[PR]

日別キーワード

第83位  シギ - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



シギ
シギ科(シギか、Scolopacidae)はチドリ目に属する科。模式属はヤマシギ属。 分布 アフリカ大陸東部、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸に分布する。 多くの種が夏季に北アメリカ大陸やユーラシア大陸の寒帯や亜寒帯で繁殖する。冬季になると越冬のため南下し、一部の種はアフリカ大陸東部や南アメリカ大陸まで南下する。 日本に旅鳥として春と秋に渡来するものが多く、ヤマシギのように日本に留まるものもある。 形態 尾羽は短い。上面は褐色や灰色の羽毛で覆われ、暗色の斑紋が入り地表では保護色になると考えられている。翼はやや長い。 頸部が長い種が多い。後肢は発達し、多くの種には短い第1趾がある。 生態 湿原、草原などに生息する。越冬地では河口や干潟などでも生息する。飛翔力は強く、渡りを行う種が多い。発達した後肢により地表を素早く走行することもできる。 食性は主に動物食で、軟体動物、甲殻類、昆虫を食べるが植物質を食べる事もある。 繁殖形態は卵生。高緯度地方で繁殖する種は繁殖期が短い傾向にあり、繁殖地に飛来する前や繁殖地に飛来して数日でペアを形成する。 (Wikipedia:シギ)

シギスムント (スウェーデン王)
『ズィグムント3世 (ポーランド王)』より : ジグムント3世(Zygmunt III、1566年6月20日 - 1632年4月19日)はポーランド・リトアニア共和国の国王(在位:1587年 - 1632年)、ヴァーサ朝第4代のスウェーデン王(在位:1592年 - 1599年)。スウェーデン王ヨハン3世と、王妃でポーランド王ジグムント1世の娘カタジナの長男。スウェーデン王としてはシギスムンド(Sigismund)と称される。 正式称号 ラテン語: Sigismundus Tertius Dei gratia rex Poloniæ, magnus dux Lithuaniæ, Russiæ, Prussiæ, Masoviæ, Samogitiæ, Livoniæque, necnon Suecorum, Gothorum Vandalorumque hæreditarius rex日本語訳: リトアニア、ルテニア、プロイセン、マゾフシェ、サモギティアの大公と、スウェーデン人、ゴート人、ヴァンダル人の世襲王を兼ねる、神の栄光によるポーランド王ジグムント3世 ジグムント3世はエルサレム王も兼ねている他、スウェーデンのゴート起源説による前出の3部族の王及びフィンランド大公の称号も帯びていた。 (Wikipedia:シギスムント (スウェーデン王))

シギスムンド
『ズィグムント3世 (ポーランド王)』より : ジギスムント(ドイツ語: Sigismund)という名前の歴史上の人物は以下の者がいる。ゲルマン語で勝利を意味するSigと「手」「平和」を意味するmuntから構成され「勝利を通じた平和」を意味する。 この名は一時期廃れていたが、14世紀にカール4世により聖ジギスムントの遺骸がプラハへ移されたことで、同時期にこの名がドイツおよび近隣諸国の王侯貴族の間で流行している。 ジギスムント (ブルグント王) - カトリックおよび正教の聖人 ジギスムント (バイエルン公) ジギスムント (神聖ローマ皇帝) ジギスムント (オーストリア大公) ⇒ ジークムント ヨーハン・ジギスムント - ブランデンブルク選帝侯およびプロイセン公 ジギスムント・フランツ・フォン・エスターライヒ - オーストリア大公 ジギスムント・フォン・ノイコム - オーストリアの作曲家 ジギスムント・フォン・プロイセン - プロイセンの王族ジークムント(Sigmund) - 異形 ジークムント (オーストリア大公) ジークムント (ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯) ジークムント・リングエック - 15世紀ドイツの剣術家 ジークムント・フロイト - オーストリアの精神分析学者 ジークムント・イェーン - 東ドイツの空軍軍人、宇宙飛行士シグマンド(Sigmund) - 上の英語読み シグマンド・ロンバーグ - ハンガリー生まれのアメリカの作曲家 シグマンド・ノイマン - ドイツ出身の政治学者ジグムント(Zygmunt) - スラブ語形 ジグムント1世 (ポーランド王) ジグムント2世 (ポーランド王) ジグムント3世 (ポーランド王) = スウェーデン王シギスムンド ジグムント・バウマン - ポーランド出身の社会学者 関連項目 シグムンド。 (Wikipedia:シギスムンド)

