[PR]

日別キーワード

第90位  ボクシング - 2018年04月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



ボクシング
ボクシング(英語:boxing、pugilism、prize fighting、the sweet science)は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスのサバットのほか、タイのムエタイおよびムエタイをベースにした日本のキックボクシングやシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボクシングと呼ばれることもある。 古代ボクシング 紀元前4000年ごろの古代エジプトの象形文字から軍隊で使われていたのが判読されており、クレタ島の紀元前3000年ごろのエーゲ文明の遺跡からも、ボクシングの図が書かれた壺が発見されている。 古代ギリシア語では握りしめた拳をPUGMEといい、それからPUXOS(箱)となった。古代オリンピックでは第23回大会から正式種目となり、オノマストスが月桂冠をうけた。この時代は全裸でオリーブ・オイルを塗り、拳には鋲を皮のバンテージのような物で包んだグローブのような物を着用、腕や肘でも攻撃できたようだ。 (Wikipedia:ボクシング)

ボクシング日本王座変遷
ボクシング日本王者一覧(ボクシングにほんおうじゃいちらん)は、以下の団体が認定する王座を獲得したボクサーを、下記級別に分け、獲得した順に掲載した表である。なお、一般に「ボクシング日本王者」と呼ばれるのは日本ボクシングコミッション(JBC)のものによる。 日本ボクシングコミッション(JBC) 日本IBF(IBF・JAPAN) 全日本女子格闘技連盟 日本女子ボクシング協会(JWBC) JBC設立以前、もしくは第二次世界大戦以前に存在した団体、およびボクシングの大会日本王座以外の、外国の国内王座を獲得した選手については、日本のボクシング国内王者一覧を参照のこと。 JBC以前 フライ級 バンタム級 スーパーバンタム級 フェザー級 スーパーフェザー級 ライト級 スーパーライト級 ウェルター級 ミドル級 ヘビー級 JBC ミニマム級 ライトフライ級 フライ級 スーパーフライ級 バンタム級 スーパーバンタム級 フェザー級 スーパーフェザー級 ライト級 スーパーライト級 ウェルター級 スーパーウェルター級 ミドル級 ヘビー級 IBF・JAPAN フライ級 ジュニアバンタム級 ライト級 ウェルター級 全日本女子格闘技連盟 JWBC ミニフライ級 ライトフライ級 フライ級 バンタム級 フェザー級 脚注 出典 ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ベースボール・マガジン社、2004年3月1日発行 ISBN 4-583-03784-8 関連項目 ボクシング ボクシング現王者一覧 日本のボクシング世界王者一覧 日本のボクシング地域王者一覧 日本のボクシング国内王者一覧 アマチュアボクシング日本王者一覧。 (Wikipedia:ボクシング日本王座変遷)

ボクシング東洋太平洋王座変遷
『東洋太平洋ボクシング連盟王者一覧』より : 東洋太平洋ボクシング連盟王者一覧(とうようたいへいようボクシングれんめいおうじゃいちらん)は、プロボクシングの東洋一帯を管轄する団体「東洋太平洋ボクシング連盟」(OPBF)が認定する王座の変遷を表した表。 1977年11月以前の「東洋ボクシング連盟」(OBF)時代も含む。 男子 ミニマム級 ライトフライ級 フライ級 スーパーフライ級 バンタム級 スーパーバンタム級 フェザー級 スーパーフェザー級 ライト級 スーパーライト級 ウェルター級 スーパーウェルター級 ミドル級 スーパーミドル級 ライトヘビー級 クルーザー級 ヘビー級 女子 アトム級 ミニフライ級 ライトフライ級 フライ級 スーパーフライ級 バンタム級 スーパーバンタム級 フェザー級 スーパーフェザー級 ライト級 スーパーライト級 ウェルター級 スーパーウェルター級 ミドル級 スーパーミドル級 ヘビー級 脚注 関連項目 東洋太平洋ボクシング連盟 (OPBF) 外部リンク 東洋太平洋ボクシング連盟 Ratings。 (Wikipedia:ボクシング東洋太平洋王座変遷)

