[PR]

日別キーワード

第1位  昭和天皇 - 2018年04月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



昭和天皇
昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇(在位:1926年(大正15年)12月25日 - 1989年(昭和64年)1月7日)。 諱は裕仁(ひろひと)。幼少時の称号は迪宮(みちのみや)、お印は若竹(わかたけ)。 歴代天皇の中で(神話上の天皇を除くと)在位期間が最も長く(約62年)、最も長寿(宝算87)だった。 大日本帝国憲法の下では「國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬」する立憲君主制における天皇として、終戦の国策決定などに深く関与した。1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法の下では「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」である天皇として「国政に関する権能を有しない」ものとされた。しかし占領期にはGHQ総司令官ダグラス・マッカーサーとの会見などにより、独自の政治的影響力を保持した。主権回復後には、象徴天皇として皇室外交を行った。 また、天皇としての公務の傍らヒドロ虫(ヒドロゾア)・変形菌(粘菌)などを、生物学研究者として研究した。 (Wikipedia:昭和天皇)

昭和天皇の戦争責任
昭和天皇の戦争責任(しょうわてんのうのせんそうせきにん)とは、大日本帝国憲法において軍の統帥権を持つ元首で、かつ日本軍 大日本帝国陸海軍の最高指揮官(大元帥。軍の階級としては陸海軍大将)であった昭和天皇の日中戦争(支那事変)から太平洋戦争(大東亜戦争)に於ける戦争遂行に関して責任の有無およびその責任を明らかとする原理を含む観念上の定義を指す。一般的には「天皇の戦争責任」という言い方がなされることもある。
責任とは観念の問題である。すなわち、社会と国家と法理(原理)を混ぜ合わせた観念である。すなわち、法理を問えば「君主無答責」となり、社会を問えば「政治的責任の有無」となり、国家を問えば「現実の東京裁判」となる。しかし、この言葉を使用する論者ごとにその内容は「観念」より出でることはない。
(Wikipedia:昭和天皇の戦争責任)

昭和天皇誤導事件
座標: 北緯36度24分40.7秒 東経139度20分9.7秒 / 北緯36.411306度 東経139.336028度 / 36.411306; 139.336028 昭和天皇誤導事件(しょうわてんのうごどうじけん)は、1934年(昭和9年)に群馬県で行われた陸軍大演習において、視察に訪れた昭和天皇一行の先導をしていた警部が緊張のあまり道を誤ってしまい、一時天皇一行が行方不明になったと大騒ぎになった警察の失態事件。前代未聞の事態であったため関係者が処分されたが、先導していた警部の1人が責任を取って自決を図った。昭和天皇一行行方不明事件、桐生鹵簿誤導事件とも呼ぶ(「鹵簿(ろぼ)」は行幸の行列のこと)。 経緯 1934年(昭和9年)11月16日、昭和天皇臨席のもと陸軍大演習が群馬県の高崎練兵場で行われた。観兵式に出席した後、昭和天皇一行が群馬県桐生市を視察することになっていた。予定された視察順序は「桐生駅 - 桐生西小 - 桐生高工」となっていた。地元住民は「現人神」である天皇を迎えるために1年前から予行演習を重ねており、出迎える際はひざまづくようにと指示されていた。 (Wikipedia:昭和天皇誤導事件)

昭和天皇一行行方不明事件
『昭和天皇誤導事件』より : 座標: 北緯36度24分40.7秒 東経139度20分9.7秒 / 北緯36.411306度 東経139.336028度 / 36.411306; 139.336028 昭和天皇誤導事件(しょうわてんのうごどうじけん)は、1934年(昭和9年)に群馬県で行われた陸軍大演習において、視察に訪れた昭和天皇一行の先導をしていた警部が緊張のあまり道を誤ってしまい、一時天皇一行が行方不明になったと大騒ぎになった警察の失態事件。前代未聞の事態であったため関係者が処分されたが、先導していた警部の1人が責任を取って自決を図った。昭和天皇一行行方不明事件、桐生鹵簿誤導事件とも呼ぶ(「鹵簿(ろぼ)」は行幸の行列のこと)。 経緯 1934年(昭和9年)11月16日、昭和天皇臨席のもと陸軍大演習が群馬県の高崎練兵場で行われた。観兵式に出席した後、昭和天皇一行が群馬県桐生市を視察することになっていた。予定された視察順序は「桐生駅 - 桐生西小 - 桐生高工」となっていた。地元住民は「現人神」である天皇を迎えるために1年前から予行演習を重ねており、出迎える際はひざまづくようにと指示されていた。 (Wikipedia:昭和天皇一行行方不明事件)

