[PR]

日別キーワード

第1位  Google - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



Google
Google Inc.(グーグル)は、検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供するアメリカ合衆国の多国籍企業である。収益の多くをアドワーズ(AdWords)と呼ばれるオンライン広告から得ている。 Googleは、スタンフォード大学の博士課程に在籍していたラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって創業された。現在でも2人合わせて16%の株式を保有している。1998年9月4日にGoogleは非公開の会社として設立され、2004年8月19日に最初の株式公開がされた。ミッション・ステートメントに「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を掲げている。非公式なスローガン(従業員行動基準)には「邪悪になるな(Don't be evil.)」がある。2006年には、本社をカリフォルニア州のマウンテンビューに移した。移転後の本社はGoogleplex(グーグルプレックス)という愛称で呼ばれている。 (Wikipedia:Google)

Googlebot
『Google』より : REDIRECTグーグルボット。 (Wikipedia:Googlebot)

Google Earth
名称 Google Earth
ロゴ
スクリーンショット
説明文
開発元 Google Google Inc.
最新版 5.1.3533.1731
最新版発表日 2009年11月12日
最新評価版
最新評価版発表日
対応OS Microsoft Windows 2000 Windows 2000、Microsoft Windows XP XP、Microsoft Windows Vista Vista、Mac OS X、Linux
対応プラットフォーム
種別 :en:Virtual globe Virtual globe
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア プロプライエタリ
Google Earth(グーグルアース)は、Google社が無料で配布しているバーチャル地球儀ソフトである。2005年6月28日から頒布が開始された。
世界中の衛星写真を、まるで地球儀を回しているかのように閲覧することができる。同様のソフトで、先行していたアメリカ航空宇宙局のNASA World Windとほぼ同様の動作をする。当初は、Windows 2000とWindows XPのみで動作したが、2006年1月10日にMac OS Xに対応したバージョンが公開された。Google Earth 4ベータ版(Ver.4.0.2080)より正式に日本語に対応している。
(Wikipedia:Google Earth)

Google earth
『Google Earth』より : Google Earth(グーグルアース)は、Googleが無料で配布しているバーチャル地球儀ソフト。2005年6月28日から配布が開始された。 動作 世界中の衛星写真を、まるで地球儀を回しているかのように閲覧することができる。同様のソフトで、先行していたアメリカ航空宇宙局の NASA World Wind とほぼ同様の動作をする。当初は、Windows 2000 と Windows XP のみで動作したが、2006年1月10日に Mac OS X に対応したバージョンが公開された。Google Earth 4 ベータ版 (Ver.4.0.2080) より正式に日本語に対応している。 2008年10月27日、iPhone や iPod touch などの iOS に対応した Google Earth for iPhone を公開した。2010年2月22日には同社が提供する Android OS のバージョン2.1以上に対応したバージョンを公開した。 設定や地域によるが、大抵の山がポリゴンになっており、画面を傾けると立体的な表示となる。 (Wikipedia:Google earth)

Google Mail
『Gmail』より : Gmail(ジーメール)は、Googleによるフリーメールサービスである。2004年4月1日より提供を開始している。商標権の問題からイギリスやドイツではGoogle Mailに名称が変更されている。 WebメールとPOP3・SMTP、IMAPに対応し、自動転送も可能である。2012年6月時点での利用者数は4億2500万人であり、世界最大のメールサービスである。競合サービスにはマイクロソフトのOutlook.comやYahoo!のYahoo!メールなどがある。 Orkutと同様にGoogle社員のアイデアが元となって生まれたサービスの一つで、現在ではGoogleの主要サービスの一つとなっている。 大容量 フリーメールでありながら、メールの保存容量はサービス当初は1GBで、当時としては大容量だった。2014年現在では、無料分のストレージが15GBに増加した。更に有料で追加するオプションがあり、月額2ドルの100GBから、上限30TBまでアップグレードできる。送受信可能なメールサイズは本文を含めて25MBであり、1日に受信可能なメールの総容量は2GBに設定されている。 (Wikipedia:Google Mail)