ボクシング現王者一覧
ボクシング現王者一覧(ボクシングげんおうじゃいちらん)は、現時点におけるボクシング主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)が認定している世界王者の一覧表。なお、歴代の王者や詳細情報はそれぞれの各団体王者一覧表を参照。 現在の各階級王者 ヘビー級(90.72キログラム超/200ポンド超) クルーザー級(90.72キログラム/200ポンド) ライトヘビー級(79.38キログラム/175ポンド) スーパーミドル級(76.20キログラム/168ポンド) ミドル級(72.57キログラム/160ポンド) スーパーウェルター級(69.85キログラム/154ポンド) ウェルター級(66.68キログラム/147ポンド) スーパーライト級(63.50キログラム/140ポンド) ライト級(61.24キログラム/135ポンド) スーパーフェザー級(58.97キログラム/130ポンド) フェザー級(57.15キログラム/126ポンド) スーパーバンタム級(55.34キログラム/122ポンド) バンタム級(53.52キログラム/118ポンド) スーパーフライ級(52.16キログラム/115ポンド) フライ級(50.80キログラム/112ポンド) ライトフライ級(48.99キログラム/108ポンド) ミニマム級(47.61キログラム/105ポンド) 関連項目 ボクシング 男子ボクサー一覧 スーパー王座 正規王座 暫定王座 休養王座 複数階級制覇 統一世界王者 世界ボクシング協会(WBA)世界王者一覧 世界ボクシング評議会(WBC)世界王者一覧 国際ボクシング連盟(IBF)世界王者一覧 世界ボクシング機構(WBO)世界王者一覧 外部リンク WBA公式サイト 現王者一覧 WBC公式サイト 現王者一覧 IBF公式サイト 現王者一覧 WBO公式サイト 現王者一覧。 (Wikipedia:ボクシング現王者一覧)

ボクシング世界ヘビー級王者一覧
ボクシング世界ヘビー級王者一覧は、以下の団体の世界ヘビー級王座を獲得した人物を年代順にまとめた一覧表。なお、NYSACはニューヨーク州アスレチックコミッションの略称。 世界ボクシング協会(WBA)、1921年に全米ボクシング協会(NBA)として創設。 世界ボクシング評議会(WBC)、1963年にWBAと欧州、英連邦、中南米、東洋の地域団体との討議機関として創設。1968年にはWBAと完全に分裂。 国際ボクシング連盟(IBF)、1983年創設。 世界ボクシング機構(WBO)、1988年創設。 関連項目 男子ボクサー一覧 世界ボクシング協会(WBA)世界王者一覧 世界ボクシング評議会(WBC)世界王者一覧 国際ボクシング連盟(IBF)世界王者一覧 世界ボクシング機構(WBO)世界王者一覧。 (Wikipedia:ボクシング世界ヘビー級王者一覧)

ボクシング現役世界王者一覧
ボクシング現王者一覧(ボクシングげんおうじゃいちらん)は、現時点におけるボクシング主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)が認定している世界王者の一覧表。なお、歴代の王者や詳細情報はそれぞれの各団体王者一覧表を参照。 現在の各階級王者 ヘビー級(90.72キログラム超/200ポンド超) クルーザー級(90.72キログラム/200ポンド) ライトヘビー級(79.38キログラム/175ポンド) スーパーミドル級(76.20キログラム/168ポンド) ミドル級(72.57キログラム/160ポンド) スーパーウェルター級(69.85キログラム/154ポンド) ウェルター級(66.68キログラム/147ポンド) スーパーライト級(63.50キログラム/140ポンド) ライト級(61.24キログラム/135ポンド) スーパーフェザー級(58.97キログラム/130ポンド) フェザー級(57.15キログラム/126ポンド) スーパーバンタム級(55.34キログラム/122ポンド) バンタム級(53.52キログラム/118ポンド) スーパーフライ級(52.16キログラム/115ポンド) フライ級(50.80キログラム/112ポンド) ライトフライ級(48.99キログラム/108ポンド) ミニマム級(47.61キログラム/105ポンド) 関連項目 ボクシング 男子ボクサー一覧 スーパー王座 正規王座 暫定王座 休養王座 複数階級制覇 統一世界王者 世界ボクシング協会(WBA)世界王者一覧 世界ボクシング評議会(WBC)世界王者一覧 国際ボクシング連盟(IBF)世界王者一覧 世界ボクシング機構(WBO)世界王者一覧 外部リンク WBA公式サイト 現王者一覧 WBC公式サイト 現王者一覧 IBF公式サイト 現王者一覧 WBO公式サイト 現王者一覧。 (Wikipedia:ボクシング現役世界王者一覧)

