[PR]

日別キーワード

第1位  ポケモン - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



ポケモン
『ポケットモンスター』より : ポケットモンスター(POCKET MONSTERS)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称であると同時に同作品に登場する架空の生物の総称であり、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称はポケモン(Pokémon)。「モンスターボールに入るとポケットに入るから、ポケモン」という愛称が付けられている。 1996年2月27日にゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』が発売された。開発元はゲームフリーク。コンセプトメーカーにしてディレクターを務めたのは、同社代表取締役でもある田尻智。この作品が小学生を中心に、口コミから火が点き大ヒットとなり、以降も多くの続編が発売されている(詳しくは「ポケットモンスター(ゲーム)」を参照)。ゲーム本編作品だけでなく、派生作品や関連作品が数多く発売されている(『ポケモン不思議のダンジョン』、『ポケットピカチュウ』など)。 ポケモンはゲームのみならず、アニメ化、キャラクター商品化、カードゲーム化 、アーケードゲーム化され、日本国外でも人気を得ている。 (Wikipedia:ポケモン)

ポケモンスタジアム
『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム)

ポケモンスタジアム2
『ポケモンスタジアム』より : 『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム2)

ポケモンスタジアム金銀
『ポケモンスタジアム』より : 『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム金銀)

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊
Title ポケモン不思議のダンジョン青の救助隊・赤の救助隊
Genre ダンジョンRPG
Plat 青の救助隊:ニンテンドーDS赤の救助隊:ゲームボーイアドバンス
Dev チュンソフト
Pub 株式会社ポケモン任天堂(販売元)
Play 1人
Media 青の救助隊:256MbitDSカード赤の救助隊:ロムカセット
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO:全年齢対象
『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモン (企業) ポケモンから発売されたコンピュータゲーム。
ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。
(Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊)

ポケモンの特性
『ポケットモンスターの特性一覧』より : ポケットモンスターの特性一覧(ポケットモンスターのとくせいいちらん)は、ゲーム『ポケットモンスター』のポケモンのステータスの1つ、「とくせい」の一覧。『エメラルド』以降で追加されているフィールド上での効果は、記述がない限り、その特性を持つポケモンが手持ちの先頭にいる場合のみ(「ひんし」状態でも)効果を発揮する。 #印は、『ハイリンク』(ブラック・ホワイト)、『隠し穴』(ブラック2・ホワイト2)、『群れバトル』(X・Y)、『図鑑ナビのサーチモード』(オメガルビー・アルファサファイア)などで捕まえたポケモンが持つ「隠れ特性」。 あ行 アイスボディ 天気が「あられ」の時、ターン終了時に「HP」を最大の1/8だけ回復する。 この特性を持つポケモン:ユキワラシ、タマザラシ、バニプッチ、カチコール、パウワウ#、グレイシア# あくしゅう 野生のポケモンが出にくくなる。 『第五世代』からは、ダメージを与えた相手を1割の確率でひるませる効果が追加。 この特性を持つポケモン:ベトベター、スカンプー、ヤブクロン、クサイハナ# あついしぼう ほのお・こおりタイプの技を受けた時のダメージが半減する。 (Wikipedia:ポケモンの特性)

ポケモンカードゲーム
ポケモンカードゲーム (Pokémon Card Game) は、コンピュータゲームシリーズ『ポケットモンスター』を題材としたトレーディングカードゲーム(TCG)。通称および略称はポケカ、PCGまたはPTCG(Pokémon TCG の略)。製造元は任天堂、発売元は株式会社ポケモンである。 『ポケットモンスター』シリーズ(以下、ゲーム版という)内でのポケモンバトルを再現したカードゲーム(以下、TCG版という)。ただし、ゲーム版を原作としているわけではなく、ゲームボーイソフト『ポケットモンスター 赤・緑』と同時開発されていた。それゆえ、設定の相違が度々発生している。「任天堂ブランド(当時)のゲームを題材として任天堂が製造しているのに、発売元が任天堂でない」という矛盾点もあるが、これはゲーム版発売前の段階で打診されたときに、まだポケットモンスターの評価があまり高くない時期であったゆえに「製造は請け負うが、発売元としてのリスクは負わない」という見解が任天堂から出たためである。 (Wikipedia:ポケモンカードゲーム)

ポケモンカード
『ポケモンカードゲーム』より : ポケモンカードと呼ばれる、『ポケットモンスター(ポケモン)』を題材にしたカードは複数存在する。 ポケモンカードゲームシリーズ -- 株式会社ポケモン(以前はメディアファクトリーより発売)のトレーディングカードゲーム ポケモンずかんカードシリーズ -- バンダイのトレーディングカード(カードダス) ポケモンバトルカードe+シリーズ -- 任天堂のカードe+。ポケモンカードゲームのシリーズの一つであるポケモンカードeとは異なる。このほか、バンプレストといった玩具メーカーや、トップ製菓や明治製菓(現・株式会社明治)といった製菓会社から、各社オリジナルのカードが発売された。 また、ポケモンをデザインしたSuicaなどの乗車カードや、電子マネーのEdy(現・楽天Edy)カードが限定発売されたこともある。 (Wikipedia:ポケモンカード)

