[PR]

日別キーワード

第88位  クレヨンしんちゃん - 2018年04月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



クレヨンしんちゃん
『クレヨンしんちゃん』(Crayon Shinchan)は、臼井儀人による日本の漫画作品。1990年に『漫画アクション』で連載を開始し、2000年に『まんがタウン』に移籍するが、臼井の死去のため2010年に連載終了。同年からアシスタントらにより『新クレヨンしんちゃん』のタイトルで連載を再開している。 1992年にテレビ朝日がアニメ化し、1993年からは毎年アニメ映画が制作されている。通称「しんちゃん」「クレしん」。 生意気でいたずら好きな5歳の幼稚園児、野原しんのすけを主人公として、両親をはじめとする周囲の大人たちが、主人公の巻き起こす騒動に振り回される日常を描いたギャグ漫画作品。 1990年夏に双葉社『漫画アクション』で連載開始。現在は『まんがタウン』(双葉社)で連載中。過去には『まんがタウンオリジナル』(『まんがタウン』と統合され、廃刊)、『JOURすてきな主婦たち』にも連載。アニメはテレビ朝日で1992年4月13日より放送されており、現在も放送中。日本国外でも翻訳出版・アニメ放送・映画公開がされている。1992年4月11日(アニメが放送開始する2日前)に単行本1巻を発売し、翌年の3月に発行部数が1000万を突破し、2011年5月の時点では5300万部、関連書籍を含めると6500万部を発行し、双葉社の書籍としては最大の発行部数である。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん)

クレヨンしんちゃんの登場人物
クレヨンしんちゃんの登場人物(クレヨンしんちゃんのとうじょうじんぶつ)では、臼井儀人原作の漫画『クレヨンしんちゃん』およびそのアニメ作品『クレヨンしんちゃん』に登場する架空の人物を列挙する。 ※下記の人物の詳細は個別記事を参照。 野原しんのすけ 野原みさえ 野原ひろし 野原ひまわり シロ かすかべ防衛隊(風間トオル、桜田ネネ、佐藤マサオ、ボーちゃん) ぶりぶりざえもん アクション仮面 野原家 野原しんのすけ 声 - 矢島晶子 本作の主人公。アクション幼稚園(アニメではふたば幼稚園)に通う幼稚園児。 野原みさえ 声 - ならはしみき ひろしの妻でしんのすけ、ひまわりの母。専業主婦。 野原ひろし 声 - 藤原啓治 みさえの夫でしんのすけ、ひまわりの父。双葉商事に勤務するサラリーマン。 野原ひまわり 声 - こおろぎさとみ しんのすけの妹。原作16巻、アニメでは「赤ちゃんが生まれたゾ」(1996年9月27日放送)で誕生した0歳児。 シロ 声 - 真柴摩利 野原家の飼い犬。捨てられていたところをしんのすけが連れて帰り、シロと名をつけた。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃんの登場人物)

クレヨンしんちゃんの登場人物一覧
『クレヨンしんちゃんの登場人物』より : クレヨンしんちゃんの登場人物(クレヨンしんちゃんのとうじょうじんぶつ)では、臼井儀人原作の漫画『クレヨンしんちゃん』およびそのアニメ作品『クレヨンしんちゃん』に登場する架空の人物を列挙する。 ※下記の人物の詳細は個別記事を参照。 野原しんのすけ 野原みさえ 野原ひろし 野原ひまわり シロ かすかべ防衛隊(風間トオル、桜田ネネ、佐藤マサオ、ボーちゃん) ぶりぶりざえもん アクション仮面 野原家 野原しんのすけ 声 - 矢島晶子 本作の主人公。アクション幼稚園(アニメではふたば幼稚園)に通う幼稚園児。 野原みさえ 声 - ならはしみき ひろしの妻でしんのすけ、ひまわりの母。専業主婦。 野原ひろし 声 - 藤原啓治 みさえの夫でしんのすけ、ひまわりの父。双葉商事に勤務するサラリーマン。 野原ひまわり 声 - こおろぎさとみ しんのすけの妹。原作16巻、アニメでは「赤ちゃんが生まれたゾ」(1996年9月27日放送)で誕生した0歳児。 シロ 声 - 真柴摩利 野原家の飼い犬。捨てられていたところをしんのすけが連れて帰り、シロと名をつけた。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃんの登場人物一覧)

