[PR]

日別キーワード

第86位  キヤノン - 2018年04月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



キヤノン
キヤノン株式会社(英語: Canon Inc. 読みはキャノン)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する。 芙蓉グループ。東証一部およびニューヨーク証券取引所(ティッカー:CAJ)上場企業である。特許戦略は世界的に定評。製販が分離しており、マーケティング・販売業務は、地域統括販売会社(キヤノンMJ (CMJ)、キヤノンUSA、キヤノンヨーロッパ、キヤノン中国、キヤノンオーストラリア)を中心に展開されている。 1937年設立のOA機器の総合メーカー。主な事業内容として、オフィスビジネスユニット(オフィス複合機、レーザー複合機、レーザープリンターなど)、イメージングシステムビジネスユニット(レンズ交換式デジタルカメラ、コンパクトデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、交換レンズ、インクジェットプリンターなど)、産業機器その他ビジネスユニット(半導体露光装置、フラットパネルディスプレー露光装置、医療画像記録機器など)を展開している。 (Wikipedia:キヤノン)

キヤノンEFレンズマウント
キヤノンEFレンズマウントはキヤノンの一眼レフカメラ、EOSシステムの根幹を成すレンズマウントである。
EFはElectro-Focusを意味する。従前のキヤノンFDマウントはレンズマウント#スピゴット式 スピゴット式であったが、EFレンズマウントでレンズマウント#バヨネット式 バヨネット式を採用した。マウントの内径は54mm、フランジバックは44mmとなっている。EFマウントが発表された1987年の時点において54mmというマウント径は35mm一眼レフメラ用として最大であり、より"明るい"レンズを設計することが可能となった。EFマウントが当時の他の標準的なレンズマウントと異なっていたのは、レンズ内に駆動用のモーターを内蔵したことである。そのため、レンズとカメラボディ間にレバーやプランジャーのような機械的な機構を用いた結合が必要なく、レンズの制御に必要な電源と情報は全て電子接点を介し伝達される。これによってマウントの仕組みを単純で耐久性の高いものにする一方、駆動されるレンズの特性に合わせて設計されたモーターをレンズの近くに配置することができる。
(Wikipedia:キヤノンEFレンズマウント)

キヤノンのカメラ製品一覧
キヤノンのカメラ製品一覧は、キヤノンの発売してきたカメラ関係の製品の一覧である。 110フィルム使用カメラ 126フィルム使用カメラ 135フィルム使用カメラ レンジファインダーカメラ = 独自バヨネットマウントレンジファインダーカメラ = 当初は独自規格のバヨネット式マウントを採用した。 = Jマウントレンジファインダーカメラ = 独自のネジマウントであるJマウントになった。 = Lマウントレンジファインダーカメラ = キヤノンSII型の途中からライカLマウントに切り替わった。「ライカに追いつき追い越せ」という標語を掲げ、戦前とは比べ物にならないほど高品質かつ多機能なカメラが開発され、駐留軍人などに人気を博し対米輸出商品の花形となり、1960年代に入るまでキヤノンの主力製品となった。 (Wikipedia:キヤノンのカメラ製品一覧)

キヤノン株式会社
『キヤノン』より : キヤノン株式会社(英語: Canon Inc. 読みはキャノン)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する。 芙蓉グループ。東証一部およびニューヨーク証券取引所(ティッカー:CAJ)上場企業である。特許戦略は世界的に定評。製販が分離しており、マーケティング・販売業務は、地域統括販売会社(キヤノンMJ (CMJ)、キヤノンUSA、キヤノンヨーロッパ、キヤノン中国、キヤノンオーストラリア)を中心に展開されている。 1937年設立のOA機器の総合メーカー。主な事業内容として、オフィスビジネスユニット(オフィス複合機、レーザー複合機、レーザープリンターなど)、イメージングシステムビジネスユニット(レンズ交換式デジタルカメラ、コンパクトデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、交換レンズ、インクジェットプリンターなど)、産業機器その他ビジネスユニット(半導体露光装置、フラットパネルディスプレー露光装置、医療画像記録機器など)を展開している。 (Wikipedia:キヤノン株式会社)