ポケモンジャングル
ポケモンカードゲームの発売タイトル一覧(ポケモンカードゲームのはつばいタイトルいちらん)では、発売されたポケモンカードゲームの商品についてシリーズごとに述べる。 ポケットモンスターカードゲーム ゲーム版『赤・緑』をテーマとした最初のシリーズ。 拡張パック 拡張パック第1弾 スターターパックと同時に発売された。フシギバナ、リザードン、カメックスをはじめ、人気の高いポケモンが多く収録されている。また、山札からカードを引ける「オーキドはかせ」「マサキ」、ポケモンのHPを回復する「ポケモンセンター」「きずぐすり」、相手を妨害する「突風」「エネルギーリムーブ」など、基本的なトレーナーのカードが多く含まれる。 拡張パック第2弾 ポケモンジャングル テーマは「サファリゾーン」。サファリゾーンに出現するポケモンが多く収録されており、草ポケモンが多く含まれている。また、このパック唯一のトレーナーカードとして「モンスターボール」が登場している。 拡張パック第3弾 化石の秘密 化石から復活した古代のポケモン、オムナイト、カブト、プテラが登場する。 (Wikipedia:ポケモンジャングル)

ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ
『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』より : 『劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』(げきじょうばんポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーとうみのおうじ マナフィ)は、2006年7月15日から公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版第9作である。 アドバンスジェネレーションとしては最後の作品となる。興行収入34億円。 前売り券には『ポケモンレンジャー』で遊べる極秘ミッション(Wミッション)の引換券がついており、それをクリアするとマナフィのタマゴがもらえ、『ダイヤモンド・パール』にマナフィのタマゴを送ることができた(マナフィのタマゴが孵化するのは9月28日で、『ダイヤモンド・パール』の発売日と同じである)。DVDにも初回限定でマナフィの引換券がついている。 映画の舞台となった海のモデルは、イタリアのナポリとカプリ島の海である。また、海底神殿「アクーシャ」のモデルは、ナポリやローマの遺跡群である。 ポケモン映画初の韓国との同時期公開(韓国では2006年7月20日公開)。 (Wikipedia:ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ)

ポケモン金銀
『ポケットモンスター 金・銀』より : 『ポケットモンスター 金・銀』(ポケットモンスター きん・ぎん)は、1999年11月21日に任天堂から発売されたゲームボーイ用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』の総称である。この項目では、『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』および、2000年12月14日に発売されたこれらの別バージョンである『ポケットモンスター クリスタルバージョン』を扱う。 本作のリメイクについては、『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』を参照すること。 『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』は、『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の続編であり、『ポケットモンスター』シリーズの2作目にあたる。初代である前作『赤・緑』以降初の、『青』などのバージョン違いと異なる完全な新作である。パッケージのポケモンは、『金』がホウオウ、『銀』がルギア(今作以降、『ポケットモンスター』シリーズは全てパッケージを飾るポケモンが伝説のポケモンとなる)。 (Wikipedia:ポケモン金銀)

ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア
『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』(ポケモンエックスディー やみのかぜダーク・ルギア)は、2005年8月4日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ポケットモンスターシリーズの一つで、『ポケモンスタジアムシリーズ』からの派生作品の一つであり、『ポケモンコロシアム』の直接の続編である。 ポケモンの本格RPGという触れ込みで登場した。前作『ポケモンコロシアム』と同様に、謎の組織との戦いを繰り広げながら、彼らによってココロを閉ざされ戦闘マシーンと化したポケモン「ダークポケモン」を「スナッチ」(奪い取ること)し、「リライブ」という手段でココロを開き、元のポケモンに戻していくことが冒険の目的であるが、前作と異なり、わずかながら野生のポケモンも出現する。 (Wikipedia:ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア)

ポケモンXD
『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』より : 『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』(ポケモンエックスディー やみのかぜダーク・ルギア)は、2005年8月4日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ポケットモンスターシリーズの一つで、『ポケモンスタジアムシリーズ』からの派生作品の一つであり、『ポケモンコロシアム』の直接の続編である。 ポケモンの本格RPGという触れ込みで登場した。前作『ポケモンコロシアム』と同様に、謎の組織との戦いを繰り広げながら、彼らによってココロを閉ざされ戦闘マシーンと化したポケモン「ダークポケモン」を「スナッチ」(奪い取ること)し、「リライブ」という手段でココロを開き、元のポケモンに戻していくことが冒険の目的であるが、前作と異なり、わずかながら野生のポケモンも出現する。 (Wikipedia:ポケモンXD)