クレヨンしんちゃん (テレビアニメ)
クレヨンしんちゃん > クレヨンしんちゃん (テレビアニメ)
タイトル クレヨンしんちゃん
サイズ
説明
ジャンル ギャグ漫画
作者 臼井儀人
出版社 双葉社
連載 週刊Weekly漫画アクション→まんがタウン
開始 1990年夏
終了 連載中
冊数 44冊
監督 本郷みつる→原恵一→ムトウユージ
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日・シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
(Wikipedia:クレヨンしんちゃん (テレビアニメ))

クレヨンしんちゃん (アニメ)
『クレヨンしんちゃん (テレビアニメ)』より : 『クレヨンしんちゃん』は、臼井儀人の同名の漫画作品を原作としたテレビアニメ。20年を超える長寿番組である。 日本のみならず、世界各国でも放映されている人気作品。日本では国民的アニメと認識されることも多い。 1992年4月13日からテレビ朝日系列で月曜19:00から放送開始。2015年現在は金曜19:30から放送中。開始当初、テレビ欄では『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん』と表記されていた。 当初はシンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなく、上層部からも「半年持たせてくれ」と言われていたという。放送初回は4.0%という低視聴率だったが、翌月には10%を超えた。同年の11月ごろには20%台にまで上昇し、視聴者の子供がしんのすけの物真似をするなどの社会現象にまで至る(詳細は後述)。1993年に製作された劇場版第一作『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』は、22.2億円の興行収入を記録した。作品は急速に人気を獲得し、現在は国民的な人気を誇る。 文字多重放送。2002年5月25日(第415回)より、セル画での制作からデジタルによる制作へ移行した(ただし、移行後もしばらくの間は一部でセル画を使用していた)。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん (アニメ))

クレヨンしんちゃん映画作品一覧
『クレヨンしんちゃん (テレビアニメ)』より : 『クレヨンしんちゃん』は、臼井儀人の同名の漫画作品を原作としたテレビアニメ。20年を超える長寿番組である。 日本のみならず、世界各国でも放映されている人気作品。日本では国民的アニメと認識されることも多い。 1992年4月13日からテレビ朝日系列で月曜19:00から放送開始。2015年現在は金曜19:30から放送中。開始当初、テレビ欄では『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん』と表記されていた。 当初はシンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなく、上層部からも「半年持たせてくれ」と言われていたという。放送初回は4.0%という低視聴率だったが、翌月には10%を超えた。同年の11月ごろには20%台にまで上昇し、視聴者の子供がしんのすけの物真似をするなどの社会現象にまで至る(詳細は後述)。1993年に製作された劇場版第一作『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』は、22.2億円の興行収入を記録した。作品は急速に人気を獲得し、現在は国民的な人気を誇る。 文字多重放送。2002年5月25日(第415回)より、セル画での制作からデジタルによる制作へ移行した(ただし、移行後もしばらくの間は一部でセル画を使用していた)。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん映画作品一覧)

クレヨンしんちゃん映画作品
『クレヨンしんちゃん (テレビアニメ)』より : 『クレヨンしんちゃん』は、臼井儀人の同名の漫画作品を原作としたテレビアニメ。20年を超える長寿番組である。 日本のみならず、世界各国でも放映されている人気作品。日本では国民的アニメと認識されることも多い。 1992年4月13日からテレビ朝日系列で月曜19:00から放送開始。2015年現在は金曜19:30から放送中。開始当初、テレビ欄では『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん』と表記されていた。 当初はシンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなく、上層部からも「半年持たせてくれ」と言われていたという。放送初回は4.0%という低視聴率だったが、翌月には10%を超えた。同年の11月ごろには20%台にまで上昇し、視聴者の子供がしんのすけの物真似をするなどの社会現象にまで至る(詳細は後述)。1993年に製作された劇場版第一作『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』は、22.2億円の興行収入を記録した。作品は急速に人気を獲得し、現在は国民的な人気を誇る。 文字多重放送。2002年5月25日(第415回)より、セル画での制作からデジタルによる制作へ移行した(ただし、移行後もしばらくの間は一部でセル画を使用していた)。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん映画作品)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ うたう けつだけばくだん)は、2007年4月21日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第15作目(映画化15周年記念作品)。上映時間は102分。興行収入は約15億円。キャッチコピーは『シロが爆発10秒前!』。
双葉社がシリーズで初めて出資・製作に参加。本作は今までの映画シリーズで、初めてシロがメインとなるストーリーで、また初めて第3勢力が登場する。「歌う」と銘打たれているように、各シーンで歌が挿入されるミュージカル風の作品となっている。興行収入もここ数作の中では最も高い。
サブタイトルが前二作の『伝説を呼ぶ〜』から、再び『嵐を呼ぶ〜』となった。
(Wikipedia:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!)