ボクシング世界王者一覧
『ボクシング現役世界王者一覧』より : ボクシング世界王者一覧(ボクシングせかいおうじゃいちらん)は、プロボクシングの試合で世界タイトルを獲得した選手の一覧(一部の掲載にとどまる)。 現役王者についてはボクシング現王者一覧を参照 ヘビー級 ヘンリー・アキンワンデ モハメド・アリ マイク・ウィーバー ティム・ウィザスプーン ジェス・ウィラード ジョー・ウォルコット ジミー・エリス プリモ・カルネラ ウラジミール・クリチコ ビタリ・クリチコ クリス・バード ゲリー・コーツィー ジェームス・J・コーベット ジョン・L・サリバン コーリー・サンダース ジャック・シャーキー ロイ・ジョーンズ・ジュニア ジャック・ジョンソン マイケル・スピンクス レオン・スピンクス ジェームス・スミス ブルース・セルドン マイク・タイソン ジェームス・ダグラス トニー・タッカー トニー・タッブス ジーン・タニー フランチェスコ・ダミアニ イザード・チャールズ ジョン・テート アーニー・テレル ジャック・デンプシー マイケル・ドークス ピンクロン・トーマス ケン・ノートン マービン・ハート マックス・シュメリング トレバー・バービック トミー・バーンズ ハービー・ハイド フロイド・パターソン ボブ・フィッシモンズ ジョージ・フォアマン ジェームス・J・ブラドック フランク・ブルーノ ジョー・フレージャー マックス・ベア グレグ・ペイジ マイケル・ベント ラリー・ホームズ リディック・ボウ フランソワ・ボタ イベンダー・ホリフィールド レイ・マーサー オリバー・マッコール ロッキー・マルシアノ マイケル・モーラー トミー・モリソン インゲマル・ヨハンソン ハシーム・ラクマン ソニー・リストン ジョー・ルイス ジョン・ルイス レノックス・ルイス ニコライ・ワルーエフ クルーザー級 ジョニー・ネルソン(WBO) イベンダー・ホリフィールド(WBA、WBC、IBF) ジェームス・トニー(IBF) ライトヘビー級 トーマス・ハーンズ ダリウス・ミハエルゾウスキー マイケル・スピンクス マイケル・モーラー ロイ・ジョーンズ・ジュニア ボブ・フォスター バーナード・ホプキンス スーパーミドル級 トーマス・ハーンズ ジェームス・トニー ロイ・ジョーンズ・ジュニア スベン・オットケ ジェフ・レイシー ジョー・カルザゲ マルクス・バイエル ミッケル・ケスラー アルツール・アブラハム ミドル級 シュガー・レイ・ロビンソン カルロス・モンソン マービン・ハグラー(WBA、WBC、IBF) バーナード・ホプキンス(IBF、WBC、WBA、WBO) 竹原慎二(WBA) ウィリアム・ジョッピー(WBA) フェリックス・トリニダード(WBA) トーマス・ハーンズ(WBC) ロベルト・デュラン(WBC) ジェームス・トニー(IBF) ロイ・ジョーンズ・ジュニア(IBF) ジェラルド・マクラレン(WBO、WBC) ジャーメイン・テイラー(WBA、WBC、IBF、WBO) アルツール・アブラハム(IBF) フェリックス・シュトルム(WBO、WBA、IBF) セルヒオ・マルチネス(WBC、WBO) ゲンナジー・ゴロフキン(WBA) スーパーウェルター級(ジュニアミドル級) ジャンフランコ・ロッシ(WBC、IBF) 輪島功一(WBC、WBA) トーマス・ハーンズ(WBC) 工藤政志(WBA) 三原正(WBA) ロベルト・デュラン(WBA) テリー・ノリス(WBC、IBF) フェリックス・トリニダード(WBA、IBF) オスカー・デラ・ホーヤ(WBC、WBA) フロイド・メイウェザー・ジュニア(WBC、WBA) マニー・パッキャオ(WBC) 石田順裕(WBA暫定) ミゲール・コット(WBA) ウェルター級 ヘンリー・アームストロング シュガー・レイ・ロビンソン シュガー・レイ・レナード(WBC、WBA) トーマス・ハーンズ(WBA) ロベルト・デュラン(WBC) オスカー・デ・ラ・ホーヤ(WBC) フェリックス・トリニダード(IBF、WBC) アイク・クォーティ(WBA) フロイド・メイウェザー・ジュニア(IBF、WBC、WBA) ミゲール・コット(WBA、WBO) マニー・パッキャオ(WBO) スーパーライト級(ジュニアウェルター級) 藤猛 アーロン・プライアー(WBA、IBF) 浜田剛史(WBC) 