ポケモン不思議のダンジョン
「不思議のダンジョン」(ふしぎのダンジョン)または「不思議なダンジョン」(ふしぎなダンジョン)は、スパイク・チュンソフトおよび同社の前身であるチュンソフトが開発、もしくはタイトル使用許諾をしたローグライクゲームのタイトルに使われるフレーズ。 1993年にドラゴンクエストシリーズの世界観を用いた『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』が発売され、これが「不思議のダンジョン」を冠した最初のゲーム作品となった。2年後の1995年には第2作として、新たな世界設定の『不思議のダンジョン2 風来のシレン』が登場。その後もさまざまな作品が発売されている。 『ポケモン不思議のダンジョン』以降におけるチュンソフト製作品の日本国外リリースの際は“Mystery Dungeon”という英訳が使われている。 作品一覧 SFC=スーパーファミコン、N64=NINTENDO64、Wii=Wii、PS=PlayStation、PS2=PlayStation 2、DC=ドリームキャスト、GB=ゲームボーイ、GBC=ゲームボーイカラー、GBA=ゲームボーイアドバンス、DS=ニンテンドーDS、3DS=ニンテンドー3DS、WS=ワンダースワン、PSP=PlayStation Portable、PSV=PlayStation Vita、Win=Microsoft Windows ドラゴンクエスト関連作品 『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターを用いた作品。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン)

ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊
『ポケモン不思議のダンジョン』より : 『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモンから発売されたコンピュータゲーム。 ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい)とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あかのきゅうじょたい)の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。 本項では、このゲームを元にして作られた漫画作品『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』および短編アニメ『ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!』についても記述する。 ある日突然、ポケモンになってしまった主人公はポケモンだけが暮らす世界で友達(パートナー)になったポケモンと救助隊を結成し、ポケモン達からの依頼をクリアしながらポケモンになった謎を探す事になる。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊)

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊
『ポケモン不思議のダンジョン』より : 『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモンから発売されたコンピュータゲーム。 ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい)とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あかのきゅうじょたい)の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。 本項では、このゲームを元にして作られた漫画作品『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』および短編アニメ『ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!』についても記述する。 ある日突然、ポケモンになってしまった主人公はポケモンだけが暮らす世界で友達(パートナー)になったポケモンと救助隊を結成し、ポケモン達からの依頼をクリアしながらポケモンになった謎を探す事になる。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊)

ポケモンカードGB
『ポケモンカードGB』(ポケモンカード ジービー)とはゲームボーイカラー・ゲームボーイ用のゲームソフトで、トレーディングカードゲームである『ポケモンカードゲーム』を再現したものである。1作目の『ポケモンカードGB』は任天堂より1998年12月18日に発売され、『ポケモンカードGB2 GR団参上!』(ポケモンカード ジービーツー グレートロケットだんさんじょう)はポケモンより2001年3月28日に発売された。本項目では2作をともに扱う。 ゲームシステム 本編の『ポケットモンスター』風のマップ画面で主人公を操作し、ノンプレイヤーキャラクターとの会話やカード対戦を通じてストーリーが進む。ゲームボーイ向けに若干変更されているが、基本的なルールは当時のポケモンカードゲームと同一である。敵との対戦や様々なイベントでカードを集め、プレイヤーのデッキを自由に組むことができる。 通信ケーブルを利用した通信対戦や、赤外線通信を用いたカードの交換も可能である。しかしごく一部の特殊なカード(後述)を除いて、通信プレイを行わなくてもコンプリートすることが可能である。 (Wikipedia:ポケモンカードGB)

ポケモンカードGB2 GR団参上!
『ポケモンカードGB』より : 『ポケモンカードGB』(ポケモンカード ジービー)とはゲームボーイカラー・ゲームボーイ用のゲームソフトで、トレーディングカードゲームである『ポケモンカードゲーム』を再現したものである。1作目の『ポケモンカードGB』は任天堂より1998年12月18日に発売され、『ポケモンカードGB2 GR団参上!』(ポケモンカード ジービーツー グレートロケットだんさんじょう)はポケモンより2001年3月28日に発売された。本項目では2作をともに扱う。 ゲームシステム 本編の『ポケットモンスター』風のマップ画面で主人公を操作し、ノンプレイヤーキャラクターとの会話やカード対戦を通じてストーリーが進む。ゲームボーイ向けに若干変更されているが、基本的なルールは当時のポケモンカードゲームと同一である。敵との対戦や様々なイベントでカードを集め、プレイヤーのデッキを自由に組むことができる。 通信ケーブルを利用した通信対戦や、赤外線通信を用いたカードの交換も可能である。しかしごく一部の特殊なカード(後述)を除いて、通信プレイを行わなくてもコンプリートすることが可能である。 (Wikipedia:ポケモンカードGB2 GR団参上!)

ポケモンコロシアム
『ポケモンコロシアム』は、2003年11月21日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。 「対戦モード」でゲームボーイアドバンス(以下「GBA」)版のポケモンシリーズとGBAケーブルを用いた連携により3D画面でポケモン対戦を楽しんだり、「シナリオモード」でシリーズ初の本格派3DRPGを楽しむことができる。2つのモードの世界観は共通であるが、それぞれが独立したゲームである。 キャラクターデザイン・アートディレクションにヒロモト森一を起用し、西部劇風のサイバーパンクとでも言うべき、従来のポケモンとは一線を画す雰囲気も特徴的。ただし本編と異なる世界や時間軸というわけではなく、あくまでも「遠く離れた地方」という位置付けである。 本作は株式会社ジニアス・ソノリティの処女作でもある。また、直接の続編として『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』がある。 対戦モード GBA用ソフト『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(後に発売された『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』『ポケットモンスター エメラルド』にも対応。 (Wikipedia:ポケモンコロシアム)