GoogleMail
『Gmail』より : Gmail(ジーメール)は、Googleによるフリーメールサービスである。2004年4月1日より提供を開始している。商標権の問題からイギリスやドイツではGoogle Mailに名称が変更されている。 WebメールとPOP3・SMTP、IMAPに対応し、自動転送も可能である。2012年6月時点での利用者数は4億2500万人であり、世界最大のメールサービスである。競合サービスにはマイクロソフトのOutlook.comやYahoo!のYahoo!メールなどがある。 Orkutと同様にGoogle社員のアイデアが元となって生まれたサービスの一つで、現在ではGoogleの主要サービスの一つとなっている。 大容量 フリーメールでありながら、メールの保存容量はサービス当初は1GBで、当時としては大容量だった。2014年現在では、無料分のストレージが15GBに増加した。更に有料で追加するオプションがあり、月額2ドルの100GBから、上限30TBまでアップグレードできる。送受信可能なメールサイズは本文を含めて25MBであり、1日に受信可能なメールの総容量は2GBに設定されている。 (Wikipedia:GoogleMail)

Google ドキュメント
ロゴ
スクリーンショット
説明文
開発元 Google
最新版
最新版発表日
最新評価版
最新評価版発表日
対応プラットフォーム 特に無し (ウェブアプリケーション)
種別 オフィススイート
ライセンス
Google ドキュメント(グーグル ドキュメント)、旧名 Google Docs & Spreadsheets(グーグル ドックス アンド スプレッドシーツ)は、Googleが無料提供する、World Wide Web WWW上で動くオフィスソフト。
縦書きには対応していない。また、保存した時点でフォーマットが失われるため取り出した文章も横書きのままである。
WYSIWYGによるウェブブラウザ ブラウザ上でのワープロ文書作成が可能。
ファイルはMicrosoft Word形式 (.doc)、Rich Text Format リッチテキスト (.rtf)、OpenDocument ODF (.odt)、Portable Document Format PDF (.pdf)、テキストファイル (.txt)、HyperText Markup Language HTML形式 (.html) で保存できる。
(Wikipedia:Google ドキュメント)

Google八分
『グーグル八分』より : グーグル八分(グーグルはちぶ)とは、グーグルの基準に該当するウェブサイトが、Googleのデータベースから除かれ、Google検索しても内容が表示されない状態になることを、村八分になぞらえて呼ぶ言葉である。Googleの検閲行為とも言われる。英語では「Censorship by Google」あるいは「Google Censorship」と呼ばれる。 グーグル八分とは、インターネットの検索エンジンサービス提供会社Googleが、提供する検索サービスの検索結果として表示されるはずのサイトの一覧から特定のサイトを取り除き、利用者が検索サービスを利用する際にそれらのサイトを表示しないようにすることである。 Googleは検索情報として提供される情報自体はGoogleが主体的に決定できるものであり、Googleが任意にそのようなことをする権限を持つとしている。 Googleによれば、「Google の方針として、検索結果に対する検閲は行われていません。しかしながら、各国の法律、条例、政策の求めに応じ、これを行うことがあります。 (Wikipedia:Google八分)

Google Writely
『Writely』より : Google ドキュメント(グーグル ドキュメント)、旧名 Google Docs & Spreadsheets(グーグル ドックス アンド スプレッドシーツ)は、Googleが無料提供する、ウェブブラウザ内で動くオフィスソフト。従来は記憶容量を提供するストレージサービスと一体だったが、ストレージはGoogle ドライブとして分離された。 文書(ワープロソフト)、スプレッドシート(表計算ソフト)、プレゼンテーション(プレゼンテーションソフトウェア)、図形編集の4つの機能が提供されている。ドキュメントはいずれもGoogleのサーバ上に保存されるが、他形式とのインポート・エクスポートも可能。他のユーザとのドキュメント共有をサポートしている。縦書きには対応していない。また、保存した時点でフォーマットが失われるため取り出した文章も横書きのままである。 文書 WYSIWYGによるブラウザ上でのワープロ文書作成が可能。 ファイルはMicrosoft Word形式 (.doc)、リッチテキスト (.rtf)、ODF (.odt)、PDF (.pdf)、テキストファイル (.txt)、HTML形式 (.html) で保存できる。 (Wikipedia:Google Writely)

GoogleToolbarNotifier.exe
Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するウェブサービス、またはウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションを総じたもの。 検索機能 検索のシステム Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。 ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにリンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。 また、Googleは、検索結果として表示する順番を決めるのに、ページランクに加えて、およそ百程度といわれる公開されていない基準も用いている。 (Wikipedia:GoogleToolbarNotifier.exe)