平仲明信(WBA) レネ・アルレドンド(WBC) フリオ・セサール・チャベス(WBC、IBF) コンスタンチン・チュー(WBA、WBC、IBF) ザブ・ジュダー(IBF、WBO) リッキー・ハットン(WBA、IBF) ミゲール・コット(WBO) フロイド・メイウェザー・ジュニア(WBC) ダニー・ガルシア(WBC、WBA) ファン・マヌエル・マルケス(WBO) ライト級 ロベルト・デュラン(WBA、WBC) アレクシス・アルゲリョ(WBC) アセリノ・フレイタス(WBO) アルツール・グレゴリアン(WBO) ガッツ石松(WBC) オルズベック・ナザロフ(WBA) 畑山隆則(WBA) 小堀佑介(WBA) ミゲル・アンヘル・ゴンザレス(WBC) ラクバ・シン(WBA) フリオ・セサール・チャベス(WBA、WBC) ディエゴ・コラレス(WBO、WBC) フロイド・メイウェザー・ジュニア(WBC) マニー・パッキャオ(WBC) ファン・マヌエル・マルケス(WBO、WBA) スーパーフェザー級(ジュニアライト級) ブライアン・ミッチェル(WBA、IBF) 沼田義明 小林弘 柴田国明(WBA、WBC) ベン・ビラフロア(WBA) 上原康恒(WBA) アルフレッド・エスカレラ(WBC) アレクシス・アルゲリョ(WBC) フリオ・セサール・チャベス(WBC) フロイド・メイウェザー・ジュニア(WBC) ディエゴ・コラレス(IBF) 畑山隆則(WBA) エリック・モラレス(WBC、IBF) マルコ・アントニオ・バレラ(WBC、IBF) ファン・マヌエル・マルケス(WBC) マニー・パッキャオ(WBC) 内山高志(WBA) 粟生隆寛(WBC) 三浦隆司(WBC) フェザー級 サルバドル・サンチェス(WBC) エウセビオ・ペドロサ(WBA) ナジーム・ハメド(WBC、IBF、WBO) マルコ・アントニオ・バレラ(WBC) 西城正三(WBA) ルイシト・エスピノサ(ルイシト小泉)(WBC) アレクシス・アルゲリョ(WBA) 柴田国明(WBC) 越本隆志(WBC) エリック・モラレス(WBC) ファン・マヌエル・マルケス(IBF、WBA、WBO) クリス・ジョン(WBA) 粟生隆寛(WBC) 長谷川穂積(WBC) スーパーバンタム級(ジュニアフェザー級) ロイヤル小林(WBC) 畑中清詞(WBC) 佐藤修(WBA) ウイルフレド・ゴメス(WBC) ルペ・ピントール(WBC) マニー・パッキャオ(IBF) エリック・モラレス(WBC) 西岡利晃(WBC) バンタム級 オルランド・カニザレス(IBF) 新垣諭(IBF) ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(WBC) ファイティング原田 六車卓也(WBA) 辰吉丈一郎(WBC) 薬師寺保栄(WBC) 戸高秀樹(WBA暫定) ルペ・ピントール(WBC) 長谷川穂積(WBC) 山中慎介(WBC) スーパーフライ級(ジュニアバンタム級) カオサイ・ギャラクシー(WBA) セレス小林(WBA) 徳山昌守(WBC) 川嶋勝重(WBC) 飯田覚士(WBA) 戸高秀樹(WBA) 鬼塚勝也(WBA) 川島郭志(WBC) 渡辺二郎(WBA、WBC) 名城信男(WBA) 河野公平(WBA) フライ級 ミゲル・カント(WBC) 白井義男 ファイティング原田 海老原博幸 大場政夫(WBA) 大熊正二(小熊正二、WBC) 花形進(WBA) 小林光二(WBC) レパード玉熊(WBA) 勇利アルバチャコフ(WBC) ダド・マリノ ベルクレック・チャルバンチャイ(WBA) マニー・パッキャオ(WBC) ポンサクレック・ウォンジョンカム(WBC) 内藤大助(WBC) 坂田健史(WBA) 八重樫東(WBC) ライトフライ級(ジュニアフライ級) 柳明佑(WBA) 具志堅用高(WBA) 中島成雄(WBC) 渡嘉敷勝男(WBA) 友利正(WBC) 井岡弘樹(WBA) 山口圭司(WBA) 亀田興毅(WBA) 井岡一翔(WBA) 井上尚弥(WBC) ミニマム級(ストロー級) 星野敬太郎(WBA) リカルド・ロペス(WBC、WBA、WBO) 井岡弘樹(WBC) 大橋秀行(WBC、WBA) 新井田豊(WBA) イーグル・デーン・ジュンラパン(旧名・イーグル赤倉、イーグル京和)(WBC) 高山勝成(WBC) レオ・ガメス(WBA) 八重樫東(WBA) 井岡一翔(WBC、WBA)en:List of current world boxing champions。 (Wikipedia:ボクシング世界王者一覧)

