[PR]

日別キーワード

第32位  弥生賞 - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



弥生賞
弥生賞(やよいしょう)は、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から「皐月賞トライアル」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「報知杯 弥生賞(皐月賞トライアル)」と表記される。 競走名の「弥生」は、陰暦で3月を表す呼称。弥生とは「いやおい」が変化したもので、「弥」は「いよいよ」「ますます」、「生」は「生い茂る」と使われ、草木が芽吹く月という意味で呼ばれるようになったことに由来する。 寄贈賞を提供する報知新聞社は、東京・大阪に本社を置く新聞社。 正賞は報知新聞社賞。 3着までの馬に皐月賞の優先出走権が付与されるトライアル競走。1982年から1990年までは5着までに優先出走権を付与していたが、1991年から3着までに改められた。 1964年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞競走で、当初は中山競馬場・芝1600mの別定戦で行われた。負担重量は1971年より馬齢に変更、施行距離やコースは幾度かの変遷を経て、1984年より中山競馬場・芝2000mに変更。 (Wikipedia:弥生賞)

弥生賞(皐月賞トライアル)
『弥生賞』より : 弥生賞(やよいしょう)は、日本の日本中央競馬会 日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝2000メートル mで施行する中央競馬の重賞(グレード制 GII)競走である。正賞は報知杯弥生賞、報知新聞社が優勝杯を提供している。競走名は陰暦の3月である弥生から由来。
本競走は1960年から1963年に施行されていた東京記念 (中央競馬) 東京記念を前身とし、1964年にクラシック (競馬) クラシック競走である皐月賞の前哨戦として4歳(現3歳)の馬齢の重賞競走、弥生賞として創設、第1回は現在とは違い中山競馬場の芝1600mで施行された。しかし1965年 翌年には施行場を東京競馬場に移し、同競馬場の改修工事の影響により1968年のみ再び、中山競馬場で施行し、また同年から正式に皐月賞指定オープン競走となり、上位5着までに入賞した競走馬には皐月賞の優先出走権が与えられるようになり、更に皐月賞の前哨戦の意味合いを高める事になる。
(Wikipedia:弥生賞(皐月賞トライアル))


弥生賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

弥生賞 - アマゾン検索


「弥生賞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す