[PR]

日別キーワード

第1位  ボストンマラソン - 2018年04月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



ボストンマラソン
ボストンマラソン(英語: Boston Marathon)は、毎年4月の第三月曜日、Patriot's Dayにアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンで開催される、国際陸上競技連盟(IAAF)ゴールドラベルのマラソン大会であり、ワールドマラソンメジャーズの一つである。参加には資格タイムを満たしている必要があるため、「選ばれしもののマラソン」と称され、完走者の平均タイムがワールドマラソンメジャーズの中でも抜きん出て速く、大半が4時間未満でゴールする。1897年に創始された、近代オリンピックに次いで歴史の古いスポーツ大会の一つである。 由来 アメリカ独立戦争が開戦した4月19日を「愛国者の日」とし、それを記念して第一回が開催された歴史を受け継ぎ、現在も例年4月の第三月曜日の愛国者の日に開催されている。 コース 周回や往復ではなく、マサチューセッツ州の8つの市や町を通り抜けるかたちでスタート地点とゴール地点を結ぶコースである。 (Wikipedia:ボストンマラソン)

ボストンマラソン爆弾テロ事件
ボストンマラソン爆弾テロ事件(ボストンマラソン ばくだんテロじけん)とは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにて、第117回ボストンマラソンの競技中であった2013年4月15日14時45分頃(現地時間)に発生した爆弾テロ事件である。 この日、ボストンでは第117回ボストンマラソンが開催されていた。ボストンマラソンはアメリカ3大市民マラソンに数えられる大会で、国内外から多くのランナーが集まっていた。そのレース中、ゴール付近のコプリー広場で2度爆発が発生、その際に3人が死亡、282人が負傷したと報じられている。 1度目の爆発はトリニティ教会などがあるコプリー広場近くのボイルストン通り671番地の「マラソン・スポーツ」前で発生し、それから12秒後にゴールから見て2ブロック、距離にして約100m離れた地点で2度目の爆発が起きた。この爆発で周辺の店舗の窓ガラスは粉々に吹き飛ばされ、ボストン公共図書館3階の窓も破壊された。現場付近には他に2つ、ないしは3つの不発弾が発見され、ボストン市警察の爆発物処理班によって処理されたと報道されたが、後に爆弾は爆発した2のみと判明した。 (Wikipedia:ボストンマラソン爆弾テロ事件)


ボストンマラソン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  自衛官 - 2018年04月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



自衛官
自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。 (Wikipedia:自衛官)

自衛官補
『予備自衛官』より : 予備自衛官(よびじえいかん、英: Reserve Self-Defense Official)とは、自衛隊(陸上・海上・航空)が予備要員として任用している非常勤の自衛官のこと及びその官名。特に予備自衛官の官職または官職にある者をいう。非常勤国家公務員として、有事・訓練等の際に召集され、自衛隊における各任務に就けられる。一般の軍隊における予備役、大日本帝国海軍における予備員制度等に相当する。 予備自衛官とは常に維持する常備自衛官の人数を抑え、必要な時だけ効果的に増員するための制度またはその任にある自衛隊員の官職及びその職にある者のことをいう。身分は非常勤の防衛省職員(非常勤の特別職国家公務員)・自衛隊員であり、防衛省職員の定員外とされている。管理は各地方協力本部が行なっており、予備自衛官を以って官名としている。 自衛官を退官した者、予備自衛官補の教育訓練を終了した者より任官させる。予備自衛官補の課程を修了して予備自衛官に任官した者を特に公募予備自衛官といい、現役出身者と区別することがある。 (Wikipedia:自衛官補)


自衛官 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  村上春樹 - 2018年04月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



村上春樹
村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』などがある。 日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。 デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティー、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。 (Wikipedia:村上春樹)

村上春樹 (研究者)
村上 春樹(むらかみ はるき、1937年 - )は、日本文学、特に平将門伝説の研究者。
早稲田大学教育学部国語国文学科国語学専攻卒業。横浜市立戸塚高等学校国語科教諭、横浜市立桜丘高等学校副校長を経て停年退職。横浜市立図書館嘱託となり、任期終了後は各地の文化講座などで講師を務める。元千葉県立関宿城博物館客員研究員。東洋史家宮澤正順とは、戸塚高校在職時の同僚。神奈川県在住。
『平将門伝説一覧』私家版、1993年
『平将門伝説』汲古書院、2001年
『将門記新解』汲古書院、2004年
『平将門伝説ハンドブック』公孫樹舎、2005年
「『将門記』の文章」和漢比較文学会編『軍記と漢文学』汲古書院、1993年
(Wikipedia:村上春樹 (研究者))


村上春樹 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  BS11デジタル - 2018年04月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



BS11デジタル
『』より : 日本BS放送株式会社(にっぽんビーエスほうそう、Nippon BS Broadcasting Corporation)は、日本の衛星基幹放送事業者の1つで、株式会社ビックカメラの連結子会社である。 2007年(平成19年)12月1日より、「BS11デジタル」(ビーエスイレブンデジタル)の名称で無料のBSデジタルハイビジョン放送を開始した。チャンネルは211ch、リモコンキーIDは名称通り「11」。新聞のテレビ欄には「BS11」(多くの新聞は2011年(平成23年)3月31日までは「BSイレブン」と表記)。 会社概要 2005年(平成17年)12月、BSデジタルハイビジョン放送の委託放送事業者認定を受け2007年12月1日にNHKアナログハイビジョン終了後の帯域を用いて、前述した通りハイビジョン放送を開始している。 開局時には数名の契約アナウンサーを採用し、当時本社があったパレスサイドビル4階(同じフロアに毎日新聞東京本社編集局がある)にニューススタジオ(通称・竹橋スタジオ、2007年〈平成19年〉9月完成、毎日映画社が設置・所有、ハイビジョン対応)を設けた。 (Wikipedia:BS11デジタル)


BS11デジタル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ガンダムビルドダイバーズ - 2018年04月20日


関連するイメージは見つかりませんでした




ガンダムビルドダイバーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す