[PR]

日別キーワード

第1位  不能 - 2018年04月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



不能犯
不能犯(ふのうはん)とは、刑法学上の概念の一つで、犯罪的結果の発生を意図したにもかかわらず、その行為の性質上、当該結果を発生させることがないため、犯罪が成立せず、刑罰の対象とならない行為のことをいう。結果発生の危険がないため、未遂犯にもならないとされている。未遂犯と不能犯の区別の基準については学説上の対立があり、また有罪・無罪に直結するため裁判上も少なからず争われている。判例は従来、実質的危険説(絶対的不能・相対的不能)によっているとされたが、戦後の裁判例には具体的危険説に近いものが多くみられる。 日本の刑法に、不能犯を処罰しないという明文の規定は置かれていない。 なお、呪殺の儀式を、殺害を目指して行うのではなく、いやがらせ目的で行い、相手に知らしめ畏怖させるなどのことは、それはそれで犯罪となる可能性があるが、それらは別論であり、本稿では扱わない。 典型例には迷信犯(丑の刻参りなどの呪殺)があげられる。他に硫黄粉末を飲食物などに混ぜて毒殺しようとした事例につき殺人については不能犯であるとして傷害罪にとどめた判決がある(大審院大正6年9月10日判決刑録23輯999頁)。 (Wikipedia:不能犯)

不能犯 (漫画)
神崎 裕也(かんざき ゆうや)は、日本の漫画家。男性。熊本県出身。 2001年25歳の時に第5回ヤングジャンプ月例MANGAグランプリにて「ツキノマホウ」が佳作と月間ベスト賞を受賞。 数度の読切を経て、2005年に「亜熱帯ナイン」で『週刊ヤングジャンプ』に初連載を果たす。 2009年より『週刊コミックバンチ』にて「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」を連載。2011年に同誌休刊のため 『月刊コミック@バンチ』へ移籍する。 作品 連載 亜熱帯ナイン(『週刊ヤングジャンプ』2005年35号 - 2006年16号、全3巻) ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-(『週刊コミックバンチ』2009年12号 - 2010年39号、『月刊コミック@バンチ』1号 - 連載中) 不能犯(原作:宮月新、『グランドジャンプ』2013年10号 - 連載中) 読切 明日に向かって盗め!(『増刊ヤングジャンプ漫革』vol.37、2004年) 10球だけのストッパー(『週刊ヤングジャンプ』2004年19号) 東京龍―トーキョー・ドラゴンズ―(『週刊ヤングジャンプ』2007年44号) 師匠 ふなつ一輝 栗原正尚 脚注 外部リンク 神崎裕也 (@kanzakiuro) - Twitter。 (Wikipedia:不能犯 (漫画))


不能 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  岩波文庫 - 2018年04月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



岩波文庫
岩波文庫(いわなみぶんこ)は、株式会社岩波書店が発行する文庫本レーベル。1927年(昭和2年)7月10日に、ドイツのレクラム文庫を模範とし、書物を安価に流通させ、より多くの人々が手軽に学術的な著作を読めるようになることを目的として創刊された日本初の文庫本のシリーズで、最初の刊行作品は『新訓万葉集』などであった。 岩波文庫は、国内外の古典的価値を持つ文学作品や学術書などを幅広く収めている。1991年(平成3年)に活字の大きいワイド版を創刊(B6判)した。概ね評価が定着した作品を収録し、それに達しない作品は岩波同時代ライブラリー(1990年(平成2年) - 1998年(平成10年))あるいは岩波現代文庫(2000年(平成12年) - )に収められている。 文庫の巻末に掲載されている「読書子に寄す―岩波文庫発刊に際して」は、当時の教養・啓蒙主義のもと、知識を一般民衆に普及させるために刊行したという旨とともに、ドイツのレクラム文庫を模範とした事などが書かれている。 (Wikipedia:岩波文庫)