ボクシングジム
ボクシングジム(boxing gym)とは、ボクシング専門のトレーニングジム。 概略 一般的なトレーニングジムと異なり、サンドバッグなどのボクシングの練習に必要な機器やリングなどが設置してある。ジムごとに指導に当たるトレーナーが所属している。 日本の場合は相撲部屋を参考にした「クラブ制度」と呼ばれる独自のシステムが敷かれている。これはジムが選手(あるいはそれを目指す練習生)を直接所属として抱えるという仕組みである。プロの場合は日本ボクシングコミッション(JBC)が発行するオーナーライセンスを取得した者がクラブの長(大半のジムでは肩書きは「会長」となるが、稀に「代表」と呼ばれる場合もある)としてジムの管理運営に当たっている。プロモーターは、興業力を持つジムオーナーが兼任したり、プロモーターライセンスを持つジム運営母体のスタッフが務めたりする場合が多いが、プロモーター不在の零細ジムも存在する。なお、プロモーターについてはジム所属である必要はない。最近では「パブリックジム」と呼ばれるオーナーライセンス保持者が運営していても選手と所属契約を結ばないジムも現れている。 (Wikipedia:ボクシングジム)

ボクシング・グランプリ2007
ファイル:Ariake Colosseum.jpg thumb 250px ボクシング・グランプリ2007が開催された有明コロシアム
ボクシング・グランプリ2007(BOXING GRAND PRIX 2007)は、2007年1月3日に有明コロシアムで開催されたプロボクシングの日本vsメキシコによる対抗戦である。
帝拳プロモーション会長本田明彦原案により、ゴールデンボーイ・プロモーションズとのパートナーシップを結び実現。当初は2006年6月3日に予定していたが中止となった。
日本代表総監督を大橋ボクシングジム会長の大橋秀行が務めた。
川嶋勝重vsクリスチャン・ミハレスの世界ボクシング評議会 WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチとエドウィン・バレロの世界ボクシング協会 WBA世界スーパーフェザー級初防衛戦となるvsミチェル・ロサダ戦のダブルタイトルマッチに、ノンタイトルを合わせた5vs5の対抗戦形式で行われた。
(Wikipedia:ボクシング・グランプリ2007)