昭和天皇陵
『武蔵陵墓地』より : 武蔵陵墓地(むさしりょうぼち)は、東京都八王子市長房町にある皇室墓地。大正天皇・貞明皇后陵・昭和天皇・香淳皇后陵の4陵が造営されている。 昭和天皇陵が造営される以前は多摩御陵(たまごりょう)と称していたが、現在でも通称として使われている。八王子八十八景のひとつ。宮内庁書陵部多摩陵墓監区事務所がある。 参拝できる日時・時間には限りがあるので、注意が必要である。 大正天皇陵「多摩陵」 ==。 (Wikipedia:昭和天皇陵)

昭和天皇即位60年記念金貨大量偽造事件
昭和天皇即位60年記念金貨大量偽造事件(しょうわてんのうそくい60ねんきねんきんかたいりょうぎぞうじけん)とは、1990年(平成2年)1月29日に発覚した、大量偽造金貨事件である。また偽造された枚数が10万7946枚であり額面10万円であったため107億9460万円という巨額に上り、しかも偽造した犯行グループが特定されなかった未解決の事件である。
1985年(昭和60年)11月18日、中曽根康弘内閣の竹下登大蔵大臣が昭和天皇の即位60年を祝うために金貨を発行する方針を発表した。この背景には次年度の財源確保のためと、貿易摩擦が深刻であったアメリカ合衆国 アメリカから金貨鋳造に使用する大量の金(223t)を購入することで摩擦を緩和しようとの思惑があった。そのため当局は10万円金貨、1万円銀貨、500円白銅貨を大量に発行することになり、特に10万円金貨は1000万枚と異常な大量発行であり額面だけで1兆円にも上った。しかも金貨1枚あたり金を20g使用していたが、素材の価値が1g1900円(当時)であり製造費込みでも半分以下の原価にすぎなかった。そのため5500億円が国庫に入る見込みであるとされた。なお、10万円金貨のデザインは平山郁夫氏によるもので、1986年11月10日に発行された。金貨の引き受けであるが最終的に910万枚が市中に出回った。売れ残った残りの90万枚については鋳潰されたが、翌年には「昭和62年」との銘がある金貨が100万枚製造された。
(Wikipedia:昭和天皇即位60年記念金貨大量偽造事件)

昭和天皇記念館
昭和天皇記念館(しょうわてんのうきねんかん、英語:the Emperor Shōwa Memorial Museum)は、東京都立川市にある、昭和天皇と香淳皇后にかかわる展示施設である。 国営昭和記念公園の「みどりの文化ゾーン・花みどり文化センター」内にある。 「昭和天皇・香淳皇后のご遺品を中心に保存及び展示を行い、昭和天皇のご生涯のご事蹟とご遺徳を偲び、皇室と国民の絆をより深く結びつける」ことを、目的として設立された記念館である。 管理運営は公益財団法人昭和聖徳記念財団が行っている。 沿革 規模は約1,000m²(展示室・収蔵庫・事務室等を含む面積)で、約14億円にのぼる国民からの募金によって、国土交通省が建物を建設した。 2005年11月27日に、国営昭和記念公園の「みどりの文化ゾーン・花みどり文化センター」の開設と同時に開館した。 利用案内 開館は午前9時、閉館は3月1日 - 10月31日は午後5時、11月1日 - 2月末日は午後4時30分となる。 (Wikipedia:昭和天皇記念館)


昭和天皇 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  レインボーライン - 2018年05月02日


関連するイメージは見つかりませんでした




レインボーライン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ウマ娘 プリティーダービー - 2018年05月02日


関連するイメージは見つかりませんでした




ウマ娘 プリティーダービー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  天皇賞(春) - 2018年05月02日


関連するイメージは見つかりませんでした




天皇賞(春) - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  Android - 2018年05月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す