キヤノンITソリューションズ
キヤノンITソリューションズ株式会社 (CANON IT SOLUTIONS INC.) は、キヤノングループのシステムインテグレーター(メーカー系)。株式会社アルゴ21とキヤノンシステムソリューションズ株式会社が2008年(平成20年)4月1日に合併して誕生した。東京・名古屋・大阪・甲府に拠点をもつほか、2009年(平成21年)に中国ソリューション事業推進室を設置し、海外事業の強化に乗り出している。 なお、2010年4月1日にキヤノンマーケティングジャパンとの間に中間持株会社であるキヤノンMJアイティグループホールディングス株式会社が設立され、株主が移転された。 主な事業 業種別のSI 製造業と金融業を中心に、流通・サービス業、公共・公益、医療、文教など、業種別に展開している。また、産業用画像処理製品やセキュリティー製品などのソリューションも扱っている。 エンベデッド 車載機器、携帯電話、産業機器などへの組み込みソフトウエア、ならびに制御システムを開発している。 (Wikipedia:キヤノンITソリューションズ)

キヤノン EOS 10D
EOS 10Dは、2003年3月21日に発売された、630万画素のキヤノン製デジタル一眼レフカメラである。上位機種にキヤノン EOS 1D EOS 1Dやキヤノン EOS 5D EOS 5D、下位機種にキヤノン EOS Kiss デジタルがある。
なお、ここでは後継機種のEOS 20D、EOS 30D、EOS 40D、EOS 50Dについても取り上げる。
2003年3月21日発売。2002年に発売されたキヤノン EOS D30#EOS D60 EOS D60のマイナーチェンジ版として登場。当時のライバル機種にはニコンのD100やD70がある。店頭での販売価格が20万円を切ったことでデジタル一眼レフカメラがアマチュアにもより身近なものになり、注目を集めた。
固体撮像素子 撮影素子:22.7×15.1mmAPS-CサイズCMOSイメージセンサ CMOSセンサー
有効画素数:約630万画素(総画素650万画素)
レンズマウント:キヤノンEFレンズマウント
(Wikipedia:キヤノン EOS 10D)

キヤノンスペシャル
『キヤノンスペシャル』は、毎年数本放送される特別番組である。 この番組は精密機械メーカー・キヤノンが単独スポンサーとして協賛するもので、毎回あるテーマに沿った科学系中心のドキュメント(1シリーズ2時間。1日で一括放送する場合と、2日間=1時間ずつ2本に分けて放送する場合などのパターンがある)を放送する。これまでにも「北野武の色彩大紀行」「野球・その素晴らしき世界」「地球は天才発明家だ」「光の惑星 5000年の旅」などの作品を放映している。 2002年から2005年まではテレビ朝日制作、ANN系列で放送された。2006年に制作局をテレビ朝日からTBSに移し、TBS系列28局ネットならびにBS-i(現:BS-TBS)にて放送、2009年は日本テレビ制作で放送された。 過去の放送ラインナップ 2002年から2005年までテレビ朝日が制作 2002年 ガウディ・ミステリー ~未来の音が聴こえる~ 出演 ともさかりえ 他 放送日時:3月24日(日)18:56 - 21:00北野武の色彩大紀行~真実の色を求めて~ 出演 北野武 他 放送日時:6月22日(土)18:30 - 20:24北野武と色彩の魔術師たち 出演 北野武 宮崎駿 立木義浩 山本耀司 他 ナレーション 小宮悦子 放送日時:10月13日(日)19:00 - 20:54はるか時空の彼方へ人類飛行伝説~ナスカ地上絵の謎に迫る~ 出演 江口洋介 放送日時:12月9日(月)20:00 - 21:54 2003年 未来都市江戸 ~時空の花園~ 出演 緒形拳 野村佑香 放送日時:3月23日(日)18:56 - 20:54描かれた記憶~人類の物語は一人の母から始まった~ 出演 久米宏 渡辺満里奈 日比野克彦  放送日時:6月21日(土)19:00 - 20:54天空の仮面~アマゾン最奥に眠る 古代ミステリー~ 出演 仲村トオル 放送日時:9月20日(土)19:00 - 20:54世界をはかる天才たち~すべてはピラミッドから始まった~ 出演 的場浩司 ケイン・コスギ 吉村作治 ナレーション 戸田恵子  放送日時:12月12日(金)19:00 - 20:54(BS朝日では12月27日(土)21:00に放送) 2004年 地球は天才発明家だ!人と自然の知恵くらべエライのは どっちだ!? 出演 菊川怜 柴田理恵 3月19日(金) 20:00 - 21:54 野球・そのすばらしき世界 出演 陣内孝則 糸井重里 佐藤隆太 栗山英樹 6月25日(金)23:15 - 24:15・26日(土)23:00 - 23:54(2夜連続) 発掘!ローマ皇帝最期の館 出演 内藤剛志 放送日時:10月25日(月) - 10月28日(木)(4夜連続)23:15 - 光の惑星 5000年の旅 出演 竹中直人 国仲涼子 放送日時:12月4日(土)・5日(日)(2夜連続)23:00 - 2005年 ジュラシック・コード 出演 筧利夫 放送日時:6月25日(土)19:00 − 20:54(BS朝日では7月2日(土)21:00に放送) ザ・ファースト・エンペラー~始皇帝の真実 史上最大の地下帝国解明~ 出演 加藤雅也 放送日時:12月3日(土)19:00 - 20:54 2006年 2006年からTBSが制作 古代発掘ミステリー 秘境アマゾン巨大文明 出演 日比野克彦 森本毅郎 実松克義(立教大学教授) 木村郁美(TBSアナウンサー) ナレーション 中村獅童 (2代目) イメージソング GARNET CROW「籟・来・也」(GIZA studio) 放送日時:3月6日(月)21:00 - 22:54(BS-iでは3月19日(月)19:00 - ) 地球創世ミステリー プラネット・ブルー 出演 伊藤英明 ナレーション 長谷川京子 森本毅郎 放送日時:9月18日(月)21:00 - 22:54(BS-iでは9月24日(日)19:00 − 20:54)※12月2日(土曜日)放送分の放送はTBS系列が「世界バレー2006男子決勝トーナメント」放送の為、 テレビ朝日系列(通常の「ドスペ!」枠)での放送となる。 (Wikipedia:キヤノンスペシャル)

