[PR]

日別キーワード

第94位  トリノ - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



トリノ
トリノ(伊: Torino (13px 聞く))は、イタリア共和国ピエモンテ州にある都市で、その周辺地域を含む人口約87万人の基礎自治体(コムーネ)。ピエモンテ州の州都であり、トリノ県の県都。イタリア第4の人口規模を持つ。都市圏の人口は約170万人。一時は100万都市だったが昨今は人口減少が著しい。 ミラノに次ぐイタリア第2の工業都市であり、自動車工業の拠点である。近代にはサルデーニャ王国の首都が置かれた。サヴォイア王家の王宮群は世界遺産に登録されている。 日本では「ト」に強勢を置いて「トリノ」と発音されることが多いが、標準イタリア語では [toˈrino] 、「リ」(ri)に強勢を置いて「トリーノ」という発音になる。そのため、原音に沿って「トリーノ」と表記されることも少なくない。 標準イタリア語以外の言語では以下の名称を持つ。 ピエモンテ語: Turin(テュリン、テュリーン) フランス語: Turin(テュラン) 英語: Turin(テューリン、テュリン、テュアリン)日本語文献では、古い文献などで時に、英語名に基づいた「チューリン」の名称を用いているものもある。 (Wikipedia:トリノ)

トリノオリンピック日本選手団
トリノオリンピック日本選手団(トリノオリンピックにっぽんせんしゅだん)は、2006年2月10日から26日まで開催されたトリノオリンピックの日本選手団。各選手の試合結果。選手所属は2006年時点のもの。 人員:238人(選手112人、役員126人) 主将:岡崎朋美(スピードスケート)副将:村主章枝(フィギュアスケート)開会式旗手:加藤条治(スピードスケート)閉会式騎手:荒川静香(フィギュアスケート)結団式旗手代行:岡部孝信(スキージャンプ)  スキー:37人 スノーボード:13人 スケート:35人 バイアスロン:10人 ボブスレー・リュージュ:12人 カーリング:5人 結団式・壮行会:1月22日(新高輪プリンスホテル) 解団式:2月27日(イタリア・ミラノ) メダル獲得者 開会前のJOCの目標個数は5個であったが、結局は金メダル1個獲得のみに留まった。 (Wikipedia:トリノオリンピック日本選手団)

トリノオリンピック
トリノオリンピックは、2006年2月10日から2月26日にかけてイタリア・トリノで開催された。冬季オリンピックとしては第20回の記念大会で、テーマは、Passion lives here.(情熱はここに息づく)。 大会開催までの経緯 1999年6月、韓国・ソウルで行われた第109回IOC総会で決定した。イタリアでのオリンピック開催は、コルティーナ・ダンペッツォ(1956年冬季)、ローマ(1960年・夏季)に次ぐ3度目。イタリアでの冬季オリンピック開催は50年ぶり。 競技会場 トリノ市内にある屋内競技場の他に、ピエモンテ州のスーザ渓谷(Valle di Susa)にあるいくつかの会場に分かれて開催される。 トリノ市内 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ(27000人収容) - 開閉会式 オーヴァル・リンゴット(8500人収容) - スピードスケート パラベラ(6600人収容) - フィギュアスケート、ショートトラック パラスポーツ・オリンピコ(8500人収容)、トリノ・エスポジツィオーニ - アイスホッケー バルドネッキア(Bardonecchia):スノーボード ピネローロ(Pinerolo):ピネローロ・パラギアッチョ - カーリング プラジェラート(Pragelato):スキージャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合 セストリエーレ(Sestriere):男子アルペン サウゼ・ドゥルクス(Sauze d'Oulx):フリースタイル・スキー チェザーナ、サン・シカリオ(Cesana - San Sicario):バイアスロン、女子アルペン、ボブスレー、リュージュ、スケルトン 大会マスコット 大会マスコットは、下記の2人である。 (Wikipedia:トリノオリンピック)