Google Talk
Google トーク(グーグルトーク、Google Talk)は、Googleが2005年8月24日(日本語版は2006年5月16日)に公開したインスタントメッセンジャーであった。 XMPPプロトコルをベースにしており、PidginやiChat等のXMPP互換クライアントを利用して接続することも可能である。 インスタントメッセンジャーの中では比較的シンプルなデザインになっている。Google トーク ガジェットによってクライアントをインストールせずWebブラウザ上からも利用できるようになった。 英語版の最新版ではボイスチャット機能やファイル送信機能が追加されている。 Gmailと連携していてGmailの操作画面でGoogleトークのユーザーとメッセージのやり取りが出来る。 2013年5月にGoogle+ ハングアウトと入れ替わる形でサービス終了した。 機能 メッセージのやり取り以外の機能としては、Gmailの新着メールをタスクトレイで通知してくれるアラート機能がある。 (Wikipedia:Google Talk)

Google Trends
Google Trends(グーグルトレンド)は、ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見ることができるツール。公開は2006年5月10日。 Google Trendsでは、入力した単語の検索数をグラフで示してくれる。このときその単語に関連したニュースを見る事ができ、特に検索数が多いときに何があったのかが分かるようになっている。特定の国、期間に絞ったグラフを見ることもでき、また世界中の都市や国、言語毎にどこでの検索が最も多いのかのランキングも提供される。さらにコンマで区切ることにより複数の単語のグラフを比較することも可能である。 関連項目 Google 外部リンク Google トレンド(日本語版) Google トレンド(英語版)。 (Wikipedia:Google Trends)

Google ツールバー
Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するウェブサービス、またはウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションを総じたもの。 検索機能 検索のシステム Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。 ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにリンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。 また、Googleは、検索結果として表示する順番を決めるのに、ページランクに加えて、およそ百程度といわれる公開されていない基準も用いている。 (Wikipedia:Google ツールバー)

Google Browser Sync
Google Browser Sync(グーグルブラウザーシンク)は、Googleが2006年6月8日に公開したFirefox用の拡張機能である。Firefox v.1.5以上2以下に対応。 Firefoxに保存されているブックマーク、Cookieなどを複数のパソコン間で同期する事が出来る。 利用するためにはGoogleアカウントと同期用のパスワードが必要。 最新版の1.3.20070523.0は、2008年6月17日にリリースされたFirefox 3には対応していない。非公式情報ではあるが、Firefox 3に対応したアップデートは行われず、また、2008年中にはFirefox 2以前に対するサポートも終了すると報じられている。 外部リンク Google Browser Sync 脚注 ==。 (Wikipedia:Google Browser Sync)

Google ツールバー
Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するWorld Wide Web ウェブサービス、またはローカルアプリケーションソフトウェア アプリケーション。
Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。
ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにハイパーリンク リンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。
(Wikipedia:Google ツールバー)

Google Toolbar
『Google ツールバー』より : Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するウェブサービス、またはウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションを総じたもの。 検索機能 検索のシステム Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。 ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにリンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。 また、Googleは、検索結果として表示する順番を決めるのに、ページランクに加えて、およそ百程度といわれる公開されていない基準も用いている。 (Wikipedia:Google Toolbar)

Googleツールバー
『Google ツールバー』より : Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するウェブサービス、またはウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションを総じたもの。 検索機能 検索のシステム Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。 ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにリンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。 また、Googleは、検索結果として表示する順番を決めるのに、ページランクに加えて、およそ百程度といわれる公開されていない基準も用いている。 (Wikipedia:Googleツールバー)

Google マップ
Google マップ(グーグル マップ、英: Google Maps)は、Googleがインターネットを通して提供している地図、ローカル(地域)検索サービス。広義で「GIS」という分野のソフト・サービスであり、その中のWebGISにあたる。 地図、航空写真、地形の3つの表示方式が用意され、各々で縮尺を調節し全世界を俯瞰することができる。航空写真はEarthモードと言われる3Dマップ表示され、視点の傾斜や回転ができる。対応地域であれば地形や建物、道路などを3D立体表示する事が可能。店舗や施設を検索するGoogle プレイスや、ルート検索機能などを備える。また道路上から撮影したパノラマ写真を閲覧できるストリートビューという機能を提供している。ウェブ版に加え、AndroidとiOS向けのモバイルアプリケーションが提供されている。 Google マップは初め、デンマーク人の兄弟Lars Rasmussen と Jens Rasmussenがシドニーに設立した企業 Where 2 Technologies によって開発された。 (Wikipedia:Google マップ)

