法」という訳語が使われてきた。これは、ラテン語および古典ギリシア語の文法学者が不定詞を伝統的に法の一部とみなしてきたためである。現在では「不定詞」が定着している。 英語 動詞の原形の前に前置詞 "to" を付けて使用する to 不定詞 と、動詞の原形のみで使用する原形不定詞 (bare infinitive, root infinitive) がある。 (Wikipedia:不定法)

不定積分
関数の不定積分という用語には次に挙げる四種類の意味で用いられる場合がある。 (逆微分) 0) 微分の逆操作を意味する:すなわち、与えられた関数が連続関数であるとき、微分するとその関数に一致するような新たな関数(原始関数)を求める操作のこと、およびその原始関数の全体(集合)を 逆微分としての不定積分(antiderivative)と言う。 (積分論) 1) 一変数関数 f(x) に対して、定義域内の任意の閉区間 [a,b] 上の定積分が F(b)-F(a) に一致する関数 F(x) を関数 f(x) の 不定積分 (indefinite integral)と言う。 (Wikipedia:不定積分)

不定時法
『時刻』より : 時刻 (じこく)とは、時間の流れにおけるある一点(連続する時間の中のある瞬間)または時間の区分のこと。または、ある時点や時間の区分や現在を他の時点や時間の区分と区別できる形で表現したもののことである。 時法 時刻の表現の仕方を時法(じほう)という。 一般的には日の特定をせず、1日の中での時点や時間の区分を表現する。1日を単位とした時間の区分の表現を日付と呼び、1日の中での時点や時間の区分の表現を時刻と呼んで区別する。広義には、暦法や紀年法を含む。 区分の方法 = 原初の区分 = 時刻の表現として、目に見える形で存在する最小の単位は日であり、また、日の出・日の入りである。それより小さな分割は人為的なものであり、どう分割するかによって様々な時法が生まれることになる。 ただし極圏では白夜などがあり、日の出・日の入りもない場合がある。天候が悪ければ1日の単位も、太陽の運行によって判別できず、時刻の特定が困難である。 = 不等分方法 = 日本では1日を単純には、朝昼晩と三つに分ける。 (Wikipedia:不定時法)

不定期列車
『臨時列車』より : 臨時列車(りんじれっしゃ)とは、なんらかの需要に応じて特定の日または定められた期間に運転される列車である。反対の概念は定期列車。 時期による需要の変動に対応し、定期列車で捌ききれない旅客や貨物を輸送するために臨時に運行される列車(増発列車)や移動することより乗車そのものが目的となるような観光列車と、宗教団体やパッケージツアー、修学旅行など、大口の団体によって貸し切られて臨時に運行される団体専用列車とに大きく分けることができる。ただし、単に「臨時列車」という場合には前者を指すことが多い。 旅客列車では、おもに年末年始、ゴールデンウィーク、お盆、長期休暇期などの行楽期、あるいは大きなイベント(花火大会、プロ野球やJリーグの試合など)開催時といった旅客が集中する時期に運転される。また、金曜日などの休日の前日は終電間際の乗客が増えることから、休前日限定の臨時列車を終電間際に運行する鉄道事業者もある。さらに運転される特定の曜日がない隔日運転の場合も臨時列車の扱いとなる。ただし団体列車、特に修学旅行列車の場合は輸送力に余裕のある閑散期に運転されることが多い。 (Wikipedia:不定期列車)

不定元
『変数』より : 不定元 (indeterminate) は多項式や形式的冪級数に現れる記号であり、しばしば変数と呼ばれる。正式には、不定元は変数ではなく、多項式環や形式的冪級数環の定数である。しかしながら、多項式や形式的級数とそれらの定義する関数との間の強い関係のために、多くの著者は不定元を変数の特別な種類と考える。 例えば、二元体 F2 において多項式 X2 + X を考えると、これは 0 ではないが、この多項式の表す多項式関数は 0 である。 (Wikipedia:不定元)

