[PR]

日別キーワード

第1位  軍事境界線 - 2018年04月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



軍事境界線
軍事境界線(ぐんじきょうかいせん)は、軍事上の理由によって一つの国家が分断された場合に、両側の国を隔てる境となるものである。 軍事境界線 (朝鮮半島) - 大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の境界。38度線も参照。 軍事境界線 (ベトナム) - 北ベトナムと南ベトナムの境界。 軍政国境地帯 - オーストリア=ハンガリー帝国の領内に引かれた境界。 関連項目 実際の地上位置線 - インドとパキスタンのカシミール北部における停戦に際して引かれている。 (Wikipedia:軍事境界線)

軍事境界線 (朝鮮半島)
朝鮮半島における軍事境界線(ぐんじきょうかいせん、朝鮮語:군사분계선、英語:Military Demarcation Line〈略称:MDL〉)とは、陸上において大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との実効支配地域を分割する場所のことである。 あくまで実効支配地域の「境界線」であり、「国境線」ではない。これは、両国が主張する領土が、朝鮮半島全域および島嶼部とするもので互いに一致(重複)していることと、後述の休戦状態とが関係している。 朝鮮戦争の休戦ラインであり、1953年7月27日の朝鮮戦争休戦協定により発効した。軍事境界線の周囲には、南北に幅約2キロメートルずつ(計約4キロメートル)の非武装中立地帯(ひぶそうちゅうりつちたい)が設定されている。また、韓国においては北緯38度線付近にあることから38線(38선)と呼ばれることが多く、日本においては38度線と言及されることがある。この境界線は海上にも延伸しており北方限界線(NLL)と呼ばれるが、韓国側と北朝鮮側で主張するラインが大きく異なり、紛争が度々起きている。 (Wikipedia:軍事境界線 (朝鮮半島))

軍事境界線 (ベトナム)
ベトナムにおける軍事境界線(ぐんじきょうかいせん、英語: Vietnamese Demilitarized Zone)とは、南ベトナム(長年に亘りベトナム共和国)と北ベトナム(ベトナム民主共和国)を分けていた場所。 第一次インドシナ戦争の停戦ラインであり、1954年7月21日のジュネーブ協定により発効した。ほぼ北緯17度線に沿っていたことから、朝鮮半島の軍事境界線である「38度線」と比して「17度線」と呼ばれることもある。 ベトナム戦争の期間中、軍事境界線一帯は、北ベトナム軍と南ベトナム軍・アメリカ軍の双方にとって、重要な戦場となっていた。しかし現在では、観光地として観光客等が誰でも訪れることが可能となっている。 地理 軍事境界線は、南北1600km以上に及ぶ現在ベトナムの国土において、ほぼ中間を通っている北緯17度線に沿う形で東西に走っていた。軍事境界線の周囲には、南北に幅2kmずつ(計4km)の非武装中立地帯(ひぶそうちゅうりつちたい、DMZ; Demilitarized Zone)が設定されており、大部分はベンハイ川が境界となっていた。 (Wikipedia:軍事境界線 (ベトナム))

軍事境界線 (ハンガリー)
軍事境界線(ドイツ語 Militärgrenze”(Militair Grenze)”, ハンガリー語 határőrvidék, クロアチア語 Vojna Krajina, ラテン語 Confiniaria militaria)とは、旧オーストリア・ハンガリー帝国において、辺境の対オスマン・トルコ トルコ防衛線として、ハンガリー・トランシルバニア(当時はウィーン宮廷直轄地)に設定された陸軍常設地方。
:de:Republik Serbische Krajina Republik Serbische Krajina, :de:Krajina-Serben Krajina-Serben, :de:Geschichte Kroatiens Geschichte Kroatiens, :de:Liste von Kriegen Liste von Kriegen, :de:Liste von Schlachten Liste von Schlachten
Begriffsklärung für andere Bedeutungen der Sprachwurzel: :de:Krajina Krajina
Walter Berger: ”Baut dem Reich einen Wall. Das Buch vom Entstehen der Militärgrenze wider die Türken”. :de:Leopold Stocker Verlag, グラーツ, 1979年 ISBN 3-7020-0342-8
(Wikipedia:軍事境界線 (ハンガリー))


軍事境界線 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  スペシャルウィーク - 2018年04月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



スペシャルウィーク
スペシャルウィーク(英:Special Week)は、日本の競走馬である。主な勝ち鞍は1998年の東京優駿、1999年の天皇賞 (春) 、天皇賞 (秋) 、ジャパンカップ。テイエムオペラオーに記録を更新されるまで、当時の日本最高賞金獲得馬であった。2000年から種牡馬となっている。 出自 母キャンペンガールは本馬の受胎中に幾度も疝痛を起こして衰弱し、出産の5日後に死亡 (離れた馬房にいた本馬は母の死を感じたかのようにずっと啼いていた) したため、幼少期はばんえい競走用の農耕馬に育てられる。そのころを過ごした日高大洋牧場では、あまりほかの馬たちと行動をともにすることなくいつもひとりで遊んでいた。乳母の気性がきつかったため、人の手をかけて育てられた。人間を恐れず、人懐っこい仔馬であった。 競走馬時代 1997年 - 1998年 1997年11月にデビューし、新馬戦を単勝1番人気で勝利。年明け、続く自己条件戦の白梅賞は予定を1週早めての出走であったが2着に敗れる。1月31日のつばき賞を除外されその翌週に行われたきさらぎ賞に格上挑戦し重賞制覇を達成。 (Wikipedia:スペシャルウィーク)


