[PR]

日別キーワード

第1位  コミティア - 2018年04月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



コミティア
COMITIA(コミティア)とは、コミティア実行委員会により東京で年4回(概ね2月、5月、8月、11月)開催される「創作(オリジナル)」のジャンルに限定した同人誌即売会である。但し、このCOMITIA公式に至っては自身のイベントを”自主制作漫画誌展示即売会”と称しているので、特に自主制作漫画をメインとした同人誌即売会である。略称はティア。第1回開催は1984年11月18日、会場は練馬産業会館であった。 なお、「コミティア」の名称を冠するイベントは関西・名古屋・新潟・札幌・東北でも行われており、広義ではこちらも含める場合がある。東京以外のコミティアについては、#各地で催されるコミティアの項を参照されたい。 COMITIAは、創作ジャンルに限定して開催される同人誌即売会であり、同じ趣旨の即売会の中でも、規模・回数とも最大級である。 創作限定のイベントであるため、二次創作物の頒布は禁止されており、コスプレも禁止されている。基本的にオリジナルという以外に縛りはなく、多岐にわたる内容のサークルが参加可能である。 (Wikipedia:コミティア)


コミティア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  シュヴァルグラン - 2018年05月01日


関連するイメージは見つかりませんでした




シュヴァルグラン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  日本ハム - 2018年05月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



日本ハム
日本ハム株式会社(にっぽんハム、NH Foods Ltd.)は、大阪府大阪市北区(以前は大阪市中央区)に本社を置く大手食品加工メーカーである。ハム・ソーセージ大手(伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の一角で、業界首位。1942年(昭和17年)に創業、プロ野球チーム北海道日本ハムファイターズの親会社としても有名である。 長らく、商号としてカタカナ表記のニッポンハムを用いる場合も多かったが、2014年(平成26年)4月にコーポレートロゴを日本ハムの発足から51年目にして初めて改定され、英字表記のNipponhamに改められた。同年7月からは製品パッケージにも順次表記され始めている。 沿革 香川県大川郡津田町津田(現在のさぬき市)出身の大社義規(おおこそ・よしのり)が、1942年(昭和17年)、徳島県徳島市で「徳島食肉加工場」として設立。 戦後は「徳島ハム」の名称を使っていたが、1963年(昭和38年)8月に「鳥清ハム」(旧・鳥清畜産工業)と合併、「日本ハム」と改称し、本社を大阪に移転。 (Wikipedia:日本ハム)

日本ハムファイターズ
『北海道日本ハムファイターズ』より : 北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、英語: Hokkaido Nippon-Ham Fighters)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 北海道を保護地域とし、札幌市豊平区にある札幌ドームを専用球場(本拠地)としている。2003年までの本拠地で東京都文京区にある東京ドームでも、準本拠地として年8試合程度を開催しており(後述)、北海道内の地方球場でも毎年主催公式戦を開催している(後述)。また、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズスタジアムである。 球団の歴史 セネタース - 日拓時代 1945年11月6日、戦時中の1943年に解散した東京セネタース(1935年創立)の中心人物だった横沢三郎がセネタース再興を目指し、新規に「セネタース( Senators 、企業名:セネタース野球協会)」を設立。 (Wikipedia:日本ハムファイターズ)

日本ハム球団
『北海道日本ハムファイターズ』より : 北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、英語: Hokkaido Nippon-Ham Fighters)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 北海道を保護地域とし、札幌市豊平区にある札幌ドームを専用球場(本拠地)としている。2003年までの本拠地で東京都文京区にある東京ドームでも、準本拠地として年8試合程度を開催しており(後述)、北海道内の地方球場でも毎年主催公式戦を開催している(後述)。また、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズスタジアムである。 球団の歴史 セネタース - 日拓時代 1945年11月6日、戦時中の1943年に解散した東京セネタース(1935年創立)の中心人物だった横沢三郎がセネタース再興を目指し、新規に「セネタース( Senators 、企業名:セネタース野球協会)」を設立。 (Wikipedia:日本ハム球団)