トリノオリンピック (2006年)
『トリノオリンピック』より : Logo=Torino 2006.svg
開催都市=イタリア・トリノ
参加国・地域数=80
参加人数=2633人(男子:1627、女子:1006)
競技種目数=7競技84種目
開会式=2006年2月10日
閉会式=2006年2月26日
開会宣言=カルロ・アツェリオ・チャンピ
選手宣誓=ジョルジョ・ロッカ
審判宣誓=ファビオ・ビアンケッティ
最終聖火ランナー=ステファーニア・ベルモンド
主競技場=スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ スタディオ・オリンピコ}}
トリノオリンピック(XX Olympic Winter Games)は、2006年2月10日から2月26日にかけてイタリア・トリノで開催された。冬季オリンピックとしては第20回の記念大会で、テーマは、"Passion lives here."(情熱はここに息づく)。
(Wikipedia:トリノオリンピック (2006年))

トリノ五輪
『トリノオリンピック』より : トリノオリンピックは、2006年2月10日から2月26日にかけてイタリア・トリノで開催された。冬季オリンピックとしては第20回の記念大会で、テーマは、Passion lives here.(情熱はここに息づく)。 大会開催までの経緯 1999年6月、韓国・ソウルで行われた第109回IOC総会で決定した。イタリアでのオリンピック開催は、コルティーナ・ダンペッツォ(1956年冬季)、ローマ(1960年・夏季)に次ぐ3度目。イタリアでの冬季オリンピック開催は50年ぶり。 競技会場 トリノ市内にある屋内競技場の他に、ピエモンテ州のスーザ渓谷(Valle di Susa)にあるいくつかの会場に分かれて開催される。 トリノ市内 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ(27000人収容) - 開閉会式 オーヴァル・リンゴット(8500人収容) - スピードスケート パラベラ(6600人収容) - フィギュアスケート、ショートトラック パラスポーツ・オリンピコ(8500人収容)、トリノ・エスポジツィオーニ - アイスホッケー バルドネッキア(Bardonecchia):スノーボード ピネローロ(Pinerolo):ピネローロ・パラギアッチョ - カーリング プラジェラート(Pragelato):スキージャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合 セストリエーレ(Sestriere):男子アルペン サウゼ・ドゥルクス(Sauze d'Oulx):フリースタイル・スキー チェザーナ、サン・シカリオ(Cesana - San Sicario):バイアスロン、女子アルペン、ボブスレー、リュージュ、スケルトン 大会マスコット 大会マスコットは、下記の2人である。 (Wikipedia:トリノ五輪)

トリノ2006
『トリノオリンピック』より : トリノオリンピックは、2006年2月10日から2月26日にかけてイタリア・トリノで開催された。冬季オリンピックとしては第20回の記念大会で、テーマは、Passion lives here.(情熱はここに息づく)。 大会開催までの経緯 1999年6月、韓国・ソウルで行われた第109回IOC総会で決定した。イタリアでのオリンピック開催は、コルティーナ・ダンペッツォ(1956年冬季)、ローマ(1960年・夏季)に次ぐ3度目。イタリアでの冬季オリンピック開催は50年ぶり。 競技会場 トリノ市内にある屋内競技場の他に、ピエモンテ州のスーザ渓谷(Valle di Susa)にあるいくつかの会場に分かれて開催される。 トリノ市内 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ(27000人収容) - 開閉会式 オーヴァル・リンゴット(8500人収容) - スピードスケート パラベラ(6600人収容) - フィギュアスケート、ショートトラック パラスポーツ・オリンピコ(8500人収容)、トリノ・エスポジツィオーニ - アイスホッケー バルドネッキア(Bardonecchia):スノーボード ピネローロ(Pinerolo):ピネローロ・パラギアッチョ - カーリング プラジェラート(Pragelato):スキージャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合 セストリエーレ(Sestriere):男子アルペン サウゼ・ドゥルクス(Sauze d'Oulx):フリースタイル・スキー チェザーナ、サン・シカリオ(Cesana - San Sicario):バイアスロン、女子アルペン、ボブスレー、リュージュ、スケルトン 大会マスコット 大会マスコットは、下記の2人である。 (Wikipedia:トリノ2006)