シギスムント
『ズィグムント3世 (ポーランド王)』より : ジギスムント(ドイツ語: Sigismund)という名前の歴史上の人物は以下の者がいる。ゲルマン語で勝利を意味するSigと「手」「平和」を意味するmuntから構成され「勝利を通じた平和」を意味する。 この名は一時期廃れていたが、14世紀にカール4世により聖ジギスムントの遺骸がプラハへ移されたことで、同時期にこの名がドイツおよび近隣諸国の王侯貴族の間で流行している。 ジギスムント (ブルグント王) - カトリックおよび正教の聖人 ジギスムント (バイエルン公) ジギスムント (神聖ローマ皇帝) ジギスムント (オーストリア大公) ⇒ ジークムント ヨーハン・ジギスムント - ブランデンブルク選帝侯およびプロイセン公 ジギスムント・フランツ・フォン・エスターライヒ - オーストリア大公 ジギスムント・フォン・ノイコム - オーストリアの作曲家 ジギスムント・フォン・プロイセン - プロイセンの王族ジークムント(Sigmund) - 異形 ジークムント (オーストリア大公) ジークムント (ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯) ジークムント・リングエック - 15世紀ドイツの剣術家 ジークムント・フロイト - オーストリアの精神分析学者 ジークムント・イェーン - 東ドイツの空軍軍人、宇宙飛行士シグマンド(Sigmund) - 上の英語読み シグマンド・ロンバーグ - ハンガリー生まれのアメリカの作曲家 シグマンド・ノイマン - ドイツ出身の政治学者ジグムント(Zygmunt) - スラブ語形 ジグムント1世 (ポーランド王) ジグムント2世 (ポーランド王) ジグムント3世 (ポーランド王) = スウェーデン王シギスムンド ジグムント・バウマン - ポーランド出身の社会学者 関連項目 シグムンド。 (Wikipedia:シギスムント)

シギ科 (Sibley)
Scolopacidae
シギ科 Scolopacidae は、鳥類の分類名のひとつ。
クチバシが長く、また食性に応じて多様な形状がある。
>コウノトリ目 (Sibley) コウノトリ目
>チドリ亜目 (Sibley) チドリ亜目
>チドリ下目 (Sibley) チドリ下目
>シギ小目 (Sibley) シギ小目
>シギ上科
>シギ科
ヤマシギ亜科 (Sibley) ヤマシギ亜科 Scolopacinae
クサシギ亜科 (Sibley) クサシギ亜科 Tringinae
”Scolopax rusticola”, w:Eurasian Woodcock, ヤマシギ
”Scolopax mira”, w:Amami Woodcock, アマミヤマシギ
”Scolopax saturata”, w:Rufous Woodcock, ミナミヤマシギ
”Scolopax celebensis”, w:Sulawesi Woodcock, セレベスヤマシギ
(Wikipedia:シギ科 (Sibley))

シギダチョウ目 (Sibley)
シギダチョウ目(Tinamiformes)は、鳥類の分類の一つ。1科9属46種が含まれる。
シギダチョウ類は南米にのみ分布する。太い脚に丸い体形で一見キジ類に似ているが、分類上の類縁関係はない。系統的にはダチョウ目のレア科に近い。ダチョウ目とともにゴンドワナ大陸起源の古い鳥類の特徴を保存しているグループとされる。
鳥類 w:Aves Aves
:現生鳥類 w:Neornithes Neornithes
::古顎下綱 (Sibley) 古顎下綱 Eoaves/Palaeognathae
:::平胸小綱 (Sibley) 平胸小綱 w:Ratitae Ratitae
::::シギダチョウ目 (Sibley) シギダチョウ目 w:Tinamiformes Tinamiformes
:::::シギダチョウ科 (Sibley) シギダチョウ科 w:Tinamidae Tinamidae
”Tinamus tao”, w:Grey Tinamou Grey Tinamou, ハイイロシギダチョウ
(Wikipedia:シギダチョウ目 (Sibley))

