[PR]

日別キーワード

第24位  フランス革命 - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



フランス革命
フランス革命(フランスかくめい、仏: Révolution française, 英: French Revolution)は、18世紀にフランスで起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。 1787年にフランスの王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 経済史においても重要な出来事である。フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐる大混乱にも発展した。 (Wikipedia:フランス革命)

フランス革命関連人物一覧
フランス革命に関連する人物の一覧
以下、革命前後において活躍した主要な人物を政治的立場などを参考にして分類してある。
生没年!!異名!!主な活躍
1754年 - 1793年
革命期のフランス国王(在位1774年 - 1792年)
ヴァレンヌ事件以降、急速に擁護派を失う
1755年 - 1824年
後の国王ルイ18世
1757年 - 1836年
後の国王シャルル10世
革命期における王党派の首領
1755年 - 1793年
オーストリア女
ルイ16世の王妃
贅沢な宮廷生活を送り、フランス財政悪化の一因を作った
1764年 - 1794年
国王一家と終始行動を共にし、刑死した
生没年!!異名!!主な活躍
(Wikipedia:フランス革命関連人物一覧)

フランス革命戦争
フランス革命戦争(フランスかくめいせんそう、仏: Guerres de la Révolution française, 英: French Revolutionary Wars)は、1792年4月20日から1802年3月25日までの、革命後のフランスと、反革命を標榜する対仏大同盟(イギリスおよびオーストリアを中心としたヨーロッパ列強)との一連の戦争である。当初は革命への外国の干渉戦争であったが、1794年前後を境に形勢は逆転し、フランスによる侵略戦争に変貌した。 フランス革命戦争は、オーストリアによるフランス革命への干渉を契機として、1792年4月20日にフランス革命政府(ジロンド派内閣)のオーストリアへの宣戦布告によって開始された。フランス北部および東部、オランダ、ベルギー、ドイツ、北イタリア、エジプト、一部の植民地などが主要な戦場となった。1793年にはイギリスを中心として第一次対仏大同盟が結成され、国内での反乱も相まってフランスは危機に陥った。だが革命の熱気によってもたらされた国民的な戦争への参画と、国家総動員体制の整備や師団編成の導入をはじめとする軍事的革新をばねとして反撃に転じた。 (Wikipedia:フランス革命戦争)

フランス革命暦
フランス革命暦(フランスかくめいれき, 仏: Calendrier révolutionnaire français)または共和暦(仏: Calendrier républicain)は、フランス革命期にフランスとその衛星国家で使われた独自の暦法。原則として十進法を用いていて、各月を平等としたのが特徴。 フランス革命暦を用いた紀年法をフランス共和紀元といい、これは遡ってフランス革命により王政が廃止された翌日のグレゴリオ暦1792年9月22日(秋分)の日を共和暦元年元日とし、これに基づいて加算する紀年法である。暦が採用された日はグレゴリオ暦で1793年11月24日だが、これは革命暦では共和暦2年フリメール4日と表記された。 革命暦(共和暦)は後述の問題点により、グレゴリオ暦で1805年12月31日までの12年間余りしか使用されずに廃止された。1871年のパリ・コミューンではごく短期間復活している。年数の方は第一共和政および第一帝政の期間で使用された。 1793年、フランス革命政府は、カトリック色の強いグレゴリオ暦を廃止して新たな暦法を制定した。 (Wikipedia:フランス革命暦)

フランス革命記念日
『パリ祭』より : パリ祭(パリさい)は、フランスで7月14日に設けられている、フランス共和国の成立を祝う日 (Fête nationale) である。 1789年同日に発生しフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃および、この事件の一周年を記念して翌年1790年におこなわれた建国記念日 (Fête de la Fédération) が起源となっている。 呼称 フランスでは正式には「Fête nationale française」(フェト・ナスィオナル・フランセーズ、フランス国民祭または国祭)である。しばしば「Quatorze Juillet」または「14(Quatorzeの数字化)―」(カトルズ・ジュイェ、7月14日)とも呼ぶ。 「パリ祭」は日本だけの呼び名である。これは、ルネ・クレール監督の映画 Quatorze Juillet が邦題『巴里祭』として公開されヒットしたためで、邦題を考案したのは、この映画を輸入し配給した東和商事社長川喜多長政たちである。 (Wikipedia:フランス革命記念日)

フランス革命群像
ここでは、1789年に発生したフランス革命とその前後において活躍した主要な人物を政治的立場などを参考にして分類して、フランス革命群像として一項を設けるものである。
オノーレ・ミラボー
ラファイエット
ジャン・シルヴァン・バイイ
アントワーヌ・ピエール・ジョゼフ・マリ・バルナーヴ
マクシマン・イスナール
ピエール・ヴィクトリアン・ヴェルナール
ジャック・ピエール・ブリッソー
ロラン夫人(ジロンド派の女王)
ジャン・ランベール・タリアン(テルミドール派)
ジョルジュ・ジャック・ダントン(ダントン派)
カミーユ・デムーラン
ジャン=ポール・マラー
ナポレオン・ボナパルト(後の皇帝ナポレオン1世)
(Wikipedia:フランス革命群像)

フランス革命期の衛星共和国
フランス革命期の衛星共和国(フランスかくめいきのえいせいきょうわこく)では、18世紀末から19世紀初頭にかけてのフランス革命戦争及びナポレオン戦争の過程で、フランス軍によって占領された地域に建国された共和国について述べる。当時のフランス人はこれらの国々を姉妹共和国(しまいきょうわこく、république sœur)と呼んだ。 フランス革命期の衛星共和国は北イタリアなどの地域において数多く建国された。それまでの君主制に替わり、自由と平等、聖俗の貴族等の特権階級の廃止といったフランス革命の理念が導入され、一定の支持を受けた。だが軍事や外交の面ではフランス共和国に依存する衛星国であり、実質的には、フランスによる戦争遂行のための兵站基地として扱われた。 フランス第一帝政期には、これらの衛星共和国の大部分はフランス帝国に併合されるかイタリア王国に集約され消滅した。ナポレオン戦争終結後のウィーン会議の結果、衛星共和国が建国された地域はブルボン家とハプスブルク家の支配下に復帰した。 (Wikipedia:フランス革命期の衛星共和国)


フランス革命 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

フランス革命 - アマゾン検索


「フランス革命」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す