[PR]

日別キーワード

第1位  gmail.com - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした




gmail.com - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  高畑勲 - 2018年04月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



高畑勲
高畑 勲(たかはた いさお、1935年10月29日 - )は、日本の映画監督、アニメーション演出家、プロデューサー、翻訳家。株式会社スタジオジブリ所属、畑事務所代表、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。日本大学芸術学部講師、学習院大学大学院人文科学研究科主任研究員などを歴任、紫綬褒章受章。 テレビアニメ以前、新卒で東映の、漫画映画を制作する子会社に入社。東映を離れた後に監督した世界名作劇場の三部作が視聴者に広く親しまれ、スタジオジブリの長編映画で宮﨑駿と共に一般人にその名を知られる。宮﨑駿がジブリ以降大衆的な人気を得たのとは対蹠的に、表現を革新し知性溢れる処女作以来の諸作品は、現代日本のアニメの表現の「制度」になると共に、一方でヨーロッパなど海外のアニメーションにも参照されている。 生い立ち 1935年、三重県宇治山田市(現伊勢市)で、高畑浅次郎の7人目の末子として生まれる。1943年に浅次郎が岡山一中校長となり、岡山市へ転居。倉敷の大原美術館を訪れる。岡山県立岡山朝日高等学校卒。 学生時代からフランスの詩人・脚本家であるジャック・プレヴェールの作品を愛好し影響を受けており、彼の名詩集《Paroles》(邦訳題名『ことばたち』)の日本初完訳(2004年)という仕事も行っている(フランスの長編アニメーション映画でプレヴェールが脚本を執筆した『王と鳥』の字幕翻訳も手がけた)。 (Wikipedia:高畑勲)


高畑勲 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  サクラ大戦 - 2018年04月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



サクラ大戦
『サクラ大戦』(サクラたいせん)は、1996年9月27日にセガ(後のセガゲームス)よりセガサターン用ソフトとして発売されたドラマチックアドベンチャーゲーム。後にゲームのみならずアニメや舞台などのメディアミックス作品として発展することとなった『サクラ大戦シリーズ』の第1作である。サクラ大戦1とも。 CESA大賞’96 年間作品部門 大賞受賞。 Windows用とドリームキャスト用として移植版が、PlayStation 2では『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』のタイトルでリメイク版が発売されている。また、PlayStation Portableでは『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』とのカップリング移植版が発売された。 ストーリー 時は太正十二年の日本。帝国海軍の士官学校を首席で卒業した新任少尉である大神一郎は、財界の大物である花小路伯爵より、秘密部隊「帝国華撃団」隊長の任を受け、帝都東京は銀座の帝国華撃団本部へ出頭する。 (Wikipedia:サクラ大戦)

サクラ大戦シリーズの登場人物
サクラ大戦シリーズの登場人物(サクラたいせんシリーズのとうじょうじんぶつ)は、セガ(後のセガゲームス)のコンピュータゲーム『サクラ大戦シリーズ』と、それに関連するメディアミックス作品に登場する人物の一覧である。 帝国華撃団に属するキャラクター→帝国華撃団参照 巴里華撃団に属するキャラクター→巴里華撃団参照 紐育華撃団に属するキャラクター→紐育華撃団参照 その他→主要作品、関連作品、映像作品の各ページを参照。 (Wikipedia:サクラ大戦シリーズの登場人物)

サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜
対応機種=セガサターンドリームキャストWindows 95/98/MeWindows 2000/XP/Vista
発売元=セガ大新資訊(PC中国語)
発売日=1998年4月4日(SS)2000年9月21日(DC)2001年3月1日(PC)2001年11月10日(PC中国語)2003年3月20日(PC-XP)2007年1月25日(PC-DVD)
ジャンル=ドラマチックアドベンチャー
レイティング=なし
キャラクター名設定=否
エンディング数=8
セーブファイル数=
メディア=CD-ROM(SS,PC)GD-ROM(DC)
画面サイズ=640x480 High Color
キャラクターボイス=部分
CGモード=あり
音楽モード=あり
回想モード=あり
メッセージスキップ=なし
オートモード=なし
備考=
『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』(サクラたいせん2 きみ、しにたもうことなかれ)は、株式会社セガがセガサターン向けに発売したゲーム。発売日は1998年4月4日。サクラ大戦シリーズの第2弾にあたる。
(Wikipedia:サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜)

サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜
対応機種=ドリームキャストWindows 98/Me/2000/XPプレイステーション2
発売日=2001年3月22日(DC)2004年3月25日(PC)2005年2月24日(PS2)2007年1月25日(PC-DVD)2008年10月23日(PS2、廉価版)
ジャンル=ドラマチックアドベンチャー
レイティング=不明(DC,PC)CERO15(PS2)
キャラクター名設定=なし
エンディング数=7
セーブファイル数=
メディア=GD-ROM(DC)CD-ROM(PC)DVD-ROM(PS2)
画面サイズ=640x480 High Color
BGMフォーマット=あり
キャラクターボイス=主人公以外
CGモード=あり
音楽モード=あり
回想モード=あり
メッセージスキップ=なし
オートモード=なし
備考=
『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』(サクラたいせん3 パリはもえているか)は、株式会社セガが2001年3月22日にドリームキャスト向けに発売したゲーム。後にプレイステーション2やパーソナルコンピュータ PC向けも発売される。サクラ大戦シリーズの第3作。シリーズ唯一の15歳以上対象作品でもある。
(Wikipedia:サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜)

サクラ大戦シリーズ
サクラ大戦シリーズ(サクラたいせんシリーズ、英字表記:Sakura Wars または Sakura Taisen)は、日本のゲームメーカーセガゲームス(2015年3月まではセガ)より1996年から開発、販売されているアドベンチャーゲーム、およびそれを原作としたアニメ、ドラマCD、舞台ショウなど派生作品のシリーズである。 現実世界の大正時代の風俗を感じさせるスチームパンクな雰囲気の「太正」時代を舞台に、主人公(プレイヤー)が特殊部隊「帝国華撃団・花組」を率いて悪しき魔物と戦うゲーム。アドベンチャーゲームパートでとった行動による主人公への好感度の変化が、戦略シミュレーションゲームパートでの花組隊員の戦闘力に影響するシステム。基本的には恋愛シミュレーションゲームだが、戦略シミュレーションゲームでもあり、演出面ではスチームパンク、大正浪漫、戦隊ヒーローもの、時代劇の構成(勧善懲悪・殺陣など)、歌謡曲、演劇、ロボット、オカルトと幅広い要素を融合させた意欲作で、更に高品質なアニメなども先進的に取り入れている。 (Wikipedia:サクラ大戦シリーズ)

サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜
Plat=プレイステーション2
Pub=セガ
Date=2005年7月7日
Genre=ドラマチックアドベンチャー
Name=不可
Media=DVD-ROM
Voice=部分
CGMode=あり
MMode=あり
EMode=あり
Skip=なし
Auto=なし
『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(さくらたいせんふぁいぶ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガが2005年7月7日にプレイステーション2向けに発売したゲーム。サクラ大戦シリーズの第5弾にあたる。
今作品の舞台は紐育(ニューヨーク)。(1作目、2作目、4作目では舞台が帝都(東京)、3作目では舞台が巴里(パリ)。)
今作品から主人公が変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。
ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なおラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインは新出(ただしジェミニは本作の前史に当たる『荒野のサムライ娘』で先行登場)。サブタイトルはレイモンド・チャンドラーのさらば愛しき女よから。当初はツタンカーメンのエピソードも加える予定ではあったが、やむをえない事情でカットされてしまった。なおこのエピソードは、OVAである『サクラ大戦 ニューヨーク・紐育』として描かれている。
(Wikipedia:サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜)

サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜
Plat=プレイステーション2
Pub=セガ
Date=2004年9月22日
Genre=ドラマチックアクション
Media=DVD-ROM
Voice=部分
CGMode=あり
MMode=あり
Skip=なし
『サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜』(サクラたいせんふぁいぶ えぴそーどぜろ こうやのサムライむすめ)は、株式会社セガが2004年9月22日に日本語、中国語、及び韓国語でプレイステーション2向けに発売したゲーム。
1927年。テキサス生まれのカウガール、ジェミニ・サンライズは、師匠ミフネの遺言により愛馬ラリーと愛剣レッド・サンを手に紐育を目指して旅をしていた。途中、謎の集団に襲われているところを助けた少女フワニータと共に旅をすることになったジェミニだったが、その後フワニータとアメリカの存亡を賭けた戦いに巻き込まれていくことを彼女はまだ知らなかった。
(Wikipedia:サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜)

サクラ大戦TV
タイトル=サクラ大戦
サイズ=
説明=
ジャンル=ヒロイン
タイトル=サクラ大戦TV
原作=広井王子
監督=中村隆太郎
企画=
シリーズ構成=
脚本=
キャラクターデザイン=松原秀典
メカニックデザイン=藤島康介
アニメーション制作=マッドハウス
製作=セガ SEGATBSテレビ TBS毎日放送 MBSサクラ大戦製作委員会他
放送局=TBS、MBSほか
放送開始=2000年4月
放送終了=2000年9月
話数=25話
(Wikipedia:サクラ大戦TV)

サクラ大戦シリーズのメカニック
サクラ大戦シリーズのメカニックでは、ゲーム『サクラ大戦シリーズ』に登場するメカニックについて記述する。 『サクラ大戦』初出 光武(こうぶ) 初代帝国華撃団霊子甲冑。山崎真之介(後の葵叉丹)が設計。第八話「平和な日々はデートだよ!」中で、出現した降魔との戦闘後に大破し、後の実用が不可能となる。後に帝国華撃団工廠により改修される。 大破こそしたが、叉丹を除く黒ノ巣会の怪人らを撃破した事に関しては、上層部からも高い評価を得た。 神武(じんぶ) 2代目帝国華撃団霊子甲冑。大破した光武の後継機として開発された機体。初期型の光武を改良、発展させて高出力化に成功している。乾燥重量も光武に比べて増している。 『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』では、それぞれの外見も隊員の特徴に合わせて変化している(大神の場合、背部にエンジンと翼を搭載することにより、短時間の飛行が可能になる)。また、搭乗機番号も記載されている。 ただし欠点として、光武とは比べ物にならない程の維持費がかかる。また光武以上の霊力を必要とするため、精神的にも負担が増している。 (Wikipedia:サクラ大戦シリーズのメカニック)

サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜
対応機種=ドリームキャストWindows 98/Me/2000/XP
発売元=セガ
発売日=2002年3月21日(DC)2005年3月3日(PC)2007年1月25日(PC-DVD)
ジャンル=ドラマチックアドベンチャー
レイティング=不明(DC)CERO12(PC)
キャラクター名設定=なし
エンディング数=13+1
セーブファイル数=
メディア=GD-ROM(DC)CD-ROM(PC)
画面サイズ=640x480 High Color
BGMフォーマット=
キャラクターボイス=部分
CGモード=あり
音楽モード=あり
回想モード=不明
メッセージスキップ=なし
オートモード=なし
『サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜』(さくらたいせん4 こいせよおとめ)は、株式会社セガが2002年3月21日にドリームキャスト向けに発売したゲーム。2005年3月3日にはパーソナルコンピュータ PC版が発売された。サクラ大戦シリーズの第4作。
(Wikipedia:サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜)

サクラ大戦 〜熱き血潮に〜
Plat=プレイステーション2
Genre=ドラマチックアドベンチャー
Rating=なし
Name=不可
Save=48
Media=DVD-ROM
Voice=部分
CGMode=あり
MMode=あり
EMode=なし
Skip=なし
Auto=なし
『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』(サクラたいせん あつきちしおに)は、株式会社セガが2003年2月27日にプレイステーション2向けに発売したゲーム。サクラ大戦シリーズ第1作『サクラ大戦』のリメイク作品である。
ストーリーそのものは多少イベントが追加された程度(一部シナリオの分割や旧作でメイン回がなかった紅蘭メインのシナリオの追加)で元作品と大差は無いが、ハード性能が大幅に向上したことを受けて『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』以降に導入されたシステム「ARMS」や新しい「LIPS」、隊長度による大神自身の能力値補正などを導入している。
(Wikipedia:サクラ大戦 〜熱き血潮に〜)

サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~
『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(サクラたいせんファイブ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2005年7月7日に発売したPlayStation 2用ゲームソフト『サクラ大戦シリーズ』の第5作。 2010年3月には、欧米における初のサクラ大戦シリーズとして、PlayStation 2版とWii版がNIS Americaから『Sakura Wars: So Long, My Love』のタイトルで発売。 舞台は紐育(ニューヨーク)。本作から主人公も変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。 ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なお、ラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインはジェミニを除いて新出、ジェミニは本作の前史にあたる『サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜』で先行登場している。 (Wikipedia:サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~)

サクラ大戦V
『サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~』より : 『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(サクラたいせんファイブ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2005年7月7日に発売したPlayStation 2用ゲームソフト『サクラ大戦シリーズ』の第5作。 2010年3月には、欧米における初のサクラ大戦シリーズとして、PlayStation 2版とWii版がNIS Americaから『Sakura Wars: So Long, My Love』のタイトルで発売。 舞台は紐育(ニューヨーク)。本作から主人公も変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。 ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なお、ラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインはジェミニを除いて新出、ジェミニは本作の前史にあたる『サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜』で先行登場している。 (Wikipedia:サクラ大戦V)

サクラ大戦5
『サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~』より : 『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(サクラたいせんファイブ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2005年7月7日に発売したPlayStation 2用ゲームソフト『サクラ大戦シリーズ』の第5作。 2010年3月には、欧米における初のサクラ大戦シリーズとして、PlayStation 2版とWii版がNIS Americaから『Sakura Wars: So Long, My Love』のタイトルで発売。 舞台は紐育(ニューヨーク)。本作から主人公も変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。 ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なお、ラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインはジェミニを除いて新出、ジェミニは本作の前史にあたる『サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜』で先行登場している。 (Wikipedia:サクラ大戦5)

サクラ大戦 轟華絢爛
『サクラ大戦 轟華絢爛』(サクラたいせん ごうかけんらん)は、セガのテレビゲーム作品サクラ大戦シリーズをアニメ化した全6巻のOVA作品第2弾。1999年発売。
ゲーム『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』のエンディングでパリに出発する大神一郎が、荷造り中に花組隊員との思い出の品を見つける度に回想するという構成でゲーム版では触れられることのなかったエピソード(1話が『サクラ大戦』、それ以降の話が『サクラ大戦2』の時間軸になっている)が描かれている。
詳細は帝国華撃団参照
大神一郎:陶山章央
真宮寺さくら:横山智佐
神崎すみれ:富沢美智恵
マリア・タチバナ:高乃麗
アイリス:西原久美子
李紅蘭:渕崎ゆり子
桐島カンナ:田中真弓
(Wikipedia:サクラ大戦 轟華絢爛)

サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜
Plat=プレイステーション2
Pub=セガ
Date=2004年3月18日
Genre=アドベンチャー
Name=不可
Media=DVD-ROM
Voice=大部分
CGMode=あり
MMode=あり
EMode=なし
Skip=なし
Auto=なし
『サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜』は、セガによって2004年3月18日に発売されたプレイステーション2用ソフト。サクラ大戦シリーズの外伝である「サクラ大戦物語」シリーズ第1弾となる「巴里編」である。
『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』から1年後のフランス・巴里を舞台に、劇場シャノワールの踊り子の連続失踪事件を発端とする一連の事件を描く。プレイヤーはオリジナルキャラクターである日本人の探偵・明智小次郎、または小次郎の妹・明智ミキとなり、巴里花組のメンバーと共に事件の謎を追う。
(Wikipedia:サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜)

サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~
『サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜』(サクラたいせん4 こいせよおとめ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2002年3月21日に発売したドリームキャスト用ゲームソフト。2005年3月3日にはPC版が発売された。「サクラ大戦シリーズ」の第4作。大神一郎を主人公にしたシリーズの最終作にあたる。 本作はセガのゲーム機であるドリームキャストの製造中止の決定により、本来の第4作の予定を変更してそれまでのシリーズを締めくくる区切りとなる作品として急遽制作が決定した。サクラ大戦シリーズの本編は2年以上の開発期間をかけて制作されるのが常であったが、本作は1年未満という短期間(実制作期間は10ヶ月未満という)で発売された。 これまでは連続する複数のエピソードを積み重ねてシリーズ全体のストーリーを構築するテレビアニメシリーズを意識した構成だったのに対し、本作は一つの大きなエピソードのみでストーリーを構築する完結編劇場用アニメのような構成となっており、差別化を図っている。 (Wikipedia:サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~)

サクラ大戦4
『サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~』より : 『サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜』(サクラたいせん4 こいせよおとめ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2002年3月21日に発売したドリームキャスト用ゲームソフト。2005年3月3日にはPC版が発売された。「サクラ大戦シリーズ」の第4作。大神一郎を主人公にしたシリーズの最終作にあたる。 本作はセガのゲーム機であるドリームキャストの製造中止の決定により、本来の第4作の予定を変更してそれまでのシリーズを締めくくる区切りとなる作品として急遽制作が決定した。サクラ大戦シリーズの本編は2年以上の開発期間をかけて制作されるのが常であったが、本作は1年未満という短期間(実制作期間は10ヶ月未満という)で発売された。 これまでは連続する複数のエピソードを積み重ねてシリーズ全体のストーリーを構築するテレビアニメシリーズを意識した構成だったのに対し、本作は一つの大きなエピソードのみでストーリーを構築する完結編劇場用アニメのような構成となっており、差別化を図っている。 (Wikipedia:サクラ大戦4)

サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~
『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』(サクラたいせん3 パリはもえているか)は、株式会社セガ(後の株式会社セガゲームス)が2001年3月22日に発売したドリームキャスト用ゲームソフト。後にPlayStation 2やPCにも移植された。『サクラ大戦シリーズ』の第3作。 オープニングアニメーションはProduction I.Gが手掛けている。 サブタイトルは、ラリー・コリンズとドミニク・ラピエールの著書『パリは燃えているか』が元になっている。 ストーリー 1926年のフランス・巴里。当時、世界で経済・文化共に最高水準を誇っていたそこでは、謎の怪人による事件が頻発していた。政府は対抗策として、都市を霊的に防衛する組織、すなわち「巴里華撃団」を設立する。その隊長として、1人の東洋人に焦点が当てられた。二度に渡り日本の帝都を救った「帝国華撃団・花組」の隊長を務めた、大神一郎である。 黒鬼会との戦いを終えて中尉に昇進した大神は海軍の留学生としてフランスへ渡航するが、異国の風土に馴染む間もなく、自分が派遣された真の目的を知ることとなる。 (Wikipedia:サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~)

