[PR]

日別キーワード

第97位  ネム - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



ネム
『』より : (Wikipedia:ネム)

ネムナス川
『ネマン川』より : ネマン川(ネーマン川とも、ロシア語:Неман ニェーマン)は、東ヨーロッパを流れバルト海に注ぐ川である。 各国語でネムナス川(リトアニア語:Nemunas ネムナス)、ニョーマン川(ベラルーシ語:Нёман ニョーマン)、ニェメン川(ポーランド語:Niemen ニェーメン)、メーメル川(ドイツ語:Memel メーメル)と呼ばれている。 地理 ネマン川は、ベラルーシに源を発して、リトアニアとロシア連邦カリーニングラード州を流れ、バルト海の一部であるクルシュ海(クルシュ潟)に注いでいる。長さは937キロで、ヨーロッパで14番目に長く、バルト海沿岸では4番目に長い。うち459キロはベラルーシ国内、359キロはリトアニア国内を流れ、116キロはリトアニアとロシアおよびベラルーシとの国境をなしている。 深さは最大で5メートル、川幅は最大500メートルである。流速は秒速1~2メートルと、ゆったりと流れている。流量は洪水時には最大で通常時の11倍の毎秒6,800立方メートルまで増加する。一次支流は105本あり、最大のものはネリス川(長さ510キロ)で、100キロより長い支流は15本ある。 (Wikipedia:ネムナス川)

ネムリブカ
ネムリブカ Triaenodon obesus はメジロザメ科に属するサメの一種。ネムリブカ属は単型である。小型で最大1.6m程度。細い体と短く幅広い吻、管状の前鼻弁、垂直の瞳孔を持ち、背鰭・尾鰭の先端は白い。インド洋と太平洋のサンゴ礁に生息する。底生で、主に深度8-40mで見られる。 メジロザメ類には珍しく、泳がなくとも呼吸することができる。日中は洞窟内で休むが、夜には集団で岩やサンゴの隙間を這い進んで探索し、硬骨魚・甲殻類・タコを捕食する。棲家をあまり移動せず、数年間に渡って同じ場所で休息する。胎生で、2年毎に1-6匹の仔を産む。妊娠期間は10-13ヶ月。好奇心が強く攻撃性は低いが、偶発的に人に噛み付いた例がある。食用とされるがシガテラ毒を持つ可能性がある。IUCNは保全状況を準絶滅危惧としている。 分類 1837年のFische des Rothen Meeres("紅海の魚")において、ドイツの博物学者エドゥアルト・リュッペルによってCarcharias obesus の名で記載された。 (Wikipedia:ネムリブカ)

ネムノキ科
ネムノキ科 (Mimosaceae) はマメ科に近縁な科。クロンキスト体系では独立の科とするが、新エングラー体系やAPG植物分類体系のようにマメ科に入れてネムノキ亜科 (Mimosoideae) とすることも多い。 果実はマメ科と同様の豆果。花は放射相称で、花びらは小さく、おしべの方が目立つものが多い。おしべは多くは10本あるが、多数のものもある。まためしべはほとんどが1本であるが、ごく一部の種では数本ないし10数本に達する。小さい花が集まって頭状または穂状花序をなす。葉は細かい2回羽状複葉となるものが多い。多くは木本で、つる性のものもある。50属2000種ほどからなり、大部分が熱帯・亜熱帯に分布する。日本にはネムノキ(東北地方北部以南)、モダマ(南西諸島)が自生し、ギンネムが亜熱帯地域に帰化している。モダマは長さ 1m ほどにもなる大きな果実で有名である。 アカシア属(俗にミモザとも呼ばれる;ニセアカシアは異なる)には観賞用に栽培されるものや アラビアゴムの原料とされるものがある。 (Wikipedia:ネムノキ科)

ネムノキ亜科
『ネムノキ科』より : ネムノキ科 (Mimosaceae) はマメ科に近縁な科。クロンキスト体系では独立の科とするが、新エングラー体系やAPG植物分類体系のようにマメ科に入れてネムノキ亜科 (Mimosoideae) とすることも多い。 果実はマメ科と同様の豆果。花は放射相称で、花びらは小さく、おしべの方が目立つものが多い。おしべは多くは10本あるが、多数のものもある。まためしべはほとんどが1本であるが、ごく一部の種では数本ないし10数本に達する。小さい花が集まって頭状または穂状花序をなす。葉は細かい2回羽状複葉となるものが多い。多くは木本で、つる性のものもある。50属2000種ほどからなり、大部分が熱帯・亜熱帯に分布する。日本にはネムノキ(東北地方北部以南)、モダマ(南西諸島)が自生し、ギンネムが亜熱帯地域に帰化している。モダマは長さ 1m ほどにもなる大きな果実で有名である。 アカシア属(俗にミモザとも呼ばれる;ニセアカシアは異なる)には観賞用に栽培されるものや アラビアゴムの原料とされるものがある。 (Wikipedia:ネムノキ亜科)