シギ科
『シギ』より : シギ科(シギか、Scolopacidae)はチドリ目に属する科。模式属はヤマシギ属。 分布 アフリカ大陸東部、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸に分布する。 多くの種が夏季に北アメリカ大陸やユーラシア大陸の寒帯や亜寒帯で繁殖する。冬季になると越冬のため南下し、一部の種はアフリカ大陸東部や南アメリカ大陸まで南下する。 日本に旅鳥として春と秋に渡来するものが多く、ヤマシギのように日本に留まるものもある。 形態 尾羽は短い。上面は褐色や灰色の羽毛で覆われ、暗色の斑紋が入り地表では保護色になると考えられている。翼はやや長い。 頸部が長い種が多い。後肢は発達し、多くの種には短い第1趾がある。 生態 湿原、草原などに生息する。越冬地では河口や干潟などでも生息する。飛翔力は強く、渡りを行う種が多い。発達した後肢により地表を素早く走行することもできる。 食性は主に動物食で、軟体動物、甲殻類、昆虫を食べるが植物質を食べる事もある。 繁殖形態は卵生。高緯度地方で繁殖する種は繁殖期が短い傾向にあり、繁殖地に飛来する前や繁殖地に飛来して数日でペアを形成する。 (Wikipedia:シギ科)

シギダチョウ科 (Sibley)
シギダチョウ科 Tinamidaeは、鳥類の分類名のひとつ。
シギダチョウ目 (Sibley) シギダチョウ目>
シギダチョウ科 (Sibley) シギダチョウ科
”Tinamus tao”, w:Grey Tinamou, ハイイロシギダチョウ
”Tinamus solitarius”, w:Solitary Tinamou, オバシギダチョウ
”Tinamus osgoodi”, w:Black Tinamou, クロシギダチョウ
”Tinamus major”, w:Great Tinamou, オオシギダチョウ
”Tinamus guttatus”, w:White-throated Tinamou, ノドジロシギダチョウ
”Nothocercus bonapartei”, w:Highland Tinamou, タカネシギダチョウ
”Nothocercus julius”, w:Tawny-breasted Tinamou, チャバラシギダチョウ
”Nothocercus nigrocapillus”, w:Hooded Tinamou, コモンシギダチョウ
”Crypturellus berlepschi”, w:Berlepsch”s Tinamou, ススグロシギダチョウ
(Wikipedia:シギダチョウ科 (Sibley))

シギダチョウ目
シギダチョウ科(シギダチョウか、学名 Tinamidae)は、鳥類シギダチョウ目 Tinamiformes の唯一の科である。古くは深胸類 Carinatae とも言った。シギダチョウ(鴫駝鳥)と総称される。 分布 北アメリカ大陸南部、南アメリカ大陸 形態 最小種はマメシギダチョウで全長15cm。オスよりもメスの方がやや大型になる。頸部は長い。尾羽は短い。 嘴は細長く、下方へ湾曲する。第1趾は第2–4趾よりも上方にあり、小型で種によっては退化している。 古顎類の中で唯一、竜骨突起を持ち胸筋が発達し、短距離なら飛ぶことができる。 生態 森林や草原に生息する。地表棲。走行は得意だが、持久力に乏しく短距離しか走行する事が出来ない。飛翔する事はできるが、飛翔力は強くない。危険を感じると地面の窪みや茂みに逃げ込み静止する。 食性は植物食もしくは植物食傾向の強い雑食で、植物の芽、根、果実、種子、昆虫などを食べる。 繁殖形態は卵生。地面の窪みや窪みに草や木の枝を敷いた巣に、複数のメスが卵を産む。 (Wikipedia:シギダチョウ目)

