[PR]

日別キーワード

第6位  三谷幸喜 - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



三谷幸喜
三谷 幸喜(みたに こうき、1961年〈昭和36年〉7月8日 - )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、俳優、映画監督。シス・カンパニー所属。 生い立ち 東京都世田谷区出身。世田谷学園高等学校を経て、日本大学藝術学部演劇学科卒業。 「幸喜」という名前は、当時の大関で後に横綱となった大相撲力士の大鵬幸喜にあやかったもの。少年時代には、『とんねるず』の木梨憲武と同じサッカークラブに所属していた。木梨は2軍だったが、三谷は11軍で最終的には13軍だった。 1980年代 大学在学中の1983年、劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。初期には「一橋壮太朗」の芸名で自ら役者も務めていた。この時期には、テレビ朝日の深夜番組『ウソップランド』で視聴者からの映像作品を募集する「チャレンジビデオコーナー」へ自ら制作した作品を投稿し、それが採用されて放送されたこともあった。 (Wikipedia:三谷幸喜)

三谷幸喜のありふれた生活
『三谷幸喜のありふれた生活』(みたにこうきのありふれたせいかつ)は、三谷幸喜のエッセイ(三谷自身は日記のようなものと言っている)。2000年に朝日新聞で連載開始された。かつては毎週水曜の夕刊(12面前後)に掲載されていたが、現在は毎週木曜の夕刊(12面前後)に掲載。 内容は身の回りの生活のこと(飼っている猫や犬の事)や、舞台やTVドラマのこと(稽古の事・脚本の事など)。特に当時の妻小林聡美に関することも多かったが、2011年5月23日に離婚(離婚後、小林が、このエッセイに描かれることを嫌がっていたことも、言及された)。 次の週へ話が続く事も多い。連載を休んだ事は1回のみ(舞台の仕事の多忙につき)。挿絵は和田誠。 登場人物 主人公:三谷幸喜(著者本人) 当時の妻:小林聡美(女優)2011年5月23日離婚 飼犬:とび(ラブラドールレトリバー)離婚後も三谷が飼っていたが2013年死亡 飼猫:オシマンベ(オシキャット)・おとっつあん(アメリカンショートヘアー)・ホイ(元捨て猫) 離婚時に猫は2匹いて小林がひきとる。 (Wikipedia:三谷幸喜のありふれた生活)


三谷幸喜 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

三谷幸喜 - アマゾン検索


「三谷幸喜」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す