[PR]

日別キーワード

第21位  タイタニック - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



タイタニック
タイタニック (Titanic) ギリシャ神話に登場する巨人の神「ティーターン(タイタン)」に由来する、巨大剛健無双なものを表現する言葉。 タイタニック (客船) - ティーターンにちなんで名付けられた豪華客船。1912年に処女航海の途上で氷山に衝突し沈没した。 タイタニック2号 - かつて存在したタイタニック (客船)のレプリカとして考案・計画されている遠洋定期船。 映画のタイトル。客船タイタニック号をテーマにして作られたものがほとんどである。下記以外の関連作品については『タイタニック (映画)』を参照。 タイタニック (1927年の映画) - 1927年のアメリカ映画。小説の映画化で、タイタニック号とは直接的関係はない。サイレント映画。 タイタニック (1943年の映画) - 1943年のドイツ映画。ナチスによって製作された。劇場日本未公開。 タイタニックの最期 - 1953年のアメリカ映画。ジーン・ネグレスコ監督。旧邦題が「タイタニック」であった。劇場日本未公開。 タイタニック (1997年の映画) - 1997年のアメリカ映画。 (Wikipedia:タイタニック)

タイタニック (客船)
colspan="2" ファイル:RMS_Titanic_3.jpg 300px タイタニック号
colspan="2" 船歴
イギリス
ホワイト・スター・ライン
リヴァプール
1909年3月31日
1911年5月31日
処女航海
1912年4月10日
その後
1912年4月15日に沈没
colspan="2" 性能諸元
トン数 総トン数
46,328トン
排水量
269.1 m
スコッチ式ボイラー24基補助5基、レシプロ4気筒エンジン2基、蒸気タービン1基、50,000馬力 hp(37 MW)
推進器
(Wikipedia:タイタニック (客船))

タイタニック号
タイタニック(RMS Titanic)は、20世紀初頭に建造された豪華客船である。 処女航海中の1912年4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触、翌日未明にかけて沈没した。犠牲者数は乗員乗客合わせて1,513人(他に1,490人、1,517人、1,522~23人など様々な説がある)であり、当時世界最悪の海難事故であった。その後、映画化されるなどして世界的にその名を知られている。 タイタニックは、イギリスのホワイト・スター・ライン社が北大西洋航路用に計画した、3隻のオリンピック級客船の2番船であった。姉妹船にオリンピック、のちに病院船として運航されたブリタニックがある。主任設計技師はアレキサンダー・カーライル(Alexander Carlisle)で、沈没時に運命を共にしたことで有名なトーマス・アンドリューズはホワイト・スター・ラインと折り合いの悪かったカーライルが辞任したのちに主任設計技師として計画に参加し、タイタニックの設計図面を完成させた。 (Wikipedia:タイタニック号)

タイタニック (1997年の映画)
作品名 タイタニック
原題 Titanic
監督 ジェームズ・キャメロン
製作総指揮 レイ・サンキーニ
製作 ジェームズ・キャメロンジョン・ランドー
脚本 ジェームズ・キャメロン
出演者 レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット
音楽 ジェームズ・ホーナー
主題歌 セリーヌ・ディオン「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」
撮影 ラッセル・カーペンター
編集 ジェームズ・キャメロンコンラッド・バフリチャード・A・ハリス
配給 20世紀フォックスパラマウント映画
上映時間 194分
言語 英語
前作
次作
allcinema_id 83641
kinejun_id 30239
(Wikipedia:タイタニック (1997年の映画))

タイタニック (1997)
『タイタニック』(”Titanic”)は、1997年のアメリカ映画。恋愛映画、パニック映画。
1912年のタイタニック号の遭難を背景にした劇映画。20世紀フォックス、パラマウント映画提供。総合興行収入は歴代最高の6億ドルを記録し、2006年現在、ギネスブックに登録されている(2位はスター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の4億6100万ドル)。
1998年のアカデミー賞において、アカデミー作品賞 作品賞、アカデミー監督賞 監督賞、アカデミー撮影賞 撮影賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、アカデミー音響効果賞 音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。
映画は大ヒットを記録し、そのせいかタイタニック2が製作されると言う噂が飛び交ったが、ジェームズ・キャメロンはタイタニック2の製作を公式に否定している。
(Wikipedia:タイタニック (1997))

タイタニック (映画)
豪華客船タイタニック号や1912年4月14日深夜に起こった同船の沈没事故を題材にした映画は何本も製作されている。以下に一覧を記す。 作品一覧 Saved From The Titanic (1912年5月14日、アメリカ) 監督:エティエンヌ・アノー、脚本・主演:ドロシー・ギブソン タイタニックの事故から1か月後に公開された劇映画。タイタニック号の生存者で、女優のドロシー・ギブソンが脚本・主演を行った。現在、フィルムは散逸している。 夜と氷の中で - In Nacht und Eis (1912年、ドイツ) 監督:マイム・ミス、主演:ヴァルデマール・ヘッカー タイタニックの事故から2か月後にベルリン市内の撮影所で作られ、翌7月6日には、上映されたサイレント映画。現存しているタイタニック号の沈没事故を描いた最古の映画である。 約45分間3部構成で、前半部分は、ニュース映画用に撮影された本物のタイタニック号の映像が使用され、後半は湖の浅瀬で8mのタイタニックの模型を使ったり、タイタニックに似せたセットを使って撮影された。 (Wikipedia:タイタニック (映画))


タイタニック - 関連ブログ

データが取得できませんでした

タイタニック - アマゾン検索


「タイタニック」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す