[PR]

日別キーワード

第1位  憲法記念日 - 2018年05月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



憲法記念日
憲法記念日(けんぽうきねんび)は、憲法の制定(公布、施行など)を記念する日。祝日に指定されることが多い。 日本の憲法記念日 憲法記念日(けんぽうきねんび)は、国民の祝日の一つ。日付は5月3日。国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)では「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としている。1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行されたことを記念して、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法によって制定された。ゴールデンウィークを構成する日の一つでもある。 海上自衛隊では、基地・一般港湾等に停泊している自衛艦において満艦飾が行われる。 近年は憲法改正論議が高まっていることにより、憲法記念日になると、改憲派、護憲派がそれぞれ憲法改正に関する世論調査や講演会などを行っている。 新憲法の公布日・施行日をめぐる議論 日本国憲法の公布日および施行日については、その日をいつにするか議論があった。 (Wikipedia:憲法記念日)


憲法記念日 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  アベンジャーズ - 2018年05月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



アベンジャーズ
アベンジャーズ(英語: Avengers, The Avengers) アベンジャーズ (1998年の映画) - 1998年のアメリカ映画。原題: “The Avengers”。1960年代のイギリスのTVシリーズ“The Avengers”(日本での放送時のタイトルは『おしゃれ(秘)探偵』 - (秘)は○に秘)の映画化作品。 アベンジャーズ (マーベル・コミック) - マーベル・コミックのヒーローチーム、またそれを主役とした出版作品。 アベンジャーズ (2012年の映画) - 上記を原作とした2012年公開のアメリカ映画。原題: “Marvel's The Avengers”。 (その他の映像作品については「アベンジャーズ (マーベル・コミック)#他のメディアでのアベンジャーズ」を参照) 関連項目 アヴェンジャー (avenger、アベンジャー、英語で復讐者、報復者)。 (Wikipedia:アベンジャーズ)

アベンジャーズ (マーベル・コミック)
『アベンジャーズ』 (”Avengers”) は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックスに登場するヒーローチームである。また、彼らが登場するコミック、アニメ、映画のタイトルにも使われている。
1963年に「それぞれ違う能力を持ったヒーローたちが協力して戦う」というコンセプトのもとに、すでに個別で(独立して)活躍していたヒーローたちによって結成されて以来、マーベル・ユニバース最大のヒーローチームとして人気を博し、現在に至る。その特性からして、ライバルであるDCコミック社のヒーローチーム ジャスティス・リーグ(JLA)に対抗して作られたとも見ることが出来る。
アベンジャーズのヒーローチームとして特徴的な点は、基本的に家族だけで構成されるファンタスティック・フォーやミュータント限定のX-メンとは異なり、ヒーローであること以外参加条件がほとんどない、ということである。そのため、個人で主役を張るタイトルを持っているようなキャラクターからマイナーなキャラクターまで、非常に多くのヒーローが在籍経験を持ち(入ってすぐに離脱することも珍しくない)、またそのチームとしての拡張性の高さがこのチームの魅力でもある。
(Wikipedia:アベンジャーズ (マーベル・コミック))

アベンジャーズ (2012年の映画)
『アベンジャーズ』(Marvel's The Avengers 〈北米でのタイトル〉、Marvel Avengers Assemble 〈英国とアイルランドでのタイトル〉)は、マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給1で公開された2012年のアメリカ合衆国の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 複数のヒーロー映画のクロスオーバー作品であり、それら全ての作品を同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品に当たる。その作品群の中では第6作品目であり、その「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスを飾る作品でもある。 「マーベル・コミック」の『アベンジャーズ』の実写映画化作品。 『アイアンマン』(2008年) 『インクレディブル・ハルク』(2008年) 『アイアンマン2』(2010年) 『マイティ・ソー』(2011年) 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)から成るアメリカン・コミックヒーロー映画のクロスオーバー作品であり、それら全ての作品を同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品に当たる。 (Wikipedia:アベンジャーズ (2012年の映画))

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(Avengers: Age of Ultron)は、マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給するアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。 「マーベル・コミック」のスーパーヒーローチームである『アベンジャーズ』をフィーチャーした、2012年の映画『アベンジャーズ』の続編で、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第11作品目である。前作と同じく、再び各作品のヒーローらが集結し共闘する「フェイズ2(第2シーズン)」のクライマックスとなる作品でもある。 脚本・監督はジョス・ウェドンが務め、ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、コビー・スマルダーズ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・スペイダー、エリザベス・オルセン、アーロン・テイラー=ジョンソン、トーマス・クレッチマン、ポール・ベタニーらがアンサンブル演技を行う。 (Wikipedia:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)


アベンジャーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  gmail.com - 2018年05月06日


関連するイメージは見つかりませんでした




gmail.com - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  MeToo - 2018年05月06日


関連するイメージは見つかりませんでした




MeToo - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  村上春樹 - 2018年05月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



村上春樹
村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』などがある。 日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。 デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティー、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。 (Wikipedia:村上春樹)

村上春樹 (研究者)
村上 春樹(むらかみ はるき、1937年 - )は、日本文学、特に平将門伝説の研究者。
早稲田大学教育学部国語国文学科国語学専攻卒業。横浜市立戸塚高等学校国語科教諭、横浜市立桜丘高等学校副校長を経て停年退職。横浜市立図書館嘱託となり、任期終了後は各地の文化講座などで講師を務める。元千葉県立関宿城博物館客員研究員。東洋史家宮澤正順とは、戸塚高校在職時の同僚。神奈川県在住。
『平将門伝説一覧』私家版、1993年
『平将門伝説』汲古書院、2001年
『将門記新解』汲古書院、2004年
『平将門伝説ハンドブック』公孫樹舎、2005年
「『将門記』の文章」和漢比較文学会編『軍記と漢文学』汲古書院、1993年
(Wikipedia:村上春樹 (研究者))


村上春樹 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す