[PR]

日別キーワード

第54位  孤独のグルメ - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



孤独のグルメ
『孤独のグルメ』(こどくのグルメ)は、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画。 扶桑社の『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載された。その後、『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活し、以後『SPA!』上で不定期に新作が掲載されている。また、食品会社とコラボレーション企画と称して、商品を食する漫画を掲載することもある。 2012年1月期からテレビ東京系においてテレビドラマシリーズ化されている。また2015年5月期から中国においてウェブドラマシリーズ化されている。 個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。また、出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっている。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴である。 (Wikipedia:孤独のグルメ)


孤独のグルメ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

孤独のグルメ - アマゾン検索


「孤独のグルメ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す