シギルの偶像
シギルの偶像(英: Shigir Idol、ロシア語: Шигирский идол)は、世界で最も古いとされる木製の彫像である。 中石器時代 にあたる11,000年前に作られた。 現在はロシアのエカテリンブルクにあるスヴェルドロフスク州歴史博物館で展示されている。 発見 彫像は1894年1月24日、エカテリンブルクから約100キロメートル離れた中部ウラルの東側斜面にあるシギルの泥炭地において深さ4メートルから発見された。この区域では40年前に金の露天鉱山から先史時代の様々な遺物が発見されて以来、研究が行われていた。見つかった彫像はいくつかの断片に分かれた状態で、D.I.ロバノフ教授によって主要な断片が組み立てられ高さ2.8メートルの彫刻に再構成された。 1914年、考古学者ウラジミール・トルマチェフは未使用であった断片を合わせ、さらなる再構成を提案した。この再構築によってオリジナルの像の高さが5.3メートルであったことが示唆された。 これらの断片のうち、いくつかはその後の政治的動乱の中で行方不明となり、トルマチェフのスケッチだけが残されている。 (Wikipedia:シギルの偶像)

シギサワカヤ
シギサワカヤは、日本の女性漫画家・イラストレーター。「シギサワ」が名字で「カヤ」が名前である。 作品リスト 「ワールズエンド・サテライト」(メロディ2006年5月号読切) 『箱舟の行方』(ジェッツコミックス)白泉社 2006年8月 ISBN 978-4-592-14264-5 『九月病』(ジェッツコミックス・全2巻)白泉社 上巻 2007年9月 ISBN 978-4-592-14282-9 下巻 2007年9月 ISBN 978-4-592-14283-6 「嵐が丘」(メロディ2007年12月号読切) 「滅びてやる。」(電撃「マ)王・(ファムファタル〜運命の女 1・収録)読切) 「すべて猫のせいで」『猫本2』(KCDX2484)講談社 2008年4月 ISBN 978-4-06-375484-1 『溺れるようにできている。』(コミックエール!)芳文社 2008年8月27日 ISBN 978-4-83-227731-1 『ファムファタル 〜運命の女〜』(電撃黒「マ)王・全3巻) メディアワークス 2008年8月27日 ISBN 978-4-04-867250-4 2009年8月27日 ISBN 978-4-04-868062-2 2010年8月27日 ISBN 978-4-04-868805-5 『鉄本』(モーニングKCDX2880)講談社 2009年12月 ISBN 978-4-06-375880-1 『つめたく、あまい。 (Wikipedia:シギサワカヤ)

シギント
シギント(SIGINT、英語: signals intelligence)とは、通信、電磁波、信号等の、主として傍受を利用した諜報活動のこと。軍事分野における電子戦支援(ES)も技術的には同様のハードウェアを使用するが、その運用として作戦指揮官の意思決定に直ちに反映する目的で行われているという点で異なる。 「傍受」とは、送信側に、それを受信する正規の対象として想定されていないような者による電波等の受信のことである。有線である電信や電話の電線から非正規な手法で分岐(タップ)させるような「盗聴」と、無線の(パブリックな場所であれば)自由に受信できるものという違いにもとづく表現の使い分けがある。 通信ではなく放送(スクランブルなどの掛けられていないもの)などのような公然の公開情報の利用は、オシントとして別分野とされる。 シギントの分類 通信情報(COMINT、Communication intelligence) 傍受、盗聴、暗号解読 無線通信の類は、暗号の解読だけでなく量や頻度といった解析(通信解析)も大きな手がかりになるが、そういったものはOSINTの手法となる。 (Wikipedia:シギント)