サクラ大戦3
『サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~』より : 『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』(サクラたいせん3 パリはもえているか)は、株式会社セガ(後の株式会社セガゲームス)が2001年3月22日に発売したドリームキャスト用ゲームソフト。後にPlayStation 2やPCにも移植された。『サクラ大戦シリーズ』の第3作。 オープニングアニメーションはProduction I.Gが手掛けている。 サブタイトルは、ラリー・コリンズとドミニク・ラピエールの著書『パリは燃えているか』が元になっている。 ストーリー 1926年のフランス・巴里。当時、世界で経済・文化共に最高水準を誇っていたそこでは、謎の怪人による事件が頻発していた。政府は対抗策として、都市を霊的に防衛する組織、すなわち「巴里華撃団」を設立する。その隊長として、1人の東洋人に焦点が当てられた。二度に渡り日本の帝都を救った「帝国華撃団・花組」の隊長を務めた、大神一郎である。 黒鬼会との戦いを終えて中尉に昇進した大神は海軍の留学生としてフランスへ渡航するが、異国の風土に馴染む間もなく、自分が派遣された真の目的を知ることとなる。 (Wikipedia:サクラ大戦3)


サクラ大戦 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ドラえもん - 2018年04月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドラえもん
『ドラえもん』は、藤子・F・不二雄による日本の児童漫画・SF漫画作品である。小学館の発行している学年別学習雑誌やコロコロコミックで連載されていた。 22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも駄目で何をやらせてもドジばかりの小学生「野比のび太」の日常生活を描いた作品である。 劇中でのドラえもんは、(ロボットであることを意識しなければならない場合を除いて)ロボットとして扱われる事がほとんどなく、通常の人間関係を築いている。本作において欠かすことのできない要素であり、作品の魅力の1つとなっているのが、不思議な効力を持った数々のアイテム「ひみつ道具」である。舞台となる時代は基本的に現代の日本であるが、ドラえもんの道具を使って外国や宇宙、過去や未来へも行き来する。 メディアミックスも盛んに行われている(ドラえもんの派生作品を参照)。テレビアニメは放送30年を超える長寿番組になっており、毎年春に公開されるアニメーション映画も安定した興行収入を上げ続けている。 (Wikipedia:ドラえもん)

ドラえもんWii
『ドラえもん』より : タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
作者 藤子・F・不二雄
出版社 小学館
掲載誌 小学館の学習雑誌
コロコロコミック
てれびくん
開始 1969年
終了
冊数 45冊(未収録版を除く)
ドラえもんは藤子・F・不二雄によるギャグ漫画、SF漫画。また、その作品に登場するネコ型ロボットの名前でもあるが、それについてはドラえもん (架空のキャラクター)に記述する。
本作は1969年に小学館発行学年誌の一部(よいこ、小学一年生~四年生)で連載開始した。いずれも1970年1月号で、当時の作者名義は藤子不二雄。当初は1話ごとに完結する短編として執筆された。ちなみに、「ドラえもん」は「ウメ星デンカ」の後継連載だが、そのアイデアは入稿期日まで思い浮かばなかった。(正確には、その日までにアイディアをまとめ描き始めねばならなかった。)あせって起き上がりこぼしにつまずいたことが、「ドラえもん」のキャラクターを思いつくきっかけとなる。
(Wikipedia:ドラえもんWii)

ドラえもん (1979年のテレビアニメ)
タイトル=ドラえもん
ジャンル=漫画
原作=藤子・F・不二雄
監督=もとひら了→芝山努
企画=
シリーズ構成=
脚本=
キャラクターデザイン=中村英一
メカニックデザイン=
アニメーション制作=シンエイ動画
製作=テレビ朝日・シンエイ動画・アサツー ディ・ケイ ADK
放送局=テレビ朝日系列
放送開始=1979年4月2日
放送終了=2005年3月18日
その他=ジャンル=一般向けアニメ
コピーライト=藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
ドラえもんは、藤子・F・不二雄の漫画作品『ドラえもん』を原作とするアニメ テレビアニメである。
『ドラえもん』のアニメには以下の3作品が存在する。
(Wikipedia:ドラえもん (1979年のテレビアニメ))

ドラえもんの道具 (しは-しん)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (しは-しん)
ドラえもんの道具 (しは-しん)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「しは」で始まるものから「しん」で始まるものまでを列挙する。
シミュレーションホログラムは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。映画『のび太と竜の騎士』に登場する。
様々な出来事をコンピューターで計算し、立体映像で虚空に投影して再現する機械。劇中では白亜紀の巨大隕石による恐竜絶滅の様子を、これで再現した。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (しは-しん))

ドラえもんの道具一覧 (原作以外)
ドラえもんの道具一覧 (原作以外) は、(藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とした)藤子・F・不二雄以外の手による『ドラえもん』関連作品に登場する、未来の道具「ドラえもん#ひみつ道具 ひみつ道具」の一覧である。
ドラえもん#大長編ドラえもん 『映画ストーリー』および『大長編ドラえもん VOL.18 - 24〈まんが版▷映画シリーズ〉』(藤子・F・不二雄プロ作画)に登場するひみつ道具の一覧。
伝説復元機(『大長編ドラえもん のび太の南海大冒険』)
おしり印のきび団子(同上)
カラオケマイク(同上)
インディラジョンソンの冒険(同上)
宇宙クリームスプレータイプ(『大長編ドラえもん のび太の宇宙漂流記』)
おざしき宇宙船(同上)
スタークラッシュゲーム(同上)
(Wikipedia:ドラえもんの道具一覧 (原作以外))

ドラえもんの道具 (は)
ドラえもんの道具 (は) ドラえもんのひみつ道具 (はあ-はと) ドラえもんのひみつ道具 (はな-はん)。 (Wikipedia:ドラえもんの道具 (は))

