[PR]

日別キーワード

第3位  サクラ大戦 - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



サクラ大戦
『サクラ大戦』(サクラたいせん)は、1996年9月27日にセガ(後のセガゲームス)よりセガサターン用ソフトとして発売されたドラマチックアドベンチャーゲーム。後にゲームのみならずアニメや舞台などのメディアミックス作品として発展することとなった『サクラ大戦シリーズ』の第1作である。サクラ大戦1とも。 CESA大賞’96 年間作品部門 大賞受賞。 Windows用とドリームキャスト用として移植版が、PlayStation 2では『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』のタイトルでリメイク版が発売されている。また、PlayStation Portableでは『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』とのカップリング移植版が発売された。 ストーリー 時は太正十二年の日本。帝国海軍の士官学校を首席で卒業した新任少尉である大神一郎は、財界の大物である花小路伯爵より、秘密部隊「帝国華撃団」隊長の任を受け、帝都東京は銀座の帝国華撃団本部へ出頭する。 (Wikipedia:サクラ大戦)

サクラ大戦シリーズの登場人物
サクラ大戦シリーズの登場人物(サクラたいせんシリーズのとうじょうじんぶつ)は、セガ(後のセガゲームス)のコンピュータゲーム『サクラ大戦シリーズ』と、それに関連するメディアミックス作品に登場する人物の一覧である。 帝国華撃団に属するキャラクター→帝国華撃団参照 巴里華撃団に属するキャラクター→巴里華撃団参照 紐育華撃団に属するキャラクター→紐育華撃団参照 その他→主要作品、関連作品、映像作品の各ページを参照。 (Wikipedia:サクラ大戦シリーズの登場人物)

サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜
対応機種=セガサターンドリームキャストWindows 95/98/MeWindows 2000/XP/Vista
発売元=セガ大新資訊(PC中国語)
発売日=1998年4月4日(SS)2000年9月21日(DC)2001年3月1日(PC)2001年11月10日(PC中国語)2003年3月20日(PC-XP)2007年1月25日(PC-DVD)
ジャンル=ドラマチックアドベンチャー
レイティング=なし
キャラクター名設定=否
エンディング数=8
セーブファイル数=
メディア=CD-ROM(SS,PC)GD-ROM(DC)
画面サイズ=640x480 High Color
キャラクターボイス=部分
CGモード=あり
音楽モード=あり
回想モード=あり
メッセージスキップ=なし
オートモード=なし
備考=
『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』(サクラたいせん2 きみ、しにたもうことなかれ)は、株式会社セガがセガサターン向けに発売したゲーム。発売日は1998年4月4日。サクラ大戦シリーズの第2弾にあたる。
(Wikipedia:サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜)

サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜
対応機種=ドリームキャストWindows 98/Me/2000/XPプレイステーション2
発売日=2001年3月22日(DC)2004年3月25日(PC)2005年2月24日(PS2)2007年1月25日(PC-DVD)2008年10月23日(PS2、廉価版)
ジャンル=ドラマチックアドベンチャー
レイティング=不明(DC,PC)CERO15(PS2)
キャラクター名設定=なし
エンディング数=7
セーブファイル数=
メディア=GD-ROM(DC)CD-ROM(PC)DVD-ROM(PS2)
画面サイズ=640x480 High Color
BGMフォーマット=あり
キャラクターボイス=主人公以外
CGモード=あり
音楽モード=あり
回想モード=あり
メッセージスキップ=なし
オートモード=なし
備考=
『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』(サクラたいせん3 パリはもえているか)は、株式会社セガが2001年3月22日にドリームキャスト向けに発売したゲーム。後にプレイステーション2やパーソナルコンピュータ PC向けも発売される。サクラ大戦シリーズの第3作。シリーズ唯一の15歳以上対象作品でもある。
(Wikipedia:サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜)

サクラ大戦シリーズ
サクラ大戦シリーズ(サクラたいせんシリーズ、英字表記:Sakura Wars または Sakura Taisen)は、日本のゲームメーカーセガゲームス(2015年3月まではセガ)より1996年から開発、販売されているアドベンチャーゲーム、およびそれを原作としたアニメ、ドラマCD、舞台ショウなど派生作品のシリーズである。 現実世界の大正時代の風俗を感じさせるスチームパンクな雰囲気の「太正」時代を舞台に、主人公(プレイヤー)が特殊部隊「帝国華撃団・花組」を率いて悪しき魔物と戦うゲーム。アドベンチャーゲームパートでとった行動による主人公への好感度の変化が、戦略シミュレーションゲームパートでの花組隊員の戦闘力に影響するシステム。基本的には恋愛シミュレーションゲームだが、戦略シミュレーションゲームでもあり、演出面ではスチームパンク、大正浪漫、戦隊ヒーローもの、時代劇の構成(勧善懲悪・殺陣など)、歌謡曲、演劇、ロボット、オカルトと幅広い要素を融合させた意欲作で、更に高品質なアニメなども先進的に取り入れている。 (Wikipedia:サクラ大戦シリーズ)

サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜
Plat=プレイステーション2
Pub=セガ
Date=2005年7月7日
Genre=ドラマチックアドベンチャー
Name=不可
Media=DVD-ROM
Voice=部分
CGMode=あり
MMode=あり
EMode=あり
Skip=なし
Auto=なし
『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(さくらたいせんふぁいぶ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガが2005年7月7日にプレイステーション2向けに発売したゲーム。サクラ大戦シリーズの第5弾にあたる。
今作品の舞台は紐育(ニューヨーク)。(1作目、2作目、4作目では舞台が帝都(東京)、3作目では舞台が巴里(パリ)。)
今作品から主人公が変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。
ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なおラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインは新出(ただしジェミニは本作の前史に当たる『荒野のサムライ娘』で先行登場)。サブタイトルはレイモンド・チャンドラーのさらば愛しき女よから。当初はツタンカーメンのエピソードも加える予定ではあったが、やむをえない事情でカットされてしまった。なおこのエピソードは、OVAである『サクラ大戦 ニューヨーク・紐育』として描かれている。
(Wikipedia:サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜)

サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜
Plat=プレイステーション2
Pub=セガ
Date=2004年9月22日
Genre=ドラマチックアクション
Media=DVD-ROM
Voice=部分
CGMode=あり
MMode=あり
Skip=なし
『サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜』(サクラたいせんふぁいぶ えぴそーどぜろ こうやのサムライむすめ)は、株式会社セガが2004年9月22日に日本語、中国語、及び韓国語でプレイステーション2向けに発売したゲーム。
1927年。テキサス生まれのカウガール、ジェミニ・サンライズは、師匠ミフネの遺言により愛馬ラリーと愛剣レッド・サンを手に紐育を目指して旅をしていた。途中、謎の集団に襲われているところを助けた少女フワニータと共に旅をすることになったジェミニだったが、その後フワニータとアメリカの存亡を賭けた戦いに巻き込まれていくことを彼女はまだ知らなかった。
(Wikipedia:サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜)

サクラ大戦TV
タイトル=サクラ大戦
サイズ=
説明=
ジャンル=ヒロイン
タイトル=サクラ大戦TV
原作=広井王子
監督=中村隆太郎
企画=
シリーズ構成=
脚本=
キャラクターデザイン=松原秀典
メカニックデザイン=藤島康介
アニメーション制作=マッドハウス
製作=セガ SEGATBSテレビ TBS毎日放送 MBSサクラ大戦製作委員会他
放送局=TBS、MBSほか
放送開始=2000年4月
放送終了=2000年9月
話数=25話
(Wikipedia:サクラ大戦TV)

サクラ大戦シリーズのメカニック
サクラ大戦シリーズのメカニックでは、ゲーム『サクラ大戦シリーズ』に登場するメカニックについて記述する。 『サクラ大戦』初出 光武(こうぶ) 初代帝国華撃団霊子甲冑。山崎真之介(後の葵叉丹)が設計。第八話「平和な日々はデートだよ!」中で、出現した降魔との戦闘後に大破し、後の実用が不可能となる。後に帝国華撃団工廠により改修される。 大破こそしたが、叉丹を除く黒ノ巣会の怪人らを撃破した事に関しては、上層部からも高い評価を得た。 神武(じんぶ) 2代目帝国華撃団霊子甲冑。大破した光武の後継機として開発された機体。初期型の光武を改良、発展させて高出力化に成功している。乾燥重量も光武に比べて増している。 『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』では、それぞれの外見も隊員の特徴に合わせて変化している(大神の場合、背部にエンジンと翼を搭載することにより、短時間の飛行が可能になる)。また、搭乗機番号も記載されている。 ただし欠点として、光武とは比べ物にならない程の維持費がかかる。また光武以上の霊力を必要とするため、精神的にも負担が増している。 (Wikipedia:サクラ大戦シリーズのメカニック)

サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜
対応機種=ドリームキャストWindows 98/Me/2000/XP
発売元=セガ
発売日=2002年3月21日(DC)2005年3月3日(PC)2007年1月25日(PC-DVD)
ジャンル=ドラマチックアドベンチャー
レイティング=不明(DC)CERO12(PC)
キャラクター名設定=なし
エンディング数=13+1
セーブファイル数=
メディア=GD-ROM(DC)CD-ROM(PC)
画面サイズ=640x480 High Color
BGMフォーマット=
キャラクターボイス=部分
CGモード=あり
音楽モード=あり
回想モード=不明
メッセージスキップ=なし
オートモード=なし
『サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜』(さくらたいせん4 こいせよおとめ)は、株式会社セガが2002年3月21日にドリームキャスト向けに発売したゲーム。2005年3月3日にはパーソナルコンピュータ PC版が発売された。サクラ大戦シリーズの第4作。
(Wikipedia:サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜)

