[PR]

日別キーワード

第85位  キタコブシ - 2018年04月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



キタコブシ
『コブシ』より : コブシ(辛夷、学名:Magnolia kobus)はモクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木。早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせる。別名「田打ち桜」。 果実は集合果であり、にぎりこぶし状のデコボコがある。この果実の形状がコブシの名前の由来である。 高さは18m、幹の直径は概ね60cmに達する。 3月から5月にかけて、枝先に直径6-10cmの花を咲かせる。花は純白で、基部は桃色を帯びる。花弁は6枚。枝は太いが折れやすい。枝を折ると、 芳香が湧出する。アイヌ地方では「オマウクシニ」「オプケニ」と呼ばれる。それぞれ、アイヌの言葉で、「良い匂いを出す木」「放屁する木」という意味を持つ。樹皮は煎じて茶の代わりや風邪薬として飲まれる。 果実は5-10cmで、袋菓が結合して出来ており、所々に瘤が隆起した長楕円形の形状を成している。 北海道のコブシは「キタコブシ」と呼ばれることもある。 遠くより見ると桜に似ていること、花を咲かせる季節が桜より早いことから、ヒキザクラ、ヤチザクラ、シキザクラなどと呼ばれる。 (Wikipedia:キタコブシ)


キタコブシ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

キタコブシ - アマゾン検索


「キタコブシ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す