[PR]

日別キーワード

第34位  小林秀雄 - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



小林秀雄
小林 秀雄(こばやし ひでお) 小林秀雄 (批評家)(1902年 - 1983年) 小林秀雄 (神戸電鉄社長)(1902年 - 1977年) - 神戸電鉄第9代社長。神戸北野の異人館、小林家住宅(旧シャープ住宅)の所有者。 小林秀雄 (緑地社社長)(1918年 - 1985年) 小林秀雄 (作曲家)(1931年 -) 小林秀雄 (ジャーナリスト)(1953年 -) - ITジャーナリスト、フリーライター。「月刊コンピュートピア」元編集長。 小林秀雄 (コピーライター)(1963年 - ) - コピーライター。おてもやん企画社長。代表作はTBCのテレビCM「私、脱いでもすごいんです」。 (Wikipedia:小林秀雄)

小林秀雄 (批評家)
小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)4月11日 - 1983年(昭和58年)3月1日)は、日本の文芸評論家、編集者、作家。 近代日本の文芸評論の確立者であり、晩年は保守文化人の代表者であった。アルチュール・ランボーなどフランス象徴派の詩人たち、ドストエフスキー、幸田露伴・泉鏡花・志賀直哉らの作品、ベルクソンやアランの哲学思想に大きな影響を受ける。本居宣長の著作など近代以前の日本文学にも深い造詣と鑑識眼を持っていた。 妹の高見沢潤子は、作家・随筆家、夫は『のらくろ』で著名な漫画家・田河水泡。 長女の明子は、白洲次郎・正子夫妻の次男・兼正の妻。英文学者の西村孝次、西洋史学者の西村貞二兄弟は従弟にあたる。文藝評論家の平野謙は又従弟。正確には、小林秀雄の母方の祖母の城谷やす(旧姓千葉)と平野謙の母方の祖父の千葉實が兄妹の関係にある。 略年譜 1902年(明治35年) 4月11日 - 東京市神田区(現東京都千代田区)猿楽町に小林豊造、精子の長男として生まれた。 (Wikipedia:小林秀雄 (批評家))

小林秀雄賞
小林秀雄賞(こばやしひでおしょう)は、財団法人新潮文芸振興会が主催する学術賞である。元々は新潮学芸賞だったが、2002年(平成14年)にノンフィクションをメインとする新潮ドキュメント賞と分離して創設された。 日本を代表する文芸評論家・批評家の小林秀雄の生誕100年を記念として新たに創設された学術賞である。日本語表現豊かな著書(評論・エッセイ)に毎年贈られる。ただし、小説・詩・フィクションは対象外である。 選考委員 加藤典洋 関川夏央 堀江敏幸 養老孟司 河合隼雄( - 第5回) 橋本治(第6回 - ) 受賞者 第1回から第10回 第1回 (2002年) - 橋本治『三島由紀夫とはなにものだったのか』(新潮社)、斎藤美奈子『文章読本さん江』(筑摩書房) 第2回 (2003年) - 岩井克人『会社はこれからどうなるのか』(平凡社)、吉本隆明 『夏目漱石を読む』(筑摩書房)  第3回 (2004年) - 佐野洋子『神も仏もありませぬ』(筑摩書房)、中沢新一『対称性人類学 カイエソバージュV』(講談社) 第4回 (2005年) - 茂木健一郎『脳と仮想』(新潮社) 第5回 (2006年) - 荒川洋治『文芸時評という感想』(四月社)  第6回 (2007年) - 内田樹『私家版・ユダヤ文化論』(文藝春秋) 第7回 (2008年) - 多田富雄『寡黙なる巨人』(集英社) 第8回 (2009年) - 水村美苗『日本語が亡びるとき』(筑摩書房) 第9回 (2010年) - 加藤陽子『それでも、日本人は『戦争』を選んだ』(朝日出版社) 第10回 (2011年) - 高橋秀実『ご先祖様はどちら様』(新潮社) 第11回から第20回 第11回 (2012年) - 小澤征爾、村上春樹『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社) 第12回 (2013年) - 山口晃『ヘンな日本美術史』(祥伝社) 第13回 (2014年) - 山田太一『月日の残像』(新潮社) 第14回 (2015年) - 小熊英二『生きて帰ってきた男』(岩波書店) 外部リンク 小林秀雄賞。 (Wikipedia:小林秀雄賞)

小林秀雄 (作曲家)
小林 秀雄(こばやし ひでお、1931年 - )は、東京府生まれの作曲家。 東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業。声楽作品(歌曲・合唱曲)及びピアノ曲を主に手がけ、特に独唱曲「落葉松」(詩:野上彰、のちに作曲者自身の手で混声合唱・女声合唱・男声合唱に編曲される)が有名である。 主な作品 オペラ 紫のドレス 女神と二人の神の物語 器楽曲 器楽合奏のための「わらべ歌集」 フルートのための試み 落葉松(ピアノ) 飛騨高原の早春(ピアノ) ピアノのための3つの断章 調和の美(Beauty in Harmonious Movements) 第6回国際女子体育会議記念レコード(S.44) 歌曲 シベリアン・アラベスク 胡蝶花に寄せて はだか木のうた 「風に寄せて」その一 風の少女 壷すみれ 日記帳 瞳 飛騨高原の早春 氷原の宝石 夏の日のレクイエム 演奏会用アリア「すてきな春に」 鸚鵡伝説 啄木鳥 落葉松 五つの華の歌 愛の塔 山辺の花に寄せて あのころ さよならのはじまり 合唱曲 混声合唱組曲「壺」 混声合唱組曲「優しき歌」 混声合唱組曲「夢」 演奏会用女声(混声)合唱曲「九州民謡によるコンポジション」 児童合唱のための組曲「富士山」 合唱団のための演奏会用練習曲集「合唱のための試み」 児童合唱のための組曲「火のくにのうた」 子供のための合唱曲集「空にむかって」 児童合唱とピアノのための組曲「海と山と仲間たち」 少年少女(女声)合唱のための組曲「日本海讃歌」 混声合唱組曲「伊勢志摩」 女声(混声)合唱曲集「落葉松」 表題曲のみ、男声合唱版も存在する。 (Wikipedia:小林秀雄 (作曲家))


小林秀雄 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

小林秀雄 - アマゾン検索


「小林秀雄」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す