シギ小目 (Sibley)
シギ亜目(しぎあもく、学名 Scolopacida)は、鳥類チドリ目の亜目である。 現在の鳥類分類学では科名を語尾変化させ亜目名とするのが主流だが、先取権の原則から Limicoli Garrod, 1873 を使うこともある(ただし上科より上では先取権は必須ではない)。 Sibley & Ahlquist (1988) はシギ小目 Scolopacida とした。 系統 Baker et al. (2007); Matthew & Houde (2007)より。 シギ亜目は、チドリ目の3亜目の1つで、姉妹群はカモメ亜目である。 シギ亜目からヒバリチドリ亜目 Thinocori(シギ科以外の全て)を分離し、シギ亜目をシギ科のみの単型とする説もある。 分類史 チドリ目の亜目分類は Peters (1934) が長らく標準的であり、チドリ目(ミフウズラ科・クビワミフウズラ科を除く)はチドリ亜目 Charadrii・カモメ亜目 Lari・ウミスズメ亜目 Alcae に分けられていた。 (Wikipedia:シギ小目 (Sibley))

シギ小目
『シギ小目 (Sibley)』より : シギ亜目(しぎあもく、学名 Scolopacida)は、鳥類チドリ目の亜目である。 現在の鳥類分類学では科名を語尾変化させ亜目名とするのが主流だが、先取権の原則から Limicoli Garrod, 1873 を使うこともある(ただし上科より上では先取権は必須ではない)。 Sibley & Ahlquist (1988) はシギ小目 Scolopacida とした。 系統 Baker et al. (2007); Matthew & Houde (2007)より。 シギ亜目は、チドリ目の3亜目の1つで、姉妹群はカモメ亜目である。 シギ亜目からヒバリチドリ亜目 Thinocori(シギ科以外の全て)を分離し、シギ亜目をシギ科のみの単型とする説もある。 分類史 チドリ目の亜目分類は Peters (1934) が長らく標準的であり、チドリ目(ミフウズラ科・クビワミフウズラ科を除く)はチドリ亜目 Charadrii・カモメ亜目 Lari・ウミスズメ亜目 Alcae に分けられていた。 (Wikipedia:シギ小目)

シギ小目 (Sibley)
シギ亜目(しぎあもく、学名 Scolopacida)は、鳥類チドリ目の亜目である。 現在の鳥類分類学では科名を語尾変化させ亜目名とするのが主流だが、先取権の原則から Limicoli Garrod, 1873 を使うこともある(ただし上科より上では先取権は必須ではない)。 Sibley & Ahlquist (1988) はシギ小目 Scolopacida とした。 系統 Baker et al. (2007); Matthew & Houde (2007)より。 シギ亜目は、チドリ目の3亜目の1つで、姉妹群はカモメ亜目である。 シギ亜目からヒバリチドリ亜目 Thinocori(シギ科以外の全て)を分離し、シギ亜目をシギ科のみの単型とする説もある。 分類史 チドリ目の亜目分類は Peters (1934) が長らく標準的であり、チドリ目(ミフウズラ科・クビワミフウズラ科を除く)はチドリ亜目 Charadrii・カモメ亜目 Lari・ウミスズメ亜目 Alcae に分けられていた。 (Wikipedia:シギ小目 (Sibley))

シギ上科 (Sibley)
シブリー・アールキスト鳥類分類(シブリー・アールキストちょうるいぶんるい、Sibley-Ahlquist鳥類分類)は、1990年前後に チャールズ・シブリー、ジョン・アールクィスト、バート・L・モンローによって発表された鳥類の分類体系である。 骨格などの形態データーを元に行われていた従来の分類方法とは大きく異なり、DNA-DNA分子交雑法という分子生物学的手法を初めて導入し、鳥類全体を同一の基準で包括的に分類した唯一の分類体系であるが、後述のようにさまざまな問題が指摘され、広く受け入れられることはなかった。 2008年には、遺伝子の分子解析により、新たな系統樹が見出された。これは、シブリー・アールキスト鳥類分類とは大きく異なるが、特に問題もないようなので、かなり受け入れられている。ただし公的に標準の位置を占めるには、まだ時期尚早であるようだ。 鳥類分類の課題 鳥類の古典的な分類方法では形態的特徴を元に分類がなされており普及しているものの、分類に恣意性があること、進化を考慮した分類ではないこと、すなわち各目の単系統性や目間の類縁関係など不明点が多いこと、など課題が多く指摘されていた。 (Wikipedia:シギ上科 (Sibley))

