[PR]

日別キーワード

第27位  ダ・ヴィンチ - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



ダ・ヴィンチ
『ダ・ヴィンチ』は、KADOKAWAが発行する月刊誌。総合文芸誌。判型はA4。発売日は6日。雑誌コード05947。1994年に株式会社メディアファクトリー(当時)が創刊し、その後メ社が2011年に角川グループホールディングス(現KADOKAWA)の子会社となったことで角川グループの雑誌となった。2013年10月、メ社はKADOKAWAに吸収合併された。その後、2015年3月まではKADOKAWA メディアファクトリーブランドで発行されていた。 特色 文芸=小説というイメージがあるが、本誌は漫画も積極的に紹介している。 表紙は主に、自分が一番好きな本を手に持った歌手・役者が飾る。 毎号、大きな特集が2つあり、小説家や漫画家に焦点を当てたものの他に、「セックスフル or セックスレス」「ネット恋愛」「ジャパニーズ・エロティシズム」などの際どいテーマも特集されることがある。 ブレイク前の大田垣晴子や小栗左多里を抜擢するなど、ベストセラーのきっかけも作っている。 本誌となじみ深い有名人 荒木経惟 大田垣晴子 小栗左多里・トニー・ラズロ けらえいこ 佐野史郎 しりあがり寿 鈴木ともこ たかぎなおこ 爆笑問題 一青窈 藤野美奈子 穂村弘 益田ミリ 宮台真司 山岸凉子など 複数回表紙を飾った有名人 浅野忠信 上戸彩 大槻ケンヂ 小泉今日子 小雪 坂口憲二 鈴木京香 竹内結子 田中麗奈 鶴田真由 中山美穂 永瀬正敏 深田恭子 藤井フミヤ 藤木直人 宮沢りえ 本木雅弘 蒼井優 関連項目 ダ・ヴィンチ文学賞 ダ・ヴィンチ電子書籍大賞 コミックエッセイ劇場 怪談之怪 MF文庫ダ・ヴィンチ 外部リンク ダ・ヴィンチニュース (公式サイト) 「ダ・ヴィンチ」編集部 (@davinci_editor) - Twitter。 (Wikipedia:ダ・ヴィンチ)

ダ・ヴィンチ・コード (映画)
『ダ・ヴィンチ・コード』(The Da Vinci Code)は、2006年のアメリカ映画。ジャンルはミステリー映画、サスペンス映画。ダン・ブラウンの小説ダ・ヴィンチ・コードを原作とする。監督はロン・ハワード、主演はトム・ハンクス、他にオドレイ・トトゥやジャン・レノなどフランス人有名俳優も出演。 2006年5月20日より全世界で同時公開された。日本では日劇1・3系で全国公開。また第59回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された。上映時間2時間29分。言語は英語とフランス語。 原作で著者は「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。」と述べ、映画の製作者は「今世紀最大の話題作」だとしているが、イエスの婚姻関係および子供に関しての確たる証拠はない。現在も研究は続いているものの、史的イエスの構築すら困難を極めるほどに史料が根本的に不足しており、学術的かつ客観的結論を得るのはまず不可能であるため、原作含め学術的にはフィクション作品として扱われることが多い。 (Wikipedia:ダ・ヴィンチ・コード (映画))

ダ・ヴィンチ・コード
『ダ・ヴィンチ・コード』(The Da Vinci Code)は、2003年、アメリカ合衆国において、出版されたダン・ブラウン著作の長編推理小説である。『天使と悪魔』に次ぐ、「ロバート・ラングドン」シリーズの第2作。 レオナルド・ダヴィンチの作品であるウィトルウィウス的人体図、モナ・リザ、岩窟の聖母マリア、最後の晩餐の謎に始まり、多くの流説を結びつけた内容は世界的にヒットし、44言語に翻訳され7000万部の大ベストセラーとなった。筆者が(フィクションであるにもかかわらず)事実に基づいていると述べた為、多くの研究者による論争が行われている(後述の#批判・論争を参照)。 日本では、2004年5月に角川書店から上下巻で刊行された。翻訳者は越前敏弥。その後、角川文庫で上中下巻の廉価版も発刊された。日本国内での単行本・文庫本の合計発行部数は1000万部を突破した。 2006年、映画化。詳細は「ダ・ヴィンチ・コード (映画)」を参照。 また、アドベンチャーゲームとして、Microsoft Windows、PlayStation 2、Xboxにてゲーム化もされている。 (Wikipedia:ダ・ヴィンチ・コード)