ドラえもんの登場人物一覧
ドラえもんの登場人物一覧(ドラえもんのとうじょうじんぶついちらん)では、藤子・F・不二雄の漫画および、それを原作としたアニメ『ドラえもん』に登場する人物を記述する。また、アナウンサー、動物、少年、少女など、クレジットでは役割名が表示されていない、もしくは各人物のクレジットが表記されていないことも稀にあるため、役割名、声優については、判明できるもののみを掲載する。 本項ではドラえもん (1973年のテレビアニメ)(日本テレビ版)をテレビアニメ第1作、ドラえもん (1979年のテレビアニメ)(テレビ朝日版)をテレビアニメ第2作第1期、ドラえもん (2005年のテレビアニメ)(テレビ朝日版)をテレビアニメ第2作第2期と表記する。 主要人物 ここでは、本作の主要人物を記述する。 作者の発言や関連書籍などではドラえもんが主人公とされる場合が多いが、初期ではのび太が主人公とされる事もあった。作者はインタビュー等で「ドラえもんが主人公でのび太は副主人公」であると発言した一方で、のび太に関しては作者の自己投影であり読者が共感を持ちやすい人物とも発言しており、物語の主な視点人物はのび太となっている。 (Wikipedia:ドラえもんの登場人物一覧)

ドラえもんの道具 (しあ-しの)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (しあ-しの)
ドラえもんの道具 (しあ-しの)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「しあ」で始まるものから「しの」で始まるものまでを列挙する。
しあわせカイロは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『しあわせカイロでにっこにこ』(藤子不二雄ランド10巻収録)に登場する。
ハート型のカイロで、これを持っているとどんなことがあっても幸せな気分に浸ることができる。たとえば、道端でドブに落ちても「ドブでなく川に落ちたら溺れるところだった、ここがドブで助かった」という具合に、物事をプラス思考で考えられるようになる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (しあ-しの))

ドラえもんの道具 (こ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (こ)
ドラえもんの道具 (こ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「こ」で始まるものを列挙する。
こいこいマークは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『こいこいマークでお中元』(藤子不二雄ランド7巻収録)に登場する。
Uターンの矢印の形をしたシールで、これを地面に貼ると、その上を通った者は無意識のうちにその矢印の方角へと歩いてしまう。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (こ))

ドラえもんの道具 (み)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (み)
ドラえもんの道具 (み)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「み」で始まるものを列挙する。
見えなくなる目薬(みえなくなるめぐすり)は藤子・F・不二雄のSF漫画「ドラえもん」中に登場する架空の道具。『見えなくなる目ぐすり』(てんとう虫コミックス10巻収録)に登場する。
この目薬は、挿した人が他人に見えなくなる(ドラえもんの道具 (とあ-とこ)#透明人間目薬 透明人間目薬)のではなく、他人が見えなくなる目薬である。他人が見えないから、大変危険である。しかも、自転車などは見えるので、のび太はオバケと勘違いした。本来の用途がよく分からない道具。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (み))

ドラえもんの道具一覧
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧
ドラえもんの道具一覧(ドラえもんのどうぐいちらん)は、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)の一覧である。
藤子・F・不二雄本人は、かつてファンの子供からドラえもんの道具の数を訊ねられて、とっさに「1293個」と答えたエピソードがあったが、ドラえもんの学術的研究を行なっている富山大学教育学部の横山泰行教授が、単行本や雑誌などに掲載された全作品を調査した結果、ドラえもんの道具は計1963個あることが分かっている。ただし、テレビアニメで出した秘密道具の数は、2006年1月31日放送の「Matthew”s Best Hit TV+」で、2100個にも及ぶことがわかった。
(Wikipedia:ドラえもんの道具一覧)

ドラえもんの道具
『ドラえもんの道具一覧』より : ひみつ道具(ひみつどうぐ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』、および他者の『ドラえもん』派生作品に登場する、未来の道具を指す総称。作中では、未来の国(22世紀のトーキョー)で生まれたロボット「ドラえもん」が四次元ポケットから取り出したりすることで登場する。 子守ロボットならではの道具が多く存在し、ほとんどは人間業を遥かに凌ぐ力を誇る。基本的には便利とされる物を中心とし、子供から大人まで射幸性を刺激する。尚、中には攻撃的な道具も存在するが、生命に関わる程の攻撃が出来る物は少ない。 物を無限に収納できる四次元ポケットには、ボタン電池ほどのロボッターから、巨大な風雲ドラえもん城まで、さまざまな大きさの物品をいろいろと収納している。そういった性格のポケットをドラえもんが装備しているため、作品全体を通して数多くのひみつ道具が登場する。 定義範囲 小学館や藤子・F・不二雄プロといった正当な著作権者が監修しているため、『ドラえもん』派生作品に登場するひみつ道具と、藤子の『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1 - VOL.17)に登場するひみつ道具は、名目上は同列に扱われていることになる。 (Wikipedia:ドラえもんの道具)

ドラえもんのひみつ道具
『ドラえもんの道具一覧』より : ひみつ道具(ひみつどうぐ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』、および他者の『ドラえもん』派生作品に登場する、未来の道具を指す総称。作中では、未来の国(22世紀のトーキョー)で生まれたロボット「ドラえもん」が四次元ポケットから取り出したりすることで登場する。 子守ロボットならではの道具が多く存在し、ほとんどは人間業を遥かに凌ぐ力を誇る。基本的には便利とされる物を中心とし、子供から大人まで射幸性を刺激する。尚、中には攻撃的な道具も存在するが、生命に関わる程の攻撃が出来る物は少ない。 物を無限に収納できる四次元ポケットには、ボタン電池ほどのロボッターから、巨大な風雲ドラえもん城まで、さまざまな大きさの物品をいろいろと収納している。そういった性格のポケットをドラえもんが装備しているため、作品全体を通して数多くのひみつ道具が登場する。 定義範囲 小学館や藤子・F・不二雄プロといった正当な著作権者が監修しているため、『ドラえもん』派生作品に登場するひみつ道具と、藤子の『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1 - VOL.17)に登場するひみつ道具は、名目上は同列に扱われていることになる。 (Wikipedia:ドラえもんのひみつ道具)

ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ)
タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
タイトル ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ) ドラえもん(テレビ朝日版)
監督 もとひら了
芝山努
楠葉宏三(総監督)
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ ADK
シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送開始 1979年4月2日
放送終了 放映中
(Wikipedia:ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ))

ドラえもん (テレビ朝日版アニメ)
『ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ)』より : タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
タイトル ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ) ドラえもん(テレビ朝日版)
監督 もとひら了
芝山努
楠葉宏三(総監督)
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ ADK
シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送開始 1979年4月2日
放送終了 放映中
(Wikipedia:ドラえもん (テレビ朝日版アニメ))

ドラえもんの道具 (1979-2005年のテレビアニメ)
このページではドラえもんの道具(ドラえもんのどうぐ)、いわゆるドラえもん#ひみつ道具 ひみつ道具のなかで、藤子・F・不二雄原作のアニメ『ドラえもん』(ドラえもん (1979年のテレビアニメ)#第1期 第2作1期)に登場するものを列挙する。
あげま賞は、「あげま賞」(2000年3月27日放送、ビデオソフト未収録)に登場する。
賞状の形をしている道具。この道具で「――を――したで賞」という感じに賞を作り、その賞のとおりのことを実際にやると、賞のとおりにしてもらった人から賞状がもらえる。
ただし、できそうにないことを賞にすると、賞をもらう前にひどい目に遭う。作中ではのび太が「テストで百点を取ったで賞」を作ったところ、猛勉強をする羽目になってしまった。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (1979-2005年のテレビアニメ))

ドラえもんの道具 (ひ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (ひ)
ドラえもんの道具 (ひ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「ひ」で始まるものを列挙する。
ピーアールは藤子・F・不二雄のSF漫画・ギャグ漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。てんとう虫コミックス第25巻『な、なんと!!のび太が百点とった!!』にて登場。
どんな出来事でも人に知らせて望み通りの反応をさせることが出来る、文字通りピーアール用の道具。ピーアールの段階には並・中・上・特上の4種類があり、好きな段階を選べる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (ひ))

ドラえもんの道具 (す)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (す)
ドラえもんの道具 (す)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「す」で始まるものを列挙する。
※ドラえもんの道具 (かあ-かそ)#海底ハイキングセット 海底ハイキングセットの項目を参照。
※空気砲#水圧砲 空気砲の項目を参照。
すいかストローは、藤子・F・不二雄のSF漫画・ギャグ漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。「ドラえもん大事典」(てんとう虫コミックス11巻に収録)に登場する。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (す))

ドラえもんの道具 (ほ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (ほ)
ドラえもんの道具 (ほ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「ほ」で始まるものを列挙する。
望遠メガフォン(ぼうえん -)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『望遠メガフォン』(「小学五年生」1986年4月号掲載)に登場する。
この道具に付いているスコープで遠くにいる誰かに照準を合わせ、さらにこの道具に声や音を吹き込むと、照準内の相手がどんなに遠くにいようとも、その声や音を聞かせることができる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (ほ))

ドラえもんの道具 (とあ-とこ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (とあ-とこ)
ドラえもんの道具 (とあ-とこ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「とあ」で始まるものから「とこ」で始まるものまでを列挙する。
桃源壷(とうげんつぼ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。てんとう虫コミックススペシャル「ザ・ドラえもんズスペシャル」4巻収録「桃源壷」に登場する。
ザ・ドラえもんズ ドラえもんズの一員・ザ・ドラえもんズ#王ドラ 王ドラの道具。壷の中に、特殊空間による桃源郷が広がっている。中に入ると、俗世間から離れ、一切の苦痛と無縁の快楽に満ちた生活を送る事ができる。不老不死の桃や、永遠に喉の渇きを感じなくなる水の流れる川もあるので、飢えや渇きを感じることもない。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (とあ-とこ))


ドラえもん - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  文藝春秋 - 2018年04月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



文藝春秋
株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、英語: Bungeishunju Ltd.)は、日本の出版社。東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。 1923年(大正12年)1月、文藝春秋社として菊池寛が創業。 1946年(昭和21年)3月、「戦争協力」のため解散したが、佐佐木茂索をはじめとする社員有志により同年6月、株式会社文藝春秋新社が設立される。 1966年(昭和41年)3月、現在の社名に改められる。芥川賞や直木賞をはじめ、多くの文芸賞を手がけている。 過去には東京12チャンネルにて1968年から1981年まで放映されていた、各界著名人の生涯を紹介する『人に歴史あり』に協力していたこともある。 社員の初任給は260,000円(月収)。なお、1968年まで組合は存在せず社員会であった。 本館が文藝春秋本社であり、新館と西館がテナントビルである。新館はプランテック、日本文藝家協会、シティリビング、三井物産マーケティングなど十社程度が入居、西館は地下1階に文春ホール、1階にグランドプリンスホテル赤坂運営の「ラウンジ春秋館」、6階に談話室・執筆室のほかは日本民間放送連盟が入居している。 (Wikipedia:文藝春秋)

文藝春秋漫画賞
文藝春秋漫画賞(ぶんげいしゅんじゅうまんがしょう)は、かつて文藝春秋が主催していた漫画に対する賞である。 1955年に設立。漫画集団や雑誌『文藝春秋漫画讀本』に代表されるような、「児童漫画や劇画と一線を画する」現在では「大人漫画」と呼ばれる旧来の「漫画」を表彰するために作られた賞であり、4コマ漫画、一コマ漫画、風刺漫画を対象とした漫画賞だった。ただし、「新人賞」なのか「功労賞」なのかが曖昧で、選考が一貫しなかった。 山藤章二、和田誠、古川タクのイラスト、長新太の絵本、マッド・アマノのパロディ作品なども受賞している。イラストや絵本やパロディ作品も、現代日本の漫画文化を形成する重要な一形態として評価した。 だが、後期は「大人漫画」が衰退したため、かつての「児童漫画」であるところのギャグ漫画が選考対象に含まれ、吉田戦車の『伝染るんです。』などが受賞をすることになった。選考基準があいまいになり、誰が何故、受賞するか予測不可能な賞とも言われるようになる。江口寿史、とり・みき等ベテラン作家が受賞した際には、審査委員長が彼らの作品を「初めて読んで感心した」といった内容のコメントをしていた。 (Wikipedia:文藝春秋漫画賞)

