[PR]

日別キーワード

第57位  国立公文書館 - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



国立公文書館
国立公文書館(こくりつこうぶんしょかん)は、公文書を保存し、研究者も含め一般に公開する機関である。本項では日本の国立公文書館について記述する。 国立公文書館では、日本政府の行政機関等から移管された、歴史資料として重要な公文書を保有し、一般に公開している。所蔵資料は、明治時代以来の公文書が約60万冊(2006年3月現在)、旧内閣文庫約53万冊である。資料は閲覧室において一般の利用に供するほか、テーマを設けた常設展や企画展で公開している。 沿革 従来、各官庁の公文書はそれぞれの官庁で保管されてきたが、公文書を保存し公開する施設の必要性から、1971年(昭和46年)、総理府の附属機関として東京都千代田区北の丸公園に国立公文書館が開館した。この際に、江戸幕府以来の古文書・古書を含む内閣文庫の所蔵資料が国立公文書館に引き継がれた。 国立公文書館法に基づき2001年(平成13年)に独立行政法人化された。行政執行法人(旧・特定独立行政法人)であるため、職員の身分は国家公務員となっている。 (Wikipedia:国立公文書館)

国立公文書館法
国立公文書館法(こくりつこうぶんしょかんほう、平成11年6月23日法律第79号)は、公文書館法の精神にのっとり、独立行政法人国立公文書館の名称、目的、業務の範囲、国の機関の保管に係る公文書等の保存のために必要な措置等を定めることにより、国立公文書館または国の機関の保管に係る歴史資料として重要な公文書等の適切な保存及び利用に資することを目的として制定された法律である。 構成 第一章 総則(第1条・第2条) 第二章 独立行政法人国立公文書館 第一節 通則(第3条―第7条) 第二節 役員(第8条―第10条) 第三節 業務等(第11条・第12条) 第四節 雑則(第13条) 第五節 罰則(第14条) 附則 関連項目 国立公文書館。 (Wikipedia:国立公文書館法)


国立公文書館 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

国立公文書館 - アマゾン検索


「国立公文書館」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す