ポケモンレンジャー
『ポケモンレンジャー』は、ポケモンから発売された、任天堂の携帯型ゲーム機向けコンピュータゲームのシリーズと、それに登場する職業。 ポケモンレンジャー 『ポケモンレンジャー』(Pokémon Ranger)は2006年3月23日にポケモンから発売されたニンテンドーDS用のゲームソフト。ジャンルはアクションアドベンチャー(アクションRPG)。シリーズ1作目である。ポケモンだいすきクラブにて、シナリオ・日下秀憲、漫画・山本サトシによって「ポケモンレンジャーthe Comic」の題名でWEBコミックが連載されていた。 システム = キャプチャ = レンジャーがスタイラーを使って野生ポケモンと気持ちを通わせる行為をキャプチャという。キャプチャしたポケモンは仲間のポケモンとなって、一度だけ力を借りることができる。 キャプチャはタッチペンで操作し、ポケモンを規定回数以上囲んでタッチペンを離すことでキャプチャすることができる。ただし、ポケモンがキャプチャ・ラインに接触したり、攻撃に当たるとラインが切られてしまい失敗したことになり、もう一度最初から囲みなおすことになる。 (Wikipedia:ポケモンレンジャー)


ポケモン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ウマ娘 プリティーダービー - 2018年04月18日


関連するイメージは見つかりませんでした




ウマ娘 プリティーダービー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  PHP - 2018年04月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



PHP
PHP PHP: Hypertext Preprocessor - Webページ作成のために用いられるプログラミング言語の一種。 PHP研究所 - 松下幸之助によって創設された出版社・民間シンクタンク。 PHP新書 - PHP研究所が刊行する新書。 PHP (雑誌) - PHP研究所が発行する雑誌。 PHP文庫 - PHP研究所が発行する文庫。 Personal Handy Phone - PHSの旧名称。 フィリピンの通貨、フィリピン・ペソのISO 4217コード。 鳩の巣原理: Pidgeon Hole Principle - n+1羽の鳩をn個の巣に入れたとき2羽以上入る巣が存在するという数学の理論。 Preferential Handling Procedure - 少数輸入自動車のために特別に設けられた認証制度。 (Wikipedia:PHP)

PHP: Hypertext Preprocessor
名前 PHP5
ロゴ -
開発者 The PHP Group
最新リリース 5.3.0 / 2009年6月30日
プラットフォーム cross-platform
パラダイム 命令型プログラミング 命令型, オブジェクト指向プログラミング オブジェクト指向
型付け 弱い動的型付け
ウェブサイト http://www.php.net/
影響を受けた言語 Perl, C言語 C
名前 PHP4
ロゴ -
開発者 The PHP Group
最新リリース 4.4.9 / 2008年8月7日
プラットフォーム cross-platform
パラダイム 命令型プログラミング 命令型, オブジェクト指向プログラミング オブジェクト指向
型付け 弱い動的型付け
ウェブサイト http://www.php.net/
影響を受けた言語 Perl, C言語 C
(Wikipedia:PHP: Hypertext Preprocessor)

PHP Hypertext Preprocessor
PHP: Hypertext Preprocessor(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)とは、動的にHTMLデータを生成することによって、動的なウェブページを実現することを主な目的としたプログラミング言語、およびその言語処理系である。一般的には PHP と省略して用いられており、これは「個人的なホームページ」を意味する英語の "Personal Home Page" に由来する。 PHPはサーバーサイド・スクリプト言語として利用されており、Webサーバ上で動作し、Webサーバ上でPHPスクリプトの文書が要求されるたびに、そのPHPスクリプトが実行され、結果をウェブブラウザに対して送信する。平易な文法のため初心者でも習得しやすく、また大規模な開発にも多く用いられている。多くのフレームワークやライブラリが存在し、開発の手助けとなっている。 数多くのオープンソースウェブアプリケーションに利用されている一方、しばしば脆弱性の報告がなされ、過去に深刻なセキュリティホールが何度か報告されている。 (Wikipedia:PHP Hypertext Preprocessor)

PHPプログラミング言語
『PHP Hypertext Preprocessor』より : PHP: Hypertext Preprocessor(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)とは、動的にHTMLデータを生成することによって、動的なウェブページを実現することを主な目的としたプログラミング言語、およびその言語処理系である。一般的には PHP と省略して用いられており、これは「個人的なホームページ」を意味する英語の "Personal Home Page" に由来する。 PHPはサーバーサイド・スクリプト言語として利用されており、Webサーバ上で動作し、Webサーバ上でPHPスクリプトの文書が要求されるたびに、そのPHPスクリプトが実行され、結果をウェブブラウザに対して送信する。平易な文法のため初心者でも習得しやすく、また大規模な開発にも多く用いられている。多くのフレームワークやライブラリが存在し、開発の手助けとなっている。 数多くのオープンソースウェブアプリケーションに利用されている一方、しばしば脆弱性の報告がなされ、過去に深刻なセキュリティホールが何度か報告されている。 (Wikipedia:PHPプログラミング言語)

