[PR]

日別キーワード

第28位  大泉洋 - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



大泉洋
大泉 洋(おおいずみ よう、1973年4月3日 - )は、日本の俳優、タレント、コメディアン。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。身長178cm。北海学園大学経済学部卒業。北海道江別市大麻出身。 北海道江別市大麻出身。父は北海道高等盲学校などの校長を歴任した教員であった。母は中学校教師で旭川市出身。札幌市立真駒内中学校、北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、2浪して1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学し、演劇研究会へ所属。森崎博之らと仲良くなり、親友同士5人でTEAM NACSを結成。演劇研究会及び森崎の薦めで入団した劇団イナダ組の舞台が評判となり、大学在学中に当時鈴井貴之が主宰する劇団の劇団員に認められ、現在の事務所に所属することになった。 大学在学中の1995年10月、鈴井の斡旋下で北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』に出演し、芸能活動を開始。翌1996年10月には同局の深夜番組『水曜どうでしょう』に出演開始し、北海道内でのタレント活動が活発化した。 (Wikipedia:大泉洋)

大泉洋のサンサンサンデー
『大泉洋のサンサンサンデー』(おおいずみようのサンサンサンデー)は、HBCラジオで毎週日曜日に放送していたラジオ番組。大泉洋の冠番組である。 パーソナリティ 大泉洋 - オクラホマからは「先生」と呼ばれることがある(実際に教員免許を持っている)。 オクラホマ - CREATIVE OFFICE CUE所属のお笑いコンビ。当初は放送作家としての参加であり、笑い声だけマイクに入っていた。2時間時代はレギュラーコーナーとして「オクラホマ企画」というロケコーナーがあり、ロケのテープを聴いた大泉が半ば呆れ気味にダメ出しをするのが通例となっていた。大泉によってプライベートなこともすべて番組のネタにされている。河野真也 - オクラホマの太っている方。番組のブレーン的存在であり、大泉のトークの聞き手、盛り上げ、進行などを引き受ける。大泉からの信頼も厚い。独特な甲高い笑い声が特徴でリスナーから「河野の笑い声がうるさい」などといった苦情が来る事も多々ある。 藤尾仁志 - オクラホマの痩せている方。河野に比べて大泉から煙たがられている存在とされている。 (Wikipedia:大泉洋のサンサンサンデー)

大泉洋プレゼンツ 地タレ?大集合ふるさと大好き宣言!
大泉洋プレゼンツ 地タレ?大集合ふるさと大好き宣言!(おおいずみようプレゼンツちたれだいしゅうごうふるさとたいすきせんげん)は、2005年10月15日13:30~14:55(JST)に放送された日本テレビ系列北海道・東北6県ブロックネットの特別番組。 地元に根付くローカルタレント(地タレ)が北海道に一堂に集結し、ローカルタレントが自分の地元名物を紹介する。 出演者 大泉洋(司会、YOYO's) 木村洋二(司会、YOYO's、STVアナウンサー。番組内通称地アナ) りんご娘(青森県代表、歌手デュオ) ふじポン(岩手県代表) 多可享子(秋田県代表、グルメレポーター) 永峯良(宮城県代表、テレビショッピングバイヤー) ドンキー佐藤(山形県代表、ラジオパーソナリティ) 木村洋二を師と仰ぎ、木村の芸を物真似した。 大泉は彼を気に入ったか、たびたびいじり、「ちょっとー!!」のリアクションが注目を呼び、 その後「1×8いこうよ!」にも出演した。 チェリブロ(福島県代表、女性お笑いコンビ) 紹介された地元名物 岩手県葛巻町の「モウモウブラザーズ」 福島県のUFO街おこし 宮城県の商店街復興のスイーツ 青森県大間町のマグロのぼり 室蘭市VS美唄市「やきとり対決」 秋田県の日本三大焼きそばの町 山形県の廃校を利用したそば屋 ネット局 ※すべて日本テレビ系列局(但し、テレビ大分は後述の理由によりクロスネット局)である。 (Wikipedia:大泉洋プレゼンツ 地タレ?大集合ふるさと大好き宣言!)


大泉洋 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

大泉洋 - アマゾン検索


「大泉洋」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す