[PR]

日別キーワード

第88位  セロトニン - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



セロトニン
セロトニン(serotonin)、別名5-ヒドロキシトリプタミン(5-hydroxytryptamine、略称5-HT)は、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。名称はserum(血清)とtone(トーン)に由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられた。ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。 生合成と体内での働き セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから5-ヒドロキシトリプトファンを経てセロトニンになる。 人体内には約10mg存在し、消化管粘膜に90%、血小板中に8%、脳内の中枢神経系に2%存在する。 体内では主に小腸にある腸クロム親和性細胞、および腸クロム親和性細胞様細胞が産生し、腸の蠕動亢進に働く。そのため、消化管のセロトニンが過剰に分泌されると下痢になり、分泌が少ないと便秘になる。 消化管で生成されたセロトニンの一部は血小板中に取り込まれ、血液凝固・血管収縮、疼痛閾値の調節、脳血管の収縮活動の調節などに働く。 (Wikipedia:セロトニン)

セロトニン受容体
セロトニン受容体(セロトニンじゅようたい、英: Serotonin receptor、5-HT receptor)は主に中枢神経系にある受容体の一群である。 型分類 現在知られているセロトニン受容体は11ある。このうち、5-HT3受容体のみが、イオンチャンネル共役型受容体であり、残りはGタンパク質結合受容体である。 うつ病に使われる抗うつ薬の精神薬理作用は主にセロトニン5-HT受容体に関連する作用からくるとされている。 統合失調症の陰性症状や抗精神病薬の副作用であるパーキンソン症状を改善するのはセロトニン5-HT2A受容体拮抗作用をもつ非定型抗精神病薬であるとされている。 (Wikipedia:セロトニン受容体)

セロトニン選択的取り込み阻害薬
『SSRI』より : 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(せんたくてきセロトニンさいとりこみそがいやく、英語: Selective Serotonin Reuptake Inhibitors, SSRI)とは、抗うつ薬の一種。シナプスにおけるセロトニンの再吸収に作用することでうつ症状、病気としての不安の改善を目指す薬。2009年5月現在、日本国内で100万人以上が使用していると推定されている。 旧来の三環系などと呼ばれる抗うつ薬は副作用があり、医者または患者によっては敬遠されていたことから、副作用を少なく・より選択的に作用することを目的として開発された。肝毒性、心・血管副作用や、鎮静作用、口の渇き・便秘など抗コリン作用が原因と思われる副作用は減少したが、セロトニン症候群、賦活症候群、SSRI離脱症候群(中断症候群)など旧来の抗うつ剤ではあまり報告のなかった副作用が発生している。 「選択的」とは他の神経伝達物質に比べ、セロトニンの再取り込み阻害作用のみでアセチルコリン等は阻害しないこと、ノルアドレナリン対セロトニン及びドーパミン対セロトニン比が大きいことを意味する。 (Wikipedia:セロトニン選択的取り込み阻害薬)

セロトニン症候群
セロトニン症候群(セロトニンしょうこうぐん)とは、抗うつ薬類を服用中に脳内セロトニン濃度が過剰になることによって起きる副作用である。 症状 症状は3つの主要な神経系に影響を与える。 自律神経症状 神経・筋肉症状 精神症状 セロトニン症候群は通常、セロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生する。 例として、 モノアミン酸化酵素阻害剤とSSRI デキストロメトルファンとSSRIの組み合わせ SSRIの過量摂取 SSRI/SNRIとトリプタン系薬剤(片頭痛治療薬)の併用 セント・ジョーンズ・ワートの過量摂取などによって発生する。高齢者は特に注意を要する。 診断 診断は血液検査や画像診断によらず、身体所見と問診が主となる。Hunterのクライテリアが感度・特異度に優れておりしばしば用いられる。また、悪性症候群(NMS)との識別が重要である。セロトニン症候群はNMS発現の約9日に比べ、24時間以内と比較的速やかに発現する。 身体所見による判断時の特徴は、ミオクローヌスの有無である。セロトニン症候群ではミオクローヌスが高頻度で起こるが、NMSでは起こりにくい。 (Wikipedia:セロトニン症候群)

セロトニンシンドローム
『セロトニン症候群』より : セロトニン症候群(セロトニンしょうこうぐん)とは、抗うつ薬類を服用中に脳内セロトニン濃度が過剰になることによって起きる副作用である。 症状 症状は3つの主要な神経系に影響を与える。 自律神経症状 神経・筋肉症状 精神症状 セロトニン症候群は通常、セロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生する。 例として、 モノアミン酸化酵素阻害剤とSSRI デキストロメトルファンとSSRIの組み合わせ SSRIの過量摂取 SSRI/SNRIとトリプタン系薬剤(片頭痛治療薬)の併用 セント・ジョーンズ・ワートの過量摂取などによって発生する。高齢者は特に注意を要する。 診断 診断は血液検査や画像診断によらず、身体所見と問診が主となる。Hunterのクライテリアが感度・特異度に優れておりしばしば用いられる。また、悪性症候群(NMS)との識別が重要である。セロトニン症候群はNMS発現の約9日に比べ、24時間以内と比較的速やかに発現する。 身体所見による判断時の特徴は、ミオクローヌスの有無である。セロトニン症候群ではミオクローヌスが高頻度で起こるが、NMSでは起こりにくい。 (Wikipedia:セロトニンシンドローム)

セロトニン・シンドローム
『セロトニン症候群』より : セロトニン症候群(セロトニンしょうこうぐん)とは、抗うつ薬類を服用中に脳内セロトニン濃度が過剰になることによって起きる副作用である。 症状 症状は3つの主要な神経系に影響を与える。 自律神経症状 神経・筋肉症状 精神症状 セロトニン症候群は通常、セロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生する。 例として、 モノアミン酸化酵素阻害剤とSSRI デキストロメトルファンとSSRIの組み合わせ SSRIの過量摂取 SSRI/SNRIとトリプタン系薬剤(片頭痛治療薬)の併用 セント・ジョーンズ・ワートの過量摂取などによって発生する。高齢者は特に注意を要する。 診断 診断は血液検査や画像診断によらず、身体所見と問診が主となる。Hunterのクライテリアが感度・特異度に優れておりしばしば用いられる。また、悪性症候群(NMS)との識別が重要である。セロトニン症候群はNMS発現の約9日に比べ、24時間以内と比較的速やかに発現する。 身体所見による判断時の特徴は、ミオクローヌスの有無である。セロトニン症候群ではミオクローヌスが高頻度で起こるが、NMSでは起こりにくい。 (Wikipedia:セロトニン・シンドローム)

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤
『』より : (Wikipedia:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)


セロトニン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

セロトニン - アマゾン検索


「セロトニン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す