PHP programming language
『PHP Hypertext Preprocessor』より : PHP: Hypertext Preprocessor(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)とは、動的にHTMLデータを生成することによって、動的なウェブページを実現することを主な目的としたプログラミング言語、およびその言語処理系である。一般的には PHP と省略して用いられており、これは「個人的なホームページ」を意味する英語の "Personal Home Page" に由来する。 PHPはサーバーサイド・スクリプト言語として利用されており、Webサーバ上で動作し、Webサーバ上でPHPスクリプトの文書が要求されるたびに、そのPHPスクリプトが実行され、結果をウェブブラウザに対して送信する。平易な文法のため初心者でも習得しやすく、また大規模な開発にも多く用いられている。多くのフレームワークやライブラリが存在し、開発の手助けとなっている。 数多くのオープンソースウェブアプリケーションに利用されている一方、しばしば脆弱性の報告がなされ、過去に深刻なセキュリティホールが何度か報告されている。 (Wikipedia:PHP programming language)

PHP研究所
株式会社PHP研究所(ピーエイチピーけんきゅうしょ、英: PHP Institute)は、パナソニック株式会社の創業者である松下幸之助によって創設され、出版事業を主体に行っている出版社。2010年10月1日、政策シンクタンクを標榜する株式会社PHP総合研究所を吸収合併した。 従業員数が300人を越える出版社では、東京のほかに京都に本部を置く数少ない存在である。京都本部の住所は京都市南区西九条北ノ内町11(北緯34度59分1.8秒 東経135度45分16.6秒 / 北緯34.983833度 東経135.754611度 / 34.983833; 135.754611座標: 北緯34度59分1.8秒 東経135度45分16.6秒 / 北緯34.983833度 東経135.754611度 / 34.983833; 135.754611)、東京本部は千代田区三番町3番地の10(北緯35度41分20.3秒 東経139度44分38.4秒 / 北緯35.688972度 東経139.744000度 / 35.688972; 139.744000)。 (Wikipedia:PHP研究所)

PHP総合研究所
『PHP研究所』より : PHP総合研究所(ピー・エッチ・ピー・そうごうけんきゅうしょ 英: PHP Research Institute,Inc.)は、1946年(昭和21年)に設立された民間シンクタンク。創設者は松下電器産業株式会社(現パナソニック)の創業者でもある松下幸之助。会社名のPHPは松下幸之助の願いを示しており、「Peace and Happiness through Prosperity(繁栄によって平和と幸福を)」の略。設立以来、様々な研究プロジェクトを組織し、数多くの政策提言を行っている。2010年10月1日、出版事業等を営むPHP研究所に吸収合併された。合併後の活動は「政策シンクタンク PHP総研」の呼称を用いている。 団体概要 代表者 松下正幸(代表取締役社長)経営理念研究本部 :PHP理念と松下経営哲学の実践的な研究 住所:〒601-8411 京都市南区西九条北ノ内町11 国家経営研究本部:PHP社会実現のための政治・経済等の諸政策の研究および提言活動 住所:〒102-8331 東京都千代田区一番町21番地研究分野 地域主権型道州制 マニフェスト 政治 行財政 外交・安全保障 危機管理 地域政策 社会保障 経済・経営 教育・心理 事業概要 政策研究・提言 PHP理念と松下経営哲学の研究 政策懇談会(専門家とメディア関係者との議論の場) 『マニフェスト白書』を発行(年1回) 『PHP Policy Review』(政策研究論文)や「PHPからの主張」(雑誌『Voice』への寄稿)などの論文の発表 『Voice+1分間時事解説]』に論考を掲載 広報関連 PHP総合研究所『Annual Report 2009]』 PHP総合研究所『政策研究Highlight』(広報誌/年2回) PHPリサーチ・ニュース(メールマガジン/不定期配信) 関連項目 松下正幸(代表取締役社長) 永久寿夫(代表取締役・常務取締役・研究本部長) 江口克彦(元社長) 構想日本 脚注 外部リンク 政策シンクタンクPHP総研 PHP総研ブログ『番町Cafe』 政策シンクタンク PHP総研 (php_research) - Twitter 松下幸之助経営塾 社会変革プラットフォーム・変える力。 (Wikipedia:PHP総合研究所)