岩波文庫 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  東京新聞 - 2018年04月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



東京新聞
東京新聞(とうきょうしんぶん)は、中日新聞東京本社が発行する日刊一般新聞(一般紙)。関東地方もしくは東京都のブロック紙だが、同じ中日新聞社が発行する中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の関東版と見なすこともでき、全国紙のような面もあわせ持つ。過去の紙面は東京都中央図書館で、マイクロフィルムで閲覧することができる。 販売部数(日本ABC協会調査・朝刊)は517,000部(2014年上半期)であるが、実際の紙面では中日新聞社発行各紙(他に中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井)と主要記事を共有しており、それら全体の発行部数3,300,000部の一部分と見なすことが出来、全国紙の日本経済新聞・産経新聞をも上回る。全国ニュースを主体とする紙面構成となっている。 価格は税込みで一部売りが朝刊110円、夕刊が50円。月ぎめが朝夕刊セットで3343円、統合版は2623円で、読売新聞・朝日新聞・毎日新聞の三大紙と産経新聞・エリアが重なる関東各県の地元紙神奈川新聞・千葉日報・埼玉新聞・上毛新聞・下野新聞・茨城新聞よりも安い。 (Wikipedia:東京新聞)

東京新聞杯
東京新聞杯(とうきょうしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「東京新聞」は、中日新聞東京本社が発行する日刊紙。 正賞は中日新聞社賞。 1951年に創設された5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走「東京杯」が、本競走の前身。 創設当初は東京競馬場の芝2400mで天皇賞(春)の前後に行われていたが、1966年より現名称に変更、あわせて施行時期も1月下旬 - 2月上旬に繰り上げられた。その後、施行距離や施行場の度重なる変更を経て、1984年より東京競馬場の芝1600mに短縮。これにより、「安田記念」へ向けた春の古馬短距離路線に組み入れられ現在に至る。 外国産馬は1994年、外国馬は2005年よりそれぞれ出走可能になった。 競走条件 以下の内容は、2016年現在のもの。 出走資格:サラ系4歳以上 JRA所属馬 外国調教馬(8頭まで、優先出走)負担重量:別定 56kg、牝馬2kg減 日本馬:収得賞金3,000万円超過馬は超過額2,000万円毎に1kg増 外国馬:GI競走1着馬5kg増、GII競走1着馬3kg増、GIII競走1着馬1kg増(2歳時の成績を除く) 賞金 2016年の1着賞金は3900万円で、以下2着1600万円、3着980万円、4着590万円、5着390万円。 (Wikipedia:東京新聞杯)

東京新聞ニュース
『中日新聞 (東京新聞) ニュース』より : 『中日新聞ニュース』(ちゅうにちしんぶんニュース)とは、中日新聞社の系列新聞社が配信している地域の放送局または、列車内、ビルの電光掲示板、テレビなどで放送されている中日新聞のニュース。関東地区では中日新聞東京本社から発行されている東京新聞の題を取り、『東京新聞ニュース』(とうきょうしんぶんニュース)、北陸は中日新聞北陸本社から発行されている北陸中日新聞の題を取り、『北陸中日新聞ニュース』(ほくりくちゅうにちしんぶんニュース)、と地域によってタイトルが変わっている。 なお中日新聞の休刊日前日に、休刊日のお知らせと、中日新聞モバイルサイトにおけるニュース配信、中部日本放送(CBCテレビ・CBCラジオ)、東海テレビ放送・東海ラジオ放送で『中日新聞ニュース』が放送されているとのお知らせが掲載される。 新幹線、ビルの屋上などの電光掲示板などは、『中日新聞ニュース』のタイトルを使用している(東海テレビ本社ビルの外壁にある電光ニュースの題名は『東海テレニュース』)。 (Wikipedia:東京新聞ニュース)

