[PR]

日別キーワード

第41位  オルフェーヴル - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



オルフェーヴル
オルフェーヴル (Orfevre)は日本の競走馬。 中央競馬史上7頭目のクラシック三冠馬。おもな勝ち鞍は皐月賞、東京優駿、菊花賞(2011年)、宝塚記念(2012年)、有馬記念(2011年、2013年)。馬名はフランス語で「金細工師」(仏:Orfèvre)。 誕生 - デビュー前 2008年5月14日、父、母の生産牧場でもある社台コーポレーション白老ファームで生まれた。その前年、本馬の母・オリエンタルアートは、この年から種牡馬デビューして注目を集めたディープインパクトとの交配を行ったが、3度に渡り受胎に失敗してしまう。空胎を避けるためとの理由でステイゴールドと交配されると一度で受胎。翌年に本馬が誕生したが、5月14日と競走馬としては遅生まれとなった。当歳の10月から1歳の10月までの間、社台コーポレーション早来ファームで育成された後、ノーザンファーム空港牧場で競走馬となるための訓練を受けた。本馬と同じくステイゴールドを父に持つ全兄・ドリームジャーニーと同様にサンデーサラブレッドクラブで一口馬主が募集され、募集価格は兄の3倍となる総額6000万円(一口150万円)に設定された。 (Wikipedia:オルフェーヴル)


オルフェーヴル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オルフェーヴル - アマゾン検索


「オルフェーヴル」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す