PHP新書
PHP新書(ピーエイチピーしんしょ、PHP SHINSHO)は、PHP研究所から刊行されている新書レーベル。同社創設50年を迎えた1996年に創刊された。2013年12月、通巻900点を突破した。執筆者には同社発行の「Voice」の常連執筆者と重なる人が多い。 ベストセラー 頭がいい人、悪い人の話し方(樋口裕一) 女性の品格(坂東眞理子) 刊行書一覧 あ行 愛と幸せの妖精 ぷりんてぃん(未女子日女) 頭がいい人、悪い人の〈言い訳〉術(樋口裕一) 頭がいい人、悪い人の話し方(樋口裕一) イケメン幕末史(小日向えり) いのちを救う先端技術(久保田博南) 乙女の絵画案内(和田彩花) か行 かけひきの科学(唐津一) 官僚の責任(古賀茂明) さ行 「市民」とは誰か(佐伯啓思) ストレス知らずの対話術(齋藤孝) 女性の品格(坂東眞理子) 「説明責任」とは何か(井之上喬) た行 〈対話〉のない社会(中島義道) 知識人の生態(西部邁) 知性の磨きかた(林望) 中国人の宗教・道教とは何か(松本浩一) 中国は社会主義で幸せになったのか(北村稔) 投手論(吉井理人) 豊臣秀次(小和田哲男) な行 日本を創った12人(堺屋太一)※全2巻 なぜ国家は衰亡するのか(中西輝政) 日本の総理学(中曽根康弘) 軟弱者の戦争論(由紀草一) 日本の社会戦略(稲盛和夫、堺屋太一) は行 はじめての哲学史講義(鷲田小彌太) 藩と日本人(武光誠) ほんとうは日本に憧れる中国人(王敏) 人は誰もがリーダーである(平尾誠二) ひらめきの導火線(茂木健一郎) ヒラリーとライス〜アメリカを動かす女たちの素顔〜(岸本祐紀子) ま行 森を守る文明・支配する文明(安田喜憲) や行 養生訓に学ぶ(立川昭二) 養老孟司の〈逆さメガネ〉(養老孟司) ら行 龍の文明・太陽の文明(安田喜憲) 歴史学ってなんだ?(小田中直樹) わ行 外部リンク PHP研究所。 (Wikipedia:PHP新書)

PHP文庫
PHP文庫(ピーエイチピーぶんこ)は、株式会社PHP研究所が発行している文庫レーベル。1984年(昭和59年)4月に創刊された。派生レーベルとして、PHP文芸文庫がある。 毎月3日前後に発行されている。 ビジネス書、自己啓発書や歴史読み物などのノンフィクションを扱っている。一部に歴史小説などのフィクションが収録されている。例外として、恋愛小説『ミッドナイト・コール』(田口ランディ)とコミックエッセイ『猫絵日記』『ほしねこ〜アラサー干物女ですが、猫にまみれて生きている猫絵日記2〜』(鈴尾粥・comicoシリーズ)・『しみことトモヱ』(simico・comicoシリーズ)がある。 文庫書き下ろしの他、単行本やPHP新書の文庫化などが収録されている。 奥付やカバーの背中などに、木が描かれたマークが入っており、本表紙の図柄にロゼッタ・ストーンを採用している。1996年2月刊より一部の著作を除き、背表紙の色がクリーム色に統一された。また背表紙に赤いラインが入っているが、歴史ものについては2002年7月刊より緑色のラインとなっている。 (Wikipedia:PHP文庫)

PHP Hypertext Preprocessor
PHP: Hypertext Preprocessor(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)とは、動的にHTMLデータを生成することによって、動的なウェブページを実現することを主な目的としたプログラミング言語、およびその言語処理系である。一般的には PHP と省略して用いられており、これは「個人的なホームページ」を意味する英語の "Personal Home Page" に由来する。 PHPはサーバーサイド・スクリプト言語として利用されており、Webサーバ上で動作し、Webサーバ上でPHPスクリプトの文書が要求されるたびに、そのPHPスクリプトが実行され、結果をウェブブラウザに対して送信する。平易な文法のため初心者でも習得しやすく、また大規模な開発にも多く用いられている。多くのフレームワークやライブラリが存在し、開発の手助けとなっている。 数多くのオープンソースウェブアプリケーションに利用されている一方、しばしば脆弱性の報告がなされ、過去に深刻なセキュリティホールが何度か報告されている。 (Wikipedia:PHP Hypertext Preprocessor)

PHP-Nuke
PHP-Nuke(ぴーえいちぴー にゅーく)は、PHP、MySQLなどで動作するコンテンツマネージメントシステム。 動作環境 Webサーバ : Apache データベース : MySQL(推奨) / SQL Server / PostgreSQL / Access / ODBC / DB2 / Oracle / SQLite PHP : PHP4.x 関連項目 コンテンツマネジメントシステム オープンソース XOOPS - PHP-Nuke を元に製作されている。 外部リンク PHP-Nuke。 (Wikipedia:PHP-Nuke)

PHPNuke
『PHP-Nuke』より : PHP-Nuke(ぴーえいちぴー にゅーく)は、PHP、MySQLなどで動作するコンテンツマネージメントシステム。 動作環境 Webサーバ : Apache データベース : MySQL(推奨) / SQL Server / PostgreSQL / Access / ODBC / DB2 / Oracle / SQLite PHP : PHP4.x 関連項目 コンテンツマネジメントシステム オープンソース XOOPS - PHP-Nuke を元に製作されている。 外部リンク PHP-Nuke。 (Wikipedia:PHPNuke)


PHP - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  アンジュルム - 2018年04月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