ボクシング・デー
ボクシング・デー(Boxing Day)は、イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・ケニア・香港・ナミビア・ベリーズなどの英連邦でよく見られる、キリスト教に由来した休日。日付は12月26日。アイルランド、ドイツ、北欧などでは、聖ステファノの日(英語では聖スティーヴンの日、イエス・キリストが神の子であると述べ伝えたために、ユダヤ教の教義に反するとして同じユダヤ人によって石打の刑に処された殉教者ステファノを偲ぶ)。 クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから"Boxing Day"と呼ばれる。スペルは同じだが、スポーツのボクシングの意味ではない。 クリスマスも仕事をしなければならなかったバトラーはじめ、使用人達に翌日、家族と過ごさせるための休日で、この日は一家の者達は使用人に頼らず自分で全ての家事をしなければならない。また当日、主人が箱に贈り物を入れて彼らに配った。他、クリスマスにクリスマス・カードやプレゼントを届けてくれた郵便配達員にも、労いの意を込めて26日(当日が日曜日の場合は27日)に箱入りのプレゼント(Christmas box)をする。 (Wikipedia:ボクシング・デー)

ボクシングデー
『ボクシング・デー』より : ボクシング・デー(Boxing Day)は、イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・ケニア・香港・ナミビア・ベリーズなどの英連邦でよく見られる、キリスト教に由来した休日。日付は12月26日。アイルランド、ドイツ、北欧などでは、聖ステファノの日(英語では聖スティーヴンの日、イエス・キリストが神の子であると述べ伝えたために、ユダヤ教の教義に反するとして同じユダヤ人によって石打の刑に処された殉教者ステファノを偲ぶ)。 クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから"Boxing Day"と呼ばれる。スペルは同じだが、スポーツのボクシングの意味ではない。 クリスマスも仕事をしなければならなかったバトラーはじめ、使用人達に翌日、家族と過ごさせるための休日で、この日は一家の者達は使用人に頼らず自分で全ての家事をしなければならない。また当日、主人が箱に贈り物を入れて彼らに配った。他、クリスマスにクリスマス・カードやプレゼントを届けてくれた郵便配達員にも、労いの意を込めて26日(当日が日曜日の場合は27日)に箱入りのプレゼント(Christmas box)をする。 (Wikipedia:ボクシングデー)

ボクシング日本王者一覧
ボクシング日本王者一覧(ボクシングにほんおうじゃいちらん)は、以下の団体が認定する王座を獲得したボクサーを、下記級別に分け、獲得した順に掲載した表である。なお、一般に「ボクシング日本王者」と呼ばれるのは日本ボクシングコミッション(JBC)のものによる。 日本ボクシングコミッション(JBC) 日本IBF(IBF・JAPAN) 全日本女子格闘技連盟 日本女子ボクシング協会(JWBC) JBC設立以前、もしくは第二次世界大戦以前に存在した団体、およびボクシングの大会日本王座以外の、外国の国内王座を獲得した選手については、日本のボクシング国内王者一覧を参照のこと。 JBC以前 フライ級 バンタム級 スーパーバンタム級 フェザー級 スーパーフェザー級 ライト級 スーパーライト級 ウェルター級 ミドル級 ヘビー級 JBC ミニマム級 ライトフライ級 フライ級 スーパーフライ級 バンタム級 スーパーバンタム級 フェザー級 スーパーフェザー級 ライト級 スーパーライト級 ウェルター級 スーパーウェルター級 ミドル級 ヘビー級 IBF・JAPAN フライ級 ジュニアバンタム級 ライト級 ウェルター級 全日本女子格闘技連盟 JWBC ミニフライ級 ライトフライ級 フライ級 バンタム級 フェザー級 脚注 出典 ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ベースボール・マガジン社、2004年3月1日発行 ISBN 4-583-03784-8 関連項目 ボクシング ボクシング現王者一覧 日本のボクシング世界王者一覧 日本のボクシング地域王者一覧 日本のボクシング国内王者一覧 アマチュアボクシング日本王者一覧。 (Wikipedia:ボクシング日本王者一覧)


ボクシング - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ボクシング - アマゾン検索


「ボクシング」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す