[PR]

日別キーワード

第84位  共同通信社 - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



共同通信社
共同通信社(きょうどうつうしんしゃ)は、日本の通信社である。 一般社団法人と、その子会社である株式会社の2社が、同じ「共同通信社」という名称で存在している。このため、両者を区別する必要があるときにはそれぞれ、「社団共同」「KK共同」と呼ぶケースが多い。 KK共同には社団共同から出向する。 一般社団法人共同通信社 法人概要 一般社団法人共同通信社(きょうどうつうしんしゃ、Kyodo News)は、東京を拠点とする非営利の通信社である。日本国内外のニュースや写真、記事関連のデータを日本国内の新聞社、NHK、民間放送局などに提供・配信している。 新聞記事の冒頭に(共同)と書いてある記事は共同通信社から配信された記事であるが、それ以外にも加盟紙が(共同)のクレジットをつけずにそのまま掲載している記事もある。契約上、国内ニュースにも(共同)のクレジットを明記することになっているが、沖縄以外の加盟紙で明記する新聞社は少ない。(共同)クレジットを明記すれば、地元記事以外の全ての記事が共同通信配信記事と判断され体裁がつかないためとされている。 (Wikipedia:共同通信社)

共同通信社杯競輪
共同通信社杯競輪(きょうどうつうしんしゃはいけいりん)は、毎年9月に開催される競輪のGII競走である。 共同通信社杯競輪の母体は、日本の競輪発祥40周年を記念して1988年(昭和63年)10月18日に平塚競輪場において、一発勝負の競走として開催された「ルビーカップレース」がスタートとされる。 1989年(平成元年)10月22日に開催された第2回大会から共同通信社提供のトロフィーをかけて開催されるようになり、大会名も「共同通信社杯ルビーカップレース」と改められた。以来第6回大会まで毎年10月中旬に一発勝負の競走として開催された。 第6回大会までは、北海道・東北、北関東、南関東、中部、近畿、中国、四国、九州の8地区でそれぞれ競走得点最上位選手1人が地区代表として出場し、これにいわゆる「ワイルドカード」枠(選手選考委員会で選出。基本的には各地区の競走得点第2位選手8人のうち最も高い選手が選出された)による選手1人を加えた9人で争われた。 ちなみに、第1回大会の出場選手は、小磯伸一(北海道・東北)、山口健治(北関東)、滝澤正光(南関東)、竹内久人(中部)、松本整(近畿)、佐古雅俊(中国)、伊藤豊明(四国)、中野浩一(九州)、井上茂徳(九州)であった。 (Wikipedia:共同通信社杯競輪)

共同通信社杯
共同通信社杯(きょうどうつうしんしゃはい) 共同通信杯(旧共同通信杯4歳ステークス(トキノミノル記念)、中央競馬の重賞競走の一つ) 共同通信社杯競輪 共同通信社杯・ヤングダービー競走(競艇。下記・新鋭王座決定戦からの流れによる) 共同通信社杯新鋭王座決定戦競走(競艇。新鋭リーグ戦競走の最終戦) 共同通信社杯GIプレミアムカップオートレース 天皇杯全日本サッカー選手権大会の優勝チームに贈呈。 (Wikipedia:共同通信社杯)


共同通信社 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

共同通信社 - アマゾン検索


「共同通信社」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す