文藝春秋 (雑誌)
『文藝春秋』(ぶんげいしゅんじゅう)は、株式会社文藝春秋が発行する月刊雑誌(総合誌)である。 1923年(大正12年)1月、菊池寛が私財を投じて創刊した。実際の発売は前年の暮れである。 価格は1部10銭、部数は3000部、発売元は春陽堂であった。誌名の由来は菊池が『新潮』で連載していた文芸時評のタイトルから来ている。その後、関東大震災の影響で印刷済みの同年9月号が焼失したため休刊となったものの、順調に部数を伸ばした。また「座談会」という言葉を初めて用いた。1930年代には、文芸雑誌から総合雑誌へと、性格を変えた。また、芥川賞受賞作の掲載誌としても権威を高めた。 敗戦占領期には、菊池が戦争責任を問われ公職追放となり、一時廃刊の危機にあったが、池島信平・鷲尾洋三が編集長となり佐々木茂索を社長として「文藝春秋新社」として再発足。 毎月10日発売(発行日は1日)。判型はA5判、ページ数は通常は約450ページ。目次は折り畳み式。カバージャンルは政治、経済、経営、社会、歴史、芸能、軍事、皇室、教育、医療、スポーツと多岐に及んでいる。 (Wikipedia:文藝春秋 (雑誌))

文藝春秋 (出版社)
株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう)は、日本の出版社。
1923年1月、文藝春秋社として菊池寛が創業した。
1946年3月、解散したが、社員有志により同年6月、株式会社文藝春秋新社が設立される。
1966年3月、現在の社名に改められる。
芥川龍之介賞 芥川賞をはじめ、多くの文芸賞を手がけている。
売上利益の7割以上を雑誌Sports Graphic Number Numberと本社新館の家賃収入で賄っている。社員の初任給は258,000円、局長クラスは3000万円超と業界内でも高い給与水準を誇る。なお、労働組合は結成が禁止されており、代わりに「社員会」(社長が代表を務める)が結成されている。
所在地 東京都千代田区紀尾井町3番23号
(Wikipedia:文藝春秋 (出版社))

文藝春秋社
『文藝春秋 (出版社)』より : 株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、英語: Bungeishunju Ltd.)は、日本の出版社。東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。 1923年(大正12年)1月、文藝春秋社として菊池寛が創業。 1946年(昭和21年)3月、「戦争協力」のため解散したが、佐佐木茂索をはじめとする社員有志により同年6月、株式会社文藝春秋新社が設立される。 1966年(昭和41年)3月、現在の社名に改められる。芥川賞や直木賞をはじめ、多くの文芸賞を手がけている。 過去には東京12チャンネルにて1968年から1981年まで放映されていた、各界著名人の生涯を紹介する『人に歴史あり』に協力していたこともある。 社員の初任給は260,000円(月収)。なお、1968年まで組合は存在せず社員会であった。 本館が文藝春秋本社であり、新館と西館がテナントビルである。新館はプランテック、日本文藝家協会、シティリビング、三井物産マーケティングなど十社程度が入居、西館は地下1階に文春ホール、1階にグランドプリンスホテル赤坂運営の「ラウンジ春秋館」、6階に談話室・執筆室のほかは日本民間放送連盟が入居している。 (Wikipedia:文藝春秋社)