日本ハム球団多摩川グランド
スタジアム名称 日本ハム球団多摩川グランド
愛称 Nippon Ham FightersTamagawa Baseball Ground
所在地 神奈川県川崎市中原区上丸子天神町地内(多摩川右岸側河川敷内)
所有者
管理・運用者
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 なし
設計者
使用チーム、大会 北海道日本ハムファイターズ 日本ハムファイターズが二軍本拠地兼練習場として使用(~1996年)
収容能力 観客席なし
規模 グラウンド面積:-m²両翼:92 m中堅:120 m
フェンスの高さ
日本ハム球団多摩川グランド(にっぽんハムきゅうだん・たまがわグランド)は、神奈川県川崎市中原区新丸子の多摩川右岸側河川敷にある野球場。かつてプロ野球・北海道日本ハムファイターズ 日本ハムファイターズが北海道日本ハムファイターズ (ファーム) 二軍本拠地及び練習場として使用していた。施設は一級水系 一級河川内にあるため、日本ハム球団は国から用地を借用して球場を運営管理していた。
(Wikipedia:日本ハム球団多摩川グランド)

日本ハム多摩川球場
川崎市多摩川丸子橋硬式野球場(かわさきし・たまがわ・まるこばし・こうしきやきゅうじょう)は神奈川県川崎市中原区上丸子天神町の多摩川右岸側河川敷(東急東横線の多摩川橋梁すぐ西側)にある野球場。 元々は東映→日拓ホームフライヤーズ→日本ハムファイターズが、日本国(以下「国」と略する)から一級河川にある用地を借り受ける形で、1961年から1997年にかけて、同球団の2軍専用球場、および練習会場として使用した「日本ハム球団多摩川グランド」(にっぽんハムきゅうだん・たまがわ・グランド)として運営していたものである。 後述の通り、2011年3月をもって借地契約満了により一度閉鎖されたのち、立地する川崎市が市民用の野球場に改築したものである。 日本ハム球団多摩川グランド時代 東映フライヤーズ時代の1961年、多摩川スピードウェイ跡地に造成された。 以来、1973年に「日拓ホームフライヤーズ」、翌1974年に「日本ハムファイターズ」と経営母体および球団名の変遷を重ねながら二軍本拠地としてイースタン・リーグ公式戦が行われていた他、練習場としても使用された(日拓ホーム時代までの球場名は不明)。 (Wikipedia:日本ハム多摩川球場)


日本ハム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  アメリカ合衆国大統領 - 2018年05月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



アメリカ合衆国大統領
アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、英語: President of the United States of America, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家元首であり行政府の長である。現職は2009年1月20日より第44代バラク・H・オバマが在任。 アメリカ合衆国大統領選挙(以下「大統領選挙」)によって選出される。 資格 大統領選挙の被選挙権は、35歳以上かつアメリカ合衆国国内における在留期間が14年以上で、出生によるアメリカ合衆国市民権保持者である。この「出生による市民権保持者」とは、国内で出生したため(アメリカ合衆国の採用する)出生地主義に基づき国籍を得た者か、もしくは合衆国市民を両親として海外で出生した者である。すなわち、生まれた時点においてアメリカ合衆国籍でなければ大統領候補の資格がない。経過規定として、アメリカ合衆国憲法制定当時に合衆国市民であった者(13植民地当時からの在住者)はその限りではなく資格を得るとされているが、これは前述の規定と同義。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領)

アメリカ合衆国大統領選挙
アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、United States presidential election)は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎、11月に行われる一連の選挙手続き、予備選挙となる立候補者選出および立候補者による選挙運動から選挙人による本選挙・投票・開票までの全プロセスの総称である。 各年次の大統領選挙に関する詳細は、末尾のテンプレート、または結果の表の「年」の列からリンクされている個別の記事を参照。 アメリカ合衆国憲法第二条:大統領と副大統領の任期 大統領選挙はアメリカ合衆国憲法第2条の第1節、修正第12条、同第22条および同第23条に規定される。大統領および副大統領は4年の任期を務める。 選挙の規定 選挙権と被選挙権 大統領選挙の選挙権は、米国籍者に限り、永住権者には選挙権が無い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領選挙)

アメリカ合衆国大統領首席補佐官
アメリカ合衆国大統領首席補佐官(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうしゅせきほさかん、英:White House Chief of Staff)は、大統領の職務を補佐する大統領補佐官である。首席補佐官は、必要な時にはいつでも大統領に会うことができるなど、ウエストウイング(ホワイトハウス西棟のこと。ホワイトハウス行政府の通称)を実質的に取り仕切る職務であり、ホワイトハウス職員のトップに立つ人物である。首席補佐官の下には数名の次席補佐官が置かれる。 2014年現在の首席補佐官は、デニス・マクドノーである。 首席補佐官の職務内容と歴史 首席補佐官の職務内容は非常に広範囲にわたるが、一般的に首席補佐官は他のホワイトハウス職員を監督・統括し、大統領のスケジュールを取り扱い、大統領と訪問者との面会を調整する。この大統領と訪問者の面会を調整するという職務ゆえに、首席補佐官は「大統領の砦」と呼ばれることがある。非公式には首席補佐官は大統領と最も親しい政策アドバイザーの中の1人であって、また個人的にも友人であることが多い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領首席補佐官)