不定根
『根』より : 根(ね)とは、植物の器官の1つである。地中・水中に伸び、水分や養分を吸収したり、呼吸したり、植物体を支える機能を持つ。 根は植物の体を基盤に固定し、支持し、またそこから成分を吸収する構造である。より厳密には、維管束植物の地下部分であり、茎から出て地中に伸びる棒状で放射相称の構造である。真の根は維管束植物の持つ独自の構造であり、それ以外の群ではみられない。 根の基本的な構造は、少なくとも種子植物では分類群にかかわらず大差がない。これは主として地中器官であり、その必要とされる機能がほとんどの群で違いが見られないために、進化による変化の速度が遅いのだとされる。 根は茎の下方向の延長としてある場合と、茎および根の側枝として出る場合がある。 根の表面からは根毛(こんもう)と呼ばれる、ごく細かい毛状の突出物が出る。生えている草を引き抜いても見えにくいが、ガーゼの上などで栽培するとよく見える。これは、根の表層の細胞から生じる突起で、水や栄養の吸収面積を大きくする役割がある。 なお、菌根菌との共生が行われる部分でもある。 茎との区別 茎は内部に放射相性に配列した維管束を持ち、先端成長を行う先端を持つ点で、根とよく似ている。 (Wikipedia:不定根)

不定期刑
不定期刑(ふていきけい)とは、あらかじめ刑期を定めずに言い渡す自由刑(身体を拘束して自由を奪う刑罰。日本の現行刑法では懲役・禁錮・拘留が該当する)である。対語は有期刑・無期刑。 日本では少年法で採用されており、不定期刑の判決は、例えば「被告人を懲役5年以上10年以下に処する。」という形になる。 法的な区別 不定期刑は、期間の定めについて2つに分類される。「相対的不定期刑」と「絶対的不定期刑」である。 相対的不定期刑は、刑期の最短と最長を宣告し、その範囲内でいつ刑が終了するかは定めないとするものである。日本では少年法52条が定める刑罰が、これに該当する。 絶対的不定期刑は、刑期について全く定めず、刑種のみを指定するものである。刑期は、1日以上終身の範囲となる。絶対的不定期刑については、その処罰の軽重の範囲があまりに広いことから罪刑法定主義に反するという指摘がある。日本では採用されていない。 目的 不定期刑は、刑罰における教育刑という側面が重視されることで注目されるに至った概念である。 (Wikipedia:不定期刑)

不定比化合物
不定比化合物(ふていひかごうぶつ、Non-stoichiometric Compound)は、化学式を単純な自然数の比率で表すことのできない化合物。すなわち定比例の法則に従わない化合物。 不定比化合物の例 酸化鉄の一種であるウスタイトは塩化ナトリウムに似た結晶構造を持った結晶であり、定比例の法則に従うならばFeOという化学式で表すことができるはずであるが、実際のウスタイトは近似的にFe0.95Oという化学式で表され、定比例の法則に従っていない。これはウスタイトが鉄の格子空孔を含んでいるためである。なお、ウスタイトにおいて鉄は2価のイオンと3価のイオンが混在することによって電気的中性を保っていると考えられている。 ペロブスカイト構造を持つ結晶は酸素の格子空孔を含むものが多く、例えば高温超伝導材料として知られているYBa2Cu3O7-δや、誘電体として広く利用されているチタン酸バリウムも不定比化合物としての性質を示す。 (Wikipedia:不定比化合物)

不定愁訴
不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す。患者からの訴え(主訴)は強いが主観的で多岐にわたり、客観的所見に乏しいのが特徴。症状が安定しないため治療も難しく、周囲の理解も得られにくい。 身体表現性障害、心身症、軽症うつ病、気分変調症、 パニック障害、全般性不安障害、心的外傷後ストレス障害、急性ストレス反応、適応障害などの可能性が含まれる。 自律神経失調症と診断されることも多い。 先進国であっても、ビタミン欠乏症やその他の必須栄養素の栄養失調を原因とする不定愁訴も、体力の無い子供、高齢者に見られる。 診断 まずは中重程度のうつ病でないことを明確に除外する。 精神病、双極性障害、てんかん、行動障害、認知症、物質乱用などについても除外する。 一般的な身体的疾患の診察、検査を行う。過去の自殺念慮、自傷行為の有無について問診する。 管理 不適切なセルフメディケーション(たとえばアルコール乱用や薬物乱用)につながらないように指導する。 (Wikipedia:不定愁訴)

不定期
定期(ていき) 一定の期限や期間または、あることが行われる時期が決まっていること。定期公演、定期預金、定期昇給、定期航路、定期列車・定期便などで、その他のものとの区別に使われている。 定期乗車券の略称。 定期預金の略称。 (Wikipedia:不定期)

不定期刑 (曖昧さ回避)
『』より : (Wikipedia:不定期刑 (曖昧さ回避))


不定 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

不定 - アマゾン検索


「不定」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す