東京新聞事業協同組合
東京新聞事業協同組合(とうきょうしんぶん じぎょうきょうどうくみあい)は、東京新聞(中日新聞社東京本社)の新聞販売店で構成する組合の名称である。 東京都を中心とした関東地方・静岡県東部において、東京新聞、東京中日スポーツ(その他全国紙や県域新聞なども)の宅配業務を行う他、新聞の集金や勧誘活動、折込チラシの新聞への挿入などを行う他、従業員が安心して仕事に従事でき、尚且つ将来的な独立などを支援できるようにするための「厚生積み立て制度」が設置されている。 事業内容 物品販売: 販売店に必要な備品・消耗品・バイクなどを東京新聞販売店に販売をしている 求人活動: 各地で求人活動を行い 適した求職者を販売店に入店させる 募集受付センター 立川専売所 新木場専売所 安中専売所 の販売営業所が募集受付センターも兼ねている 外部リンク 東京新聞事業協同組合 東京新聞事業協同組合-販売店スタッフ募集。 (Wikipedia:東京新聞事業協同組合)

東京新聞社
東京新聞社(とうきょうしんぶんしゃ)は、かつて日本に存在した新聞社。1942年、戦時体制下に東京府(現在の東京都)を拠点とする都新聞社と國民新聞社が合併して誕生した新聞社である。都新聞社の存続会社として発足し『東京新聞』を発行していた。当初は社団法人組織であったが、1961年に株式会社へ改組。 1963年、深刻な経営難に陥り、東京エリアで『東京中日新聞』(現在の『東京中日スポーツ』)を発行していた中部日本新聞社(現在の中日新聞社)より支援を受ける。1967年10月1日、中部日本新聞社に『東京新聞』の営業・発行権を譲渡し、活動を停止した。なお、主力紙であった『東京新聞』は現在も中日新聞東京本社が発行する日刊一般紙として発行されている。『東京新聞』に関する現業の大半は中日新聞東京本社が行っており、中日新聞グループ内に現存する株式会社東京新聞社は単に商号保全を目的として存在するだけで事実上の休眠会社状態となっている点が同じ中日新聞社傘下で中日新聞福井支社が発行する『日刊県民福井』の記事取材を業務として存続している株式会社日刊県民福井とは異なっている。 (Wikipedia:東京新聞社)


東京新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  gmail.com - 2018年04月21日


関連するイメージは見つかりませんでした




gmail.com - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  イラク戦争 - 2018年04月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



イラク戦争
イラク戦争(イラクせんそう)は、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、後にイラク国内での治安の悪化が問題となりイラク国内での戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマがイラク戦争の終結を正式に宣言した。 戦争の名称 戦争の名称は、戦争の場となった国名・地名を付けることが多く、(バルカン戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争など)、この慣例から「イラク戦争」の名称が一般的である。 (Wikipedia:イラク戦争)

イラク戦争の年表
イラク戦争の年表(イラクせんそうのねんぴょう)。ここでは2003年に勃発したイラク戦争の歴史を年表とする。 年表 1990年8月 - イラク軍、クウェートに侵攻(湾岸危機、クウェート侵攻)。 1990年8月6日 - 国際連合安全保障理事会(国連安保理)はイラクに対する通商禁止を課し、 制裁委員会を設けた。(国際連合安全保障理事会決議661) 1991年1月 - アメリカ軍を中心とした多国籍軍がイラクを攻撃(湾岸戦争)。その後の詳細はイラク武装解除問題を参照。 1995年4月14日 - 湾岸危機後も解除されていなかった通商禁止に関し国連安保理は国際連合安全保障理事会決議986を採択。通商禁止は緩和され、「石油と食料交換計画」を設け食料と衣料品を買うために石油の輸出再開を認めた。 1998年9月18日 - 互いに反目していたクルディスタン民主党とクルディスタン愛国同盟を米国務省が仲介、サダム・フセインに対抗するよう結束させた。 (Wikipedia:イラク戦争の年表)


イラク戦争 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す