アメリカ合衆国大統領予備選挙
アメリカ合衆国大統領予備選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうよびせんきょ、英:United States presidential primary)は、アメリカ合衆国の政党内において、その党の公認するアメリカ合衆国大統領候補を選出するための一連の手続をいう。 「予備選挙」という概念は、各州での代議員選出方式である予備選挙(英:primary)ないしは党員集会(英:caucus)を個別にさす場合があるが、ここでは、各州での代議員選出過程を経て、党大会におき政党の正式な大統領候補として選出されるまでの一連の手続を総称する概念として述べる。 アメリカ合衆国は二大政党制であり、民主党と共和党の両党の大統領候補がアメリカ合衆国大統領選挙における二大有力候補となり、そのいずれかが当選して大統領となることが長年(1852年の第14代フランクリン・ピアース大統領以降)続いている。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領予備選挙)

アメリカ合衆国大統領のペット
この項目は、任期中に飼っていたアメリカ合衆国大統領及びその家族のペットの一覧である。 ホワイトハウスの犬の歴史 1944年、フランクリン・ルーズベルトは4期目の選挙に出馬していたのだが、アリューシャン列島を訪れたときにペットのファラ(スコティッシュ・テリア)をうっかり置いてきてしまったという噂が流れていた。ルーズベルトは自分の犬を救うため船を送り返して捜索したと伝えられているが、そのために多くの税金を費やしたとからかわれ、非難された。ルーズベルトはスピーチで、「あなた方が私や妻、私の家族を批判するのはかまわない。しかし、私の小さな犬を批判してどうなるのか。そういうかかった費用がどうこうという意見に、スコッチ・テリアの小さな魂はまさに激怒している」と語った。報じられた内容によれば、「ファラ・スピーチ」と呼ばれたこのスピーチは、彼の選挙に大きな影響を与えた。 リチャード・ニクソンは、1952年の副大統領立候補中(大統領はドワイト・D・アイゼンハワー)に、裏金を隠したとして非難された。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領のペット)

アメリカ合衆国大統領の継承順位
アメリカ合衆国大統領権限の継承順位(英語: United States presidential line of succession)は、現職のアメリカ合衆国大統領や次期大統領が執務不能に陥ったり、死亡または辞職し、もしくは免職(弾劾及びその後の有罪判決により)された場合に、誰が大統領に就任し、または大統領の職務を執り行うのかについて定めている。 現在の順序 下表は、1947年大統領継承法(合衆国法典第3編第19条)によって示され、その後の改正によって新設の閣僚が追加された、2014年7月30日現在の大統領権限継承順位の一覧である。 註 (*)生まれながらの市民でない者は資格を持たない 生まれながらの市民でない者や、35歳未満の者、米国での居住歴が14年未満の者は、憲法上大統領となる資格を持たない。このことは、大統領継承法でも規定されている(合衆国法典第3編第19条第(e)項)。 代理の職員は資格を持たない 職員が継承順序に名を連ねるためには、上院仮議長の死亡、辞任、免職、執務不能、さもなければ資格獲得失敗に先立って、上院によって承認されねばならない。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領の継承順位)

アメリカ合衆国大統領就任式
アメリカ合衆国大統領就任式(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうしゅうにんしき、United States presidential inauguration)は、次期大統領 (President-elect) によるアメリカ合衆国大統領職への就任宣誓を中心とする式典。 就任宣誓 1937年以降は、アメリカ合衆国憲法修正第20条により、大統領選挙一般投票翌年の1月20日正午(アメリカ東部標準時)より新大統領の任期は開始されるが、憲法第2条第1節8項により、アメリカ合衆国大統領はその職務を執行する前に との宣誓(oath)(または確約(affirmation))をする義務がある。明文上の規定はないが、宣誓の場合は最後に「So help me God.」(神よ照覧あれ)と付け加えるのが慣例。大統領就任式は新大統領の就任を国内外に宣明する式典であるとともに、式典のハイライトである就任宣誓は法的手続きでもある。 大統領の宣誓は首都ワシントンD.C.のアメリカ合衆国議会議事堂前で、新大統領の任期開始時刻と合わせて行われる。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領就任式)


アメリカ合衆国大統領 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  amazon.co.jp - 2018年05月01日


関連するイメージは見つかりませんでした




amazon.co.jp - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す