スペシャルウィーク - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  拉致問題 - 2018年04月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



拉致問題
『拉致』より : 北朝鮮拉致問題(きたちょうせんらちもんだい)は、北朝鮮の工作員が他国民を密かに北朝鮮へ拉致したとされる事件を受けて、拉致被害者と思われる失踪者を探す者ないし所属国が、情報提供ひいては拉致被害者の帰国を、北朝鮮政府に対して求めている問題。および、これらの交渉に関連した諸問題を指す。現在北朝鮮は世界14ヶ国から拉致を行っていることが明らかにされている。 1946年7月31日、金日成が南朝鮮からインテリを連れてくることを指示する(北朝鮮による韓国人拉致問題)。 1950年に朝鮮戦争没発。7月17日、北朝鮮軍事委員会第18号決定書により50万人移送計画。 1963年5月12日、金正日政治軍事大学呉グホ教官によって石川県志賀町高浜の沖合で、寺越昭二(36歳)、寺越外雄(24歳)、寺越武志(13歳)が拉致される。1969年11月、金日成が3号庁舎拡大幹部会議において日本人拉致を承認する発言を行う。 1969年12月11日、北朝鮮工作員の趙昶煕が大韓航空機YS-11ハイジャック事件を起こし乗員乗客を平壌に拉致。 (Wikipedia:拉致問題)

拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律
題名=拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律
通称=北朝鮮人権法
番号=平成18年法律96号
効力=現行法
種類=公法
内容=北朝鮮当局による人権侵害に対する特別法
関連=北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律
拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律
(らちもんだいそのたきたちょうせんとうきょくによるじんけんしんがいもんだいへのたいしょにかんするほうりつ)
とは、北朝鮮当局による拉致を始めとする人権侵害問題の解決について政府及び地方公共団体の責務を明記した日本の法律。議員立法。
政府に対して北朝鮮人権侵害問題啓発週間の実施、年次報告の提出及び公表、国際連携の強化、
(Wikipedia:拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律)

拉致問題対策本部
拉致問題対策本部(らちもんだいたいさくほんぶ)は、日本の内閣に設置された機関。 北朝鮮による日本人拉致問題への政府の取組みを強化するため鳩山由紀夫内閣によって新たに設置された機関である。2009年10月13日の閣議決定により設置された。本部は内閣に、事務局は内閣官房に属する。政府が省庁横断で拉致事件へ対応していくことを目的としている。 2006年9月29日に安倍内閣における閣議決定で設置された全閣僚を構成員とする旧拉致問題対策本部を廃止し、陣容を改めて発足させたものである。情報収集面では旧拉致問題対策本部よりも人員・予算を増加させた。 一方で、能力不足により情報収集費が十分使われておらず執行率が低いと与党議員から国会で問題視されたり、会計操作が報じられたりするなど、多くの課題を抱えている。産経新聞によれば、予算の7割が使われていないにもかかわらず、職員は情報収集のため自腹を切っている。 不祥事 2015年12月17日未明、拉致問題対策本部に出向中の警察庁警備局の男性警部が、立川市の多摩都市モノレール立川北駅のエスカレーターで、20代女性のスカート内にスマートフォンを差し向けた盗撮容疑で、警視庁立川署によって東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕された。 (Wikipedia:拉致問題対策本部)


拉致問題 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ハリルホジッチ - 2018年04月30日


関連するイメージは見つかりませんでした




ハリルホジッチ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ヒナまつり - 2018年04月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヒナまつり
『ヒナまつり』は大武政夫による日本の漫画作品。エンターブレイン発行の隔月誌『Fellows!』volume8(2009年12月発売)に読みきりとして掲載され、同誌volume11B(2010年6月発売)より正式に連載を開始する。『Fellows!』が年10回刊『ハルタ』へと誌名を変更した2013年以降も毎号連載中である。 作者の大武は猿渡哲也のアシスタント出身。作者にとっての初連載作品にして初単行本化作品となった。 ストーリー 若手ヤクザの新田の部屋に突如として現れた楕円形の物体。その物体にくるまれていた少女ヒナは行くところがないと新田の家に住み着いてしまう。新田は少女を追い出そうとするが、強力な超能力者であったヒナが暴れたために新田は仕方なく言うことを聞くことになる。ずぼらで何も出来ないヒナに、ついつい新田は世話を焼き、ヒナは自分の超能力を当てにした何かをさせようとはしない新田に信頼を憶えていく。そんな中、新田の所属する暴力団の組長が襲われ、新田は若頭に相手の暴力団に1人で殴り込めと命じられる。 (Wikipedia:ヒナまつり)


ヒナまつり - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す