キヤノン EOS 5D
キヤノン EOS 5Dは、2005年8月22日に発表された、1280万ピクセル 画素のキヤノン製一眼レフデジタルカメラ。上位機にキヤノン EOS 1Ds EOS 1Ds Mark II、キヤノン EOS 1D EOS 1D Mark III、下位機にキヤノン EOS 10D EOS 50Dがある。
最初の廉価版35mmフルサイズ 35mm判フルサイズカメラであるにもかかわらず、プロ用のカメラに比べて軽量で、発売当時40万円以下の低価格に抑えられたことから注目を集めた。
発売後年月の経過で機能的には古くなってしまっていることが否めずほこり除去機構なども搭載されていない。2008年11月に後継機のキヤノン EOS 5D Mark II EOS 5D Mark IIが発売された。
固体撮像素子 撮像素子:35.8 x 23.9ミリメートル mmフルサイズCMOSイメージセンサ CMOSセンサー
有効画素数:約1280万画素(総画素1330万画素)
(Wikipedia:キヤノン EOS 5D)

キヤノン・キャット
キヤノン・キャット (Canon Cat) は、1987年7月にキヤノンから発売されたパーソナルコンピュータ。独自のインターフェイスを持っていた。 キーボード・白黒モニターの一体型で、秘書業務のような定型的なオフィス事務を想定した商品である。アメリカでの価格は1,495ドル。日本では440,000円。 ユーザインターフェイス設計は、アップルコンピュータのMacintosh開発を立ち上げた事で知られているジェフ・ラスキンの手による。ラスキンは自身の開発したSwyftでも採用したインターフェイスをキヤノン・キャットに与えた。それはマッキントッシュの持つGUIではなく、またコマンドラインとも異なるテキストユーザインタフェースと言われるものである。 ハードの外観は1980年代に広く普及していたワードプロッセッサー専用機と似ているが、ワープロの他に約90,000語が登録された辞書やスプレッドシート(表計算ソフト)、モデム通信なども可能で、ワーク・プロセッサーとも呼ばれた。 (Wikipedia:キヤノン・キャット)

