[PR]

日別キーワード

第100位  バベルの塔 - 2018年04月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



バベルの塔
バベルの塔(バベルのとう、ヘブライ語: מגדל בבל‎)は、旧約聖書の「創世記」中に登場する巨大な塔。 神話とする説が支配的だが、一部の研究者は紀元前6世紀のバビロンのマルドゥク神殿に築かれたエ・テメン・アン・キのジッグラト(聖塔)の遺跡と関連づけた説を提唱する。 実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまったといわれることにちなんで、空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの塔」という。 語源 正確には「バベルの塔」という表現は聖書には現れず、"the city and its tower"もしくは"the city" と表される。バベル(𒁀𒀊𒅋𒌋)はアッカド語では神の門を表す。一方聖書によるとバベルはヘブライ語のbalal(ごちゃまぜ)から来ているとされる。 聖書の記述 バベルの塔の物語は旧約聖書の「創世記」11章にあらわれる。そこで語られるのは下記のような記述である。位置的にはノアの物語のあとでアブラハムの物語の前に置かれている。 — 「創世記」11章1-9節 偽典の「ヨベル書」によれば、神はノアの息子たちに世界の各地を与え、そこに住むよう命じていた。 (Wikipedia:バベルの塔)

バベルの塔 (ゲーム)
『バベルの塔』(バベルのとう)は、1986年7月18日にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)よりファミリーコンピュータ用ゲームとして発売されたアクションパズルゲーム。「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第16弾。同年に業務用任天堂VS.システム向けにもリリースされた。携帯アプリにも移植されており、後年「裏バベルの塔」も移植された。2014年にWii Uのバーチャルコンソールで配信された際に、タイトルロゴが「BABEL」から「THE TOWER OF BABEL」に差し替えられた。 旧約聖書の「創世記」に登場するバベルの塔をモチーフとしている。 ゲームシステム 全64面のフロアを、L字型のブロックを並べ替え、組み合わせて階段を作り、敵を回避しながら出口から脱出してクリアしていくゲーム。フロアによっては出口を封印する水晶玉が置かれており、それを全て回収しないと扉は開かないため、『ロードランナー』に似た要素がある。主人公のインディーにはブロックを持ち上げる度に消費されるパワーが設定されており、ブロックを持ち上げられる回数が制限されているため、ブロックを並べ替える時にはよく考えて動かさなくてはならない。 (Wikipedia:バベルの塔 (ゲーム))


バベルの塔 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

バベルの塔 - アマゾン検索


「バベルの塔」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す