アンジュルム
アンジュルム (ANGERME、2009年4月4日 - ) は、ハロー!プロジェクトに所属する日本の女性アイドルグループである。第52回日本レコード大賞最優秀新人賞受賞。2014年12月17日にグループ名を現在のものに改名した。旧グループ名はスマイレージ (S/mileage) である。スマイレージ名義時代のキャッチフレーズは「日本一スカートの短いアイドルグループ」だったが、現在は使用されていない。なお、スマイレージ名義時代は一貫してつんく♂がプロデュースを担当していた。 メンバー 結成 2009年4月4日、ハロー!プロジェクトの研修生ハロプロエッグのメンバーが出演するライブイベント「2009 ハロー!プロジェクト新人公演 4月 〜横浜HOP!〜」において、2009年度秋以降のメジャーデビューを目指す新ユニットの結成と、そのメンバー(和田・前田・福田・小川)が発表される。 (Wikipedia:アンジュルム)


アンジュルム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ゲゲゲの鬼太郎 - 2018年04月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゲゲゲの鬼太郎
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる日本の漫画作品。また、それを原作とした一連の作品群の総称。 主人公で正義感の強い妖怪族の鬼太郎が、妖怪と人間が共存できる平和な世界を作るため、悪い妖怪と戦う物語である。題名の由来は、作者が幼い頃に自分の名前を「しげる」と言えずに「ゲゲル」「ゲゲ」と言ったことから着想し、もう一つゲをつけたことによる。 多種多様な妖怪が登場する妖怪漫画。アニメ化に伴い『墓場の鬼太郎』から改題された。水木しげるの代表作であり、妖怪を扱った作品としても代表的な作品。1954年の紙芝居から始まり、漫画、アニメ、映画、絵物語、ドラマ、ゲーム、ミュージカルなど、半世紀以上に渡り様々な関連作品が作られている。 漫画作品は貸本を経て1965年から1997年の間に多くのシリーズが描かれ、幼年誌から青年誌まで幅広く掲載された。初期の作品は怪奇色が強かったが、鬼太郎と妖怪の対決を主とした内容へ変化。妖怪ブームを巻き起こしたテレビアニメは、日本のテレビアニメ史上最多となるシリーズ5作、4回のリバイバルを果たす。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎)

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
Title ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
Plat ファミリーコンピュータ [FC]
Dev バンダイ
Pub バンダイ
Date 1986年4月17日
Genre アクションゲーム
Play 1人
Media ロムカセット
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』(げげげのきたろう ようかいだいまきょう)は1986年にバンダイから発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用の横スクロールアクションゲームである。漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作としている。大ヒットし、100万本を超える売り上げを記録した。
プレイヤーは主人公である鬼太郎を操作し、敵として立ちはだかる妖怪を次々と倒していく内容。
1ステージは、アクションステージがある「魔境」とボスキャラクター ボスがいる「妖怪城」が配置された見下ろし型マップと、横スクロールアクションで妖怪と戦うアクションステージとに分かれる。魔境のどれかにある水晶玉を手に入れ、ステージのボスを倒すと1ステージクリアとなる。
(Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境)

ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン
ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン(けけけのおーるないとにっぽん)は、ニッポン放送の深夜放送オールナイトニッポンの特別番組。なお、この時間帯は本来、ますだおかだのオールナイトニッポンを放送している。
鬼太郎(野沢雅子)
目玉のおやじ(田の中勇)
ねずみ男(大塚周夫)
中川翔子(ナビゲーター)
2006年8月11日金曜日 25:00 - 27:00
テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ) ゲゲゲの鬼太郎』の第1作、第2作のDVD-BOX発売を宣伝するための放送で、当時のメインキャストだった3名と大の鬼太郎ファンを自認する中川翔子により、放映当時の裏話や鬼太郎に対する思い入れなど、かなりディープなやり取りが繰り広げられた。
imagineSTUDIOでマスコミ向けに公開収録を行った。
(Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン)

ゲゲゲの鬼太郎 (曲)
「ゲゲゲの鬼太郎」(ゲゲゲのきたろう)は、熊倉一雄のシングル。1968年9月20日にキングレコード、朝日ソノラマから発売された。 水木しげるの漫画、『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする同名のアニメ作品『ゲゲゲの鬼太郎』および実写映画作品『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマ。 『ゲゲゲの鬼太郎』と題された全てのアニメおよび実写作品のオープニング曲は一貫して本曲が用いられており、覚えやすいメロディと(特に児童にとって)共感できる歌詞が相乗効果となって日本の老若男女に広く親しまれている。歌手やアレンジは各シリーズごとに異なっている。フルコーラスでは3番まであり、番組のオープニングで使われているのは1番と3番である(第5シリーズは第51話まで1番のみ、第52話から1・2・3番を週代わりで流す)。 アニメ第1シリーズの主題歌レコードは30万枚以上を売り上げた。 変遷 この歌はそもそもはアニメ用に作られたものではなく、最初のアニメ化以前、『週刊少年マガジン』で原作が連載中の1967年7月20日にキングレコードとのタイアップで発売された児童向けレコード『少年マガジン・マンガ大行進』SKK(H)-354のために作られた楽曲だった(同年10月10日に『ハリスの旋風』とのカップリングでシングル化されている)。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (曲))

ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター
ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター(ゲゲゲのきたろうのとうじょうキャラクター)は、水木しげるの漫画作品およびそれを原作とするアニメ、映画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する架空のキャラクター(その大半は伝承上の妖怪で占められている)の一覧。 貸本劇画版である『墓場鬼太郎』に登場した人間・妖怪などについては墓場鬼太郎の登場人物を参照。 鬼太郎シリーズはアニメや映画といった映像化作品それぞれで設定が異なる上に、原作においても別の話と矛盾する設定が出てくる場合が多いため、全メディアのシリーズを通しての共通の設定というものはあまり存在しない。 1話限定の総称の設定やそのシリーズ限定の総称の設定は、#総称を参照。 鬼太郎とその仲間たち 鬼太郎ファミリー 鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎、墓場鬼太郎) 本作の主人公。幽霊族最後の生き残り。 目玉おやじ(目玉の親父) 鬼太郎の父親。(正確にはその分身) ねずみ男 鬼太郎の悪友。トリックスター。半妖怪。 猫娘 鬼太郎の幼馴染、本作のヒロイン。半妖怪。 砂かけ婆 鬼太郎の仲間。砂を撒き散らす。奈良県出身。 子泣き爺 鬼太郎の仲間。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター)

ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ)
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげる原作の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする妖怪アニメ作品。本項では貸本時代に描かれた作品を基に製作されたアニメ版『墓場鬼太郎』についても解説する。 原作同様に親しまれているアニメ版は2008年現在まで1960年代・1970年代・1980年代・1990年代・2000年代と、各年代ごとに5つのシリーズ作品が製作されている。1970年代以降のシリーズは約11年周期で製作され、ある程度の規則性も認められる。ただし、これが製作側の意図するものなのか、偶然なのかは不明である。 テレビアニメはいずれもフジテレビ系列で放送、東映動画(現・東映アニメーション)が製作。2013年3月まで日本のテレビアニメ作品としては最多の、4回のリメイク・5度のアニメ放映をしている。また、2013年4月に横山光輝原作のアニメ鉄人28号が5度目のアニメ化、4回目のリメイクが放送されるため、同率となる。 2007年8月、世界妖怪会議において京極夏彦より、貸本版を基にした「墓場鬼太郎」のアニメ化が発表。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ))

ゲゲゲの鬼太郎 (パチスロ)
ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)は、2000年にサミーが発売したパチスロ機。 パチスロ史上初めて液晶画面を搭載した。チャンス予告などの通常時の演出はそれまでせいぜいリール窓の中か筐体の一部分の照明を点滅させるだけのものだったが、パチンコ機でも使われていた液晶画面はその後のパチスロ機の様々な演出には欠かせないものとなった。2003年に発売されパチスロ史上最大のセールスとなった『北斗の拳』も、液晶画面での演出がプレイ上重要な役目を果たしている。 『ゲゲゲの鬼太郎』といえば様々な妖怪が活躍する漫画として有名だが、この機械の液晶画面でも鬼太郎、めだまオヤジを中心としたいろいろなキャラクターがバトルを繰り広げる。液晶画面で鬼太郎やその味方キャラが敵キャラに勝てばボーナスが確定する。また、8ライン独特のリーチ目も人気だった。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (パチスロ))

ゲゲゲの鬼太郎SP
ゲゲゲの鬼太郎SP( -きたろうえすぴー)は2000年にサミーが発売したパチスロ機。『ゲゲゲの鬼太郎』(サミー)の後継機で、パチスロ初のAT機能が搭載された。 『ゲゲゲの鬼太郎』の後を受けた『ゲゲゲの鬼太郎SP』は、8ラインは採用せずに5ラインに戻したものの、BIG終了後1/2で突入するAT(アシストタイム)機能が初めて搭載された。 ATは通常は1/3の確率でしか正解にならない、つまり揃わない9枚役である「7・下駄・下駄」(7の色が三色)の7の色を、サイドランプで指示することによってすべて取ることが出来るようになっている。BIG終了後に鬼太郎と敵妖怪のバトルがあり、勝利するとサイドランプの「WIN」が点灯して100GのATに突入する。終了条件は100G完走もしくはBIGフラグ成立で、REGの場合は残りのATをREG終了後に消化できた。 このATの方法は後に『獣王』へ発展していった。 ボーナス確率・機械割 ※メーカー発表の数値。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎SP)

ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画)
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる同名の漫画作品を実写映画化した日本映画作品である。 第1作目『ゲゲゲの鬼太郎』、2007年4月28日公開。興行収入23.4億円。 第2作目『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』(ゲゲゲのきたろう せんねんのろいうた)、2008年7月12日公開。興行収入14.5億円。主人公の鬼太郎の外見年齢が青年に設定されているなど、原作との相違点がいくつか存在する。鬼太郎役はウエンツ瑛士。過去に実写として製作された作品は2作あるが、劇場公開用映画として製作されたのは初である。 第1作目『ゲゲゲの鬼太郎』 ストーリーは、原作「天狐」「妖怪大裁判」「妖怪列車」の3エピソードをベースにしつつ、人間の少女と鬼太郎の淡い恋路などの要素を織り交ぜたオリジナルストーリーとなっている。 2005年に松竹により製作が発表、この席では、監督は堤幸彦で2006年の公開と発表され、鬼太郎役のイメージは堂本剛であると語られている。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画))

ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱
『』より : (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱)


ゲゲゲの鬼太郎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す