キヤノン販売
『キヤノンマーケティングジャパン』より : キヤノンマーケティングジャパン株式会社(英: Canon Marketing Japan Inc.)は、日本市場におけるキヤノンブランド製品の直販、卸売や修理などのサポートなどを行う企業である。東証一部上場。本社は品川グランドコモンズ地区に位置する、キヤノンSタワーである。 「サービス創造企業グループ」への変革を目指して構造改革を行っており、キヤノン製品の販売・サポートに加え、ITソリューションビジネスの拡大や産業・医療分野への進出、海外でのビジネス展開にも力を入れている。 主な事業 ビジネスソリューション 自社・グループ内の直販部門、および販売パートナー企業を通じて、法人向けの情報機器を販売している。また、法人・個人事業主向けのECサイト「コレモール」による販売も行っている。2014年の売上構成比で約48%を占める、最大規模のドメインである。 オフィス向け複合機 (MFP) レーザープリンター (LBP) 大判プリンター プロダクション機器 3Dプリンター 液晶プロジェクター ネットワークカメラ ハンディターミナル ITソリューション グループ内にキヤノンITソリューションズなどのSIerを抱え、情報システムの構築・保守などを行っている。 (Wikipedia:キヤノン販売)

キヤノンマーケティングジャパン
キヤノンマーケティングジャパン株式会社(英: Canon Marketing Japan Inc.)は、日本市場におけるキヤノンブランド製品の直販、卸売や修理などのサポートなどを行う企業である。東証一部上場。本社は品川グランドコモンズ地区に位置する、キヤノンSタワーである。 「サービス創造企業グループ」への変革を目指して構造改革を行っており、キヤノン製品の販売・サポートに加え、ITソリューションビジネスの拡大や産業・医療分野への進出、海外でのビジネス展開にも力を入れている。 主な事業 ビジネスソリューション 自社・グループ内の直販部門、および販売パートナー企業を通じて、法人向けの情報機器を販売している。また、法人・個人事業主向けのECサイト「コレモール」による販売も行っている。2014年の売上構成比で約48%を占める、最大規模のドメインである。 オフィス向け複合機 (MFP) レーザープリンター (LBP) 大判プリンター プロダクション機器 3Dプリンター 液晶プロジェクター ネットワークカメラ ハンディターミナル ITソリューション グループ内にキヤノンITソリューションズなどのSIerを抱え、情報システムの構築・保守などを行っている。 (Wikipedia:キヤノンマーケティングジャパン)

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
『キヤノンマーケティングジャパン』より : キヤノンマーケティングジャパン株式会社(英: Canon Marketing Japan Inc.)は、日本市場におけるキヤノンブランド製品の直販、卸売や修理などのサポートなどを行う企業である。東証一部上場。本社は品川グランドコモンズ地区に位置する、キヤノンSタワーである。 「サービス創造企業グループ」への変革を目指して構造改革を行っており、キヤノン製品の販売・サポートに加え、ITソリューションビジネスの拡大や産業・医療分野への進出、海外でのビジネス展開にも力を入れている。 主な事業 ビジネスソリューション 自社・グループ内の直販部門、および販売パートナー企業を通じて、法人向けの情報機器を販売している。また、法人・個人事業主向けのECサイト「コレモール」による販売も行っている。2014年の売上構成比で約48%を占める、最大規模のドメインである。 オフィス向け複合機 (MFP) レーザープリンター (LBP) 大判プリンター プロダクション機器 3Dプリンター 液晶プロジェクター ネットワークカメラ ハンディターミナル ITソリューション グループ内にキヤノンITソリューションズなどのSIerを抱え、情報システムの構築・保守などを行っている。 (Wikipedia:キヤノンマーケティングジャパン株式会社)

キヤノン IXY DIGITAL 300
Canon IXY DIGITAL 300(キヤノン イクシ・デジタルさんびゃく)は、2001年3月に発表された、202万ピクセル 画素のキヤノン製コンパクトデジタルカメラ。下位機にCanon IXY DIGITAL 200 IXY DIGITAL 200、後継機にCanon IXY DIGITAL 300a IXY DIGITAL 300aがある。
北米ではPowerShot S300 DIGITAL ELPH、ヨーロッパ・アジア・オセアニアではDIGITAL IXUS 300の名称で販売されていた。
固体撮像素子 撮像素子:1/2.7型CCDイメージセンサ CCD
有効画素数:約202万画素(総画素約211万画素)
最大解像度:1600 x 1200画素
焦点 (光学) フォーカス:3点測距TTLオートフォーカス
レンズ:5.4-16.2ミリメートル mm(35mmフィルム換算で35-105mm相当)、F値 F2.7(広角 W)-4.7(望遠 T)
撮影可能範囲(レンズ先端より):76cm-無限遠(マクロ時は16(W)-76cm)
(Wikipedia:キヤノン IXY DIGITAL 300)