トリノオリンピック2006
『トリノオリンピック』より : トリノオリンピックは、2006年2月10日から2月26日にかけてイタリア・トリノで開催された。冬季オリンピックとしては第20回の記念大会で、テーマは、Passion lives here.(情熱はここに息づく)。 大会開催までの経緯 1999年6月、韓国・ソウルで行われた第109回IOC総会で決定した。イタリアでのオリンピック開催は、コルティーナ・ダンペッツォ(1956年冬季)、ローマ(1960年・夏季)に次ぐ3度目。イタリアでの冬季オリンピック開催は50年ぶり。 競技会場 トリノ市内にある屋内競技場の他に、ピエモンテ州のスーザ渓谷(Valle di Susa)にあるいくつかの会場に分かれて開催される。 トリノ市内 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ(27000人収容) - 開閉会式 オーヴァル・リンゴット(8500人収容) - スピードスケート パラベラ(6600人収容) - フィギュアスケート、ショートトラック パラスポーツ・オリンピコ(8500人収容)、トリノ・エスポジツィオーニ - アイスホッケー バルドネッキア(Bardonecchia):スノーボード ピネローロ(Pinerolo):ピネローロ・パラギアッチョ - カーリング プラジェラート(Pragelato):スキージャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合 セストリエーレ(Sestriere):男子アルペン サウゼ・ドゥルクス(Sauze d'Oulx):フリースタイル・スキー チェザーナ、サン・シカリオ(Cesana - San Sicario):バイアスロン、女子アルペン、ボブスレー、リュージュ、スケルトン 大会マスコット 大会マスコットは、下記の2人である。 (Wikipedia:トリノオリンピック2006)

トリノ五輪2006
『トリノオリンピック』より : トリノオリンピックは、2006年2月10日から2月26日にかけてイタリア・トリノで開催された。冬季オリンピックとしては第20回の記念大会で、テーマは、Passion lives here.(情熱はここに息づく)。 大会開催までの経緯 1999年6月、韓国・ソウルで行われた第109回IOC総会で決定した。イタリアでのオリンピック開催は、コルティーナ・ダンペッツォ(1956年冬季)、ローマ(1960年・夏季)に次ぐ3度目。イタリアでの冬季オリンピック開催は50年ぶり。 競技会場 トリノ市内にある屋内競技場の他に、ピエモンテ州のスーザ渓谷(Valle di Susa)にあるいくつかの会場に分かれて開催される。 トリノ市内 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ(27000人収容) - 開閉会式 オーヴァル・リンゴット(8500人収容) - スピードスケート パラベラ(6600人収容) - フィギュアスケート、ショートトラック パラスポーツ・オリンピコ(8500人収容)、トリノ・エスポジツィオーニ - アイスホッケー バルドネッキア(Bardonecchia):スノーボード ピネローロ(Pinerolo):ピネローロ・パラギアッチョ - カーリング プラジェラート(Pragelato):スキージャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合 セストリエーレ(Sestriere):男子アルペン サウゼ・ドゥルクス(Sauze d'Oulx):フリースタイル・スキー チェザーナ、サン・シカリオ(Cesana - San Sicario):バイアスロン、女子アルペン、ボブスレー、リュージュ、スケルトン 大会マスコット 大会マスコットは、下記の2人である。 (Wikipedia:トリノ五輪2006)

