[PR]

日別キーワード

第16位  ヒナまつり - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヒナまつり
『ヒナまつり』は大武政夫による日本の漫画作品。エンターブレイン発行の隔月誌『Fellows!』volume8(2009年12月発売)に読みきりとして掲載され、同誌volume11B(2010年6月発売)より正式に連載を開始する。『Fellows!』が年10回刊『ハルタ』へと誌名を変更した2013年以降も毎号連載中である。 作者の大武は猿渡哲也のアシスタント出身。作者にとっての初連載作品にして初単行本化作品となった。 ストーリー 若手ヤクザの新田の部屋に突如として現れた楕円形の物体。その物体にくるまれていた少女ヒナは行くところがないと新田の家に住み着いてしまう。新田は少女を追い出そうとするが、強力な超能力者であったヒナが暴れたために新田は仕方なく言うことを聞くことになる。ずぼらで何も出来ないヒナに、ついつい新田は世話を焼き、ヒナは自分の超能力を当てにした何かをさせようとはしない新田に信頼を憶えていく。そんな中、新田の所属する暴力団の組長が襲われ、新田は若頭に相手の暴力団に1人で殴り込めと命じられる。 (Wikipedia:ヒナまつり)


ヒナまつり - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ヒナまつり - アマゾン検索


「ヒナまつり」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す