キヤノンシステムソリューションズ
キヤノンITソリューションズ株式会社 (CANON IT SOLUTIONS INC.) は、キヤノングループのシステムインテグレーター(メーカー系)。株式会社アルゴ21とキヤノンシステムソリューションズ株式会社が2008年(平成20年)4月1日に合併して誕生した。東京・名古屋・大阪・甲府に拠点をもつほか、2009年(平成21年)に中国ソリューション事業推進室を設置し、海外事業の強化に乗り出している。 なお、2010年4月1日にキヤノンマーケティングジャパンとの間に中間持株会社であるキヤノンMJアイティグループホールディングス株式会社が設立され、株主が移転された。 主な事業 業種別のSI 製造業と金融業を中心に、流通・サービス業、公共・公益、医療、文教など、業種別に展開している。また、産業用画像処理製品やセキュリティー製品などのソリューションも扱っている。 エンベデッド 車載機器、携帯電話、産業機器などへの組み込みソフトウエア、ならびに制御システムを開発している。 (Wikipedia:キヤノンシステムソリューションズ)

キヤノンソフトウェア
キヤノンソフトウェア株式会社(英: Canon Software Inc.)は、日本のシステムインテグレーター(メーカー系)。キヤノン製品向けを中心に組み込みソフトウエアの開発を行う「エンジニアリング事業」を展開している。かつては、ERP・EAI・ECMなどの「ソリューション事業」も手掛けていた。 キヤノンマーケティングジャパン株式会社の連結子会社。株式交換により2010年(平成22年)5月1日付でキヤノンマーケティングジャパンの完全子会社となり、2011年(平成23年)7月1日付でキヤノンMJアイティグループホールディングスに株主が変更となっている。 1984年(昭和59年)にメインフレームをターゲットとした開発支援ツールCANO-AIDを発売開始、その後、CANO-AIDII、UNIXに対応したCANO-AIDIII、Windows Serverに対応したCANO-AID/NTと適用環境を広げた。 (Wikipedia:キヤノンソフトウェア)

キヤノン電子
キヤノン電子株式会社(キヤノンでんし)は、埼玉県秩父市に本社を置くキヤノングループの一社。 ビジネス向けのドキュメントスキャナー、携帯情報端末の開発・生産を行いキヤノンの各国販売会社に卸しているほか、独自事業としてITサービス事業にも注力。自社で情報セキュリティ分野に取り組むとともにキヤノンエスキースシステムグループおよびキヤノン電子テクノロジーグループを傘下に持ち、CRMや業種向けSIを手掛けている。 会社のオフィスから一切、椅子をなくし業績を向上させたことでも知られる。なお作業員ではない社長の部屋には椅子はちゃんとある。また工場の廊下に青く塗られたゾーンがあり、「5m 3.6秒」よりも遅く歩いているとセンサーが感知し、警報音が鳴る。青いゾーンには「急ごう、さもないと会社も地球も滅びてしまう」というスローガンが書いてある。 沿革 1954年 株式会社秩父英工舎設立(創業)。 1964年 キヤノン電子株式会社に商号変更。影森工場を開設。 一眼レフ用FLレンズ絞りユニットの生産開始。 1965年 東京営業所を開設。 1971年 カセットステレオデッキ用磁気ヘッドの生産開始。 (Wikipedia:キヤノン電子)