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』(クレヨンしんちゃん でんせつをよぶ おどれ!アミーゴ!)は、2006年4月15日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ14作目。上映時間は96分。興行収入は約14億円。 キャッチコピーは『踊るおバカに 見るおバカ “世界サンバ化計画” 進行中』。 本物の人間がコンニャクローン技術で作られたクローン人間に襲われて姿を消したり、クローン人間が所々でダンサーや怪物に変身するなど、従来のクレヨンしんちゃんの映画にはないホラーでショッキングでサスペンスな描写が続くが、終盤はギャグで締められる。本作の舞台はしんのすけたちが住んでいる春日部のみで、広範囲にわたって展開されている例年の劇場版作品と比較すると規模が小さい。しかし、ジャッキーが「最初に事件が起こったのはアメリカ・カリフォルニア州のサンタモナカ。次はメキシコ、カナダ…、春日部シティは6番目の町」と発言しているので、事件の中核となる“世界サンバ化計画”は世界的なものである。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ モーレツ オトナていこくのぎゃくしゅう)は、2001年4月21日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズの9作目。上映時間は89分。興行収入は約15億円。 キャッチコピーは「未来はオラが守るゾ」。 本作では20世紀、特に昭和30~40年代の高度成長期を懐古するコンテンツやギミックが多用されている。そのため、本来のクレヨンしんちゃんの視聴者層である子どもだけでなく、むしろ子どもの親に向けられた作品であるとも言える。本作のDVDのCMには俳優の阿部寛が起用され、大人の鑑賞にも堪え得る感動作であることを強調した。 なお、本作はセル画とフィルムを用いて製作された最後の『クレヨンしんちゃん』映画であり、次回作以降はデジタル彩色が導入されている。 ストーリー案 本作にはテレビシリーズで原型となった回があり、監督の原は「これだけで満足すると思ったら、中途半端に、自分の中に火がついてしまって、我慢できずに映画のネタにまでしてしまった」と語っている。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』より : 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ モーレツ オトナていこくのぎゃくしゅう)は、2001年4月21日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズの9作目。上映時間は89分。興行収入は約15億円。 キャッチコピーは「未来はオラが守るゾ」。 本作では20世紀、特に昭和30~40年代の高度成長期を懐古するコンテンツやギミックが多用されている。そのため、本来のクレヨンしんちゃんの視聴者層である子どもだけでなく、むしろ子どもの親に向けられた作品であるとも言える。本作のDVDのCMには俳優の阿部寛が起用され、大人の鑑賞にも堪え得る感動作であることを強調した。 なお、本作はセル画とフィルムを用いて製作された最後の『クレヨンしんちゃん』映画であり、次回作以降はデジタル彩色が導入されている。 ストーリー案 本作にはテレビシリーズで原型となった回があり、監督の原は「これだけで満足すると思ったら、中途半端に、自分の中に火がついてしまって、我慢できずに映画のネタにまでしてしまった」と語っている。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ ゆうひのカスカベボーイズ)は、2004年4月17日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ12作目。上映時間は96分。興行収入は約12.8億円。 キャッチコピーは『しんのすけ、カムバ~ック!』。 ギャグの比率が多く、コメディ色が強かった前作から一転しており、物語はシリアスな内容となっており、劇中のシーンも重い描写やシリアスが目立つ。 例えば、オケガワ博士を引きずり回す場面やしんのすけやみさえに鞭を打ったりする場面など、非人道的な暴力描写が多く、どこか憎めない部分もある劇場版『クレヨンしんちゃん』従来の悪役に対して、本作のそれは極悪に徹している。他にも、しんのすけがジャスティスに立ち向かうことや、彼の運動神経でかすかべ防衛隊の隊員を助ける場面もあり、アニメではあまり見られないしんのすけのモノローグなど、珍しい場面が多く描写されている。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ)