トリノオリンピック冬期競技大会
『トリノオリンピック』より : トリノオリンピックは、2006年2月10日から2月26日にかけてイタリア・トリノで開催された。冬季オリンピックとしては第20回の記念大会で、テーマは、Passion lives here.(情熱はここに息づく)。 大会開催までの経緯 1999年6月、韓国・ソウルで行われた第109回IOC総会で決定した。イタリアでのオリンピック開催は、コルティーナ・ダンペッツォ(1956年冬季)、ローマ(1960年・夏季)に次ぐ3度目。イタリアでの冬季オリンピック開催は50年ぶり。 競技会場 トリノ市内にある屋内競技場の他に、ピエモンテ州のスーザ渓谷(Valle di Susa)にあるいくつかの会場に分かれて開催される。 トリノ市内 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ(27000人収容) - 開閉会式 オーヴァル・リンゴット(8500人収容) - スピードスケート パラベラ(6600人収容) - フィギュアスケート、ショートトラック パラスポーツ・オリンピコ(8500人収容)、トリノ・エスポジツィオーニ - アイスホッケー バルドネッキア(Bardonecchia):スノーボード ピネローロ(Pinerolo):ピネローロ・パラギアッチョ - カーリング プラジェラート(Pragelato):スキージャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合 セストリエーレ(Sestriere):男子アルペン サウゼ・ドゥルクス(Sauze d'Oulx):フリースタイル・スキー チェザーナ、サン・シカリオ(Cesana - San Sicario):バイアスロン、女子アルペン、ボブスレー、リュージュ、スケルトン 大会マスコット 大会マスコットは、下記の2人である。 (Wikipedia:トリノオリンピック冬期競技大会)

トリノ・オリンピック
『トリノオリンピック』より : トリノオリンピックは、2006年2月10日から2月26日にかけてイタリア・トリノで開催された。冬季オリンピックとしては第20回の記念大会で、テーマは、Passion lives here.(情熱はここに息づく)。 大会開催までの経緯 1999年6月、韓国・ソウルで行われた第109回IOC総会で決定した。イタリアでのオリンピック開催は、コルティーナ・ダンペッツォ(1956年冬季)、ローマ(1960年・夏季)に次ぐ3度目。イタリアでの冬季オリンピック開催は50年ぶり。 競技会場 トリノ市内にある屋内競技場の他に、ピエモンテ州のスーザ渓谷(Valle di Susa)にあるいくつかの会場に分かれて開催される。 トリノ市内 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ(27000人収容) - 開閉会式 オーヴァル・リンゴット(8500人収容) - スピードスケート パラベラ(6600人収容) - フィギュアスケート、ショートトラック パラスポーツ・オリンピコ(8500人収容)、トリノ・エスポジツィオーニ - アイスホッケー バルドネッキア(Bardonecchia):スノーボード ピネローロ(Pinerolo):ピネローロ・パラギアッチョ - カーリング プラジェラート(Pragelato):スキージャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合 セストリエーレ(Sestriere):男子アルペン サウゼ・ドゥルクス(Sauze d'Oulx):フリースタイル・スキー チェザーナ、サン・シカリオ(Cesana - San Sicario):バイアスロン、女子アルペン、ボブスレー、リュージュ、スケルトン 大会マスコット 大会マスコットは、下記の2人である。 (Wikipedia:トリノ・オリンピック)

トリノ県
トリノ県 Città metropolitana di Torinoトリノ県の位置 トリノ県(イタリア語: Città metropolitana di Torino)は、イタリア共和国ピエモンテ州に属する県級行政区画。県都トリノ(トリーノ)はピエモンテ州の州都でもある。 法制上の位置づけは、2015年1月1日に従来の県(Provincia)から大都市圏(Città metropolitana)に移行した。 イタリア語版ウィキペディア等では廃止された Provincia di Torino と新設された Città metropolitana di Torino が別項目になっているが、便宜上双方を「トリノ県」として本項で扱う。 地理 位置・広がり ピエモンテ州南西部に位置する県である。西にフランスと国境を接しており、西北をローヌ=アルプ地域圏、西南をプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏(PACA)と接する。 (Wikipedia:トリノ県)