ダ・ヴィンチの星
ダ・ヴィンチの星とは、正多面体の各面に、側面が正三角形の正多角錐を貼り合わせた立体で、レオナルド・ダ・ヴィンチが考え出した。 その種類は、 正四面体の各面に正四面体(正三角錐)を貼り付けた立体 立方体の各面に正四角錐を貼り付けた立体 正八面体の各面に正四面体を貼り付けた立体 正十二面体の各面に正五角錐を貼り付けた立体 正二十面体の各面に正四面体を貼り付けた立体の5つがある。全て正三角形のみで構成されているが、凸多面体ではないのでデルタ多面体ではない。 正四面体から作ったダ・ヴィンチの星は、正多胞体の一つ正五胞体の展開図となる。 また、正八面体から作ったダ・ヴィンチの星は、星型八面体と同じものである。 また、正二十面体のダ・ヴィンチの星は星型正多面体の一種である大星型十二面体に、正十二面体のダ・ヴィンチの星は星型正多面体の一種である小星型十二面体にそれぞれ似た図形となる。 ダ・ヴィンチの星の枠は、元の正多面体の双対の多面体になる。 関連項目 星型多面体 多胞体 枠。 (Wikipedia:ダ・ヴィンチの星)

ダ・ヴィンチ (お笑い)
ダ・ヴィンチはbaseよしもとに出演していたお笑いコンビ。吉本総合芸能学院 NSC25期生。2003年1月結成し、2008年7月頃解散した。
釜口 育(かまぐちいく) 1984年1月29日熊本県生まれ。ボケ担当。O型。
オオサンショウウオに似ている。
ソフトテニスで熊本県代表として九州大会に出場したことがある。
顔に対して自虐的な漫談をすることがある。 (R-1ぐらんぷりでは「ハンサム釜口」として出場。)
2008年度吉本ブサイクランキング9位。
解散後はNSCの同期である元金時 (お笑い) 金時・三輪と『京子』(後に『プロペラーズ』に改称)として活動していたが、このコンビも解散し現在は『安心のカマグチ』の名でピン芸人として活動中。
新名 徹郎(にいなてつろう) 1982年5月22日大阪府吹田市生まれ。ツッコミ担当。A型。
(Wikipedia:ダ・ヴィンチ (お笑い))

ダ・ヴィンチ文学賞
ダ・ヴィンチ文学賞(ダ・ヴィンチぶんがくしょう)は、メディアファクトリーが主催する公募新人文学賞である。作品のジャンルは問わない。受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作を含んだ作品集がメディアファクトリーから刊行される。
第1回(2006年) - 前川梓 「ようちゃんの夜」
優秀賞(賞金20万円) - 橘夏水 「Go,HOME」、沢木まひろ 「But Beautiful」
編集長特別賞(賞金10万円) - 中川充 「POKKA POKKA」
第2回(2007年) - 瀧羽麻子 「うさぎパン」
優秀賞(賞金20万円) - 曽我部敦史 「山下バッティングセンター」
編集長特別賞(賞金10万円) - 岡本蒼 「FISH IN THE SKY」
第3回 (2008年) - 真藤順丈 「地図男」
読者賞 (賞金20万円) - 遠野りりこ 「朝顔の朝」
編集長特別賞 (賞金10万円) - 山本渚 「吉野北高校図書委員会」
(Wikipedia:ダ・ヴィンチ文学賞)

ダ・ヴィンチズ・トラベルフォト
『』より : (Wikipedia:ダ・ヴィンチズ・トラベルフォト)


ダ・ヴィンチ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ダ・ヴィンチ - アマゾン検索


「ダ・ヴィンチ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す