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃
『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』より : 『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』(クレヨンしんちゃん でんせつをよぶブリブリ さんぷんポッキリだいしんげき)は、2005年4月16日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ13作目。 キャッチコピーは『オラのミライがなくなっちゃう?!緊急出動3分GO!』。 本作品から監督が水島努からムトウユージにバトンタッチ。サブタイトルの「嵐を呼ぶ〜」が「伝説を呼ぶ〜」に変更された(次々回作で元に戻った)。上映時間は96分。興行収入は約13億円。 スタッフはテレビシリーズに参加していないクリエイターも多く参加した。また、原恵一が劇場版クレヨンしんちゃんに関わった最後の作品でもある。 古今、ジャンルを問わぬ日本のアニメ、特撮キャラクターパロディのオンパレードとなっており、オープニングで展開されるアクション仮面の作品描写は、スケルトン教授やオサル提督モンキッキー、メケメケZなど歴代の怪人たちを再生させ、一斉に戦わせるなど『仮面ライダー』をはじめとする特撮ヒーロー物の正統派の作りとなっている。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃)

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』(クレヨンしんちゃん でんせつをよぶブリブリ さんぷんポッキリだいしんげき)は、2005年4月16日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ13作目。 キャッチコピーは『オラのミライがなくなっちゃう?!緊急出動3分GO!』。 本作品から監督が水島努からムトウユージにバトンタッチ。サブタイトルの「嵐を呼ぶ〜」が「伝説を呼ぶ〜」に変更された(次々回作で元に戻った)。上映時間は96分。興行収入は約13億円。 スタッフはテレビシリーズに参加していないクリエイターも多く参加した。また、原恵一が劇場版クレヨンしんちゃんに関わった最後の作品でもある。 古今、ジャンルを問わぬ日本のアニメ、特撮キャラクターパロディのオンパレードとなっており、オープニングで展開されるアクション仮面の作品描写は、スケルトン教授やオサル提督モンキッキー、メケメケZなど歴代の怪人たちを再生させ、一斉に戦わせるなど『仮面ライダー』をはじめとする特撮ヒーロー物の正統派の作りとなっている。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ アッパレ せんごくだいかっせん)は、2002年4月20日に劇場公開された日本のアニメーション映画。『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第10作目(映画化10周年記念作品)。上映時間95分。興行収入は約13億円。 キャッチコピーは『歴史を変えるおバカ参上!』。 あらすじ ある夜、野原一家は全員揃って時代劇に出てくる様な格好をした綺麗な"おねいさん"の夢を見る。しんのすけが幼稚園から帰ると、犬のシロが庭を掘り返していた。その穴から見つけた文箱の中には「おらてんしょうにねんにいる」と読める汚い字とぶりぶりざえもんの絵が描かれた手紙が入っていた。埋めた覚えはないのにと訝しがるしんのすけだが、「おひめさまはちょーびじん」という一文を見て朝の夢を思い出し、"おねいさん"に思いを馳せながら目を閉じる。 目を開けた瞬間、しんのすけは夢で見た泉の畔に立っていた。訳もわからず歩いているうちに、軍勢同士の合戦に遭遇してしまう。最初は時代劇の撮影だと思い込むしんのすけだが、偶然から一人の侍の命を救う。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』より : 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ アッパレ せんごくだいかっせん)は、2002年4月20日に劇場公開された日本のアニメーション映画。『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第10作目(映画化10周年記念作品)。上映時間95分。興行収入は約13億円。 キャッチコピーは『歴史を変えるおバカ参上!』。 あらすじ ある夜、野原一家は全員揃って時代劇に出てくる様な格好をした綺麗な"おねいさん"の夢を見る。しんのすけが幼稚園から帰ると、犬のシロが庭を掘り返していた。その穴から見つけた文箱の中には「おらてんしょうにねんにいる」と読める汚い字とぶりぶりざえもんの絵が描かれた手紙が入っていた。埋めた覚えはないのにと訝しがるしんのすけだが、「おひめさまはちょーびじん」という一文を見て朝の夢を思い出し、"おねいさん"に思いを馳せながら目を閉じる。 目を開けた瞬間、しんのすけは夢で見た泉の畔に立っていた。訳もわからず歩いているうちに、軍勢同士の合戦に遭遇してしまう。最初は時代劇の撮影だと思い込むしんのすけだが、偶然から一人の侍の命を救う。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦)