トリノオリンピックにおけるアイスホッケー競技
トリノオリンピックにおけるアイスホッケー競技は、2006年2月11日から26日まで男女2種目が実施された。 競技では男子12カ国、女子8カ国が参加して行われた。 男子では6カ国ごとに2つのグループに分かれ総当りの予選を行った。予選リーグの上位4チームが準々決勝し、以降はトーナメント方式で最終順位を決定した。 女子では4カ国ごとに2つのグループに分かれ総当りの予選を行った。予選リーグの上位2チームが準決勝に進出し、下位2チームは5-8位決定戦へ進んだ。準決勝および5-8位決定戦以降は男子と同様にトーナメント方式で最終順位を決定した。 競技結果 男子 = 予選リーグA組 = 上位4チームが準々決勝へ進出。 = 予選リーグB組 = 上位4チームが準々決勝へ進出。 = 準々決勝 = = 準決勝 = = 3位決定戦 = = 決勝 = = 最終順位 = 女子 = 予選リーグA組 = カナダとスウェーデンが準決勝へ進出。 (Wikipedia:トリノオリンピックにおけるアイスホッケー競技)

トリノオリンピックにおけるスピードスケート競技
トリノオリンピックにおけるスピードスケート競技は、2006年2月11日から2月25日までの期間で行われた。 会場はトリノ市内にあるオーバル・リンゴットであった。今大会からの変更点は大まかに分けて2つあった。まず500mでは長野オリンピックから男女共に、1回目、2回目の競技を2日間に渡って行い合計タイムで争われていたが、今大会より1日で2回滑りきるスケジュールに変更された。また、チームパシュート(団体追い抜きタイムトライアル)の男女競技がこの大会から実施された。チームパシュートでは最初に参加国によるタイムトライアルを行い、タイムトライアルの1位と8位、2位と7位、3位と6位、4位と5位が準々決勝を行った。準決勝はタイムトライアル1位と8位の勝者とタイムトライアル4位と5位の勝者が、タイムトライアル2位と7位の勝者とタイムトライアル3位と6位の勝者が対決するトーナメント方式で争われた。 競技結果 尚、各種目上位に記載されている五輪記録、世界記録は本大会の以前のものである。 (Wikipedia:トリノオリンピックにおけるスピードスケート競技)

トリノオリンピックにおけるスケート競技
『トリノオリンピックにおけるスピードスケート競技』より : トリノオリンピックにおけるスピードスケート競技は、2006年2月11日から2月25日までの期間で行われた。 会場はトリノ市内にあるオーバル・リンゴットであった。今大会からの変更点は大まかに分けて2つあった。まず500mでは長野オリンピックから男女共に、1回目、2回目の競技を2日間に渡って行い合計タイムで争われていたが、今大会より1日で2回滑りきるスケジュールに変更された。また、チームパシュート(団体追い抜きタイムトライアル)の男女競技がこの大会から実施された。チームパシュートでは最初に参加国によるタイムトライアルを行い、タイムトライアルの1位と8位、2位と7位、3位と6位、4位と5位が準々決勝を行った。準決勝はタイムトライアル1位と8位の勝者とタイムトライアル4位と5位の勝者が、タイムトライアル2位と7位の勝者とタイムトライアル3位と6位の勝者が対決するトーナメント方式で争われた。 競技結果 尚、各種目上位に記載されている五輪記録、世界記録は本大会の以前のものである。 (Wikipedia:トリノオリンピックにおけるスケート競技)

トリノFC
トリノ・フットボール・クラブ(Torino Football Club S.p.A)は、イタリア・トリノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。セリエAで優勝7回の実績を持つ古豪である。 1906年12月3日にFCトリノ (Foot Ball Club Torino) として創設された。イタリアがファシスト党の独裁下にあった1936年に、イタリア語を使用したACトリノ (Associazione Calcio Torino) へと改められ、その後1970年にトリノ・カルチョ (Torino Calcio) に改称。 2005年にクラブが破産し、トリノFCとしてクラブは再建された。 1942年から1949年にかけてセリエAで5連覇し、「グランデ・トリノ(偉大なるトリノ)」と呼ばれた。しかし、その最後の優勝は悲劇的なものであった。1948-49シーズンも残りわずかと言う所で首位に立っていたトリノは、ポルトガルのクラブとの親善試合を終えてイタリアに帰る途中、乗っていた飛行機がスペルガの丘に墜落。 (Wikipedia:トリノFC)