サクラ大戦 〜熱き血潮に〜
Plat=プレイステーション2
Genre=ドラマチックアドベンチャー
Rating=なし
Name=不可
Save=48
Media=DVD-ROM
Voice=部分
CGMode=あり
MMode=あり
EMode=なし
Skip=なし
Auto=なし
『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』(サクラたいせん あつきちしおに)は、株式会社セガが2003年2月27日にプレイステーション2向けに発売したゲーム。サクラ大戦シリーズ第1作『サクラ大戦』のリメイク作品である。
ストーリーそのものは多少イベントが追加された程度(一部シナリオの分割や旧作でメイン回がなかった紅蘭メインのシナリオの追加)で元作品と大差は無いが、ハード性能が大幅に向上したことを受けて『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』以降に導入されたシステム「ARMS」や新しい「LIPS」、隊長度による大神自身の能力値補正などを導入している。
(Wikipedia:サクラ大戦 〜熱き血潮に〜)

サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~
『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(サクラたいせんファイブ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2005年7月7日に発売したPlayStation 2用ゲームソフト『サクラ大戦シリーズ』の第5作。 2010年3月には、欧米における初のサクラ大戦シリーズとして、PlayStation 2版とWii版がNIS Americaから『Sakura Wars: So Long, My Love』のタイトルで発売。 舞台は紐育(ニューヨーク)。本作から主人公も変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。 ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なお、ラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインはジェミニを除いて新出、ジェミニは本作の前史にあたる『サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜』で先行登場している。 (Wikipedia:サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~)

サクラ大戦V
『サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~』より : 『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(サクラたいせんファイブ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2005年7月7日に発売したPlayStation 2用ゲームソフト『サクラ大戦シリーズ』の第5作。 2010年3月には、欧米における初のサクラ大戦シリーズとして、PlayStation 2版とWii版がNIS Americaから『Sakura Wars: So Long, My Love』のタイトルで発売。 舞台は紐育(ニューヨーク)。本作から主人公も変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。 ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なお、ラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインはジェミニを除いて新出、ジェミニは本作の前史にあたる『サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜』で先行登場している。 (Wikipedia:サクラ大戦V)

サクラ大戦5
『サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~』より : 『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(サクラたいせんファイブ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2005年7月7日に発売したPlayStation 2用ゲームソフト『サクラ大戦シリーズ』の第5作。 2010年3月には、欧米における初のサクラ大戦シリーズとして、PlayStation 2版とWii版がNIS Americaから『Sakura Wars: So Long, My Love』のタイトルで発売。 舞台は紐育(ニューヨーク)。本作から主人公も変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。 ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なお、ラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインはジェミニを除いて新出、ジェミニは本作の前史にあたる『サクラ大戦V EPISODE 0〜荒野のサムライ娘〜』で先行登場している。 (Wikipedia:サクラ大戦5)

サクラ大戦 轟華絢爛
『サクラ大戦 轟華絢爛』(サクラたいせん ごうかけんらん)は、セガのテレビゲーム作品サクラ大戦シリーズをアニメ化した全6巻のOVA作品第2弾。1999年発売。
ゲーム『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』のエンディングでパリに出発する大神一郎が、荷造り中に花組隊員との思い出の品を見つける度に回想するという構成でゲーム版では触れられることのなかったエピソード(1話が『サクラ大戦』、それ以降の話が『サクラ大戦2』の時間軸になっている)が描かれている。
詳細は帝国華撃団参照
大神一郎:陶山章央
真宮寺さくら:横山智佐
神崎すみれ:富沢美智恵
マリア・タチバナ:高乃麗
アイリス:西原久美子
李紅蘭:渕崎ゆり子
桐島カンナ:田中真弓
(Wikipedia:サクラ大戦 轟華絢爛)

サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜
Plat=プレイステーション2
Pub=セガ
Date=2004年3月18日
Genre=アドベンチャー
Name=不可
Media=DVD-ROM
Voice=大部分
CGMode=あり
MMode=あり
EMode=なし
Skip=なし
Auto=なし
『サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜』は、セガによって2004年3月18日に発売されたプレイステーション2用ソフト。サクラ大戦シリーズの外伝である「サクラ大戦物語」シリーズ第1弾となる「巴里編」である。
『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』から1年後のフランス・巴里を舞台に、劇場シャノワールの踊り子の連続失踪事件を発端とする一連の事件を描く。プレイヤーはオリジナルキャラクターである日本人の探偵・明智小次郎、または小次郎の妹・明智ミキとなり、巴里花組のメンバーと共に事件の謎を追う。
(Wikipedia:サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜)

サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~
『サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜』(サクラたいせん4 こいせよおとめ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2002年3月21日に発売したドリームキャスト用ゲームソフト。2005年3月3日にはPC版が発売された。「サクラ大戦シリーズ」の第4作。大神一郎を主人公にしたシリーズの最終作にあたる。 本作はセガのゲーム機であるドリームキャストの製造中止の決定により、本来の第4作の予定を変更してそれまでのシリーズを締めくくる区切りとなる作品として急遽制作が決定した。サクラ大戦シリーズの本編は2年以上の開発期間をかけて制作されるのが常であったが、本作は1年未満という短期間(実制作期間は10ヶ月未満という)で発売された。 これまでは連続する複数のエピソードを積み重ねてシリーズ全体のストーリーを構築するテレビアニメシリーズを意識した構成だったのに対し、本作は一つの大きなエピソードのみでストーリーを構築する完結編劇場用アニメのような構成となっており、差別化を図っている。 (Wikipedia:サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~)

サクラ大戦4
『サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~』より : 『サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜』(サクラたいせん4 こいせよおとめ)は、株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)が2002年3月21日に発売したドリームキャスト用ゲームソフト。2005年3月3日にはPC版が発売された。「サクラ大戦シリーズ」の第4作。大神一郎を主人公にしたシリーズの最終作にあたる。 本作はセガのゲーム機であるドリームキャストの製造中止の決定により、本来の第4作の予定を変更してそれまでのシリーズを締めくくる区切りとなる作品として急遽制作が決定した。サクラ大戦シリーズの本編は2年以上の開発期間をかけて制作されるのが常であったが、本作は1年未満という短期間(実制作期間は10ヶ月未満という)で発売された。 これまでは連続する複数のエピソードを積み重ねてシリーズ全体のストーリーを構築するテレビアニメシリーズを意識した構成だったのに対し、本作は一つの大きなエピソードのみでストーリーを構築する完結編劇場用アニメのような構成となっており、差別化を図っている。 (Wikipedia:サクラ大戦4)

サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~
『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』(サクラたいせん3 パリはもえているか)は、株式会社セガ(後の株式会社セガゲームス)が2001年3月22日に発売したドリームキャスト用ゲームソフト。後にPlayStation 2やPCにも移植された。『サクラ大戦シリーズ』の第3作。 オープニングアニメーションはProduction I.Gが手掛けている。 サブタイトルは、ラリー・コリンズとドミニク・ラピエールの著書『パリは燃えているか』が元になっている。 ストーリー 1926年のフランス・巴里。当時、世界で経済・文化共に最高水準を誇っていたそこでは、謎の怪人による事件が頻発していた。政府は対抗策として、都市を霊的に防衛する組織、すなわち「巴里華撃団」を設立する。その隊長として、1人の東洋人に焦点が当てられた。二度に渡り日本の帝都を救った「帝国華撃団・花組」の隊長を務めた、大神一郎である。 黒鬼会との戦いを終えて中尉に昇進した大神は海軍の留学生としてフランスへ渡航するが、異国の風土に馴染む間もなく、自分が派遣された真の目的を知ることとなる。 (Wikipedia:サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~)

サクラ大戦3
『サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~』より : 『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』(サクラたいせん3 パリはもえているか)は、株式会社セガ(後の株式会社セガゲームス)が2001年3月22日に発売したドリームキャスト用ゲームソフト。後にPlayStation 2やPCにも移植された。『サクラ大戦シリーズ』の第3作。 オープニングアニメーションはProduction I.Gが手掛けている。 サブタイトルは、ラリー・コリンズとドミニク・ラピエールの著書『パリは燃えているか』が元になっている。 ストーリー 1926年のフランス・巴里。当時、世界で経済・文化共に最高水準を誇っていたそこでは、謎の怪人による事件が頻発していた。政府は対抗策として、都市を霊的に防衛する組織、すなわち「巴里華撃団」を設立する。その隊長として、1人の東洋人に焦点が当てられた。二度に渡り日本の帝都を救った「帝国華撃団・花組」の隊長を務めた、大神一郎である。 黒鬼会との戦いを終えて中尉に昇進した大神は海軍の留学生としてフランスへ渡航するが、異国の風土に馴染む間もなく、自分が派遣された真の目的を知ることとなる。 (Wikipedia:サクラ大戦3)


サクラ大戦 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

サクラ大戦 - アマゾン検索


「サクラ大戦」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す