キヤノンシステムアンドサポート
キヤノンシステムアンドサポート株式会社(Canon System and Support Inc.)は、日本国内におけるキヤノンブランド製品の販売(直販)、OA関連ソリューションの構築、メンテナンス、及びサポートを行う企業である。キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)の連結子会社。 元はジアゾ複写機を製造していたコピア株式会社(現在のキヤノンファインテック株式会社)の販売部門。1980年にコピアがキヤノン株式会社、及びキヤノン販売株式会社(現在のキヤノンマーケティングジャパン株式会社)と提携したのを機に、販売部門を分離独立しコピア販売株式会社を設立。キヤノンコピア販売株式会社への改称を経て2000年に現社名となる。かつて東証1部に上場していたが、キヤノン販売グループ(当時)の会社再編に伴い、2002年に上場を廃止。現在はキヤノンマーケティングジャパンの完全子会社となった。その後、他のキヤノングループの企業を吸収合併していき、現在に至っている。 事業内容 キヤノングループにて製造する機器・ソリューション、ならびに他社製システム機器類のコンサルティングセールス、オフィスのネットワーク構築、及びサービス&サポート。 (Wikipedia:キヤノンシステムアンドサポート)

キヤノンネットワークコミュニケーションズ
キヤノンITソリューションズ株式会社 (CANON IT SOLUTIONS INC.) は、キヤノングループのシステムインテグレーター(メーカー系)。株式会社アルゴ21とキヤノンシステムソリューションズ株式会社が2008年(平成20年)4月1日に合併して誕生した。東京・名古屋・大阪・甲府に拠点をもつほか、2009年(平成21年)に中国ソリューション事業推進室を設置し、海外事業の強化に乗り出している。 なお、2010年4月1日にキヤノンマーケティングジャパンとの間に中間持株会社であるキヤノンMJアイティグループホールディングス株式会社が設立され、株主が移転された。 主な事業 業種別のSI 製造業と金融業を中心に、流通・サービス業、公共・公益、医療、文教など、業種別に展開している。また、産業用画像処理製品やセキュリティー製品などのソリューションも扱っている。 エンベデッド 車載機器、携帯電話、産業機器などへの組み込みソフトウエア、ならびに制御システムを開発している。 (Wikipedia:キヤノンネットワークコミュニケーションズ)

キヤノン IXY DIGITAL 800 IS
IXY DIGITAL 800 ISは、キヤノンから発売されたIXY DIGITALシリーズのカメラ製品で、日本では2006年4月14日に発売された。
日本国外ではDigital IXUS 800ISおよびPowerShot SD700 IS Digital ELPHとして発売されている。
2005年9月に発売されたキヤノン IXY DIGITAL 700 IXY DIGITAL 700から7ヶ月ぶりに発売された新製品で、シフト式の手ぶれ補正機構 光学手ぶれ補正機構(IS)が追加された。
有効画素数:約600万画素
大きさ:90.4(幅)x56.5(高さ)x26.4(奥行)mm
2.5型のワイド液晶(SONY製)を搭載している。
ダイアルが設置されており、簡単な操作で撮影モードを変える事が出来る。
動画をその場で編集する事が出来る。
自分の好みの色やその状況に合う色で撮影が出来る。
キヤノンのカメラ製品一覧
キヤノンのカメラ
(Wikipedia:キヤノン IXY DIGITAL 800 IS)

キヤノンスペシャル・光の惑星 5000年の旅
『キヤノンスペシャル・光の惑星 5000年の旅』(キャノンスペシャル ひかりのわくせい ごせんねんのたび)は、2004年12月4日・12月5日の2日間、テレビ朝日系列(ANN)で放送されたドキュメンタリー番組である。テレビ朝日では精密機械メーカーキヤノンを協賛スポンサーに迎え、毎年数本程度科学ドキュメンタリー作品を制作しているが、この番組もその一環である。 今回は光をテーマにして、光が私たちの生活に関わる影響とは、光が導き出すからくりとは、光の芸術であるライトアップの秘密のほか、プラネタリウムの開発・運営に携わる青年の密着取材記録を放送した。 出演者 スタジオ司会 - 竹中直人(光の魔術師・ミスタービームとして、光を応用したマジックを披露した) レポーター - 国仲涼子(世界各地の光の秘密を求める旅の案内人として出演した) ナレーション - 槇大輔 スタッフ 制作 - テレビ朝日、テレビマンユニオン 外部リンク テレビ朝日の番組公式サイト。 (Wikipedia:キヤノンスペシャル・光の惑星 5000年の旅)


キヤノン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

キヤノン - アマゾン検索


「キヤノン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す