文藝春秋読者賞
文藝春秋読者賞(ぶんげい しゅんじゅう どくしゃしょう)は、「文藝春秋」の読者が、同誌の最も優れた記事を表彰する賞である。 毎年12月号で募集される。読者は、その年の1月号から12月号までの全記事から、最も面白かった、最も感銘深かった記事を一つ選ぶ。連載、コラム、グラビアも対象となる。それを綴じ込みの料金受取人払いの葉書に書き、編集部へ郵送する。1954年から63年までは年二回であった。 投票数一位から十位までの記事から選考委員が審議して決定する。受賞作は毎年2月号で発表される。受賞者には、賞金の五十万円と記念品の時計が贈られる。また、応募した読者からは抽選で三十名に三万円、二百名に図書カード三千円分が贈られる。 受賞作 (発表は当該年度翌年の2月号) 第1回(1949年)辰野隆、サトウハチロー、徳川夢声「天皇陛下大いに笑ふ」 第2回(1950年)坂口安吾「巷談」 第3回(1951年)尾崎士郎「天皇機関説」 第4回(1952年)小泉信三「平和論」 第5回(1953年)阿部真之助「現代政治家論」 第6回(1954年上)行広房子「原爆少女母親の記録」 第7回(1954年下)中谷宇吉郎「科学と国境」 第8回(1955年上)吉川英治「忘れ残りの記」 第9回(1955年下)文藝春秋編集部「新聞の尻に敷かれる日本人」 第10回(1956年上)大宅壮一「日本の裏海道を行く」 第11回(1956年下)山下清「ハダカの王様西へ行く」 第12回(1957年上)鈴木茂三郎「一社会主義者の半生」 第13回(1957年下)伊藤正徳「三笠の偉大と悲惨」 第14回(1958年上)竹山道雄「妄想とその犠牲」 第15回(1958年下)美濃部亮吉「苦悶するデモクラシー」 第16回(1959年上)松本清張「小説帝銀事件」 第17回(1959年下)菊地政男・山地正「白い肌と黄色い隊長」  第18回(1960年上)井上靖『蒼き狼』 第19回(1960年下)該当作なし 第20回(1961年上)加東大介「南海の芝居に雪が降る」 第21回(1961年下)松下幸之助「所得倍増の二日酔い」角田房子「東独のヒルダ」ほか 第22回(1962年上)山中峯太郎「実録アジアの曙」 第23回(1962年下)堀江謙一「太平洋ひとりぼっち」 第24回(1963年上)杉森久英「昭和の謎辻政信伝」 第25回(1963年下)城山三郎「硫黄島に死す」 第26回(1964年)石川達三「私一人の私」 第27回(1965年)水上勉「城」 第28回(1966年)草柳大蔵「現代王国論」 第29回(1967年)有吉佐和子「海暗」 第30回(1968年)司馬遼太郎「歴史を紀行する」 第31回(1969年)石原慎太郎・小田実「日本について語ろう」 第32回(1970年)田村洪「対立する三人の公害告発者」 第33回(1971年)福林正之「かかる聖医ありき」 第34回(1972年)吉村昭「深海の使者」 第35回(1973年)山本七平「ある異常体験者の偏見」 第36回(1974年)立花隆・児玉隆也「特集 田中角栄研究」 第37回(1975年)江藤淳「海は甦る」 第38回(1976年)夏之炎「北京のいちばん寒い冬」 第39回(1977年)本田靖春「誘拐」 第40回(1978年)土門周平ほか「第三次世界大戦」 第41回(1979年)森嶋通夫・関嘉彦「大論争 戦争と平和」澤地久枝「昭和史のおんな」 第42回(1980年)上前淳一郎「洞爺丸はなぜ沈んだか」 第43回(1981年)長谷川慶太郎「世界が日本を見習う日」文藝春秋編集部「市民への直通電話」 第44回(1982年)ドウス昌代「ブリエアの解放者たち」 第45回(1983年)立花隆「田中角栄と私の9年間」読者投稿「されどわが満洲」 第46回(1984年)永井陽之助「現代と戦略」丸谷才一、木村尚三郎、山崎正和「鼎談書評」 第47回(1985年)浅利慶太「企業トップの『わが決断』」半藤一利「聖断」 第48回(1986年)渡辺淳一『静寂の声』藤尾正行「"放言大臣"大いに吠える」 第49回(1987年)深田祐介『新東洋事情』大前研一「「見えない税金」に怒れ」 第50回(1988年)林真理子「いいかげんにしてよアグネス」眞神博「衝突現場 15分間の新事実」 第51回(1989年)宮尾登美子『松風の家』、編集部「「輝ける昭和人」血族の証言55」 第52回(1990年)山崎豊子『大地の子』、「昭和天皇の独白八時間」 第53回(1991年)中村紘子「ピアニストという蛮族がいる」城山三郎「本田宗一郎は泣いている」 第54回(1992年)佐々淳行「東大のいちばん長い日」(東大落城) 第55回(1993年)矢野絢也「極秘メモ全公開」伊藤律「『日本のユダ』と呼ばれて」 第56回(1994年)柳田邦男「犠牲 わが息子・脳死の11日」 第57回(1995年)近藤誠「あなたがガンになったとき」、編集部「美しき日本人50の肖像」 第58回(1996年)猪瀬直樹「日本国の研究」 第59回(1997年)稲泉連「僕が学校を辞めると言った日」久田恵「息子の心、親知らず」柳田邦男「脳治療革命の朝」 第60回(1998年)三好万季「四人はなぜ死んだのか」美智子「子供時代の読書の思い出」(特別賞) 第61回(1999年)「20世紀日本の戦争」阿川弘之、中西輝政、秦郁彦、福田和也、猪瀬直樹/日垣隆「『買ってはいけない』は嘘である」 第62回(2000年)堀内光雄「石油公団は解散しろ」石原慎太郎「わが人生の時の人々」 第63回(2001年)塩野七生「日本人へ! ビンラディンにどう勝つか」山崎敏子「小児がん 九歳の息子が遺した言葉」 第64回(2002年)城山三郎「私をボケと罵った自民党議員へ」編集部「遺書 80歳 魂の記録」 第65回(2003年)加藤恭子「昭和天皇「謝罪詔勅草稿」の発見」片桐幸雄「道路公団藤井総裁の嘘と専横」 第66回(2004年)岩瀬達哉「伏魔殿 社会保険庁を解体せよ」田中一昭、松田昌士「小泉総理、石原国交相、猪瀬委員に問う 「道路公団」裏切りの民営化全内幕」 第67回(2005年)「日中韓「靖国参拝」大論争」櫻井よしこ,田久保忠衛, 劉江永[他] 「日本 敗れたり--あの戦争になぜ負けたのか」半藤一利, 保阪正康, 中西輝政、福田和也、加藤陽子、戸高一成 第68回(2006年)玄侑宗久・柳澤桂子「般若心経 いのちの対話」 第69回(2007年)「昭和の海軍 エリート集団の栄光と失墜」半藤一利、秦郁彦、戸高一成、福田和也、平間洋一 第70回(2008年)戸塚洋二「あと三カ月 死への準備日記」佐藤優「インテリジェンス交渉術」 第71回(2009年)藤原正彦「名著講義」 第72回(2010年)村木厚子「私は泣かない、屈さない」渡辺淳一「天上紅蓮」 第73回(2011年)「田中角栄の恋文」佐藤あつ子、立花隆(解説) 第74回(2012年)柳田邦男「原発事故 私の最終報告書」保阪正康「太平洋戦争知られざる証言」 第75回(2013年)五木寛之「うらやましい死に方」野上孝子「山崎豊子先生の素顔」 選考委員 1956-58 辰野隆、今日出海、宮澤俊義、河上徹太郎、浦松佐美太郎、福原麟太郎、金森徳次郎  1959-72 金森死去、代わって池島信平 1973-75 会田雄次、江藤淳、丸谷才一、曽野綾子、沢村三木男 1976-77 有吉佐和子、山口瞳、山本七平、沢村 1978 有吉、江藤淳、曽野綾子、丸谷、沢村 1979 有吉、山口瞳、山本七平、沢村 1980-81 井上ひさし、山崎朋子、吉村昭、渡部昇一、千葉源蔵 1982 井上が抜ける 1983 柳田邦男、澤地久枝、深田祐介、千葉 1984 ---- ---- ----、上林吾郎 1985-89 阿川弘之、佐伯彰一、桐島洋子、上林 1990-96 --、--、--、田中健五 1997 --、--、--、安藤満 1998-2000 渡辺淳一、浅利慶太、櫻井よしこ、安藤 2001-05 深田祐介、浅利慶太、渡辺淳一、櫻井よしこ、白石勝 2006-09 深田、浅利、渡辺、櫻井、上野徹 2010-2013 深田、浅利、渡辺淳一、櫻井、平尾隆弘 2014 山内昌之、鈴木敏夫、阿川佐和子、平尾隆弘 参考 『最新文学賞事典』日外アソシエーツ、2014 。 (Wikipedia:文藝春秋読者賞)


文藝春秋 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す