トリノ・カルチョ
『トリノFC』より : トリノ・フットボール・クラブ(Torino Football Club S.p.A)は、イタリア・トリノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。セリエAで優勝7回の実績を持つ古豪である。 1906年12月3日にFCトリノ (Foot Ball Club Torino) として創設された。イタリアがファシスト党の独裁下にあった1936年に、イタリア語を使用したACトリノ (Associazione Calcio Torino) へと改められ、その後1970年にトリノ・カルチョ (Torino Calcio) に改称。 2005年にクラブが破産し、トリノFCとしてクラブは再建された。 1942年から1949年にかけてセリエAで5連覇し、「グランデ・トリノ(偉大なるトリノ)」と呼ばれた。しかし、その最後の優勝は悲劇的なものであった。1948-49シーズンも残りわずかと言う所で首位に立っていたトリノは、ポルトガルのクラブとの親善試合を終えてイタリアに帰る途中、乗っていた飛行機がスペルガの丘に墜落。 (Wikipedia:トリノ・カルチョ)

トリノフンダマシ
トリノフンダマシ(鳥の糞騙し)は、コガネグモ科に属するクモの仲間である。その姿が鳥の糞に見えるものがあることから、その名がある。 節足動物門クモ綱クモ目コガネグモ科に属する。熱帯系のクモの仲間であり、日本ではトリノフンダマシ属が約5種、近縁のサカグチトリノフンダマシ属が3種類知られている。いずれも興味深い姿をしている。 最も普通に見られるのは、トリノフンダマシである。本州中部以南に分布し、それほど珍しい種ではないが、一般には目にすることはほとんどない。 雌は体長が1cm程度、腹部はハート形で、白っぽい。ハートのくぼんだ部分の下側に頭胸部がつながる。頭胸部と歩脚は薄い褐色で、足を折り曲げて、頭胸部に添えると、背面からは腹部に隠れて見えにくくなる。昼間に観察すれば、低木や草の葉の裏面に、足を縮めた姿でじっとしているのが見つかる。 腹部はほぼ白色で、両肩に当たる部分が軽く盛り上がる。その部分に白と灰色のまだらがある。腹部の表面は非常につやがあり、一見するとまるで濡れて光っているかのように見える。 (Wikipedia:トリノフンダマシ)

トリノオリンピックにおけるクロスカントリースキー競技
2006年のトリノオリンピックにおけるクロスカントリースキー競技は2月12日から2月26日までの期間の内9日間の日程で実施された。 競技はトリノ郊外に位置するプラジェラートで実施された。 競技種目は、男子がスプリント、パシュート、15kmクラシカル、50kmフリー、チームスプリント、4×10kmリレー。女子がスプリント、パシュート、10kmクラシカル、30kmフリー、チームスプリント、4×5kmリレーで合わせて12種目が実施された。 競技結果 男子 = スプリント(1.35kmフリー) = 実施日:2月22日 = 30kmパシュート(15kmクラシカル + 15kmフリー) = 実施日:2月12日 = 15kmクラシカル = 実施日:2月17日 = 50kmフリー = 実施日:2月26日 = チームスプリント(クラシカル) = 実施日:2月24日 = 4×10kmリレー = 実施日:2月19日 女子 = スプリント(1.35kmフリー) = 実施日:2月22日 = 15kmパシュート(7.5kmクラシカル + 7.5kmフリー) = 実施日:2月12日 = 10kmクラシカル = 実施日:2月16日 = 30kmフリー = 実施日:2月24日 = チームスプリント(クラシカル) = 実施日:2月14日 = 4×5kmリレー = 実施日:2月18日 各国メダル数 関連項目 2006年のスポーツ 外部リンク 日本オリンピック委員会 - 2006トリノ クロスカントリースキー トリノオリンピック公式サイト・クロスカントリースキーの項目。 (Wikipedia:トリノオリンピックにおけるクロスカントリースキー競技)