ネムノキ
名称 ネムノキ
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 マメ目 :w:Fabales Fabales
科 ネムノキ科 :w:Mimosaceae Mimosaceae
属 ネムノキ属 ”:w:Albizia Albizia”
種 ネムノキ ”A. julibrissin”
学名 ”Albizia julibrissin”Durazz.
和名 ネムノキ
英名 Mimosa ; Persian silk tree ; Pink siris
ネムノキ(合歓木、”Albizia julibrissin”)はネムノキ科(広い意味でマメ科)の落葉高木。別名、ネム、ネブ。
葉は2回偶数羽状複葉。花は頭状花序になり夏に咲く。淡紅色のおしべが長く美しい。果実は細長く扁平な豆果。
イラン・インドから東南アジアを経て日本の東北地方北部まで自生する。陽樹であり、荒れ地に最初に侵入するパイオニア的樹木である。河原などで見ることも多い。また、観賞用に栽培もされることもある。
(Wikipedia:ネムノキ)

ネムキ
『ネムキ』は、朝日新聞出版が発行していた日本の少女向け漫画雑誌。1991年、朝日ソノラマが『眠れぬ夜の奇妙な話』の誌名で創刊。2007年9月に同社が会社清算手続きに入ったため、同年10月から朝日新聞社出版本部が発行を引き継ぎ、2008年4月から朝日新聞出版が発行。隔月刊(奇数月刊)。2013年1月号(2012年12月発売)をもって終刊した。発売日は刊行月の前々月(偶数月)13日だった。なお一部連載作品は2013年4月に朝日新聞出版が創刊する「Nemuki+(ネムキプラス)」にて連載が継続される。 誌名の『ネムキ』は旧誌名の略が由来。キャッチフレーズは「オモシロ不思議いっぱいの少女コミック誌」で、対象読者は中学生から「普通の漫画に飽きたオトナ」まで。 発行の変遷 1991年、『月刊ハロウィン』(朝日ソノラマ)増刊として創刊。その後、『眠れぬ夜の奇妙な話 ネムキ』に誌名を変更。『月刊ハロウィン』の休刊後は、『ほんとにあった怖い話』(朝日ソノラマ)増刊として発行された。1996年、同年5月号(通巻31号)から隔月刊誌として独立創刊。 (Wikipedia:ネムキ)

ネムリグサ
『』より : オジギソウ(お辞儀草、含羞草、学名:Mimosa pudica)とはマメ科ネムノキ亜科の植物の一種。別名ネムリグサ(眠り草)、ミモザ。 なお、ミモザは本来オジギソウの学名に由来する植物名であるが、現在の日本語ではほぼアカシア類の花を呼ぶ名としてのみ使われていて、これは本来は誤用である。種小名のpudicaはラテン語で「内気な」の意味。 分布 南アメリカ原産で、世界中に帰化している。日本では沖縄で帰化植物として野外で繁殖している。日本へは江戸時代後期にオランダ船によって持ち込まれたといわれている。 茎は木質化し、基部はやや横に這い、先端は斜めに立ち上がる。茎には多くの逆棘があり、節ごとに葉を出す。葉は偶数二回羽状複葉であるが、羽状に小羽片を並べた小葉が四枚、葉柄の先端にやや集まってつく特徴がある。 本来は多年草であるが、耐寒性が低いため日本の園芸では一年草扱いにすることが多い。5月頃に種子を蒔くと、7-10月頃にピンクの花が開花する。背丈は高くならないが、棘が多いのでやっかいである。 運動 葉は偶数羽状複葉で、接触、熱、風、振動といった刺激によって小葉が先端から一対ずつ順番に閉じて、最後に葉全体がやや下向きに垂れ下がる。 (Wikipedia:ネムリグサ)


ネム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ネム - アマゾン検索


「ネム」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す