シギ上科
『シギ上科 (Sibley)』より : シブリー・アールキスト鳥類分類(シブリー・アールキストちょうるいぶんるい、Sibley-Ahlquist鳥類分類)は、1990年前後に チャールズ・シブリー、ジョン・アールクィスト、バート・L・モンローによって発表された鳥類の分類体系である。 骨格などの形態データーを元に行われていた従来の分類方法とは大きく異なり、DNA-DNA分子交雑法という分子生物学的手法を初めて導入し、鳥類全体を同一の基準で包括的に分類した唯一の分類体系であるが、後述のようにさまざまな問題が指摘され、広く受け入れられることはなかった。 2008年には、遺伝子の分子解析により、新たな系統樹が見出された。これは、シブリー・アールキスト鳥類分類とは大きく異なるが、特に問題もないようなので、かなり受け入れられている。ただし公的に標準の位置を占めるには、まだ時期尚早であるようだ。 鳥類分類の課題 鳥類の古典的な分類方法では形態的特徴を元に分類がなされており普及しているものの、分類に恣意性があること、進化を考慮した分類ではないこと、すなわち各目の単系統性や目間の類縁関係など不明点が多いこと、など課題が多く指摘されていた。 (Wikipedia:シギ上科)

シギュン
シギュン(古ノルド語: Sigyn)は、北欧神話の悪神ロキの妻。 sigynはsiga(滴る)に関係があり、また、いましめを緩めるものとも呼ばれる。 『古エッダ』の『ロキの口論』では子供にナリとナルヴィ、『スノッリのエッダ』ではナリ(別名をナルヴィという)とヴァーリの2人がいるとされる。 ロキはバルドルを死に追いやった(『バルドルの死』)、また神々を誹謗した(『ロキの口論』)報いとして捕縛され(『ロキの捕縛』)鉄に変わったナリの腸で拘束される。その際、スカジがロキの頭上に毒蛇を配した。したたり落ちる毒蛇の毒液をシギュンは洗桶を支えて受ける。 だが、桶がいっぱいになるとシギュンはそれを捨てにその場を離れなくてはならず、離れている合間に顔へ毒液を受けるとロキは苦痛で猛烈にもがき、それが地震になるのだという。 脚注 参考文献 V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6。 (Wikipedia:シギュン)

シギダチョウ科
『』より : シギダチョウ科(シギダチョウか、学名 Tinamidae)は、鳥類シギダチョウ目 Tinamiformes の唯一の科である。古くは深胸類 Carinatae とも言った。シギダチョウ(鴫駝鳥)と総称される。 分布 北アメリカ大陸南部、南アメリカ大陸 形態 最小種はマメシギダチョウで全長15cm。オスよりもメスの方がやや大型になる。頸部は長い。尾羽は短い。 嘴は細長く、下方へ湾曲する。第1趾は第2–4趾よりも上方にあり、小型で種によっては退化している。 古顎類の中で唯一、竜骨突起を持ち胸筋が発達し、短距離なら飛ぶことができる。 生態 森林や草原に生息する。地表棲。走行は得意だが、持久力に乏しく短距離しか走行する事が出来ない。飛翔する事はできるが、飛翔力は強くない。危険を感じると地面の窪みや茂みに逃げ込み静止する。 食性は植物食もしくは植物食傾向の強い雑食で、植物の芽、根、果実、種子、昆虫などを食べる。 繁殖形態は卵生。地面の窪みや窪みに草や木の枝を敷いた巣に、複数のメスが卵を産む。 (Wikipedia:シギダチョウ科)

シギラリア
『』より : (Wikipedia:シギラリア)


シギ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シギ - アマゾン検索


「シギ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す