トリノオリンピックにおけるカーリング競技
トリノオリンピックにおけるカーリング競技は、2006年2月13日から24日まで男女2種目が実施された。 競技結果 男子 = 世界選手権ポイント = 2003年から2005年までのカーリング世界選手権の成績をポイントに換算した上位9カ国と開催国のイタリアの計10カ国がオリンピック出場権を得た。 カーリング選手権には、イギリスから4つの地域が参加しているが、協会とイギリスの合意により、イギリスにはスコットランドが得たポイントのみが計上されている。 = 予選ラウンドロビン = 2月13日から20日まで総当り式の予選ラウンドロビンを行い上位4カ国が準決勝に進出した。 = 準決勝 = 実施日:2月22日9エンドでアメリカチームがギブアップ 実施日:2月22日 = 3位決定戦 = 実施日:2月24日 = 決勝 = 実施日:2月24日8エンドでフィンランドチームがギブアップ = 最終順位 = = 女子 = 世界選手権ポイント = 2003年から2005年までのカーリング世界選手権の成績をポイントに換算した上位9カ国と開催国のイタリアの計10カ国がオリンピック出場権を得た。 (Wikipedia:トリノオリンピックにおけるカーリング競技)

トリノオリンピックにおけるショートトラックスピードスケート競技
2006年のトリノオリンピックにおけるショートトラックスピードスケート競技は2月12日から2月25日までの内、5日間の日程で行われた。 会場はトリノ市内にあるパラベラであった。 実施競技は男子と女子それぞれの、500m、1000m、1500mと男子の5000mリレーと女子の3000mリレーで合計8種目が実施された。 競技の結果 なお、以下に示す五輪記録と世界記録は今大会以前のものである 男子 = 500m = 実施日 2月22日、25日 五輪記録 - 41秒802 カナダの旗 マルク・ギャノン(ソルトレイクシティ、2002年) 世界記録 - 41秒163 カナダの旗 ジャン=フランシス・モネット(カルガリー、2003年10月18日) = 1000m = 実施日 2月15日、18日 五輪記録 - 1分27秒185 カナダの旗 マチュー・ターコット(ソルトレイクシティ、2002年) 世界記録 - 1分24秒674 中華人民共和国の旗 李佳軍(イタリア・ボルミオ、2004年2月14日) = 1500m = 実施日 2月12日 五輪記録 - 2分15秒942 韓国の旗 安賢洙(ソルトレイクシティ、2002年) 世界記録 - 2分10秒639 韓国の旗 金東聖(マーケット、2003年) = 5000mリレー = 実施日 2月15日、25日 五輪記録 - 6分45秒455 カナダの旗 カナダ(ソルトレイクシティ、2002年) 世界記録 - 6分39秒996 カナダの旗 カナダ(北京、2005年3月13日) 女子 = 500m = 実施日 2月12日、15日 五輪記録 - 44秒118 中華人民共和国の旗 楊揚(ソルトレイクシティ、2002年) 世界記録 - 43秒671 ブルガリアの旗 エフゲニア・ラダノワ(カルガリー、2001年10月19日) = 1000m = 実施日 2月22日、25日 五輪記録 - 1分31秒235 中華人民共和国の旗 楊揚(ソルトレイクシティ、2002年) 世界記録 - 1分30秒037 韓国の旗 陳善有(イタリア・ボルミオ、2005年11月13日) = 1500m = 実施日 2月18日 五輪記録 - 2分21秒069 韓国の旗 崔恩景(ソルトレイクシティ、2002年) 世界記録 - 2分18秒861 韓国の旗 チョン・ウンジュ(北京、2004年1月11日) = 3000mリレー = 実施日 2月12日、22日 五輪記録 - 4分12秒793 韓国の旗 韓国(ソルトレイクシティ、2002年) 世界記録 - 4分11秒742 韓国の旗 韓国(カルガリー、2003年10月19日) 各国メダル数 関連項目 2006年のスポーツ 外部リンク トリノオリンピック公式サイト・ショートトラックスピードスケートの項目 日本オリンピック委員会。 (Wikipedia:トリノオリンピックにおけるショートトラックスピードスケート競技)


トリノ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

トリノ - アマゾン検索


「トリノ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す