[PR]

日別キーワード

第30位  仮設住宅 - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



仮設住宅
仮設住宅(かせつじゅうたく)は、地震・水害・山崩れなどの自然災害などにより、居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。 日本の行政用語では「応急仮設住宅」。略称は仮設。 大正関東地震(関東大震災)では多くの家屋が焼失したため、靖国神社などに仮設住宅が設置された。その後、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、新潟県中越地震、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、福島第一原子力発電所事故でも設置されている。 現在の日本では、主にプレハブ工法による、組立タイプとユニットタイプが用いられている。 災害救助法の適用については、都道府県知事がその適用の適否を判断し、着工は災害の発生の日から20日以内としており、貸与期間は完成の日から2年以内と規定されている。 避難生活初期には、集団で公共施設に寝泊りしている被災者は、隣人と毛布一枚・段ボール一枚で隔てられているだけの事が多い。これが長期に及ぶとプライバシーの問題やゆっくり休めない事から来る疲労が蓄積するため、これを予防するために応急的に建てられる。 (Wikipedia:仮設住宅)


仮設住宅 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

仮設住宅 - アマゾン検索


「仮設住宅」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す