Googleローカル
『Google マップ』より : Google マップ(グーグル マップ、英: Google Maps)は、Googleがインターネットを通して提供している地図、ローカル(地域)検索サービス。広義で「GIS」という分野のソフト・サービスであり、その中のWebGISにあたる。 地図、航空写真、地形の3つの表示方式が用意され、各々で縮尺を調節し全世界を俯瞰することができる。航空写真はEarthモードと言われる3Dマップ表示され、視点の傾斜や回転ができる。対応地域であれば地形や建物、道路などを3D立体表示する事が可能。店舗や施設を検索するGoogle プレイスや、ルート検索機能などを備える。また道路上から撮影したパノラマ写真を閲覧できるストリートビューという機能を提供している。ウェブ版に加え、AndroidとiOS向けのモバイルアプリケーションが提供されている。 Google マップは初め、デンマーク人の兄弟Lars Rasmussen と Jens Rasmussenがシドニーに設立した企業 Where 2 Technologies によって開発された。 (Wikipedia:Googleローカル)

Googleニュース
Google ニュース (Google News) は、Google Inc.が提供するニュースアグリゲーター。Googleのページランクに関連して、Googleの主任研究者である Krishna Bharat が2001年に開発したストーリーランクをベースとして始まった。人間はアグリゲーションのアルゴリズムを調節するだけで、掲載する記事の選択は全て自動的に行われる。2006年1月、Google News ベータ版が登場した。 技術的解説 2002年4月、ベータ版として紹介され、サービスは2006年1月23日にベータ版として公開された。アグリゲーションは(2008年6月31日現在)、19カ国語で40の地域について別々に行われており、さらに地域と言語の拡大が行われている。現在運用中の言語は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、ポルトガル語、中国語、日本語、韓国語、オランダ語、アラビア語、ヘブライ語、ノルウェー語、チェコ語、ハンガリー語、スウェーデン語、ギリシア語、ロシア語、ヒンディー語、テルグ語、タミル語、トルコ語、マラヤーラム語である。 (Wikipedia:Googleニュース)


Google - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  バーチャルリアリティー - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



バーチャルリアリティー
『バーチャルリアリティ』より : バーチャルリアリティ(英: Virtual Reality, 英語発音: [ˈvəːrʧuəl riˈæləti])とは、実際の形はしていないか、形は異なるかも知れないが、機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。 日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。 バーチャルリアリティは、コンピュータなどによって作り出された世界(サイバースペース)をコンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに提示するものと、現実の世界を何らかの方法で取得し、これをオフラインで記録するか、オンラインでユーザに提示するものとに大別される。 後者は、とくにユーザが遠隔地にいる場合、空間共有が必要となり、テレイグジスタンス、テレプレゼンス (en:Telepresence)、テレイマージョン (en:Teleimmersion) と呼ばれる。 (Wikipedia:バーチャルリアリティー)


バーチャルリアリティー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ウマ娘 プリティーダービー - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした




ウマ娘 プリティーダービー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  岩波書店 - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



岩波書店
株式会社岩波書店(いわなみしょてん、Iwanami Shoten, Publishers. )は、日本の出版社。 1913年(大正2年)8月5日、岩波茂雄が東京市神田区南神保町16番地(現・東京都千代田区神田神保町)に開いた古書店として出発。正札販売方法を採用し、注目を集めた。翌1914年(大正3年)に夏目漱石の『こゝろ』を刊行し、出版業にも進出。漱石没後に『夏目漱石全集』を刊行し、躍進する。看板は漱石の筆による。 多くの学術書を出版するだけでなく、岩波文庫や岩波新書を出版するなどして古典や学術研究の成果を社会に普及させることに貢献。文化の大衆化に多大な影響を与えた。昭和時代にはしばしば、大衆的な路線を貫く講談社と対比された。 戦前には、いわゆる共産主義講座派の拠点であった。 1933年(昭和8年)12月10日にミレーの絵画『種をまく人』を題材にとったマークの使用を開始(実際のマークはデザイナーによってかなり加工されている)。 (Wikipedia:岩波書店)


岩波書店 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  微塵も - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした




微塵も - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す