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦
『クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』(クレヨンしんちゃん ばくはつ おんせんわくわくだいけっせん)は、1999年(平成11年)4月17日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ7作目。上映時間は99分。興行収入は約9億円。 キャッチコピーは『脱いだら無敵。』。 予告編においては、野原一家が口論し、離散して別々に旅に出る「野原一家離散」という深刻なエピソードが流されたが、本編にはそのような展開はなかった(野原一家が別々の旅に出るのは『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』で見られる)。 2009年9月11日に、原作者の臼井儀人が事故により急逝したため、臼井が出演した最後の作品となった(次回作では声の出演はないが、春日部市民として扱われているシーンはある)。これ以降の映画に臼井は全く関わっていない。 (2015年時点では)歴代の劇場版の中で興行収入が最も低く、初めて10億円を切った作品となってしまっている。 劇中、巨大ロボットの出現シーン、自衛隊戦車の登場シーンでは伊福部昭による『ゴジラ』シリーズの楽曲(ゴジラメインテーマ、怪獣大戦争マーチ)が使われた。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦)

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』(クレヨンしんちゃん ヘンダーランドのだいぼうけん)は、1996年4月13日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ4作目。上映時間は96分。興行収入は約12億円。 キャッチコピーは『オラ、この勝負には絶対勝つぞ!!』。 あらすじ 闇に覆われたどこかの国。ゴーマン王子がお姫様を救うため二人のオカマ魔女・マカオとジョマに立ち向かったが、マカオとジョマの魔法によって、呪いをかけられてしまう。 しんのすけは、ふたば幼稚園の遠足で群馬に出来た新しい遊園地「ヘンダーランド」(設定では群馬県桐生市に所在)に遊びに来ていた。そこでひまわり組のみんなとはぐれたしんのすけは、サーカスのテントの中で・マペットという不思議なねじ巻き人形と出会う。彼女からヘンダーランドは、実は異世界の魔法使いであるオカマ魔女・マカオとジョマが潜む城であることが語られる。トッペマはしんのすけにどんな願い事でも叶えられる魔法のトランプを手渡し、マカオとジョマの地球征服計画を阻止するよう協力してほしいと頼む。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』より : 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ えいこうのヤキニクロード)は、2003年4月19日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第11作目。 本作品から監督が原恵一から水島努にバトンタッチ。上映時間は88分(シリーズとしては最短)。興行収入は約14億円。今作より制作体制をデジタルに移行した。 キャッチコピーは『走れしんのすけ!のはら一家が指名手配?』。 水島努監督の第1作目は、前作までしばらく続いてきたウェットな感動ストーリーとは打って変わって、ジェットコースタームービー的な逃亡劇とドタバタコメディからなる娯楽作となった。 終盤の舞台に熱海市が起用されており、実在する数々の場所が細かく描写されている一方、映画の都合上架空の施設なども存在している。 また、ゲストキャラクターの苗字は伊豆半島の地名(堂ヶ島、下田等)が使われている。 初代・大原ななこを演じた紗ゆりの出演する映画としては最後の作品である。第23作目「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」からは2代目を引き継いだ伊藤静が演じている。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ えいこうのヤキニクロード)は、2003年4月19日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第11作目。 本作品から監督が原恵一から水島努にバトンタッチ。上映時間は88分(シリーズとしては最短)。興行収入は約14億円。今作より制作体制をデジタルに移行した。 キャッチコピーは『走れしんのすけ!のはら一家が指名手配?』。 水島努監督の第1作目は、前作までしばらく続いてきたウェットな感動ストーリーとは打って変わって、ジェットコースタームービー的な逃亡劇とドタバタコメディからなる娯楽作となった。 終盤の舞台に熱海市が起用されており、実在する数々の場所が細かく描写されている一方、映画の都合上架空の施設なども存在している。 また、ゲストキャラクターの苗字は伊豆半島の地名(堂ヶ島、下田等)が使われている。 初代・大原ななこを演じた紗ゆりの出演する映画としては最後の作品である。第23作目「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」からは2代目を引き継いだ伊藤静が演じている。 (Wikipedia:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード)


クレヨンしんちゃん - 関連ブログ

データが取得できませんでした

クレヨンしんちゃん - アマゾン検索


「クレヨンしんちゃん」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す